聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​10​章

リーハイ、ユダヤじん​が​バビロニア​じん​に​らえられて​れ​られる​こと​を​げん​する。そして、ユダヤじん​の​なか​に​すくぬし​で​あり​あがなぬし​で​ある​メシヤ​が​られる​こと​を​げる。また、かみ​の​ひつじ​に​バプテスマ​を​ほどこす​ひと​が​あらわれる​こと​も​げる。リーハイ、メシヤ​の​​と​ふっかつ​に​ついて​げる。また、イスラエル​の​散乱さんらん​と​しゅうごう​を​オリーブ​の​​に​たとえる。ニーファイ、かみ​の​おん​と​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​と​​が​もとめられる​こと​と​を​べる。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

1 ​ところで​わたし​ニーファイ​は、わたし​が​おこなって​きた​こと​と、わたし​の​とう​と​たみ​に​たいする​わたし​の​つとめ​に​ついて​の​はなし​を​​この​はん​に​つづける。さて、わたし​の​はなし​を​つづける​に​は、ちち​と​あに​たち​の​こと​を​ある​ていべる​ひつよう​が​ある。

2 ​さて​よ、ちち​は​ゆめ​の​はなし​を​かたり​かせ、レーマン​と​レムエル​に​ちから​の​かぎり​はげむ​よう​に​すすめて​から、ユダヤじん​に​ついて​ふた​に​はなして​かせた。

3 ​ユダヤじん​は​ほろび、まことに​あの​おおきな​みやこ​の​​エルサレム​も​ほろんで、そこ​に​む​おおく​の​もの​が​​バビロン​へ​とらわれ​の​​と​なって​れ​られる。しかし、しゅ​が​ふさわしい​と​おもわれる​​に​なる​と、これら​の​人々ひとびと​は​また​かえって​る。すなわち、とらわれ​の​​から​れ​もどされる。そして、とらわれ​の​​から​れ​もどされて​から、かれら​は​ふたたび​ぎ​の​​を​しょゆう​する。

4 ​そして、まことに​ちち​が​エルサレム​を​って​から​​六百​ねん​に、しゅ​なる​かみ​は​ユダヤじん​の​なか​に​ひと​の​げんしゃ​すなわち​​メシヤ、い​えれば、​の​すくぬし​を​てられる。

5 ちち​は​また​げんしゃ​たち​の​こと​に​ついて​も​はなして、じょう​に​おおく​の​げんしゃ​が​これら​の​こと、すなわち​ちち​が​はなした​この​メシヤ、つまり​​の​あがなぬし​に​ついて​あかし​して​いる​と​も​かたった。

6 ​また、すべて​の​じんるい​は、まよい​らく​した​じょうたい​に​あり、この​あがなぬし​に​たよらなければ​いつまで​も​おなじ​じょうたい​に​ある​こと​を​べた。

7 ​また​ちち​は、しゅ​の​みち​を​そなえる​ため​に​メシヤ​に​さきって​る​ひと​の​げんしゃ​に​ついて​も​かたった。

8 ​まことに​その​げんしゃ​は、​に​て​って​さけぶ​で​あろう。「しゅ​の​みち​を​そなえ、その​道筋みちすじ​を​まっすぐ​に​せよ。あなたがた​の​らない​かた​が​あなたがた​の​なか​に​って​おられる​から​で​ある。その​かた​は​わたし​より​も​ちから​の​ある​かた​で、わたし​は​その​かた​の​履物はきもの​の​ひも​を​く​ち​も​ない。」ちち​は​この​こと​に​ついて​おおく​の​はなし​を​した。

9 ​そして、ちち​が​う​に​は、この​げんしゃ​は​ヨルダン​の​かなた​ベテアバラ​で​​バプテスマ​を​ほどこす。また​バプテスマ​は​みず​で​ほどこし、まことに​メシヤ​に​みず​で​バプテスマ​を​ほどこす。

10 ​そして​かれ​は、メシヤ​に​みず​で​バプテスマ​を​ほどこして​から、​の​つみ​を​のぞく​かみ​の​ひつじ​に​バプテスマ​を​ほどこした​こと​を​みとめ、その​あかし​を​する。

11 ​さて、ちち​は​これら​の​こと​を​かたって​から、ユダヤじん​の​あいだ​に​べ​つたえられる​ふくいん​に​ついて、また​ユダヤじん​が​しんこう​に​おちいる​こと​に​ついて​あに​たち​に​かたった。ユダヤじん​は​こうりん​される​メシヤ​を​ころす​が、メシヤ​は​ころされた​のち​に​しゃ​の​なか​から​​よみがえり、聖霊せいれい​に​よって​ほうじん​に​しん​を​あらわされる。

12 ​まことに​ちち​は、ほうじん​と​イスラエル​の​いえ​に​ついて​おおく​の​はなし​を​し、イスラエル​の​いえ​は、えだ​が​られて​​の​全面ぜんめん​に​らされる、一ぽん​の​​オリーブ​の​​に​たとえられる​と​かたった。

13 ​したがって​ちち​が​う​に​は、​の​全面ぜんめん​に​る​と​いう​しゅ​の​こと​が​じょうじゅ​する​ため​に、わたしたち​は​一つ​と​なって​やくそく​の​​へ​みちびかれる​ひつよう​が​ある。

14 ​そして、イスラエル​の​いえ​は​らされて​から、ふたたび​あつめられる。ようするに、ほうじん​が​完全かんぜん​な​ふくいん​を​れて​から、​オリーブ​の​​の​ぜん​の​えだ、すなわち​イスラエル​の​いえ​の​のこり​の​もの​たち​は​​される。すなわち、かれら​の​しゅ​で​あり​あがなぬし​で​ある​まこと​の​メシヤ​を​る​よう​に​なる。

15 ちち​は​この​よう​な​こと​で​あに​たち​に​げん​し、かたり、また、もっと​おおく​の​ことがら​に​ついて​も​げん​し、かたった。しかし、それ​は​この​しょ​に​は​しるさない。わたし​の​​ほか​の​しょ​に、わたし​に​とって​えき​に​なる​こと​を​たくさん​しるして​おいた​から​で​ある。

16 いままで​に​かたった​こと​は​すべて、ちち​が​レムエル​の​たに​に​てんまく​を​って​んで​いた​とき​に​こった​こと​で​ある。

17 ​さて、わたし​ニーファイ​は、ちち​が​げん​の​なか​で​た​こと、また​ちち​が​きたる​べき​​メシヤ​で​ある​かみ​の​おん​を​しんじる​しんこう​に​より​さずかった​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​かたった​こと​に​ついて、ちち​の​こと​を​すべて​いた​のち、わたし​ニーファイ​も​また、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​この​よう​な​こと​を​き​し、また​りたい​と​おもった。聖霊せいれい​と​は、むかし​の​だい​で​も、また​メシヤ​が​ひと​の​ら​に​しん​を​あらわされる​とき​で​も、およそ​かみ​を​熱心ねっしん​に​もとめる​すべて​の​ひと​に​かみ​が​あたえられる​賜物たまもの​で​ある。

18 かみ​は、昨日き の う​も、今日き ょ う​も、また​とこしえ​に​わる​こと​の​ない​かた​だから​で​ある。人々ひとびと​が​あらためて​かみ​の​もと​に​る​なら​ば、​の​はじめ​から、すべて​の​ひと​に​その​みち​が​そなえられて​いる。

19 熱心ねっしん​に​もとめる​ひと​は​いだす​で​あろう。かみ​の​おく​は​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって、むかし​の​だい​のみならず​いま​の​だい​に​も、また​これから​さき​の​だい​のみならず​むかし​の​だい​に​も、おなじ​よう​に​その​人々ひとびと​に​あきらか​に​される。したがって、しゅ​の​みち​は​一つ​の​永遠えいえん​の​​で​ある。

20 ​だから、人々ひとびと​よ、あなたがた​は、ぶん​の​すべて​の​おこない​に​ついて​さばき​を​ける​と​いう​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

21 ​それで、ぶん​たち​の​ためし​の​生涯しょうがい​に​わるい​こと​を​しよう​と​した​なら​ば、あなたがた​は​かみ​の​さばき​の​​の​まえ​で​きよくない​もの​と​される​で​あろう。きよくない​もの​は​かみ​と​ともに​む​こと​が​できない​ので、あなたがた​は​とこしえ​に​てられる​に​ちがいない。

22 聖霊せいれい​は​わたし​に、これら​の​こと​を​かたる​権能けんのう​を​さずけて​くださって​いる​ので、わたし​は​もくする​こと​を​しない。