家族歴史活動と系図

真理を守る


1836年4月3日,カートランド神殿で預言者エリヤがジョセフ・スミスとオリバー・カウドリを訪れました。エリヤは二人に神権の結び固めの力を授け,世代から世代にわたって家族が結び固められることが可能となりました。この力を授けたときに,エリヤは「先祖の心を子孫に,子孫の心を先祖に向けさせ」るために主がエリヤをお遣わしになるという預言を成就しました(教義と聖約110:14-16参照。マラキ4:5-6も参照)。

家族歴史活動を通じて,やむことのないこの預言の成就にあなたも参加することができます。先祖について学び,先祖に対する愛を深めることができます。先祖の勇気と信仰に満ちた話から霊感を受けることができます。また自分の子供たちにこの遺産を譲り渡すことができます。

このような恵みは家族歴史活動から永続的にもたらされるものですが,それが教会として大変な努力を払って系図記録を収集するおもな理由ではありません。教会の家族歴史活動はすべて「先祖と子孫の間にある……固いつながり」を形成する必要性があるから行われるのです(教義と聖約128:18)。この固いつながりは,わたしたちが自分たちの先祖に代わって神聖な神殿の儀式を受けるときに,神権の力によって形成されます。

死者のあがな

天の御父の子供たちの多くは,完全な福音を知る機会に恵まれることなくこの世を去りました。主は,そのあわれみと無限の愛により,そのような子供たちが福音のあかしを得て,神権による救いの儀式にあずかる方法を備えられました。

霊界で,「真理を知らずに罪のうちに死んだ者や,預言者たちを拒んで背きのうちに死んだ者に,福音がべ伝えられ〔まし〕た。これらの者は,神を信じる信仰,罪の悔い改め,罪のゆるしのための身代わりのバプテスマ,あんしゅによる聖霊のたまものについて教えを受け〔まし〕た。またこのほかに,肉においては人間として裁きを受け〔ます〕が,霊においては神のように生きるための資格を得るうえで知っておく必要のある,福音のすべての原則が教えられ〔まし〕た。」(教義と聖約138:32-34

霊界に住む霊の多くは福音を受け入れています。しかし,肉体がないので,自分の力で神権の儀式を受けることができません。聖なる神殿で,わたしたちは彼らに代わって儀式を受ける特権にあずかります。これらの儀式には,バプテスマ,確認,(男性の場合)メルキゼデク神権への聖任,エンダウメント,結婚の結び固め,親子の結び固めが含まれています。主はこの業に関する啓示を預言者ジョセフ・スミスに与えて,イエス・キリストの復活直後キリスト教徒に明らかにされた儀式を回復されたのです(1コリント15:29参照)。

亡くなった人に代わって神権の儀式を受ける人は,その人にとってシオン山の救い手となります(オバデヤ1:21参照)。その働きは救い主のあがないの犠牲の精神に似たものとなります。亡くなった人が自分の力ではできない救いの業を代わりに執行することになるからです。

家族歴史活動におけるあなたの責任

家族歴史活動に関連して与えられている基本的な責任が3つあります。

  1. 自分自身のために神殿の儀式を受け,家族も同様の儀式を受けられるように助ける。

  2. 現在有効な神殿推薦状を保持し,状況が許すかぎり頻繁に神殿に参入する。

  3. 家族歴史に関する情報を収集し,自分の先祖が神殿の祝福を受けられるように助ける。

住んでいる場所や置かれた環境に関係なく,少なくともある程度は神殿と家族歴史活動に携わることができます。恐らくすべてのことはできないにしても,できることはあるはずです。以下の提案が始めるきっかけとなるかもしれません。

  • 自分の人生で起こった重要な出来事について詳しく記録する。自分の誕生日,出生地,バプテスマと確認の儀式を受けた日を記録する。個人の日記を書き,自分の人生で最も印象深い出来事について記録する。その中に自分の子供や将来の子孫の信仰を強めるような個人的な経験も含める。

  • 自分の先祖について知る。まず手始めに自分の記憶と家庭で入手可能な資料に基づいて情報を記録する。自分の兄弟姉妹,両親,おじ,おば,祖父母,そうについて,正確に記憶しているか見つけることのできる重要な情報を記録する。可能ならば,そのような情報が記載された証明書やそのほかの文書のコピーを手に入れる。より多くの情報を収集するにつれて,家庭以外の場所で,例えば,公的記録のようなものを探し出したいと思うかもしれない。地元のワードまたは支部に家族歴史相談員がいる場合,彼らの助けを受けることができる。家族歴史に関する教会の公式ホームページ,www.familysearch.orgを開くという方法もある。

  • 自分の先祖がだれであるか明らかになったら,『系図表』と『家族の記録』フォームを用いて,見つけた情報を記録する。これらのフォームは印刷された書類の形でも,『個人の先祖ファイル』(Personal Ancestral File)のような教会制作のソフトウェアプログラムの画面上でも利用できる。

福音にあずかることなく亡くなった自分の先祖について必要な情報を収集し終わったら,その先祖のための神殿の儀式が確実に執行されるように手配します。神殿の近くに住んでいなくて,自分と自分の家族で儀式を行うのが難しい場合でも,先祖の名前を神殿に提出し,ほかの人々に身代わりの業を執行してもらうことができます。その方法を知るために近くの家族歴史センターを訪問するか地元のワードまたは支部の家族歴史相談員と相談することができます。

預言者ジョセフ・スミスは「死者と生者に関する原則」があり,それは「わたしたちの救いに関して軽々しく見過ごすことのできないものです。彼らの救いはわたしたちの救いにとって必要であり,不可欠だからです。それは……わたしたちなしには彼らが完全な者とされることはない……ように,わたしたちの死者なしには,わたしたちも完全な者とされることはないのです」と宣言しました(教義と聖約128:15)。家族歴史活動に携わることにより,あなたとあなたの先祖は救いに向かって進歩することができます。