聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​25​章

ニーファイ​は、かり​やすい​こと​を​よろこび​と​する。わり​の​とき​に​は​イザヤ​の​げん​が​かい​される。ユダヤじん​は​バビロン​から​かえり、メシヤ​を​じゅう​に​つけ、らされ、くるしめられる。ユダヤじん​は​メシヤ​を​しんじる​よう​に​なる​と、もと​の​じょうたい​に​もどされる。リーハイ​が​エルサレム​を​って​六百​ねん​たつ​と、メシヤ​の​さいしょ​の​らいりん​が​ある。ニーファイじん​は​モーセ​の​りっぽう​を​まもり、イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​キリスト​を​しんじる。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​ところで、わたし​ニーファイ​は、イザヤ​の​くち​を​とおして​かたられた​こと​を​これまで​しるして​きた​が、いま​これら​に​ついて​すこし​はなし​を​しよう。よ、イザヤ​が​かたった​おおく​の​ことがら​は、わたし​の​たみ​の​おおく​の​もの​に​とって​かい​し​にくい​もの​で​ある。それ​は、かれら​が​ユダヤじん​の​げん​の​かた​を​らない​から​で​ある。

2 ​それ​は、ユダヤじん​が​やみ​の​わざ​に​ふけり、まわしい​おこない​に​はしって​いた​ので、わたし​ニーファイ​は​ユダヤじん​の​風習ふうしゅう​に​ついて​おおく​の​こと​を​たみ​に​おしえなかった​から​で​ある。

3 ​それで、わたし​は​ぶん​の​たみ​に、また、わたし​が​いまいて​いる​これら​の​もの​を​将来しょうらいける​すべて​の​ひと​に​しるして、かれら​が​かみ​の​かたられた​こと​の​とおり​に、すべての​こくみん​に​およぶ​かみ​の​さばき​に​ついて​る​こと​が​できる​よう​に​しよう。

4 ​したがって、き​なさい、おお、イスラエル​の​いえ​に​ぞく​する​わたし​の​たみ​よ。わたし​の​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。イザヤ​の​こと​は​あなたがた​に​は​かり​にくい​が、げん​の​れい​に​たされて​いる​人々ひとびと​に​は​かり​やすい。わたし​は​あなたがた​に、わたし​の​うち​に​ある​たま​に​よって​げん​する。すなわち、ちち​と​ともに​エルサレム​を​た​とき​から​えず​しめして​きた、かり​やすい​こと​で​げん​する。よ、わたし​は、たみ​が​まなべる​よう​に​かり​やすい​こと​で​はなす​こと​を​よろこび​と​して​いる​から​で​ある。

5 ​また、わたし​は​ぶん​が​エルサレム​から​て​た​もの​で​あり、この​​で​​ユダヤじん​に​かかわる​こと​を​て​きた​ので、​イザヤ​の​こと​を​よろこんで​いる。ユダヤじん​は、げんしゃ​たち​の​べた​ことがら​を​よく​かい​して​いる。しかも、ユダヤじん​に​はなされた​ことがら​を​ユダヤじん​ほど​よく​かい​できる​もの​は、ユダヤじん​の​風習ふうしゅう​を​おそわって​いない​かぎり、ほか​に​いない。この​こと​を​わたし​は​って​いる。

6 ​しかし​よ、わたし​は​ユダヤじん​の​風習ふうしゅう​に​ついて​ぶん​の​ども​たち​に​おしえなかった​が、わたし​しん​は​かつて​エルサレム​に​んで​いた​ので、その​まわり​の​ほう​に​ついて​って​いる。また、わたし​は​ども​たち​に、イザヤ​が​かたった​すべて​の​ことがら​の​とおり​に、すでに​ユダヤじん​に​かみ​の​さばき​が​くだった​こと​を​げた。それに​ついて​は​ここ​に​は​かない。

7 ​しかし​よ、わたし​は​かり​やすい​こと​で​ぶん​の​げん​を​つづけよう。かり​やすく​べれば、だれ​も​かい​しよう​が​ない​こと​を​って​いる​から​で​ある。しかし、イザヤ​の​げん​が​じょうじゅ​する​​に、すなわち​それら​の​げん​が​じつ​と​なる​とき​に、人々ひとびと​は​それ​が​たしか​で​ある​こと​を​る​で​あろう。

8 ​それゆえ、イザヤ​の​げん​は​ひと​の​ら​に​とって​​が​ある。​が​ない​と​おもう​もの​に​とくに​わたし​は​かたろう。また、​わたし​の​たみ​に​たいして​だけ​かたる。それ​は​イザヤ​の​こと​が、わり​の​とき​に、かれら​に​とって​おおいに​​の​ある​もの​と​なる​こと​を​って​いる​から​で​ある。かれら​は​その​​に、イザヤ​の​こと​を​かい​する​から​で​ある。それゆえ、わたし​は​かれら​の​ため​に​それら​を​しるして​きた​の​で​ある。

9 ​ユダヤじん​の​なか​で​一だい​の​人々ひとびと​が​すでに​ざいあく​の​ため​に​ほろびた​よう​に、​の​ユダヤじん​も​かれら​の​ざいあく​の​ため​に​ほろびて​きた。かれら​の​なか​に​は、しゅ​の​げんしゃ​たち​から​こく​を​ける​こと​なし​に​ほろびた​もの​は、これまで​に​まだ​ひと​も​いない。

10 ​さて、ユダヤじん​は、わたし​の​ちち​が​エルサレム​を​った​すぐ​あと​に​めつぼう​が​およぶ​こと​を​げられて​いた。に​も​かかわらず、かれら​は​こころ​を​かたくな​に​した。とらわれ​の​​と​なって​バビロン​へ​れ​られた​ものがい​は、わたし​の​げん​どおり​に​ほろぼされて​しまった。

11 ​わたし​は​いま​この​こと​を、わたし​の​うち​に​ある​たま​に​よって​かたる。かれら​は​れ​られた​に​も​かかわらず、将来しょうらいふたたび​かえって​て、エルサレム​の​​を​しょゆう​する。かれら​の​ぎ​の​​に​ふたたび​もどされる​の​で​ある。

12 ​しかし​よ、かれら​の​なか​に​は​せんそう​と​せんそう​の​うわさ​が​ある。また、御父おんちち​の​ひと、すなわち​てん​の​ちち​が​にく​に​あって​かれら​に​しん​を​あらわされる​​が​る​と、よ、かれら​は​ざいあく​を​おかし、こころ​を​かたくな​に​し、ごうじょうに​なって、その​かた​を​こばむ。

13 よ、かれら​は​ひと​を​じゅう​に​つける。しかし、ひと​は​みっかんはか​に​よこたえられた​のちぶん​の​つばさ​に​ある​いやし​に​よって​しゃ​の​なか​から​​よみがえられる。そして、ひと​の​​を​しんじる​もの​は​みなかみ​の​おうこく​に​すくわれる。わたし​は、この​ひと​に​ついて​げん​する​こと​に​よろこび​を​かんじる。それ​は、わたし​は​すでに​この​ひと​の​生涯しょうがい​を​た​から​で​ある。したがって、わたし​の​こころ​は​ひと​の​せい​なる​​を​さん​する。

14 ​そして​よ、​メシヤ​が​しゃ​の​なか​から​よみがえり、ぶん​の​たみ​に、すなわち​​を​しんじる​おおく​の​もの​に​しん​を​あらわされた​のち、エルサレム​は​ふたたび​ほろぼされる。かみ​と​かみ​の​きょうかい​の​せい​たち​に​さからって​たたかう​もの​は、わざわい​を​ける​から​で​ある。

15 ​これ​に​よって、​ユダヤじん​は​すべて​の​こくみん​の​なか​に​らされる。また、​バビロン​も​ほろぼされる​ので、ユダヤじん​は​ほか​の​こくみん​に​よって​らされる。

16 ​そして、かれら​が​らされ、しゅ​なる​かみ​が​なんだい​も​の​あいだ、すなわち、かれら​が​かみ​の​おん​キリスト​と​ぜんじんるい​の​ため​の​げん​の​贖罪しょくざい​を​しんじる​よう​に​なる​まで、​ほか​の​もろもろ​の​くに​に​よって​かれら​を​むちたれた​のち、やがて​かれら​が​キリスト​を​しんじ、じゅんしん​な​こころ​と​きよい​​を​もって​キリスト​の​​に​より​てん​の​御父おんちち​を​はいし、もう​ほか​の​メシヤ​を​のぞまない​​が​る。その​とき​に​は、かれら​は​これら​の​ことがら​を​しんじざる​を​なく​なる。

17 ​やがて​しゅ​は​ぶん​の​たみ​を、まよい​らく​した​じょうたい​から​もと​の​じょうたい​に​もどす​わざ​を​ふたたび​はじめられる。その​ため​に、しゅ​は​おどろく​べき​わざ​と​​を​ひと​の​ら​の​なか​で​おこなわれる。

18 ​そして​しゅ​は、かれら​に​ぶん​の​こと​を​つたえられる。それら​の​こと​は​かれら​に、かつて​ユダヤじん​が​こばんだ​まこと​の​メシヤ​を​しんじ​させ、また、もう​ほか​の​メシヤ​が​おいで​に​なる​の​を​のぞむ​ひつよう​が​ない​こと​を​かくしん​させる​ため​に​あたえられる​もの​で​ある​から、かれら​は​わり​の​​に​これら​の​こと​に​よって​さばかれる​の​で​ある。げんしゃ​たち​の​かたる​メシヤ​は​ただ​ひと​で​あって、ユダヤじん​は​その​メシヤ​を​こばむ​の​で​ある​から、ほか​に​メシヤ​が​る​と​すれ​ば、それ​は​たみ​を​まどわす​いつわり​の​メシヤ​に​ほかならない。

19 げんしゃ​たち​の​こと​に​よれ​ば、​メシヤ​は​わたし​の​ちち​が​エルサレム​を​って​から​​六百​ねん​で​られる。また、げんしゃ​たち​の​こと​と​かみ​の​てん使​の​こと​に​よれ​ば、その​​は​かみ​の​おん​イエス・​キリスト​と​となえられる。

20 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​が​かい​しない​よう​に​かり​やすく​かたって​きた。しゅ​なる​かみ​は​イスラエル​を​エジプト​の​​から​みちびき​し、また、たみ​が​どくじゃ​に​かまれた​とき​に​は、モーセ​が​かれら​の​まえ​に​げた​へび​を​れば​いやされる​よう​に​モーセ​に​ちから​を​あたえ、さらに、いわ​を​て​ば​みず​が​る​よう​に​モーセ​に​ちから​を​さずけられた。よ、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​よう​に、また​しゅ​なる​かみ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、わたし​が​かたって​きた​イエス・​キリスト​の​ほかに、ひと​に​すくい​を​あたえる​こと​の​できる​​は​てん​に​あたえられて​いない​と​いう​こと​を、あなたがた​に​って​おく。

21 ​さて、この​よう​な​ゆう​で、しゅ​なる​かみ​は、わたし​が​しるす​これら​の​もの​が​ぞん​され、のこされて、​わたし​の​そん​に​つたえられる​と​やくそく​して​くださった。それに​よって、ヨセフ​の​そん​は​だい​の​ある​かぎり​けっして​ほろびる​こと​は​ない​と​いう​やくそく​が、ヨセフ​に​たいして​たされる​の​で​ある。

22 ​それゆえ、これら​の​もの​は​だい​の​ある​かぎり​つたわる。かみ​の​こころ​と​おもい​の​まま​に​つたわる​の​で​ある。そして、これら​の​もの​を​しょゆう​する​こくみん​は、しるされて​いる​こと​に​よって​さばかれる​の​で​ある。

23 ​わたしたち​は​そん​と​同胞はらから​に、キリスト​を​しんじ、かみ​と​かい​する​よう​に​き​すすめる​ため​に、熱心ねっしん​に​ろく​し​つづけよう​と​つとめて​いる。それ​は、わたしたち​が​ぶん​の​おこなえる​こと​を​すべて​おこなった​のち​に、かみ​の​めぐみ​に​よって​すくわれる​こと​を​って​いる​から​で​ある。

24 ​また、わたしたち​は​キリスト​を​しんじて​いる​が、いま​は​モーセ​の​りっぽう​を​まもり、りっぽう​が​じょうじゅ​する​まで​かっ​と​して​キリスト​を​のぞむ。

25 ​この​もくてき​の​ため​に​りっぽう​が​あたえられた​から​で​ある。それゆえ、りっぽう​は​わたしたち​に​とって​すでに​よう​と​なって、わたしたち​は​しんこう​に​より、キリスト​に​よって​かされて​いる。それでも、かみ​の​いましめ​に​したがって​りっぽう​を​まもる​の​で​ある。

26 ​わたしたち​は​キリスト​の​こと​を​はなし、キリスト​の​こと​を​よろこび、キリスト​の​こと​を​せっきょう​し、キリスト​の​こと​を​げん​し、また、どこ​に​つみ​の​ゆるし​を​もとめれば​よい​か​を、わたしたち​の​そん​に​らせる​ため​に、ぶん​たち​の​げん​した​こと​を​しるす​の​で​ある。

27 ​それゆえ、りっぽう​に​ついて​かたる​の​は、わたしたち​の​そん​に​りっぽう​が​よう​で​ある​こと​を​らせる​ため​で​ある。また​かれら​が、りっぽう​が​よう​で​ある​こと​を​って、キリスト​の​うち​に​ある​いのち​を​のぞみ、りっぽう​が​なんの​もくてき​で​あたえられた​か​を​る​こと​が​できる​よう​に​する​ため​で​ある。さらに、キリスト​に​よって​りっぽう​が​じょうじゅ​して​りっぽう​が​はいされる​とき​に、かれら​が​キリスト​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​する​こと​が​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

28 ​さて​よ、わたし​の​たみ​よ、あなたがた​は​ごうじょう​な​たみ​で​ある​から、かい​しよう​の​ない​よう​に、わたし​は​かり​やすく​かたって​きた。わたし​が​かたって​きた​こと​は、どんな​ひと​に​で​も​ただしい​みち​を​おしえる​の​に​十分じゅうぶん​で​ある​から、あなたがた​を​める​あかし​に​なる。ただしい​みち​と​は、キリスト​を​しんじる​こと、キリスト​を​てい​しない​こと​で​ある。キリスト​を​てい​すれ​ば、げんしゃ​と​りっぽう​も​てい​する​こと​に​なる。

29 ​さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​って​おく。ただしい​みち​と​は​キリスト​を​しんじる​こと、キリスト​を​てい​しない​こと​で​ある。そして、キリスト​と​は​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある。それゆえ、あなたがた​は​キリスト​の​まえ​に​ひれし、あなたがた​の​勢力せいりょく​と​おもい​と​ちから​を​くし、全身ぜんしん全霊ぜんれい​を​めて​キリスト​を​はいさなければ​ならない。これ​を​おこなえ​ば、あなたがた​は​けっして​される​こと​は​ない。

30 ​モーセ​に​あたえられた​りっぽう​が​じょうじゅ​する​まで、ひつよう​な​かぎり、あなたがた​は​かみ​の​つとめ​と​しき​を​まもらなければ​ならない。