New Experience
    10月 2013 | ともに集いましょう

    ともに集いましょう

    10月 2013 総大会

    どのような環境に置かれているか,どのような人生を送ってきたか,また証が強いか弱いかにかかわらず,教会にはあなたの居場所があります。

    ある男性が夢を見ました。彼は世界中の宗教の代表者が集っている大ホールにいました。それぞれの宗教には魅力があり,価値があると思えることがたくさんあることに気づきました。

    末日聖徒イエス・キリスト教会を代表する上品な夫婦に出会った彼は,こう尋ねました。「会員になる人にあなたがたはどのようなことを求めているのですか。」

    わたしたちは何も求めていません。しかし,主はわたしたちにすべてをささげるよう求めておられます」とその夫婦は答えました。

    夫婦はさらに教会の召し,ホームティーチングと家庭訪問,専任伝道,毎週の家庭の夕べ,神殿の業,福祉と人道支援活動,教師を務める割り当てについて説明しました。

    「それらの務めを果たす人全員に報酬を支払っているのですか」と男性は尋ねました。

    「いいえ。自分の時間を惜しみなくささげているのです。」

    「そのうえ,6か月ごとに開かれる総大会に出席するか視聴します。そして,10時間に及ぶ話を聞いて週末を過ごすのです」と夫婦は言いました。

    「10時間も話が続くのですか。」男性は信じられないといった様子で言いました。

    「毎週の教会の集会はどうですか。何時間ですか。」

    「毎週日曜日に3時間開かれます。」

    「何てことだ。教会員はあなたのおっしゃったことをほんとうに実行しているのですか」と男性は言いました。

    「まだまだあります。言いませんでしたが,ほかに家族歴史,青少年のキャンプ,ディボーショナル,聖文の研究,指導者の訓練,青少年の活動,早朝セミナリー,教会の建物の維持管理があります。そして御存じでしょうが,主の健康の律法があり,貧しい人々を助けるために毎月行う断食,それに什分の一があります。」

    男性は言いました。「少し,くらくらしてきました。一体どうしてそのような教会に好んで入る人がいるのですか。」

    夫婦はほほえんで言いました。「そうおっしゃると思っていましたよ。」

    一体どうしてそのような教会に入る人がいるのでしょうか。

    世界中の多くの教会で信者数が減少している中,末日聖徒イエス・キリスト教会は,ほかの教会よりも小規模でありながらも,世界で最も急速に発展している教会の一つとなっています。2013年9月現在,教会には全世界で1500万人の会員がいます。

    これには多くの理由がありますが,その幾つかについて説明したいと思います。

    救い主の教会

    第1に,この教会はイエス・キリスト御自身によって現代に回復されました。罪の赦しのためのバプテスマを施し,聖霊の賜物を授け,地上で結ぶことを天においても結ぶことなど,主の御名によって務めを行う権能がこの教会にはあります。1

    この教会に加わる人々は,救い主イエス・キリストを愛し,救い主に従いたいと思っています。彼らは神が再び人類に語られることを知って,喜んでいます。聖なる神権の儀式を受けて,神と聖約を交わすとき,彼らはその生活の中で神の力を感じることができます。2聖なる神殿に入るとき,神の御前にいることを感じます。聖文を読み3,神の預言者の教えに従うとき,心から愛する救い主に近づいていくのです。

    行いの伴う信仰

    もう一つの理由は,善を行う機会が教会にあるからです。

    神を信じることは立派なことですが,ほとんどの人は感動的な説教や「天の夢」4に耳を傾けるだけでなくそれ以上のことを行いたいと思っています。彼らは信仰を行いに表すことを願い,腕まくりをして,この大いなる大義に携わることを願っています。

    わたしたちとともに集うと,それらが実現するのです。自分の才能や思いやり,時間を善い行いに変える多くの機会を手にします。世界中のどの集会所にも有給の聖職者がいないため,会員たちは奉仕し,教え,導く業を自分たちで行います。彼らは霊感によって召されます。時には自発的に,時には割り当てによって奉仕します。わたしたちにとって割り当ては重荷でなく,神と神の子供たちに仕えると喜んで交わした聖約を守る機会なのです。

    かけがえのない祝福

    人々がこの教会に加わる第3の理由は,キリストの弟子として生活することが大いなる祝福につながるからです。

    わたしたちはバプテスマが弟子として歩む道の出発点に立つことであると考えています。日々キリストとともに歩むことにより,この世において平和と目的を得,来るべき世において大いなる喜びと永遠の救いを得る道へと導かれます。

    この道を忠実に歩む人は人生の多くの落とし穴や悲しみ,悔いを避けることができます。

    心の貧しい者と心の正しい者は教会で知恵の大いなる宝を見いだします。

    苦しみ,悲しむ者は癒しを見つけます。

    罪の重荷を負う者は赦しと自由と安息を見いだします。

    去って行った人々へ

    数百万に上る人々が真理を探究した結果,末日聖徒イエス・キリスト教会に導かれて来ました。しかし,かつては愛した教会を去って行った人々もいます。

    「福音がそれほどすばらしいものであるとしたら,なぜ去って行くのですか」と尋ねるかもしれません。

    その理由は,心を傷つけられたこと,怠惰であったことあるいは罪を犯したことであったのかもしれません。実際,それほど単純ではありません。一つの理由だけで様々な状況をくくることはできないのです。

    わたしたちの愛する会員の中には教会をやめるべきかどうかを何年もの間悩み続けている人たちがいます。

    わたしたちの教会は個人の選択の自由をとても大切にしています。疑問を問いかけ,答えを探し求めた一人の少年によって回復されたこの教会では,真理を心から探し求める人々に敬意を払っています。わたしたちの愛する教会とわたしたちの見いだした真理から旅半ばで去って行く人々を見るとき,わたしたちはひどく落胆しますが,良心の命じるとおりに全能の神を礼拝する個人の権利を尊重しています。その特権を求めるのはわたしたちも同様です。5

    答えを見いだせない疑問

    過去に受けた言動に対して疑問を持ち,その答えを見いだせずに苦しんでいる人がいます。率直に言って,200年に近い教会の歴史において,霊感を受けた誉れある神聖な出来事が絶え間なく起きてきた一方で,人々に疑問を抱かせるような何かしらの言動があったことは否めません。

    すべての情報を手にしていないこと,もう少し忍耐する必要があったことに起因して,疑問が生じる場合があります。最終的に真実がすべて明らかにされるときに,それまで納得のいかなかったことは満足を得られる形で解決することでしょう。

    「事実」がほんとうに意味するところについて意見の相違が生じる場合があります。一部の人に不信を抱かせる疑問であっても,よく調べてみると,それがほかの人々の信仰を築くものとなっていることがあります。

    不完全な人の犯す過ち

    きわめて率直に申し上げると,教会の会員や指導者も過ちを犯すことがあります。教会の価値観や原則,教義と調和しない言動があったかもしれません。

    完全な人が管理するとしたら,教会は必ず完全であると思います。神は完全であられ,神の教えは純粋無垢です。けれども,不完全な子供であり,過ちを犯す不完全な人であるわたしたちを通して神は御業を行われます。

    モルモン書のタイトルページにはこのように記されています。「もし誤りがあるとすれば,それは人の犯した間違いである。したがって,キリストの裁きの座で染みがないと認められるために,神にかかわるものを非難しないようにしなさい。」6

    キリストが自ら地上を統治される完全な日が来るまでこの状態はこれまでと同様今後も続くことでしょう。

    残念ながら,人の犯す間違いのためにつまずく人たちがいます。しかし,それでも,末日聖徒イエス・キリスト教会の中にある回復された福音の永遠の真理は,汚されることも,損なわれることも,滅ぼされることもありません。

    わたしは主イエス・キリストの使徒として,またこの教会の評議会と働きを直接見てきた者として,厳粛に証します。この教会またはその会員に重大な影響を与える決定が,永遠の御父に霊感と導き,承認を熱心に求めることなしに行われることは決してありません。この教会は,イエス・キリストの教会です。神はこの教会が定められた道を外れることをお許しになりませんし,神の目的が達せられないこともありません。

    あなたの戻る場所がある

    教会から離れている方々に申し上げます。皆さんはわたしの愛する友です。教会にはまだあなたの戻る場所があります。

    来て,あなたの才能や賜物,力を貸してください。それによってわたしたち全体が良くなるのです。

    「わたしの抱えている疑問はどうなるのですか」と尋ねるかもしれません。

    疑問を持つのは自然なことです。率直な疑問という種は発芽して,理解という大木に育つことがしばしばあります。重大な疑問や慎重に扱うべき疑問について真剣に考えたことのない教会員がまれにいます。教会の目的の一つは,時にはそれが猜疑心や疑念という荒れ地にまかれた種であるとしても,信仰の種を養い育てることです。信仰とはまだ見ていない真実のことを待ち望むことです。7

    ですから,愛する兄弟姉妹,愛する友人の皆さん,自分の信仰について疑いを持つ前に,その疑いを疑ってみるよう心からお願いします。8疑念のとりこになって,神の愛や平安,主イエス・キリストの信仰のもたらす賜物を遠ざけてしまうことのないようにしなければなりません。

    このように言う人がいるかもしれません「わたしはどうしても教会の人たちに溶け込めません

    もしあなたがわたしたちの心をのぞき込むことができるとすれば,恐らく,意外に溶け込みやすいことが分かると思います。あなたと同じようにわたしたちもあこがれを持ち,もがき苦しみ,希望を抱いていることを知って驚くことでしょう。あなたの生い立ちや受けた教育は多くの末日聖徒のそれと異なるかもしれません。しかしそれが祝福となることがあります。兄弟姉妹,そして愛する友人の皆さん,わたしたちはあなたにしかない才能と物の見方を必要としています。世界中に様々な個人とグループを持っていることがこの教会の強さなのです。

    「わたしはあなたがたの標準を守れるとは思えない」と言う人がいるかもしれません

    だからこそ来ていただきたいのです。教会は不完全な人,悩み苦しんでいる人,疲れ果てている人を強めるためにあります。戒めをすべて守ることがまだできなくても,守りたいと心から望んでいる人が大勢います。

    「わたしは言行の一致しない教会員を知っていますよあのような人のいる教会に入りたいとは思いません」と言う人がいるかもしれません

    もしあなたが言行不一致を自分の信じていることに完全に従っていないという意味でおっしゃっているなら,わたしたちは皆言行が一致していません。わたしたちが本来あるべき姿と考えているキリストのような人物になり得ている人はいません。けれども,わたしたちは欠点や罪を犯してしまう性癖を克服し,イエス・キリストの贖いの助けによってより善い人物になることを心から願っています。

    もしあなたがこれらのことを望んでいるなら,どのような環境に置かれているか,どのような人生を送ってきたか,また証が強いか弱いかにかかわらず,教会にはあなたの居場所があります。ともに集いましょう。

    ともに集いましょう

    わたしたちは人間として不完全ですが,それでもあなたはこの教会の会員の中に世界中でもえり抜きの人物をたくさん見つけられるはずです。イエス・キリストの教会は親切な人や思いやりのある人,正直な人や勤勉な人を引き寄せるようです。

    教会で完全な人を見つけようとすると,失望を味わうことでしょう。けれども,キリストの純粋な福音,「傷ついた心を癒す」9神の御言葉,聖霊の聖めの力を求めるのであれば,それらを見いだすことでしょう。信仰心が薄れていくこの時代に,非常に多くの人が神の愛との隔たりを感じているこの時代に,神とあなたのような隣人に仕えることによって,救い主を知り救い主に近づこうとしている人々を教会の中に見いだすことでしょう。ともに集いましょう。

    あなたがたも去ろうとするのか

    救い主の生涯の中で多くの人が主を見捨てたときのことを思い出します。10イエスは十二弟子に尋ねました。

    「『あなたがたも去ろうとするのか。』

    シモン・ペテロが答えた,『主よ,わたしたちは,だれのところに行きましょう。永遠の命の言をもっているのはあなたです。』」11

    わたしたちは同じ質問を問いかけなければならないときがあります。わたしたちも去ろうとするのですか。それとも,ペテロのように永遠の命の言葉にしっかりとつかまっていますか。

    もしあなたが真理や意義深いこと,信仰を行いに表す方法を探しているのであれば,もし身を寄せる場所を見つけようとしているのであれば,ともに集いましょう。

    かつては受け入れていた信仰から離れているならば,また戻って来てください。ともに集いましょう。

    あきらめようとする誘惑に駆られているのであれば,もう少しだけとどまってください。ここにはあなたの居場所があります。

    この話に耳を傾けている,あるいは読んでいるすべての人にお願いします。ともに集いましょう。柔和なキリストの呼びかけに聞き従いましょう。自分の十字架を負って,主に従いましょう。12

    ともに集いましょう。金銭に代えられない貴いものがここにあるからです。

    永遠の命の言葉と平安の道,祝福された贖いの約束,平安と幸福への道がこの教会にあることを証します。

    真理を探し求めることによって,ともに集う望みを持つことができるように心から願っています。イエス・キリストの聖なる御名により,アーメン。

    Left
    Right
    参照箇所を表示する参照箇所を非表示にする