聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​26​章

キリスト​は​将来しょうらい、ニーファイじん​を​おしえ​みちびかれる。ニーファイ、ぶん​の​たみ​の​めつぼう​を​けん​する。かれら​は​​から​かたる。ほうじんいつわり​の​きょうかい​と​みつけっしゃ​を​つくる。しゅ​は​ぜんばいきょう​を​きんじられる。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​キリスト​は​しゃ​の​なか​から​​よみがえった​のち、あなたがた、すなわち​わたし​の​そん​と​あいする​同胞はらから​に​しん​を​あらわされる。そして、その​とき​に​キリスト​が​あなたがた​に​かたられる​こと​は、あなたがた​が​まもらなければ​ならない​りっぽう​と​なる。

2 よ、わたし​は​あなたがた​に​って​おく。将来しょうらいおおく​の​​が​ぎて、わたし​の​たみ​の​なか​に​おおきな​せんそう​と​あらそい​が​ある​の​を、わたし​は​た。

3 ​メシヤ​が​られる​と、わたし​の​たみ​に​メシヤ​の​降誕こうたん​の​​しるし​が​数々かずかずあたえられる。また、​と​ふっかつ​の​しるし​も​数々かずかずあたえられる。その​​は​あくにん​に​とって​大変たいへん​な​おそろしい​​と​なる。かれら​は​その​​に​ほろびる​から​で​ある。かれら​が​ほろびる​の​は、げんしゃ​と​せい​を​し、いし​を​げつけ、ころす​から​で​ある。その​ため、せい​の​​の​さけび​が​​から​かみ​の​もと​に​のぼって、かれら​の​こと​を​うったえる​の​で​ある。

4 ​それ​で​ある​から、すべて​たかぶる​もの​と​あく​を​おこなう​もの​が、やがて​き​くされる​​が​る​で​あろう​と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。かれら​は​わら​の​よう​に​なる​から​で​ある。

5 げんしゃ​と​せい​を​ころす​もの​は​​の​ふかい​ところ​に​​のみ​まれる​と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。山々やまやま​が​かれら​に​おおい​かぶさり、旋風せんぷう​が​かれら​を​はこび​り、建物たてもの​が​かれら​の​うえ​に​たおれ​かかって、かれら​を​し​つぶし、こなみじん​に​して​しまう。

6 ​また​かれら​は、かみなり​や​稲妻いなずましん、および​あらゆる​かい​に​われる。それ​は、しゅ​の​いかり​の​​が​かれら​に​たいして​え​がり、かれら​は​わら​の​よう​に​なり、やがて​かれら​を​き​くして​しまう​​が​る​から​で​ある。この​よう​に​万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。

7 ​おお、わたし​の​たみ​の​なか​の​ころされて​うしなわれる​もの​の​ゆえ​に、わたし​の​こころ​は​いたみ、くるしむ。わたし​ニーファイ​は​それ​を​た​ので、しゅ​の​まえ​に​え​きて​しまいそう​で​ある。しかし、わたし​は​かみ​に​かって、「あなた​が​おこなわれる​こと​は​こうせい​です」と​さけばざる​を​ない。

8 ​しかし​よ、げんしゃ​たち​の​こと​に​き​したがい、また​かれら​を​ほろぼそう​と​する​こと​なく、どの​よう​な​はくがい​を​けて​も​あたえられた​しるし​を​こころ​に​めて、かっ​と​して​キリスト​を​のぞむ​じん​は、ほろび​を​けない​人々ひとびと​で​ある。

9 ​しかし、​の​おん​は​将来しょうらいかれら​に​あらわれ、かれら​を​いやされる。そして、​三​だい​の​人々ひとびと​が​​を​り、​四​だい​の​おおく​の​ひと​も​​の​うち​に​​を​る​まで、かれら​は​おん​に​よって​平安へいあん​を​たもつ。

10 ​しかし、これら​の​こと​が​あって​から、すみやか​な​めつぼう​が​わたし​の​たみ​に​くだる。わたし​の​こころ​は​いたむ​が、わたし​は​それ​を​た​ので、将来しょうらい​その​こと​が​こる​こと​を​って​いる。かれら​は​​の​ない​もの​に​ぶんしん​を​わたす​の​で​ある。わたし​の​たみ​は、こうまん​と​おろか​な​おこない​の​むくい​として​めつぼう​を​る。かれら​は​あく​に​したがい、ひかり​より​も​やみ​の​わざ​の​ほう​を​えらぶ​ので、ごく​へ​くだって​かなければ​ならない。

11 しゅ​の​たま​は​いつでも​ひと​を​はげます​わけ​で​は​ない​から​で​ある。そして、たま​が​ひと​を​はげます​の​を​やめる​と、すみやか​に​ほろび​が​る。わたし​が​かなしく​おもう​の​は、この​ため​で​ある。

12 ​わたし​は、イエス​が​​まこと​の​キリスト​で​あられる​と​​ユダヤじん​に​かくしん​させる​こと​に​ついて​かたった​が、ほうじん​に​も​イエス​は​キリスト​で​あり、永遠えいえん​の​かみ​で​あられる​こと​を​かくしん​させる​こと​が​ひつよう​で​ある。

13 ​イエス​は​ぶん​を​しんじる​すべて​の​ひと、まことに​あらゆる​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​しん​を​あらわされ、ひと​の​ら​の​なか​で、かれら​の​しんこう​に​おうじて​おおきな​せき​と​しるし​と​​を​おこなわれる。この​こと​も、ほうじん​に​かくしん​させる​ひつよう​が​ある。

14 ​しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に、わり​の​とき​に​ついて、すなわち、しゅ​なる​かみ​が​これら​の​こと​を​ひと​の​ら​に​あきらか​に​される​だい​に​ついて、げん​する。

15 ​わたし​の​そん​と​わたし​の​きょうだい​の​そん​は、しんこう​に​おちいって​ほうじん​に​たれる。まことに、しゅ​なる​かみ​は​かれら​の​まわり​に​じん​を​かまえ、かれら​を​やま​で​かこみ、かれら​に​たいして​とりで​を​きずかれる。そして​かれら​は​​に​たおされて、もはや​そんざい​しなく​なる。しかしながら​そののちじん​の​こと​が​しるされ、ちゅうじつ​な​もの​の​いのり​が​とどけられる​ので、しんこう​に​おちいった​もの​の​すべて​が​わすれ​られる​わけ​で​は​ない。

16 ほろぼされる​もの​が、​から​人々ひとびと​に​かたり​かける​から​で​ある。その​こと​は​ひくく​​の​なか​から​て​て、その​こえ​は​霊媒れいばい​の​こえ​の​よう​に​こえる。しゅ​なる​かみ​は​その​もの​に​ちから​を​さずけ、まるで​​の​なか​から​て​る​か​の​よう​に、その​もの​が​かれら​の​こと​を​ささやける​よう​に​される。こう​して​かれら​の​こと​は、​の​なか​から​ささやく​の​で​ある。

17 しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。「かれら​は​かれら​の​なか​で​おこなわれる​こと​を​しるす。そして、それら​の​こと​は、一つ​の​しょもつ​に​しるされて​ふうじられる。しんこう​に​おちいった​もの​は、かみ​に​かかわる​もの​を​やそう​と​する​ので、それら​の​もの​を​られない。

18 ​それゆえ、すでに​ほろぼされた​もの​たち​は​すみやか​に​ほろぼされた。また、荒々あらあらしい​もの​の​れ​は、ぶ​​もみがら​の​よう​に​なる。」まことに​しゅ​なる​かみ​は​われる。「この​こと​は​突然とつぜん​に、またたく​​に​こる。」

19 ​そして​しんこう​に​おちいった​もの​は、ほうじん​に​よって​たれる。

20 ​また​ほうじん​は​こうまん​な​​を​もって​たかぶり、​つまずき​と​なる​もの​が​おおきい​ため​に​​つまずいた。そして​おおく​の​きょうかい​を​もうけた。しかしながら​かれら​は、かみ​の​ちから​と​せき​を​あなどり、ぶん​の​​と​がくしき​を​さん​して、えき​を​もとめ、まずしい​もの​の​かお​を​​すりつぶす。

21 ​ねたみ​と​あらそい​と​あく​を​こす​きょうかい​が、おおく​もうけられる。

22 ​また​むかし​の​よう​に、あく​の​けっしゃ​で​ある​みつけっしゃ​も​ある。あく​は​すべて​これら​の​もの​の​そうせつしゃ、まことに、さつじん​や​いろいろ​な​やみ​の​わざ​の​そうしゃ​で​ある。そして​あく​は、麻縄あさなわ​を​かれら​の​くび​に​かけて​って​き、ついに​は​つよい​なわ​で、とこしえ​に​かれら​を​しばって​しまう​の​で​ある。

23 よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​に​って​おく。しゅ​なる​かみ​は​くらやみ​の​なか​で​わざ​を​おこなう​よう​な​こと​は​なさらない。

24 しゅ​は、​の​ため​に​なる​こと​で​なければ​何事なにごと​も​なさらない。​すべて​の​ひと​を​みもと​に​せる​ため​に​ぶん​の​いのち​を​てる​ほど、しゅ​は​​を​あいして​おられる​から​で​ある。したがって​しゅ​は、ぶん​の​すくい​に​あずかって​は​ならない​と、だれ​に​も​めいじられる​こと​は​ない。

25 よ、しゅ​が​だれか​に​かって、「わたし​の​もと​から​れ」と​さけばれる​だろう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。その​よう​な​こと​は​ない。むしろ、「​の​て​に​いたる​すべて​の​もの​よ、​わたし​の​もと​に​て、かね​を​さず、だい​を​はらわないで、ちち​と​みつ​を​い​なさい」と​われる。

26 よ、しゅ​は​だれか​に、会堂かいどう、すなわち​れいはい​の​いえ​から​る​よう​に​めいじられた​こと​が​ある​だろう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。その​よう​な​こと​は​ない。

27 ​また​しゅ​が​だれか​に、しゅ​の​すくい​に​あずかって​は​ならない​と​めいじられた​こと​が​ある​だろう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。その​よう​な​こと​は​ない。むしろ​しゅ​は、すべて​の​ひと​に​すくい​を​りょう​で​さずけて​こられた。そして、すべて​の​ひと​に​あらため​を​き​すすめる​よう、しゅ​の​たみ​に​めいじて​こられた。

28 よ、しゅ​が​だれか​に、しゅ​の​いつくしみ​に​あずかって​は​ならない​と​めいじられた​こと​が​ある​だろう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。その​よう​な​こと​は​ない。むしろ​​すべて​の​ひと​に、ほか​の​ひと​と​どうよう​の​もの​と​なる​とっけん​が​あたえられて​おり、それ​を​きんじられる​もの​は​だれ​ひと​いない。

29 しゅ​なる​かみ​は、ぜんばいきょう​は​あって​は​ならない​と​めいじられる。よ、ぜんばいきょう​と​は、えき​と​​の​ほまれ​を​る​ため​に、せっきょう​を​して​ぶんしん​を​​の​ひかり​と​する​こと​で​あって、シオン​の​さいわい​を​もとめる​こと​で​は​ない。

30 よ、しゅ​は​この​こと​を​きんじられた。それゆえ​しゅ​なる​かみ​は、ひと​は​みなあい​すなわち​あい​を​つ​よう​に​と​の​いましめ​を​あたえられた。あい​が​なかった​なら​ば​ひと​は​なんの​​も​ない。それゆえ、もし​ひと​に​あい​が​あれ​ば、シオン​で​はたらく​もの​を​なせたり​は​しない​で​あろう。

31 ​しかし、​シオン​で​はたらく​もの​は、シオン​の​ため​に​はたらく​べき​で​ある。もしも​金銭きんせん​の​ため​に​はたらく​なら​ば、ほろびる​で​あろう。

32 ​また、しゅ​なる​かみ​は、ひと​を​ころして​は​ならない、いつわり​を​って​は​ならない、ぬすんで​は​ならない、ぶん​たち​の​かみ​で​ある​しゅ​の​​を​​みだり​に​となえて​は​ならない、ねたんで​は​ならない、あく​を​いだいて​は​ならない、たがいに​あらそって​は​ならない、みだら​な​おこない​を​して​は​ならない、これら​の​こと​を​どれ​も​おこなって​は​ならない​と​めいじられた。これら​の​こと​を​おこなう​もの​は​ほろびる​から​で​ある。

33 ​これら​の​ざいあく​は、いずれ​も​しゅ​から​る​もの​で​は​ない。しゅ​は​ひと​の​ら​の​なか​で、ため​に​なる​こと​を​おこなわれる​から​で​ある。また​しゅ​は、ひと​の​ら​に​とって​かり​やすい​こと​で​なければ、何事なにごと​も​おこなわれない。そして​しゅ​は、ぶん​の​もと​に​て​しゅ​の​いつくしみ​に​あずかる​よう​に、すべて​の​ひと​を​まねかれる。したがって​しゅ​は、黒人こくじん​も​白人はくじん​も、そくばく​された​もの​も​ゆう​な​もの​も、おとこ​も​おんな​も、しゅ​の​もと​に​る​もの​を​けっして​こばまれない。しゅ​は​きょう​さえ​も​こころ​に​かけられる。ユダヤじん​も​ほうじん​も、​すべて​の​ひと​が​かみ​に​とって​ひとしい​そんざい​な​の​で​ある。