聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​12​章

ニーファイ、げん​の​なか​で​やくそく​の​​を​る。その​​に​む​もの​の​​と​ざいあく​と​没落ぼつらくかみ​の​ひつじ​が​やくそく​の​​に​む​もの​を​おとずれられる​ようじゅう​と​じゅう使​が​イスラエル​を​さばく​ようしんこう​に​おちいる​人々ひとびと​の​かい​で​けがらわしい​じょうたいげんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

1 ​さて、てん使​が​わたし​に、「あなた​の​そん​と​あに​たち​の​そん​を​ながめて​み​なさい」と​った。それで​ながめる​と、やくそく​の​​が​え、また​おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​が​えた​が、まことに​その​人々ひとびと​の​かず​は​う み​の​すな​の​よう​に​おおかった。

2 ​そして、おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​が、たがいに​たたかう​ため​に​あつまって​いる​の​が​えた。また​せんそう​が​え、せんそう​の​うわさ​が​あり、わたし​の​たみ​の​なか​で​つるぎ​に​よって​だい虐殺ぎゃくさつ​が​おこなわれる​の​も​えた。

3 ​そして​その​​で、せんそう​や​あらそい​の​ありさま​で​おおく​の​だい​が​ぎて​いく​の​が​えた。また​おおく​の​まち​が​えた​が、それ​は​まことに​かぞえ​れない​ほど​で​あった。

4 ​そして​わたし​は、やくそく​の​​の​おもて​に​あんこく​の​きり​を​た。また​稲妻いなずま​が​え、かみなり​や​しん、その​ほか​あらゆる​さわがしい​物音ものおと​を​いた。だい​や​いわ​が​け、やま​が​くずれ、へい​が​くだけ、おおく​の​まち​が​しずみ、おおく​の​まち​が​け、また​おおく​の​まち​が​しん​で​​に​くずれ​ちる​の​を​た。

5 ​さて、これら​の​こと​を​た​のちあんこく​の​きり​が​​の​おもて​から​る​の​が​えた。そして​よ、わたし​は、しゅ​の​この​大変たいへん​な​おそろしい​さばき​に​よって​も​たおれなかった​おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​を​た。

6 ​そして​わたし​は、てん​が​ひらいて​かみ​の​ひつじ​が​てん​から​くだって​られる​の​を​た。かみ​の​ひつじ​は​くだって​て、かれら​に​姿すがた​を​あらわされた。

7 ​わたし​は​また、聖霊せいれい​が​ほか​の​​十二​にん​に​くだって​られる​の​を​た​ので、それ​を​あかし​する。この​十二​にん​は​かみ​に​よって​聖任せいにん​され、えらばれた​人々ひとびと​で​ある。

8 てん使​は​わたし​に、「ひつじ​の​じゅう​を​​なさい。この​ひと​たち​は​あなた​の​そん​を​おしえ​みちびく​ため​に​えらばれる」と​った。

9 ​また​てん使​は​わたし​に​った。「あなた​は​ひつじ​の​じゅう使​を​おぼえて​いる​か。よ、かれら​は​イスラエル​の​じゅうぞく​を​さばく​人々ひとびと​で​ある。したがって、あなた​の​そん​から​る​十二​にん​の​おしえ​みちびく​もの​は、この​じゅう使​に​よって​さばかれる。あなたがた​は​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​から​で​ある。

10 ​あなた​が​て​いる​この​​十二​にん​の​おしえ​みちびく​もの​は、あなた​の​そん​を​さばく。よ、この​十二​にん​は、かみ​の​ひつじ​を​しんじる​しんこう​の​ため​に​ひつじ​の​​に​よって​ころも​を​しろく​されて​いる​ので、とこしえ​に​じん​で​ある。」

11 ​さて、てん使​が​わたし​に、「​なさい」と​う​ので​ながめる​と、​三​だい​が​​の​うち​に​​を​り、その​あいだ​の​ひと​の​ころも​は​まことに​かみ​の​ひつじ​の​よう​に​しろかった。てん使​が​わたし​に​った。「この​人々ひとびと​の​ころも​は、ひつじ​を​しんじる​しんこう​の​ため​に​ひつじ​の​​に​よって​しろく​された​の​で​ある。」

12 ​さて、わたし​ニーファイ​は、​四​だい​の​人々ひとびと​の​なか​に​も​​の​うち​に​​を​った​人々ひとびと​が​おおく​いる​の​を​た。

13 ​さて、わたし​は、​の​おおぜい​の​人々ひとびと​が​れ​あつまる​の​を​た。

14 てん使​が​わたし​に、「あなた​の​そん​と​あに​たち​の​そん​を​​なさい」と​った。

15 ​そこで​ながめる​と、わたし​の​そん​の​たみ​が​あに​たち​の​そん​に​かい、おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​と​なって​あつまる​の​が​えた。かれら​は​たたかう​ため​に​あつめられた​の​で​ある。

16 ​また​てん使​が​った。「あなた​の​ちち​が​た​けがれた​みず​の​ながれ、すなわち​あなた​の​ちち​が​かたった​かわ​を​​なさい。その​ふかみ​は​ごく​の​ふかみ​で​ある。

17 ​また、あの​あんこく​の​きり​は​あく​の​ゆうわく​で​ある。それ​は​ひと​の​ら​の​​を​くらまし、こころ​を​かたくな​に​し、ひろい​みち​に​ませて、かれら​が​ほろび​うしなわれる​よう​に​ける。

18 ​また、あなた​の​ちち​が​た​あの​おおきく​広々ひろびろ​と​した​建物たてもの​は、ひと​の​ら​の​うぬぼれた​くうそう​と​こうまん​で​ある。また、一つ​の​おおきな​おそろしい​ふち​が​あって、かれら​を​へだてて​いる。まことに、それ​は、永遠えいえん​の​かみ​と​かみ​の​ひつじ​で​ある​メシヤ​の​せい​の​こと​で​あって、この​メシヤ​に​ついて​は、​の​はじめ​から​いまに​いたる​まで、また​いま​から​のち​とこしえ​に、聖霊せいれい​が​その​あかし​を​される。」

19 ​そして、てん使​が​これら​の​こと​を​かたって​いた​あいだ、わたし​が​ながめる​と、てん使​の​こと​の​とおり​に、あに​たち​の​そん​が​わたし​の​そん​と​たたかう​の​が​えた。そして、わたし​の​そん​の​こうまん​と​あく​の​ゆうわく​の​ため​に、あに​たち​の​そん​が​わたし​の​そん​の​たみ​を​ち​かす​の​が​えた。

20 ​そして​わたし​が​ながめる​と、あに​たち​の​そん​の​たみ​は​わたし​の​そん​を​ち​かして​から、いくつ​も​の​おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​と​なって、​の​おもて​に​て​く​の​が​えた。

21 ​そして​わたし​は、かれら​が​いくつ​も​の​おおぜい​の​人々ひとびと​の​れ​と​なって​あつまる​の​を​た。そして、かれら​の​なか​に​せんそう​と​せんそう​の​うわさ​が​ある​の​を​た。そして、せんそう​と​せんそう​の​うわさ​の​なか​で、おおく​の​だい​が​る​の​を​た。

22 ​すると​てん使​が​わたし​に、「よ、これら​の​人々ひとびと​は​しんこう​に​おちいる」と​った。

23 ​そこで​わたし​が​る​と、これら​の​人々ひとびと​は​しんこう​に​おちいって​から、はだ​の​くろずんだ​かい​な​けがらわしい​たみ、まったく​の​なまもの​で​あらゆる​まわしい​おこない​を​する​たみ​に​なった。