聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​2​章

あがない​は​せい​なる​メシヤ​を​とおして​もたらされる。選択せんたく​の​ゆう​は​そんざい​と​しん​に​とって​かせない。アダム​が​らく​した​の​は​ひと​が​そんざい​する​ため​で​ある。ひと​は​ゆう​と​永遠えいえん​の​いのち​を​えらぶ​こと​を​ゆるされて​いる。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

1 「さて、ヤコブ​よ、わたし​は​あなた​に​げる。あなた​は、わたし​が​​で​艱難かんなん​に​って​いた​とき​に​さいしょ​に​まれた​​で​ある。よ、あなた​は、おさない​とき、あなた​の​あに​たち​が​乱暴らんぼう​な​ため​に​ひどい​なん​を​あじわい、つらい​おもい​を​した。

2 ​しかしながら、​で​さいしょ​に​まれた​わたし​の​​ヤコブ​よ、あなた​は​かみ​の​だいさ​を​って​いる。かみ​は​あなた​の​なん​を​聖別せいべつ​して、あなた​の​えき​と​して​くださる。

3 ​その​ため、あなた​は​しゅくふく​されて、あに​ニーファイ​と​ともに​安全あんぜん​に​らす​で​あろう。そして、かみ​に​つかえて​生涯しょうがい​を​おくる​で​あろう。それで​わたし​は、あなた​が​あがなぬし​の​​に​よって​あがなわれて​いる​こと​を​って​いる。それ​は、とき​が​ちる​と​ひと​に​すくい​を​もたらす​ため​に​あがなぬし​が​られる​こと​を、あなた​が​た​から​で​ある。

4 ​また​あなた​は、わかい​とき​に​あがなぬし​の​えいこう​を​た。だから​あなた​は、あがなぬし​が​にく​に​あって​おしえ​みちびかれる​とき​に​それ​を​ける​人々ひとびと​と​おなじ​よう​に​さいわい​で​ある。それ​は、たま​は​昨日き の う​も、今日き ょ う​も、また​とこしえ​に​わらない​かた​だから​で​ある。ひと​の​らくらいほうほう​が​よう​されて​おり、すくい​は​りょう​で​ある。

5 ひと​は​善悪ぜんあく​を​わきまえる​こと​を​十分じゅうぶん​に​おしえられて​いる。また、ひと​に​は​りっぽう​が​あたえられて​いる。しかし、この​りっぽう​に​よって​​と​される​もの​は​だれ​も​いない。すなわち、この​りっぽう​に​よって​ひと​は​たれる​の​で​ある。まことに、げん​に​かかわる​りっぽう​に​よって​ひと​は​たれ、また​れい​に​かかわる​りっぽう​に​よって​も​ひと​は​い​もの​から​たれて、とこしえ​に​みじめ​な​じょうたい​に​なる。

6 ​したがって、あがない​は​せい​なる​​メシヤ​に​よって、また​メシヤ​を​つうじて​もたらされる。それ​は、メシヤ​が​めぐみ​と​しん​に​ちて​おられる​から​で​ある。

7 よ、メシヤ​は​りっぽう​の​もくてき​を​たっする​ため、くだかれた​こころ​と​いる​れい​を​つ​すべて​の​ひと​の​ため​に、つみ​に​たいする​せい​として​しん​を​ささげられる。この​よう​な​人々ひとびと​の​ため​に​しか、りっぽう​の​もくてき​は​たっせられない​の​で​ある。

8 ​したがって、これら​の​こと​を​​に​む​もの​に​らせて、せい​なる​メシヤ​の​どく​と​あわれみ​と​めぐみ​に​​よらなければ、だれ​も​かみ​の​まえ​に​める​もの​が​いない​こと​に​づかせる​の​は、なんと​大切たいせつ​な​こと​で​あろう​か。せい​なる​メシヤ​は、にく​に​おいて​ぶん​の​いのち​を​いちて、そして、しゃ​の​ふっかつ​を​もたらす​ため​に​たま​の​ちから​に​よって​ふたたび​それ​を​て、さいしょ​に​よみがえる​もの​と​なられる。

9 ​したがって、メシヤ​は​かみ​に​とって​はつ​と​なられる​ので、すべて​の​ひと​の​ら​の​ため​に​し​を​して​くださる。だから、メシヤ​を​しんじる​もの​は​すくわれる​の​で​ある。

10 ​また、​すべて​の​ひと​へ​の​し​が​ある​ので、ひと​は​みなかみ​の​みもと​に​る。その​ため、かれら​は​かみ​の​まえ​に​ち、かみ​の​うち​に​ある​しん​と​きよさ​に​よって​さばかれる。したがって、せいじゃ​が​さずけられた​りっぽう​の​もくてき​は、さだめられた​ばつ​の​しっこう​に​あり、贖罪しょくざい​の​もくてき​を​たっする​ため​に​さだめられた​ばつ​を​する​こと​は、おなじ​もくてき​で​さだめられて​いる​こうふく​を​あたえる​こと​と​相対あいたい​して​いる。

11 ​それ​は、すべて​の​ぶつ​に​は​反対はんたい​の​もの​が​なければ​ならない​から​で​ある。​で​さいしょ​に​まれた​むす​よ、もし​ぶつ​に​反対はんたい​の​もの​が​なければ、​は​しょうじ​ない​し、じゃあく​も、きよさ​も​みじめ​な​じょうたい​も、ぜん​も​あく​も​しょうじ​ない。そう​する​と、すべて​の​ぶつ​は​じり​って​一つ​と​ならざる​を​ない。したがって、ぶつ​が​一体いったい​と​なる​なら​ば、せい​も​​も、ちる​じょうたい​も​ちない​じょうたい​も​なく、こうこう​も、しき​も​しき​も​なく、んだ​じょうたい​で​つづかなければ​ならない。

12 ​そう​する​と、すべて​の​ぶつ​は​よう​に​つくられた​と​いう​こと​に​なり、したがって、そうぞう​に​は​なにも​もくてき​が​なかった​こと​に​なる。その​ため、この​一体いったい​と​なった​ぶつ​は​かみ​の​​と​その​永遠えいえん​の​もくてき、また​かみ​の​ちから​と​あわれみ​と​こうせい​を​ほろぼして​しまう​に​ちがいない。

13 ​もし​りっぽう​が​ない​と​う​なら​ば、つみ​も​ない​と​わなければ​ならない。もし​つみ​が​ない​と​う​なら​ば、​も​ない​と​わなければ​ならない。そして、もし​​が​なければ、こうふく​は​ない。そして、​も​こうふく​も​なければ、ばつ​も​こう​も​ない。そして​これら​の​もの​が​なければ、かみ​は​じつざい​しない。かみ​が​じつざい​しなければ、わたしたち​は​そんざい​せず、だい​も​ない。なぜなら​ば、よう​する​もの​も​よう​される​もの​も​なく、ぶつ​の​そうぞう​は​ありなかった​から​で​ある。そこで、すべて​の​ぶつ​は​えうせて​いた​に​ちがいない。

14 ​さて、むす​たち​よ、わたし​が​これら​の​こと​を​あなたがた​に​はなす​の​は、あなたがた​の​えき​と​なり​しき​と​なる​よう​に​する​ため​で​ある。それ​は、かみ​が​じつざい​し、すべて​の​ぶつ​を、すなわち​てん​と​その​なか​に​ある​万物ばんぶつ​を、よう​する​もの​も​よう​される​もの​も​そうぞう​された​から​で​ある。

15 ​また、かみ​が​わたしたち​の​さいしょ​の​せん​と​​の​けもの​と​そら​の​とりようするに、そうぞう​されて​現在げんざい​ある​すべて​の​ぶつ​を​そうぞう​された​のちひと​の​すえ​に​かかわる​永遠えいえん​の​もくてき​を​たっする​ため​に​反対はんたい​の​もの​が​そなえられなくて​は​ならなかった。すなわち、禁断きんだん​の​​に​たいして​は​いのち​の​​と​いう​よう​で​あって、いっぽう​は​あまく​ほう​は​にがかった。

16 ​その​よう​に​して、しゅ​なる​かみ​は​おもい​の​まま​に​こうどう​する​こと​を​ひと​に​ゆるされた。しかし​ひと​は、いっぽう​に​さそわれる​か​ほう​に​さそわれる​か​で​なければ、おもい​の​まま​に​こうどう​する​こと​は​できなかった。

17 ​わたし​リーハイ​は、ぶん​が​んだ​こと​から​かんがえる​の​だが、ろく​に​ある​とおり​かみ​の​ひと​の​てん使​が​てん​から​ち、かれ​は​かみ​の​まえ​で​じゃあく​な​こと​を​もとめた​ので、あく​に​なった​と​おもわざる​を​ない。

18 かれ​は​てん​から​ちて、とこしえ​に​みじめ​な​じょうたい​に​なった​ので、ぜんじんるい​も​また​みじめ​な​じょうたい​に​​しよう​と​した。そこで​かれ、すなわち​あく​で​あり、あらゆる​いつわり​の​ちち​で​ある、あの​とし​を​た​へび​は、​エバ​に、『禁断きんだん​の​​を​べ​なさい。あなたがた​は​ぬ​こと​が​なく、善悪ぜんあく​を​って​かみ​の​よう​に​なる​で​あろう』​と​った。

19 ​アダム​と​エバ​は​禁断きんだん​の​​を​べた​のち​エデン​の​その​から​され、​を​たがやす​こと​に​なった。

20 ​そして​かれら​は、ども​を​もうけ、まことに​ぜん​の​ぞく​を​もたらした。

21 ​また、ひと​の​ら​の​いのち​は、にく​に​ある​あいだ​に​あらためる​こと​が​できる​よう​に、かみ​の​こころ​に​よって​き​ばされた。したがって、かれら​の​じょうたい​は​ためし​の​じょうたい​と​なり、かれら​の​寿命じゅみょう​は​しゅ​なる​かみ​が​ひと​の​ら​に​あたえられた​命令めいれい​で​ながく​された。しゅ​なる​かみ​が、すべて​の​ひと​は​あらため​なければ​ならない​と​めいじられた​から​で​ある。しゅ​なる​かみ​は​すべて​の​ひと​に、せん​の​そむき​の​ため​に​かれら​が​みち​に​まよった​じょうたい​に​ある​こと​を​しめされた​の​で​ある。

22 ​ところで​よ、アダム​が​もし​そむかなかった​なら​ば、かれ​は​らく​を​せず​に​その​まま​エデン​の​その​に​いた​で​あろう。そして​そうぞう​された​すべて​の​もの​は、そうぞう​された​のち​の​じょうたい​その​まま​で​そんぞく​した​に​ちがいない。また、すべて​の​もの​は​とこしえ​に​そんぞく​し、わり​が​なかった​に​ちがいない。

23 ​そして、アダム​と​エバ​は​ども​を​たなかった​で​あろう。また、こう​を​らない​ので​よろこび​も​なく、つみ​を​らない​ので​ぜん​も​おこなわず、つみ​の​ない​じょうたい​に​とどまって​いた​で​あろう。

24 ​しかし​よ、すべて​の​ものごと​は、ばん​を​ぞんじ​で​ある​かた​の​​に​よって​おこなわれて​きた。

25 ​アダム​が​らく​した​の​は​ひと​が​そんざい​する​ため​で​あり、ひと​が​そんざい​する​の​は​よろこび​を​る​ため​で​ある。

26 ​そして​とき​が​ちる​と、ひと​の​ら​を​らく​から​あがなう​ため​に​​メシヤ​が​られる。ひと​の​ら​は​らく​から​あがなわれて​いる​ので、すでに​とこしえ​に​ゆう​と​なり、善悪ぜんあく​を​る​よう​に​なって​いる。かれら​は、かみ​が​くだされた​いましめ​に​よって、おおいなる​わり​の​​に​りっぽう​に​ともなう​ばつ​を​ける​ほか​は、おもい​の​まま​に​こうどう​する​こと​が​でき、いられる​こと​は​ない​の​で​ある。

27 ​その​ため、ひと​は​にく​に​おいて​は​ゆう​で​あり、ひと​の​ため​に​ひつよう​な​もの​は​すべて​あたえられる。そして​ひと​は、すべて​の​ひと​の​だい​な​ちゅうしゃ​を​つうじて​ゆう​と​永遠えいえん​の​いのち​を​えらぶ​こと​も、あるいは​あく​の​そくばく​と​ちから​に​おうじて​そくばく​と​​を​えらぶ​こと​も​ゆう​で​ある。あく​は、すべて​の​ひと​が​ぶん​の​よう​に​みじめ​に​なる​こと​を​もとめて​いる​から​で​ある。

28 ​ところで、むす​たち​よ、わたし​は​あなたがた​が​だい​な​ちゅうしゃ​に​たより、しゅ​の​おおいなる​いましめ​に​き​したがい、しゅ​の​こと​に​ちゅうじつ​で​あって、しゅ​の​せい​なる​たま​の​こころ​に​って​永遠えいえん​の​いのち​を​えらんで​ほしい​と​おもって​いる。

29 にく​の​おもい​と​その​なか​に​ひそむ​あく​に​したがって、永遠えいえん​の​​を​えらんで​は​ならない。にく​の​おもい​は、あく​の​れい​に​ちから​を​あたえ、あなたがた​を​らえて​ごく​に​とし、あく​は​かれしん​の​おうこく​で​あなたがた​を​はい​する​で​あろう。

30 むす​たち​よ、わたし​は​ぶん​の​ためし​の​生涯しょうがい​が​わろう​と​する​に​たって、これら​の​わずか​な​こと​を、あなたがた​すべて​の​もの​に​げて​おく。わたし​は​げんしゃ​の​こと​に​したがって​ぜん​なる​もの​を​えらんで​きた。わたし​に​は、あなたがた​の​永遠えいえん​の​さいわい​を​ねがう​がい​に​なんの​もくてき​も​ない​の​で​ある。アーメン。」