あなたがたは信仰があるので

ジェフリー・R・ホランド長老

十二使徒定員会


すばらしいすべての教会員……が,キリストの純粋な愛は「絶えることがない」ことを日々証明してくださっていることを感謝しています。

モンソン大管長,世界中のすべての教会員がこのすばらしい聖歌隊とともに,この偉大な賛美歌を歌い,「感謝を神に捧げん,預言者の導き」と述べました。大管長の人生と模範に,そして,この教会の総大会に参加しているわたしたちを歓迎してくださったことに感謝します。わたしたちは大管長を愛し,称賛し,支持しています。今日の午後の部会においてわたしたちはモンソン大管長だけでなく教会の中央役員を支持する正式な機会が与えられます。わたしの名前もその名簿に加えられるので,支持を受ける前から厚かましくはありますが,皆さんの賛意の挙手に対する感謝を,皆を代表してここで申し上げます。わたしたちは皆さんの祈りと支持なくして働くことができません。皆さんの忠誠と愛は言葉に表せないほどの大きな意味があります。

この思いから,わたしは今日,わたしたちも皆さんを支持していること,わたしたちも皆さんのために心から祈り,愛していることをお伝えします。教会の管理役員には特別なかぎと聖約そして責任があることを全員が知っていますが,教会は,どのような立場にあろうと,一人一人の会員の信仰と献身によって比類ない力を得ており,まことに独特の活力にあふれていることも実感しています。皆さんがどの国で生活し,どれほど若く,力不足を感じているとしても,あるいはどれほど年老いており,自分の限界を感じているとしても,神が皆さん一人一人を愛しておられることをあかしします。皆さんは神の業の中心となる存在であり,教会の管理役員が皆さんを慈しみ皆さんのために祈っています。一人一人に価値があり,神聖な輝きを放っているからこそ,救いと昇栄の計画が存在するのです。現代のはやり言葉とは逆になりますが,これはあなたに関係のあることです。いいえ,周りの人を見回さないでください。わたしはあなたに話しているのです!

神が皆さんをどれほど愛しておられ,壇上にいるわたしたちが皆さんにどれほど感謝しているかをどうしたらお伝えできるかあれこれずっと考えてきました。皆さんの善い行い,思いやりのある言葉,イエス・キリストの福音の美しさと祝福をだれかに――だれに対しても――差し出すために払ってきた犠牲に対して,天使になり代わって感謝の言葉を述べたいのです。

若い女性の指導者たちに感謝しています。指導者たちはシャンプーもシャワーもなく,マスカラもつけずに,キャンプ場へ行って,煙の立ち込めるキャンプファイヤーでの証会を, 少女や指導者の心に残る,生涯忘れられない霊的な体験に変えています。これまでに出会った,シナイ山のように力強く,山上の垂訓が説かれた山のようにあわれみを与えてくれた教会のすべての女性に感謝しています。教会の姉妹たちにまつわる話,例えば色鮮やかなゼリーや,キルト,葬儀のときのジャガイモ料理の話を聞くと,ほほえましく思います。わたしの家族もその一つ一つを様々な場面でありがたく頂きました。キルトと葬儀のジャガイモ料理が同じ日に届けられたこともありました。それはほんとうに小さなキルトでした。まだ赤ん坊だった弟が亡くなったとき,天の家に戻る弟の旅が温かく安らかであってほしいとの願いを込めて扶助協会の姉妹たちが作ってくれたものでした。葬儀を終えたわたしたち家族は,姉妹たちが自発的に用意してくれた食事を,感謝して頂きました。ほほえましい伝統です。でも,手が垂れ,ひざが弱わっているときには,1

なぜかいつも,称賛を受けることのあまりない教会の女性たちがそこにいてくれるのです。彼女たちは次のキリストの言葉の神性を本能的に悟っているようです。「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは,すなわち,わたしにしたのである。」2

これは神権者も同じです。例えば,環境や地域によって異なりますが,50マイル(80キロ)の険しい道のりを踏破するハイキングを実施したり,氷の穴を掘ってその中で眠ったりという生涯で最も長い夜となる活動を率いる若い男性の指導者たちがいます。わたしは所属する大祭司グループの中で経験した数々の思い出に感謝しています。何年か前に,死期の近づいた定員会会員の傍らで付き添って,小さなリクライニングチェアーに数週間にわたって交代で眠りました。それは,年老いてご主人と同様に衰弱した姉妹が彼の最後の数週間に少しでも睡眠を取ることができるようにするためでした。教会の多くの教師,役員,アドバイザー,書記の皆さん,そしていつも机といすを並べたり片付けたりしてくれる皆さんに感謝しています。聖任された祝福師や,音楽や家族歴史を担当してくれる皆さん,骨粗鬆症こつそしょうしょうになっても体よりも大きく見えるスーツケースを手にして朝5時に神殿にやって来る老齢の夫婦の皆さんに感謝しています。子供に障がいがあり,時には複数の障がいを持ち,さらにはそのような子供を複数持ちながら,自分を顧みず,恐らく一生涯彼らの世話をしている親の皆さんに感謝しています。病気や年老いた両親に恩返しをするために力を合わせている,中年を過ぎた息子娘の皆さんに感謝しています。

最近のことですが,ほとんど完璧かんぺきに近い老齢の姉妹がすまなそうにこうささやきました。「わたしは教会で指導者として働いたことが一度もありません。してきたのはただお手伝いをすることだけだったと思います。」わたしはこう言いました。「敬愛する姉妹,主はあなたと『御自分の王国の中でお手伝いをしてくださる方』すべてを祝福されることでしょう。」現在の指導者の中には,皆さんがすでに到達している状態に,いつか神の御前みまえで到達できるよう願っている人もいるのです。

わたしはこれまで,そのような人々の信仰と善良さに感謝を表さなかったことがしばしばありました。ジェームズ・E・ファウスト管長は13年前にここに立ち,こう語りました。「わたしはまだ幼かったころに,……わたしの祖母……が熱いまきコンロでおいしい食事を作っていたことを思い出します。コンロの横の薪を入れた箱が空になると, 祖母は黙ってその箱を取り上げて出て行き,外に積んである杉の薪を詰めて,重くなった箱を家の中に運び込みました。わたしはとても無神経で, ……そこに座って, 愛する祖母が薪の箱を運ぶのをただ見ていたのです。」そして,声を詰まらせながらこう語りました。「わたしは自分が恥ずかしく, 怠惰であったことをそれ以来ずっと後悔してきました。いつの日か, 祖母にゆるしを求めることができればと願っています。」3

ファウスト管長ほど完成の域に達している人が,少年時代の過ちを認めるのであれば,わたしも今日,同じような過ちを認め,遅ればせながら感謝を伝えるべきでしょう。

時が始まるはるか以前の昔にわたしが伝道に召されたとき,宣教師の費用を均等にする制度はまだありませんでした。宣教師は赴任先の伝道部で費用を全額負担していました。一部の伝道部では非常に多額の費用を必要としました。わたしはそのような地域に召されました。

現在,わたしたちが宣教師に奨励しているように,わたしは伝道資金をできるかぎり自分で用意するため,貯金し,自分の持ち物を売り払いました。充分な資金が準備できたと思いましたが,伝道の最後の数か月までもつかどうかは分かりませんでした。そのような不安を抱えながらも,最高にすばらしい経験を求めてこの上なく幸せに家族のもとを離れました。わたしは後にも先にもこれほど伝道を愛する若者はいないと言うくらい伝道をこよなく愛しました。

そして帰還すると同時に,両親が伝道に召されました。わたしはどうなるのでしょうか。大学の学費など工面できるはずがありません。食費と部屋代をどうしたらいいのでしょう。心の中で大きく夢に描いていた,非の打ちどころのない女性であるパトリシア・テリーとの結婚を,どう実現すればよいのでしょうか。正直に言えば,落胆し,恐怖を覚えました。

ためらいながらも地元の銀行に行き,家族ぐるみの友人である支店長にわたしの口座の残高を尋ねました。彼は驚いた様子で言いました。「ジェフ,君のお金は全部そのままだよ。ご両親から聞いていないのかい。君が伝道から戻ったときのためにと,ご両親は君の口座から1セントも引き出さなかったんだよ。知っていると思っていた。」

まったく知りませんでした。独学で会計士となった父は,夫婦で召しを受けたときに,小さな町にわずかな顧客しかいませんでした。伝道中の息子が衣類や靴に困らないように,恐らく2年間は自分は一度も新しいスーツやシャツを着ることはなかったでしょう。さらに,後に知ったのは,結婚してから一度も外へ働きに出たことのなかった母が,わたしの伝道費用を捻出ねんしゅつするために,地元のデパートで働いていたことでした。伝道中のわたしには,一言ひとことも知らせてきませんでした。そのことについてまったく何も言わなかったのです。この教会で,どれほど多くの父親がわたしの父とまったく同じことをしてきたことでしょう。この厳しい経済情勢の中,どれほど多くの母親がわたしの母と同じことをしているでしょう。

父は34年前に他界しました。ですからファウスト管長と同じように,次の世に行くまで十分な感謝を伝えられません。けれども来週95歳になる,愛する母は,セントジョージの自宅で今日この放送を楽しく見ているので,母に感謝する機会はまだあります。お母さん,お父さん,また,すべての父親と母親,家族の皆さん,あらゆる地に住む忠実な人々に申します。皆さんが自分の子供たち(そしてほかの人の子供たち)のために犠牲を払い,自分が得ることのなかった機会と,最高の幸福を子供たちに与えるためにできる限りのことをしたいと思ってくださっていることに感謝しています。

すばらしいすべての教会員,そして信仰は異なっても善良な大勢の人々が,キリストの純粋な愛は「絶えることがない」4 ことを日々証明してくださっていることを感謝しています。皆さんの中にはだれ一人としてつまらない人などいません。皆さんはイエス・キリストの福音とは何かを示し,主の慈しみと憐れみを思い起こさせ,小さな村でも大都市でも,人に平安と救いをもたらそうと務めながら,主のよい業とささげられた命について,個人的でありながらも力強く証しているからです。そのように神聖な大義に皆さんとともに携われることをこの上なく光栄に思います。

イエスがニーファイ人に言われたように,わたしも今日申します。

「あなたがたは信仰があるので……わたしの喜びは満ちている。

そして,イエスはこれらの御言葉みことばを語ると,涙を流された。」5

兄弟姉妹,皆さんの模範を見ながら,わたしは改めて,天の御父や多くの皆さんのように,より良く,もっと忠実であり,親切であり,献身し,もっと慈愛を持った誠実な人になることを決意します。これらを,すべてにおける偉大な模範であられる,主イエス・キリストの証御名みなによって祈ります。アーメン。

Quellenangaben anzeigen

  1.  

    1 .ヘブル12:12;教義と聖約81:5参照

  2.  

    2 .マタイ25:40

  3.  

    3 .ジェームズ・E・ファウスト「律法の中でもっと重要な,公平とあわれみと忠実」『聖徒の道』1998年1月号,65

  4.  

    4 .1コリント13:8。モロナイ7:46-47も参照

  5.  

    5 .3ニーファイ17:20-21