10月 2013 | ほかに何ものをも神としてはならない

    ほかに何ものをも神としてはならない

    10月 2013 総大会

    わたしたちが礼拝していると公言している神よりも上に,ほかの優先事項やほかの神々を置いて,仕えてはいないでしょうか。

    十戒は,キリスト教徒にとってもユダヤ教徒にとっても信仰の基盤となるものです。神からイスラエルの子らに預言者モーセを通して与えられたこの十戒のうち,最初の二つの戒めは,わたしたちの礼拝とわたしたちの優先順位について説いています。最初に主はこう命じられました。「あなたはわたしのほかに,なにものをも神としてはならない。」(出エジプト20:3) それから何世紀もたって,「律法の中で,どのいましめがいちばん大切なのですか」と尋ねられたイエスは,「心をつくし,精神をつくし,思いをつくして,主なるあなたの神を愛せよ」とお答えになりました(マタイ22:36-37) 。

    十戒の2番目の戒めは,ほかに何ものをも神としてはならないという指示をさらに詳細に述べたもので,神の子であるわたしたちの生活の中で究極の優先順位はどうあるべきかを明らかにしています。「あなたは自分のために,刻んだ像を造ってはならない。」そして,天にあるものも地にあるものも「どんな形をも造ってはならない。」(出エジプト20:4) この戒めにはさらにこう加えられています。「それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。」(出エジプト20:5) この戒めによって,単に目に見える偶像が禁じられただけでなく,あらゆる時代に共通する基本的な優先順位が教えられています。エホバはさらにこう説明しておられます。「あなたの神,主であるわたしは,ねたむ神である〔。〕……わたしを愛し,わたしの戒めを守るものには,恵みを施〔す〕であろう。」(出エジプト20:5-6) このねたむという語には深い意味があります。この語のヘブライ語の原文の意味は,「傷つきやすく深い感情を有する」ということです (出エジプト20:5)。このように,わたしたちが,ほかの神に「仕える」とき,つまり,第1の優先順位をほかのものにするとき,神の感情を傷つけるのです。1

    I.

    では今日,人が,場合によっては信仰心の篤い人でも,神を差し置いて「仕え」る,ほかの優先順位にはどのようなものがあるでしょうか。次のようなものの可能性について考えてみましょう。どれもわたしたちの世界には普通のものです。

    • 文化的な伝統や家族の伝統

    • 政治的公正

    • 出世願望

    • 物の所有

    • 娯楽の追及

    • 権力,名声,地位

    こうした例がわたしたちの中のだれ一人にも当てはまらないようなら,当てはまりそうな例をほかにも挙げられるでしょう。原則は,個々の例よりもはるかに大切です。原則は,わたしたちにはほかに優先するものがあるかどうかではありません。第2の戒めが提示している問いかけは,「わたしたちの究極の優先順位は何か」ということなのです。わたしたちが礼拝していると公言している神よりも上に,ほかの優先事項やほかの神々を置いて,仕えてはいないだろうか,もしわたしを愛するなら,戒めを守るべきであると教えられた救い主に従うことを忘れてはいないだろうか,ということなのです(ヨハネ14:15) 。もしそうなら,わたしたちの優先順位は,霊的な無関心やわたしたちの時代にはびこっている無節操な欲望によって,まったく逆転していることになるのです。

    II.

    末日聖徒にとって,神の戒めは,神がその子供たちのために立てられた計画,つまり偉大な救いの計画を基盤としており,またその計画と不可分の関係にあります。この計画は,時に「偉大な幸福の計画」(アルマ42:8)と呼ばれていて,神の子であるわたしたちの出自や行く末について,つまり,わたしたちがどこから来て,なぜここにいるのか,そしてどこに行こうとしているのか,ということについて説明しています。また救いの計画は,天地創造の目的,死すべき世にいる状態について説明し,その中で,神の戒め,救い主の必要性,そして,この世と永遠の世にわたる家族の重大な役割についても触れています。わたしたち末日聖徒が,こうした知識を与えられているにもかかわらず,この計画と調和した優先順位を付けられなければ,わたしたちはほかの神々に仕えるという危険を冒していることになるのです。

    神がその子供たちのために立てられた計画を知っている末日聖徒には,結婚や家族に対する独特な見方が生まれます。わたしたちが家族中心の教会として知られていることは,実に適切なことです。わたしたちの神学はまず天の両親から始まりますし,わたしたちの最大の望みは完全なる永遠の昇栄に到達することであって,それが家族という関係の中でのみ可能になることも,わたしたちは知っています。わたしたちはまた,男女間での結婚が神の計画を完成させるためにはどうしても必要であることも知っています。こうした結婚関係だけが,地上における誕生の場となり,家族を永遠の命へと備えさせるために承認された機会となります。わたしたちは,結婚をし,子供をもうけ育てることは神の計画の一部であると考え,そうしたことを行う機会が与えられている人々にとっては神聖な義務であると考えています。わたしたちは,地上や天における究極の宝とはわたしたちの子供たちであり,わたしたちの子孫であると信じています。

    III.

    わたしたちは,家族には本来永遠の役割があると理解していますが,それゆえに,西欧社会の多くで出生率や結婚の数が著しく減少している実態に心を痛めています。しかし,これらの西欧諸国の歴史的な文化は,キリスト教やユダヤ教に基づくものであるはずです。信頼できる筋から以下のような報告が上がっています。

    • アメリカ合衆国の現在の出生率は,史上最低です。2また,数多くのEU(欧州連合)諸国やその他の先進国では,その出生率がそれぞれの国の人口を維持するのに必要なレベルにまで達していません。3この現象は,文化の存続にとって,ひいては国家の存続にとって脅威となっています。

    • アメリカ合衆国では,18歳から29歳までの若い成人のうち,既婚者の割合が,1960年では59パーセントでしたが,2010年には20パーセントに低下しました。4 初婚の平均年齢が,現在は史上最も高いレベルにまで上がっています。女性が26歳,男性がほぼ29歳です。5

    • 数多くの国や文化では,(1)結婚した父母と子供たちという伝統的な家族の形態が,一般的というよりもむしろ例外的になりつつあります。また,(2)結婚して子供をもうけることよりも,仕事上のキャリアを積むことを選ぶ若い女性が増えています。さらに(3)父親の役割や実感としての必要性が弱まってきています。

    わたしたちはこうした傾向を憂慮しながらも,同時に,神の計画はすべての神の子供たちのために立てられたものであること,そして神がその子供たちをすべて,どこにいようとも愛しておられることを承知しています。6モルモン書は,その最初の章で,神の「力と慈しみと憐れみは地に住むすべての者に及んでいます」と宣言しています(1ニーファイ1:14)。また後の章では,神が「すべての人に救いを無料で授けてこられ」,さらに「すべての人に,ほかの人と同様の者となる特権が与えられており,それを禁じられる者はだれ一人いない」と宣言しています(2ニーファイ26:27-28)。その結果として,聖典では,わたしたちにはあらゆる人に対して思いやりと愛とを持つ責任があると教えているのです(1テサロニケ3:12;1ヨハネ3:17;教義と聖約121:45参照)。

    IV.

    わたしたちはまた,あらゆる人々の信仰に敬意を払っています。神を信じないと公言している人の数が増加していますが,そのような人々に対しても敬意を払います。また,神から賜った選択の力によって,多くの人々がわたしたちの信仰とは異なる信仰を持っていることも承知しています。しかし,わたしたちは,ほかの人々もわたしたちの信仰に対して同じように敬意を払い,わたしたちがその信仰のゆえにほかの人々とは異なる選択をし,振る舞いをするということも理解していただきたいと願っています。例えば,わたしたちは,救いの計画の最も根幹となる部分として,性的な関係は結婚している男女の間でのみ営まれるものであるとする永遠の標準を神が確立された,と信じています。

    この世の生命を生み出す力は,神がその子供たちに賜った力の中でも最も気高い力です。その力の活用については,アダムとエバに与えられた神の最初の戒めの中で定められました (創世1:28参照)。しかし,その力の誤用を禁じるため,ほかにも重要な戒めが与えられました(出エジプト20:14;1テサロニケ4:3参照)。わたしたちが純潔の律法を強調する理由を説明するなら,それは神の計画を達成するうえで生殖の力が果たす目的をわたしたちが理解しているからです。男女の結婚のきずなの外で,いかなる形であれ,生殖の力を用いることは,確かに罪深いことであり,子供たちの昇栄のために立てられた神の計画に反することでもあります。

    わたしたちが純潔の律法の重要性を強調するのは,アダムとエバから始まり,あらゆる時代を通じて続いてきているこの結婚の形態に強いこだわりを持っているからです。つまり,神の息子と娘の間で成立する生殖の関係と神の子供たちに養いを与えることは,神の定められた形態だからなのです。幸いなことに,ほかの教会や組織にかかわりを持つ多くの人々が結婚の性質や重要性に関して,わたしたちの主張に共鳴してくださっています。中には宗教上の教義を根拠に支持してくださる方々や,社会にとって最善なものとは何かを考えて支持してくださる方々もいます。

    わたしたちは神がその子供たちのために立てられた計画をよく知っています。7 そのために,結婚を経ずに生まれてくる子供たちの数が増加していることに心を痛めています。現在では,アメリカ合衆国における子供の総数の41パーセントがそうです。8また,結婚せずに同棲している男女の数は,ここ半世紀の間に著しく増えています。50年前,最初の結婚をした人々のうち,同棲を経験していた者の割合はほんのわずかでした。現在では,結婚した人々のうち60パーセントが同棲を経験しています。9しかも,この傾向は急速に許容されつつあります。特に10代の若者の間ではそうです。最近の調査のデータによれば,10代の若者のうち約50パーセントが未婚のまま子供を産むことは「価値ある生活スタイル」だと答えています。10

    V.

    性的道徳,また結婚と出産の永遠性やその目的についての神の定めが存在するにもかかわらず,その定めに反する行動を認めさせようと,法的,政策的な変化を求めるための,政治的,社会的な圧力も数多く存在します。こうした圧力のゆえにすでに様々な州や国家が同性婚を認めてきました。また,性の違いの問題に混乱を生じさせたり,神の偉大な幸福の計画の成就には男女のそうした違いが不可欠であるにもかかわらず,その違いを均質化しようという圧力も存在します。

    神の計画やその教義について理解しているわたしたちは,永遠の見地から物事を見ることができますから,そのような行動を黙認したり,それを認める法律に正当性を見いだすことはできません。さらに,自分たちの方針だけでなく教義さえ変更できるほかの組織とは異なり,わたしたちの方針は,神が不変であると明言された真理によって決定されるのです。

    わたしたちの信仰箇条第12条は,国家の権威に従い,「法律を守り,尊び,支えるべき」であるというわたしたちの信条を述べたものです。しかし,神が不道徳だと宣言された事柄を,人の作った法律によって道徳的に正しいものとすることはできないのです。神を愛し神に仕えるというわたしたちの優先順位の先頭に来る事柄を遵守しようと決意するには,神の定めた律法をわたしたちの行動規範と考えることが必要です。例えば,不義や姦淫がわたしたちの住む州や国ではもはや犯罪の対象にならないとしても,わたしたちはなおそうしたことを行ってはならないとする神聖な命令の下にいます。同様に,いわゆる「同性婚」を合法化する法律があったとしても,結婚に関する神の律法,あるいはそれに関する神の戒めやわたしたちの標準が変わるわけではありません。わたしたちは,神を愛し,その戒めを守り,ほかの神々や優先順位に仕えることはしないという聖約の下にいます。ある特定の時代,ある特定の場所でそれらが広く認められるようになったとしてもです。

    そう決意すると,わたしたちは人から誤解されるかもしれません。偏見に満ちた非難を浴びたり,差別に甘んじたり,信教の自由を行使する権利がおびやかされることに耐えなければならなかったりするかもしれません。そのような場合でも,わたしたちは最初の優先順位が神に仕えることにあることを忘れず,開拓者であるわたしたちの先祖たちのように,彼らが示したのと同じ不屈の精神をもって自分の手押し車を押して前進させるべきだと,わたしは考えています。

    トーマス・S・モンソン大管長の教えはそうした状況にも当てはまるものです。27年前の総大会で,大管長はこのように明言しました。「多数意見に対抗する勇気,原則を守る勇気を持とうではありませんか。勇気は神の承認の笑みをもたらしますが,妥協にはそれがありません。勇気を,男らしく死をいとわぬ態度としてではなく,ふさわしく生きる決意として理解するときに,それは生き生きとした魅力ある徳になります。道徳的な意味での臆病者とは,周囲の人から受け入れられなかったり,ばかにされたりすることを恐れて,自分が正しいと考えていることを実行しない人のことを指します。恐れを抱いていない人はだれもいません。しかし,毅然としてその恐れに立ち向かう人こそが勇気ある人と言えるのです。このことを忘れてはなりません。」11

    わたしたちが,この死すべき世の一時的な試練のために,わたしたちの創造主,わたしたちの救い主から授かっている偉大な戒めや優先順位を忘れるようなことがないように,祈っています。わたしたちは,この世のものに過度に心を奪われたり,人の誉れを得ることを望んだりすることがあってはなりません(教義と聖約121:35参照)。わたしたちの永遠の行く末に到達するための努力をやめてしまうことになるからです。神がその子供たちのために立てられた計画を知っているわたしたち,そしてその計画に参加することを聖約によって誓ったわたしたちには,はっきりとした責任があります。それは,わたしたちの究極の望みから決して逸脱してはならないということです。それは永遠の命に到達することであり,12わたしたちの第一の優先順位を決して見失わない,すなわちほかの神をあがめず,父なる神とその御子であるわたしたちの救い主イエス・キリストを後回しにしてほかの優先順位のために仕えないということです。

    神の助けがあって,この優先順位を理解することができますように,そして,賢明で愛に満ちた方法でそれを求めるわたしたちをほかの人々が理解してくださるように,イエス・キリストの御名によって祈ります,アーメン。

    参照箇所を表示する参照箇所を非表示にする

      1. 例として,教義と聖約124:84参照

      2. ジョイス・A・マーチンほか,“Births: Final Data for 2011,” National Vital Statistics Reports,第 62巻, 1号(2013年6月28日),4。ローリア・グーデイル,“Behind a Looming Baby Bust,” Christian Science Monitor Weekly, 2013年2月4日,21,23

      3. 人口調査局,“2012 World Population Data Sheet,” www.prb.org/Publications/Datasheets/2012/world-population-data-sheet/data-sheet.aspx参照

      4. デュべラ・コーンほか,“Barely Half of U.S. Adults Are Married—a Record Low” ピュー研究センター,社会的および人口動態的な傾向,2011年12月14日,参照www.pewsocialtrends.org/2011/12/14/barely-half-of-u-s-adults-are-married-a-record-lowで閲覧可能。“Rash Retreat from Marriage,” Christian Science Monitor, 2012年1月2日および9日号,34

      5. 合衆国国勢調査局,“Estimated Median Age at First Marriage, by Sex: 1890 to the Present,” www.census.gov/population/socdemo/hh-fam/ms2.xlsで閲覧可能

      6. ダリン・H・オークス「どこにいる人でもすべての人に」『リアホナ』2006年5月号,77-80参照

      7. ダリン・H・オークス「人に幸福を与える偉大な計画」『聖徒の道』1994年1月号,80-84参照

      8. マーチン,“Births: Final Data for 2011”,4参照

      9. The State of Our Unions: Marriage in America, 2012(2012年),76参照

      10. The State of Our Unions,101,102参照

      11. トーマス・S・モンソン「勇気が必要である」『聖徒の道』1987年1月号,47

      12. ダリン・H・オークス「望み」『リアホナ』 2011年5月号,42-45参照