中央幹部ならびに中央役員

ディーター・F・ウークトドルフ長老

十二使徒定員会

2008年2月3日に,ディーター・F・ウークトドルフ長老は,末日聖徒イエス・キリスト教会大管長会第二顧問として支持されました。2018年1月までその職にあって奉仕しました。2004年10月2日,十二使徒定員会の一員として支持されました。1994年4月から中央幹部として奉仕してきました。

ウークトドルフ長老は1940年11月6日,チェコスロバキアのオストラバで,カール・アルバート・ウークトドルフ,ヒルデガード・オッペルト・ウークトドルフ夫妻のもとに生まれました。1947年,一家はドイツのツビッカウで教会の会員になりました。1952年,西ドイツのフランクフルトに避難し,そこでエンジニアリングの教育を受けました。1959年,ドイツ空軍に入隊し,6年間戦闘機パイロットとして務めました。

1965年,ウークトドルフ長老はドイツ・ルフトハンザ航空でパイロットとして働き始めました。1970年から1996年まで,B737,エアバス,DC10,B747の機長として働きました。機長としての訓練や確認の責任と同時に,管理の責任も幾つか受けました。B737セクション・チーフ・パイロット,アリゾナ州ルフトハンザパイロットスクール学長,全コックピットクルー隊長,フライトオペレーションの副部長,ルフトハンザ航空チーフパイロットなどが含まれます。国際航空運送協会(International Air Transport Association)のフライトオペレーション部門の会長も務めました。

ディーター・ウークトドルフ長老は1962年,ハリエット・レイヒ姉妹と結婚しました。夫妻には2人の子供と6人の孫と,3人のひ孫がいます。使徒に召されたのに伴い,一家は故郷を離れ,アメリカ合衆国に永住しています。

ウークトドルフ夫妻はアウトドア活動を楽しみ,芸術を愛しています。最高の幸せを感じるのは,家族と過ごす時間です。

総大会での説教

信じ,愛し,行う10月 2018 総大会

「見よ,この人だ」4月 2018 総大会

3人の姉妹10月 2017 総大会

帰郷—切なる望み10月 2017 総大会

天の光をもたらす者10月 2017 総大会

教会役員の支持4月 2017 総大会

あなたがたのうちでいちばん偉い者4月 2017 総大会

完全な愛は恐れを取り除く4月 2017 総大会

すべての総大会の説教 ディーター・F・ウークトドルフ

氏名 ディーター・F・ウークトドルフ

生年月日 1940年11月6日

出生地 オストラバ, チェコ共和国

ソーシャルメディア Twitter, Facebook