聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​13​章

ニーファイ、げん​の​なか​で​ほうじん​の​なか​に​もうけられる​あく​の​きょうかい​を​る。また​アメリカ​たいりく​の​はっけん​と​入植にゅうしょくせいしょ​の​かり​やすくて​とうとい​おおく​の​ぶん​が​うしなわれる​こと、ほうじん​の​背教はいきょう​が​もたらす​ありさま​に​ついて​も​る。さらに​ふくいん​の​回復かいふく​と​まつじつ​の​聖典せいてん​の​出現しゅつげん、シオン​の​建設けんせつ​に​ついて​る。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

1 ​さて、てん使​が​わたし​に、「​なさい」と​った。それで​わたし​は​ながめる​と、おおく​の​こくみん​と​おうこく​が​えた。

2 てん使​が​わたし​に、「なに​が​える​か」と​った​ので、わたし​は、「おおく​の​こくみん​と​おうこく​が​え​ます」と​こたえた。

3 てん使​は​わたし​に、「これら​は​ほうじん​の​こくみん​と​その​おうこく​で​ある」と​った。

4 ​そして​わたし​は、ほうじん​の​こくみん​の​なか​に​一つ​の​おおきな​きょうかい​が​せつりつ​される​の​を​た。

5 てん使​は​わたし​に​った。「ほか​の​あらゆる​きょうかい​に​も​して​まわしい​きょうかい​が​せつりつ​される​の​を​​なさい。この​きょうかい​は​かみ​の​せい​たち​を​ころし、くるしめ、しばり​げ、てつ​の​くびき​を​わせて、とらわれ​の​​に​おとしいれる​もの​で​ある。」

6 ​そして​わたし​は、この​おおきな​まわしい​きょうかい​を​て、あく​が​その​そうせつしゃ​で​ある​の​を​った。

7 ​わたし​は​また​きん​と​ぎん​と​きぬ​と​​の​ころも​と​こまやか​に​った​ぬの、それに​いろいろ​な​しゅるい​の​こう​な​るい​を​た。また、おおく​の​しょう​を​た。

8 てん使​が​わたし​に​った。「よ、きん​と​ぎん​と​きぬ​と​​の​ころも​と​こまやか​に​った​ぬの、それに​こう​な​るい、また​しょう​など​は、この​おおきな​まわしい​きょうかい​が​このむ​もの​で​ある。

9 ​また​かれら​は、​の​ほまれ​を​る​ため​に​かみ​の​せい​たち​を​ころし、かれら​を​とらわれ​の​​に​おとしいれる。」

10 ​さて、わたし​が​ながめる​と、おおう み​が​あって、それ​が​ほうじん​と​あに​たち​の​そん​と​を​へだてて​いる​の​が​えた。

11 ​そして​てん使​が​わたし​に、「​なさい。かみ​の​いかり​が​あなた​の​あに​たち​の​そん​の​うえ​に​ある」と​った。

12 ​それで​ながめる​と、ほうじん​の​なか​に​ひと​の​おとこ​が​え、その​おとこ​は​おおう み​に​よって​わたし​の​あに​たち​の​そん​から​へだてられて​いた。すると​かみ​の​たま​が​くだって​この​おとこ​に​はたらきかけ、この​おとこ​が​おおう み​を​わたって、やくそく​の​​に​いる​わたし​の​あに​たち​の​そん​の​ところ​へ​く​の​が​えた。

13 ​そして、かみ​の​たま​が​ほか​の​ほうじん​に​も​はたらきかけ、かれら​が​とらわれ​の​​の​うえ​から​のがれて​おおう み​を​わたって​く​の​が​えた。

14 ​そして、やくそく​の​​に​おおぜい​の​ほうじん​の​れ​が​いる​の​が​え、かみ​の​はげしい​いかり​が​あに​たち​の​そん​に​くだり、かれら​が​ほうじん​の​まえ​から​らされ、ち​かされる​の​が​えた。

15 ​また​わたし​は、しゅ​の​たま​が​ほうじん​の​うえ​に​あって、かれら​が​まことに​さかえて​その​​を​ぎ​として​る​の​を​た。また​かれら​が、ころされる​まえ​の​わたし​の​たみ​の​よう​に​はだ​の​いろ​が​しろく、じょう​に​うるわしく​うつくしい​の​が​えた。

16 ​そして、わたし​ニーファイ​は、とらわれ​の​​から​のがれて​た​ほうじん​が​しゅ​の​まえ​に​へりくだり、しゅ​の​ちから​が​かれら​と​ともに​ある​の​を​た。

17 ​わたし​は​また、かれら​の​こく​の​ほうじん​が、かれら​と​たたかう​ため​に​う み​に​も​りく​に​も​あつまる​の​を​た。

18 ​そして​わたし​は、かみ​の​ちから​が​かれら​と​ともに​あり、また​かみ​の​はげしい​いかり​が、かれら​と​たたかう​ため​に​あつまった​すべて​の​ひと​に​くだる​の​を​た。

19 ​そして​わたし​ニーファイ​は、とらわれ​の​​から​のがれて​た​ほうじん​が、かみ​の​ちから​に​よって、ほか​の​すべて​の​こくみん​の​​から​すくい​される​の​を​た。

20 ​そして​わたし​は、かれら​が​その​​で​さかえる​の​を​た。また、一​さつ​の​しょもつ​が​え、それ​が​かれら​の​なか​で​ひろまる​の​が​えた。

21 ​すると​てん使​が、「この​しょもつ​の​​が​かる​か」と​った。

22 ​わたし​は​てん使​に、「かり​ません」と​こたえた。

23 ​すると​てん使​は、「​なさい。この​しょもつ​は​ユダヤじん​の​くち​から​て​いる」と​った。わたし​ニーファイ​が​それ​を​る​と、てん使​は​わたし​に​った。「あなた​が​て​いる​しょもつ​は​​ユダヤじん​の​ろく​で​あって、しゅ​が​イスラエル​の​いえ​に​てられた​せいやく​が​って​おり、それ​に​は​また、せい​なる​げんしゃ​たち​の​かたった​おおく​の​げん​も​って​いる。それ​は​真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれて​いる​ろく​に​た​もの​で​あって、ただ​その​りょう​が​すくない​だけ​で​ある。それでも​その​なか​に​は、しゅ​が​イスラエル​の​いえ​に​てられた​せいやく​が​せて​ある​ので、ほうじん​に​とって​おおいに​​の​ある​もの​で​ある。」

24 ​また、しゅ​の​てん使​は​わたし​に​った。「あなた​は​その​しょもつ​が​ユダヤじん​の​くち​から​て​た​の​を​た​が、それ​が​ユダヤじん​の​くち​から​て​た​とき​に​は、しゅ​の​完全かんぜん​な​ふくいん​が​って​いた。この​しゅ​に​ついて​は、じゅう使​が​あかし​を​して​おり、かれら​は​かみ​の​ひつじ​に​ある​しん​に​よって​あかし​を​して​いる。

25 ​したがって、これら​の​こと​は​かみ​の​うち​に​ある​しん​に​よって​​ユダヤじん​から​ほうじん​に​じゅんすい​な​まま​つたわる。

26 ​そして、これら​が​ひつじ​の​じゅう使​の​​に​よって​ユダヤじん​から​ほうじん​に​つたわって​から、あなた​に​は、ほか​の​あらゆる​きょうかい​に​も​して​おおきな​まわしい​きょうかい​が​せつりつ​される​の​が​える。よ、その​きょうかい​の​もの​たち​は、かり​やすくて​大変たいへんとうとい​おおく​の​ぶん​を​ひつじ​の​ふくいん​から​り、また​しゅ​の​おおく​の​せいやく​も​って​しまった​から​で​ある。

27 かれら​が​これ​を​した​の​は、しゅ​の​ただしい​みち​を​げて​ひと​の​ら​の​​を​くらまし、その​こころ​を​かたくな​に​する​ため​で​ある。

28 ​したがって​あなた​に​は、あの​しょもつ​が​あの​おおきな​まわしい​きょうかい​の​​を​て​て​て​から​は、かみ​の​ひつじ​の​しょもつ​から​かり​やすくて​とうとい​おおく​の​ぶん​が​られて​いる​こと​が​かる。

29 ​そして、これら​の​かり​やすくて​とうとい​ぶん​が​られて​から、この​しょもつ​は​ほうじん​で​ある​すべて​の​こくみん​に​つたわる。まことに、それ​が​とらわれ​の​​から​のがれた​ほうじん​と​ともに、あなた​の​た​おおう み​を​わたって、ほうじん​で​ある​すべて​の​こくみん​に​つたわった​のちじょう​に​おおく​の​ひと​が​つまずき、まことに​サタン​が​その​人々ひとびと​を​おおいに​はい​する​ちから​を​つ​ほど​に​なる​の​が​える。それ​は、かみ​の​ひつじ​に​ある​明瞭めいりょうさ​に​よって​ひと​の​ら​に​かい​し​やすかった、かり​やすくて​とうとい​おおく​の​ぶん​が、その​しょもつ​から​られて​しまった​ため、すなわち​ひつじ​の​ふくいん​から​これら​の​こと​が​られて​しまった​ため​で​ある。

30 ​しかしながら、あなた​は​る。とらわれ​の​​を​のがれる​ほうじん、ほか​の​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​、すなわち、あなた​の​そん​が​ぎ​の​​として​しょゆう​する​と、しゅ​なる​かみ​が​あなた​の​ちち​に​せいやく​された​​の​おもて​に​おいて、かみ​の​ちから​に​よって​すべて​の​ほか​の​こくみん​より​たかめられる​ほうじん​を。それゆえ、あなた​の​あに​たち​の​なか​に​きて​いる、あなた​の​そん​で​​が​じった​もの​たち​が、この​ほうじん​に​よって​ことごとく​ほろぼされて​しまう​の​を、しゅ​なる​かみ​は​ゆるされない。この​こと​を​あなた​は​る。

31 ​また​しゅ​なる​かみ​は、この​ほうじん​が​あなた​の​あに​たち​の​そん​を​ほろぼす​の​も​ゆるされない。

32 ​また​しゅ​なる​かみ​は、ほうじん​が​おそろしい​もうもく​の​じょうたい​に​とこしえ​に​とどまる​こと​も​ゆるされない。あなた​が​る​かれら​の​その​じょうたい​は、ひつじ​の​ふくいん​の​かり​やすくて​大変たいへんとうとい​ぶん​が​あの​まわしい​きょうかい​に​よって​し​められた​ため​で​ある。そして、あなた​は​その​きょうかい​が​せつりつ​される​の​を​た​の​で​ある。

33 ​したがって、かみ​の​ひつじ​は​われる。『わたし​は​ほうじん​を​あわれみ、イスラエル​の​いえ​の​のこり​の​もの​に​おおいなる​さばき​を​もって​むくい​を​くわえる』​と。」

34 ​そして、しゅ​の​てん使​は​わたし​に​った。「かみ​の​ひつじ​は​つぎ​の​よう​に​われる。『よ、わたし​は​イスラエル​の​いえ​の​のこり​の​もの、すなわち​わたし​が​はなして​いる​この​のこり​の​もの​と​は、あなた​の​ちち​の​そん​で​ある​が、かれら​に​さばき​を​もって​むくい​を​くわえ、ほうじん​の​​に​よって​かれら​を​なやました​のち、また​しょう​の​はは​で​ある​あの​まわしい​きょうかい​が、ひつじ​の​ふくいん​の​大変たいへんかり​やすくて​とうとい​ぶん​の​ため、すなわち​その​ぶん​が​あの​まわしい​きょうかい​に​よって​し​められた​ため​に、ほうじん​が​はなはだしく​​つまずいた​のち、』​ひつじ​は​こう​われ、さらに『その​​わたし​は​ほうじん​を​あわれみ、ちから​を​もって、わたし​の​ふくいん​の​なか​の​かり​やすくて​とうとい​おおく​の​ぶん​を​かれら​に​あきらか​に​しよう』​と​ひつじ​は​われる。

35 よ、ひつじ​は​われる。『わたし​は​あなた​の​そん​に​わたし​しん​を​あらわし、わたし​が​おしえる​かり​やすくて​とうとい​おおく​の​こと​を​しるさせる。そして、あなた​の​そん​が​ほろぼされ、また​しんこう​に​おちいり、また​あなた​の​あに​たち​の​そん​も​そう​なった​のち、まさに​​これら​の​こと​は​かくされて、ひつじ​の​賜物たまもの​と​ちから​に​よって​ほうじん​に​もたらされる。』

36 ひつじ​は​われる。『その​なか​に​は、わたし​の​ふくいん​と​わたし​の​いわ​と​わたし​の​すくい​が​しるされる。

37 ​その​、わたし​の​​シオン​を​こそう​と​つとめる​もの​は​さいわい​で​ある。かれら​は​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​と​ちから​を​ける​で​あろう。また、かれら​は​さい​まで​しのぶ​なら​ば、わり​の​​に​たかく​げられて、ひつじ​の​永遠えいえん​の​おうこく​に​すくわれる​で​あろう。また​へい​を​げて​ひろめ、まことに​おおいなる​よろこび​の​おとずれ​を​げる​もの​は、やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしい​こと​で​あろう。』」

38 ​さて、わたし​は​あに​たち​の​そん​の​のこり​の​もの​を​、また​かみ​の​ひつじ​の​しょ​を​て、それ​が​ユダヤじん​の​くち​から​て​て、ほうじん​から​あに​たち​の​そん​の​のこり​の​もの​に​​もたらされる​の​を​た。

39 ​その​しょもつ​が​かれら​に​つたわって​から、わたし​は​ほか​に​も​いくつ​か​の​しょもつ​を​た。それら​は​ひつじ​の​ちから​に​よって​ほうじん​から​かれら​に​つたわった​もの​で​あって、げんしゃ​たち​と​ひつじ​の​じゅう使​の​ろく​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を、ほうじん​と​あに​たち​の​そん​の​のこり​の​もの​と、​の​おもて​に​らされた​ユダヤじん​に​かくしん​させる​ため​の​もの​で​ある。

40 てん使​は​わたし​に​った。「あなた​が​ほうじん​の​なか​で​た​それら​あと​の​ほう​の​ろく​は、ひつじ​の​じゅう使​から​た​はじめ​の​ろく​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​りっしょう​し、また​その​なか​から​られた​かり​やすくて​とうとい​ぶん​を​あきらか​に​する。また​それら​の​ろく​は、かみ​の​ひつじ​が​永遠えいえん​の​御父おんちち​の​おん​で​あって、​の​すくぬし​で​あられる​こと、すべて​の​ひと​は​この​すくぬし​の​みもと​に​なければ​ならず、そう​しなければ​すくわれない​こと​を、すべて​の​ぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​らせる。

41 ​また​すべて​の​ひと​は、ひつじ​の​くち​に​よって​りっしょう​される​こと​に​したがって、みもと​に​なければ​ならない。そして​ひつじ​の​こと​は、ひつじ​の​じゅう使​の​ろく​のみならず、あなた​の​そん​の​ろく​の​なか​で​も​あきらか​に​される​で​あろう。したがって、これら​二つ​の​ろく​は​​一つ​に​わせられる。ぜん​を​はい​される​の​は​唯一ゆいいつ​の​かみ唯一ゆいいつ​の​ひつじい​だから​で​ある。

42 ​そして​この​かた​が、すべて​の​こくみん、すなわち​​ユダヤじん​に​も​ほうじん​に​も​姿すがた​を​あらわされる​とき​が​る。この​かた​は​ユダヤじん​に、つぎ​に​ほうじん​に​姿すがた​を​あらわされ、そして​ほうじん​に、つぎ​に​ユダヤじん​に​姿すがた​を​あらわされる。この​よう​に、あと​の​もの​は​さき​に​なり、さき​の​もの​は​あと​に​なる。」