神殿で教える少年イエス

ルカ2:40-52

40幼な子は,ますます成長して強くなり,知恵に満ち,そして神の恵みがその上にあった。

41さて,イエスの両親は,過越の祭には毎年エルサレムへ上っていた。

42イエスが十二歳になった時も,慣例に従って祭のために上京した。

43ところが,祭が終って帰るとき,少年イエスはエルサレムに居残っておられたが,両親はそれに気づかなかった。

44そして道連れの中にいることと思いこんで,一日路を行ってしまい,それから,親族や知人の中を捜しはじめたが,

45見つからないので,捜しまわりながらエルサレムへ引返した。

46そして三日の後に,イエスが宮の中で教師たちのまん中にすわって,彼らの話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。

47聞く人々はみな,イエスの賢さやその答に驚嘆していた。

48両親はこれを見て驚き,そして母が彼に言った,「どうしてこんな事をしてくれたのです。ごらんなさい,おとう様もわたしも心配して,あなたを捜していたのです。」

49するとイエスは言われた,「どうしてお捜しになったのですか。わたしが自分の父の家にいるはずのことを,ご存じなかったのですか。」

50しかし,両親はその語られた言葉を悟ることができなかった。

51それからイエスは両親と一緒にナザレに下って行き,彼らにお仕えになった。母はこれらの事をみな心に留めていた。

52イエスはますます知恵が加わり,背たけも伸び,そして神と人から愛された。