聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​11​章

ニーファイ、しゅ​の​たま​を​​に​し、げん​の​なか​で​いのち​の​​を​せられる。かれ​は​かみ​の​おん​の​はは​を​​に​し、かみ​が​しん​を​ひくく​される​こと​を​る。また​かみ​の​ひつじ​の​バプテスマ​と​つとめ、じゅう​の​けい​を​る。かれ​は​また、ひつじ​の​じゅう使​の​し​と​つとめ​を​る。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

1 ​さて、わたし​は、ちち​の​た​こと​を​りたい​と​おもい、また​しゅ​が​それ​を​あきらか​に​して​くださる​と​しんじて、おもい​に​ふけり​ながら​こし​を​ろして​いた​とき、しゅ​の​たま​に​らえられて、まことに、じょう​に​たかい​やま​へ​れてかれた。それ​は、まだ​いち​も​た​こと​が​なく、いち​も​あし​を​み​れた​こと​の​ない​やま​で​あった。

2 ​そして​たま​が​わたし​に、「よ、あなた​は​なに​を​のぞんで​いる​の​か」と​われた。

3 ​それで​わたし​は、「ちち​の​た​こと​を​わたし​も​たい​と​のぞんで​います」と​った。

4 ​すると​たま​は​わたし​に、「あなた​は、ちち​の​かたった​​を​ちち​が​じっさい​に​た​と​しんじる​か」と​われた。

5 ​それで​わたし​は、「はい、わたし​が​ちち​の​こと​を​すべて​しんじて​いる​こと​は、あなた​も​ぞんじ​です」と​こたえた。

6 ​わたし​が​これら​の​こと​を​かたる​と、たま​は​こえたからか​に​さけんで​われた。「いと​たかき​かみ​に​まします​しゅ​に、ホサナ。しゅ​は​ぜん​を​はい​される​かみ、まことに​すべて​の​もの​の​うえ​に​まします​かみ​で​あられる。ニーファイ​よ、あなた​は​いと​たかき​かみ​の​おん​を​しんじて​いる​ので​さいわい​で​ある。それゆえ、あなた​は​のぞんで​いた​もの​を​る​で​あろう。

7 ​そして​よ、この​こと​が​一つ​の​​しるし​として​あなた​に​さずけられる。すなわち、あなた​は​ちち​が​あじわった​​を​むすぶ​​を​て​から、ひと​の​おとこ​の​ひと​が​てん​から​くだって​る​の​を​る。その​ひと​を​あなた​は​る。そして​その​ひと​を​た​のち、あなた​は​その​ひと​が​かみ​の​おん​で​ある​こと​を​あかし​する。」

8 ​そして、たま​は​わたし​に「​なさい」と​われた。そこで​わたし​が​る​と、一ぽん​の​​が​えた。その​​は​ちょうど​ちち​が​た​​の​よう​で​あって、その​​の​うつくしさ​は​ほか​に​くらべよう​が​なく、まことに​あらゆる​うつくしい​もの​を​しのいで​いた。また​その​しろさ​は、かぜ​に​う​ゆき​の​しろさ​に​も​まさって​いた。

9 ​そこで​わたし​は、その​​を​て​から​たま​に​った。「わたし​は、あなた​が​あらゆる​もの​に​まさって​とうとい​​を​せて​くださった​こと​が​かり​ます。」

10 ​すると​たま​は​わたし​に、「なに​を​のぞむ​か」と​われた。

11 ​それで​わたし​は​たま​に、「その​​の​かし​を​る​こと​です」と​った。わたし​は​ひと​が​ひと​に​かたる​よう​に​たま​に​かたった。たま​が​ひと​の​かたち​を​して​おられる​の​を​た​から​で​ある。に​も​かかわらず、わたし​は​その​かた​が​しゅ​の​たま​で​あられる​こと​を​って​いた。そして​たま​も​わたし​に、ひと​が​ひと​に​かたる​よう​に​かたられた。

12 ​さて、たま​が​わたし​に「​なさい」と​われた。それで​たま​を​あおぎ​る​よう​に​ながめる​と、その​姿すがた​は​えなかった。すでに​わたし​の​まえ​を​って​おられた​から​で​ある。

13 ​そこで​わたし​が​ながめる​と、おおきな​みやこ​の​エルサレム​を​はじめ、その​ほか​の​もろもろ​の​まち​が​えた。また​ナザレ​の​まち​も​えた。そして​わたし​は​​ナザレ​の​まち​に​ひと​の​​おとめ​を​た​が、それ​は​まことに​いろ​が​しろく​うつくしい​おとめ​で​あった。

14 ​そして​わたし​は、てん​が​ひらく​の​を​た。そして、ひと​の​てん使​が​くだって​て​わたし​の​まえ​に​ち、「ニーファイ​よ、なに​が​える​か」と​った。

15 ​それで​わたし​は​った。「ほか​の​どんな​おとめ​に​も​まさって​うつくしく、また​うるわしい​おとめ​が​え​ます。」

16 ​すると​てん使​は​わたし​に、「かみ​が​しん​を​ひくく​される​こと​が​あなた​に​かる​か」と​った。

17 ​それで​わたし​は、「わたし​は、かみ​が​その​ども​たち​を​あいして​おられる​こと​は​って​います​が、すべて​の​こと​の​​を​って​いる​わけ​で​は​あり​ません」と​った。

18 ​すると​てん使​は​った。「よ、あなた​が​て​いる​​おとめ​は、にく​に​かんして​かみ​の​おん​の​はは​で​ある。」

19 ​そして​わたし​は、その​おとめ​が​たま​に​れてかれる​の​を​た。その​おとめ​が​たま​に​れてかれて​から​しばらく​して、てん使​が​わたし​に「​なさい」と​った。

20 ​それで​ながめる​と、うで​に​おさな​を​いた​おとめ​が​えた。

21 ​すると​てん使​が​わたし​に​った。「かみ​の​ひつじ、まことに​永遠えいえん​の​ちち​なる​かみ​の​おん​を​​なさい。あなた​は​ちち​が​た​​の​​を​って​いる​か。」

22 ​それで​わたし​は​こたえて​った。「はい、その​​は​ひと​の​ら​の​こころ​に​あまねく​そそがれる​かみ​の​あい​です。だから、どんな​もの​より​も​このましい​もの​です。」

23 ​すると​てん使​は​わたし​に、「その​とおり。それ​は​ひと​に​とって​もっとも​よろこばしい​もの​で​ある」と​った。

24 てん使​は​これら​の​こと​を​って​から、また​わたし​に「​なさい」と​った。ながめる​と、かみ​の​おん​が​ひと​の​ら​の​なか​に​すすんで​かれる​の​が​えた。また​おおく​の​ひと​が​その​あしもと​に​して、おん​を​おがむ​の​が​えた。

25 ​そして​わたし​は、ちち​の​た​てつ​の​ぼう​が​ける​みず​の​みなもと、すなわち、いのち​の​​に​みちびく​かみ​の​こと​で​ある​こと、また​その​みず​が​かみ​の​あい​の​あらわれ​で​あり、いのち​の​​も​また​かみ​の​あい​の​あらわれ​で​ある​こと​を​った。

26 ​そして、てん使​が​また​わたし​に、「かみ​が​しん​を​ひくく​される​よう​を​ながめて​み​なさい」と​った。

27 ​それで​ながめる​と、ちち​の​かたった​​の​あがなぬし​が​え、また​あがなぬし​の​まえ​に​みち​を​そなえる​げんしゃ​も​えた。また​かみ​の​ひつじ​が​すすみ​て、その​げんしゃ​から​​バプテスマ​を​けられた。バプテスマ​を​けられる​と、てん​が​ひらいて​聖霊せいれい​が​はと​の​かたち​を​って​くだって​て、かみ​の​ひつじ​の​うえ​に​とどまられる​の​が​えた。

28 ​また​わたし​に​は、ひつじ​が​て​き、ちから​と​おおいなる​えいこう​を​もって​人々ひとびと​を​おしえ​みちびかれる​の​が​えた。また、いくつ​も​の​おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​が、その​ひつじ​の​こと​を​く​ため​に​あつまる​の​が​えた。そして、かれら​が​ぶん​たち​の​なか​から​ひつじ​を​す​の​が​えた。

29 ​そして、ほか​に​​十二​にん​の​ひと​が​ひつじ​に​したがう​の​も​えた。すると、この​十二​にん​の​ひと​は、わたし​の​まえ​から​たま​に​よって​れ​られ、姿すがた​が​えなく​なった。

30 ​そこで、てん使​が​また「​なさい」と​う​ので​ながめる​と、てん​が​また​ひらいて、てん使​たち​が​ひと​の​ら​の​もと​に​くだって​て、かれら​を​おしえ​みちびく​の​が​えた。

31 てん使​が​また​わたし​に、「​なさい」と​う​ので​ながめる​と、かみ​の​ひつじ​が​ひと​の​ら​の​なか​に​て​かれる​の​が​えた。また​びょう​の​人々ひとびと​や、様々さまざま​な​わずらい​に​くるしんで​いる​人々ひとびとあくれい​や​けがれた​れい​に​つかれて​くるしんで​いる​人々ひとびと​の​れ​が​えた。てん使​は​これら​の​こと​を​すべて​わたし​に​かたり、また​せて​くれた​が、これら​の​人々ひとびと​は​かみ​の​ひつじ​の​ちから​に​よって​いやされ、また​あくれい​や​けがれた​れい​は​された。

32 ​さて、てん使​が​もう​いち​なさい」と​う​ので​ながめる​と、かみ​の​ひつじ​が​人々ひとびと​に​らえられる​の​が​えた。まことに、永遠えいえん​の​かみ​の​おん​は​​に​さばかれた。わたし​は​これ​を​た​ので、その​あかし​を​する。

33 ​わたし​ニーファイ​は、かみ​の​ひつじ​が​​の​つみ​の​ため​に​じゅう​に​つけられて​ころされた​の​を​た。

34 ​また​かみ​の​ひつじ​が​ころされて​から、​の​いくつ​も​の​おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​が​あつまって、しゅ​の​てん使​が​ひつじ​の​使​と​ぶ​あの​十二​にん​の​人々ひとびと​と​たたかい​を​しよう​と​する​の​が​えた。

35 ​この​よう​に、​の​おおぜい​の​人々ひとびと​が​あつまって​いた​が、かれら​が、ちち​の​た​建物たてもの​の​よう​な​おおきく​広々ひろびろ​と​した​建物たてもの​の​なか​に​いる​の​が​えた。この​とき、しゅ​の​てん使​が​また​わたし​に​った。「​の​人々ひとびと​と​かれら​の​​を​​なさい。まことに、イスラエル​の​いえ​が​ひつじ​の​じゅう使​と​たたかう​ため​に​あつまって​いる​の​を​​なさい。」

36 ​そこで​わたし​は、あの​おおきく​広々ひろびろ​と​した​建物たてもの​が​​の​人々ひとびと​の​こうまん​で​ある​こと​を​て、その​あかし​を​する。その​建物たてもの​は​くずれて、その​くずかた​は​じょう​に​はなはだしかった。しゅ​の​てん使​が​ふたたび、わたし​に​かって​った。「ひつじ​の​じゅう使​と​たたかう​すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​の​めつぼう​は、まさに​この​よう​に​なる​で​あろう。」