アロン神権指導者訓練


親愛なる若い男性指導者の皆さんへ:

わたしたちは,すべての若い男性がイエス・キリストの福音に帰依し,神から授かった役割を果たせるよう備えることも含めて,イエス・キリストの教えに従って生活できるよう助けたいと願っています。わたしたちは皆さんに,この目的を達成するうえで助けとなる,以下に述べる3つの原則を注意深く研究するよう勧めます。

1.若い男性に寄り添う
2.若い男性を天に結びつける。
3.若い男性にけん引役になってもらう

さらに,わたしたちは皆さんに,若い男性との有意義な経験を計画するうえで助けとなる以下の方法を用いていただきたいと思います。

  1. ともに協議する
  2. 必要性と利用できる手段を特定する
  3. 計画し,予定に組み込む

若い男性に対する皆さんの奉仕と模範に感謝を込めて,

中央若い男性会長会


1.若い男性に寄り添う信頼し合える関係を深めることで,若い男性をしっかりと福音につなぎとめることができます。

  • 若い男性指導者は,「それぞれの若い男性について知り,その才能,関心事,直面している問題に精通〔します〕。〔そして〕若い男性の各人を強める方法を探〔します〕。」(『手引き 第2部—教会の管理運営』〔2010年〕,8.3.4)この助言に従うために何ができるでしょうか。
  • ヘンリー・B・アイリング管長の話「彼らも強くなるためである」(『リアホナ』2016年11月号,75-78)を読み,アロン神権者を強めるために何をしようと感じたかについて考えてください。
  • ロバート・D・ヘイルズ長老は,若い男性は「わたしたちがどれほど彼らのために時間を費やしたかによって,わたしたちの愛を測る」と教えています(「クリスチャンの愛と奉仕を実践することにより『わたしに従ってきなさい』『リアホナ』2016年11月号,23)。この言葉は皆さんと若い男性との関係にどのように当てはまると思いますか。
  • ハワード・W・ハンター大管長が語った次の言葉について深く考えてください。担当する若い男性の中で,どの若い男性のことが思い浮かびますか。「心に苦痛を抱えていそうな生徒に特別な注意を向け,必要に応じて行方の知れない羊を見つけるために外に出てください。……道をそれ始めた若人に個人的な関心を寄せれば,彼らを連れ戻すのに何時間も費やす必要はなくなります。実際,手を施すのが遅れると,道をそれた若人を活動に連れ戻すまでに何年もかかってしまいます。」 (『歴代大管長の教え―ハワード・W・ハンター』 260)
  • 有意義な成果が得られる現実的な活動を実施することで,若い男性は指導者と,また若い男性同士で親しい関係を築きやすくなります。どうすれば,若い男性が強固な関係を築くのに役立つ活動を計画し,活用することができるでしょうか。ヒラマンと2,000人の若い兵士たちとの関係について,どのような点が印象に残っていますか( アルマ 53:19–23; 56:43–48, 55–56; 57:19–27参照)。
  • 以下のビデオを視聴し,若い男性との関係を築き,彼らとイエス・キリストとを結びつけるのに役立つ方法についてどのようなことを教えているか見つけてください:“Just Take Some Time,” 〔『少しの時間を割くだけで』〕“Help Others Move toward the Savior,” 〔『救い主を目指して進めるように助ける』〕“He Cared, He Listened,”〔『気にかけ,耳を傾けてくれました』〕“The Master Teacher” 〔『偉大な教師』〕(LDS.org)

2.若い男性を天に結びつける。若い男性にとって深い,永続する改心とは何かに焦点を当ててください。

  • ジョセフ・スミスは,教会の若い男性と同じ年齢だったころ,天とつながるために何をしたでしょうか。ジョセフの経験は,皆さんが若い男性を天に結びつけるのを助ける方法について何を示しているでしょうか。(ジョセフ・スミス―歴史1:5-29 参照
  • モーセ1:1-26に記されている,モーセが主とともに経験した事柄についてよく考えてください。この聖文を読んで,若い男性が自らの神聖な特質を理解できるように助けることの大切さについてどのようなことを思い浮かべますか。
  • ボイド・K・パッカー会長は次のように教えています。「まことの教えを理解すれば,人の態度や行動は変わります。福音の教義を研究することは,人の行動を研究することよりも,ずっとすみやかに行動を改善する力があります。」(「幼き子ら『聖徒の道』1987年1月号,18-19);アルマ31:5も参照)皆さんが仕える若い男性はキリストの教義を理解しているでしょうか。この教義の理解は,若い男性が天とつながるうえでどのように役立つでしょうか。2ニーファイ31章32章3ニーファイ11章を読み,この質問についてよく考えてください。
  • 皆さんの担当する若い男性のことを念頭に置いて,デビッド・A・ベドナー長老の話「主に帰依する」(『リアホナ』2012年11月号,106-109)を読んでください。若い男性が主に帰依することができるように助けるうえで皆さんが果たすべき役割について御霊から何を学べるでしょうか。
  • 救い主はこう言われました。「自分の命を救おうと思う者はそれを失い,わたしのために自分の命を失う者は,それを見いだすであろう。」(マタイ16:25)皆さんが仕える若い男性は,周囲の人に仕える機会が定期的に与えられているでしょうか。彼らが以下の聖文を理解するために,皆さんはどのような助けができるでしょうか。「あなたがたが同胞のために務めるのは,とりもなおさず,あなたがたの神のために務めるのである。」(モーサヤ2:17
  • 若い男性が天との結びつきを強めるのを助けるために,以下のビデオをどのように活用することができるでしょうか。「2017年ミューチャルのテーマ:尋ね求めなさい」 「自らを聖めなさい」 「線の内側にとどまる」 「福音を見いだせるように助ける」(LDS.org)

3.若い男性にけん引役になってもらう若い男性がアロン神権定員会を力強く導くことができるよう助けてください。

  • 教義と聖約121:34-3642:618:2-3を調べ,若い男性にとって理解する必要があると思われる神権指導の原則を見つけてください。どうすれば彼らがこれらの原則を学べるよう助けることができるでしょうか。
  • 「アロン神権定員会指導者は,定員会会員とともに『評議会の席に着き,彼らにその職の義務を教える』(教義と聖約107:85-86参照)。彼らは責任を果たすに当たって霊感を求める。彼らはまた,ビショップリックと定員会アドバイザーから指示と指導を受ける。アロン神権定員会会長は,自分が管理する定員会の業を導く神権の鍵を持つ。」(『手引き 第2部』8.3.2教義と聖約107:58-63およびビデオ“Ministering in the Aaronic Priesthood” 〔アロン神権において仕え,教え,導く〕〔LDS.org〕も参照)皆さんのワードのアロン神権定員会はこの助言にどれほどよく従っているでしょうか。彼らが向上できるよう助けるために何ができるでしょうか。
  • 「教会の召しを伝える指導者は,召しの目的,重要性,責任について説明する。指導者はまた,召しを果たすために主の御霊を求めるよう教会員を励ます。」(『手引き 第2部』19.2)アロン神権会長会の会員に対するこのような教会の召しの伝え方は,彼らが定員会を導くうえでどのような助けとなるでしょうか。
  • 「ビショップまたは割り当てを受けた顧問は,執事定員会会長,教師定員会会長,また祭司定員会補佐と定期的に面接する。」『手引き 第2部』8.3.1;ビデオ“Empowering Aaronic Priesthood Leadership” 〔『アロン神権の指導力を強化する』〕〔LDS.org〕も参照)そのような面接は定員会の指導者および会員にどのような祝福をもたらすでしょうか。
  • サムエル上3章;1ニーファイ2:16-22モルモン1章に記されている若い男性についてどのようなことに気づきましたか。これらの聖文は,皆さんが仕える若い男性に対する見方にどのような影響を及ぼすでしょうか。
  • 以下の資料のうち一つを読むか,または視聴し,皆さんのワードで奉仕するアロン神権定員会指導者について考えてください。スティーブン・W・オーエン兄弟「最も優れた指導者は,最もよく従う人です『リアホナ』2016年5月号,70-76;あるいはタッド・R・カリスター兄弟「若者が持つ神権の力」(LDS.org)定員会の指導者がその務めを果たせるよう助けるために,皆さんは何ができるでしょうか。

指導者のためのリソース