御国を求めなさい

ルカ12:13-34

13群衆の中のひとりがイエスに言った,「先生,わたしの兄弟に,遺産を分けてくれるようにおっしゃってください。」

14彼に言われた,「人よ,だれがわたしをあなたがたの裁判人または分配人に立てたのか。」

15それから人々にむかって言われた,「あらゆる貧欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても,人のいのちは,持ち物にはよらないのである。」

16そこで一つの譬を語られた,「ある金持の畑が豊作であった。

17そこで彼は心の中で,『どうしようか,わたしの作物をしまっておく所がないのだが』と思いめぐらして

18言った,『こうしよう。わたしの倉を取りこわし,もっと大きいのを建てて,そこに穀物や食糧を全部しまい込もう。

19そして自分の魂に言おう。たましいよ,おまえには長年分の食糧がたくさんたくわえてある。さあ安心せよ,食え,飲め,楽しめ。』

20すると神が彼に言われた,『愚かな者よ,あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。そしたら,あなたが用意した物は,だれのものになるのか。』

21自分のために宝を積んで神に対して富まない者は,これと同じである。」

22それから弟子たちに言われた,「それだから,あなたがたに言っておく。何を食べようかと,命のことで思いわずらい,何を着ようかとからだのことで思いわずらうな。

23命は食物にまさり,からだは着物にまさっている。

24からすのことを考えて見よ。まくことも,刈ることもせず,また,納屋もなく倉もない。それだのに,神は彼らを養っていて下さる。あなたがたは鳥よりも,はるかにすぐれているではないか。

25あなたがたのうち,だれが思いわずらったからとて,自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。

26そんな小さな事さえできないのに,どうしてほかのことを思いわずらうのか。

27野の花のことを考えて見るがよい。紡ぎもせず,織りもしない。しかし,あなたがたに言うが,栄華をきわめた時のソロモンでさえ,この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。

28きょうは野にあって,あすは炉に投げ入れられる草でさえ,神はこのように装って下さるのなら,あなたがたに,それ以上によくしてくださらないはずがあろうか。ああ,信仰の薄い者たちよ。

29あなたがたも,何を食べ,何を飲もうかと,あくせくするな,また気を使うな。

30これらのものは皆,この世の異邦人が切に求めているものである。あなたがたの父は,これらのものがあなたがたに必要であることを,ご存じである。 

31ただ,御国を求めなさい。そうすれば,これらのものは添えて与えられるであろう。

32恐れるな,小さい群れよ。御国を下さることは,あなたがたの父のみこころなのである。

33自分の持ち物を売って,施しなさい。自分のために古びることのない財布をつくり,盗人も近寄らず,虫も食い破らない天に,尽きることのない宝をたくわえなさい。

34あなたがたの宝のある所には,心もあるからである。

写真