聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​29​章

おおく​の​ほうじん​は『モルモンしょ』​を​こばむ。かれら​は、「ほか​に​せいしょ​は​ひつよう​ない」と​う。しゅ​は​おおく​の​こくみん​に​かたられる。しゅ​は​しるされる​数々かずかず​の​しょ​に​よって​​の​人々ひとびと​を​さばかれる。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 「しかし​よ、わたし​が​ほうじん​の​なか​で​おどろく​べき​わざ​を​はじめる​その​​に​は、ほうじん​の​かず​は​おおい。わたし​が​おどろく​べき​わざ​を​おこなう​の​は、ひと​の​ら​に​てた​せいやく​を​おもこして、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​を​ふたたび​れ​もどす​わざ​に​ちゃくしゅ​する​ため​で​ある。

2 ​また、あなた​ニーファイ​と​あなた​の​ちち​に​てた​やくそく、すなわち、あなたがた​の​そん​を​おぼえ、あなたがた​の​そん​の​こと​が​わたし​の​くち​から​て、あなたがた​の​そん​に​つたわる​よう​に​する​と​いう​やくそく​を、わたし​が​おもこして​まもる​ため​で​ある。わたし​の​こと​は​​の​て​まで​ひびき​わたり、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​に​とって​はた​と​なる。

3 ​そして、わたし​の​こと​が​ひびき​わたる​ので、おおく​の​ほうじん​は、『せいしょ​か、せいしょ​か。我々われわれ​は​すでに​せいしょ​を​って​いる。これ​がい​に​せいしょ​が​ある​はず​が​ない』​と​う。」

4 ​しかし、しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。「おお、おろか​な​もの​よ、かれら​は​せいしょ​を​つ​が、それ​は​むかし​わたし​が​せいやく​を​わした​たみ​ユダヤじん​から​る​もの​で​ある。かれら​は​​ユダヤじん​から​る​せいしょ​に​ついて、ユダヤじん​に​どの​よう​に​感謝かんしゃ​して​いる​か。まことに、ほうじん​は​どう​いう​つもり​か。かれら​は​ユダヤじん​が​った​ろう​と​労力ろうりょくほねり、また​ぶん​たち​に​すくい​を​​させる​こと​に​なった​ユダヤじん​の、わたし​に​たいする​りょく​を​おもこして​いる​か。

5 ​おお、ほうじん​よ、あなたがた​は、むかし​わたし​が​せいやく​を​わした​たみ、ユダヤじん​を​おぼえて​いた​か。いや、ぎゃく​に​あなたがた​は​かれら​を​のろい、にくみ、かれら​を​もと​の​じょうたい​に​もどそう​と​は​しなかった。しかし​よ、しゅ​なる​わたし​は​わたし​の​たみ​を​わすれた​こと​は​ない​ので、これら​すべて​の​こと​の​め​を​あなたがた​しん​の​こうべ​に​もとめる。

6 せいしょ​か。我々われわれ​は​すでに​せいしょ​を​って​いる。だから、ほか​に​せいしょ​は​ひつよう​ない』​と​う​もの​よ、あなたがた​は​おろか​もの​で​ある。あなたがた​は​ユダヤじん​に​よらず​に​せいしょ​を​​に​れた​か。

7 ​あなたがた​は、こくみん​は​かずおおく​ある​こと​を​らない​の​か。しゅ​で​あり、あなたがた​の​かみ​で​ある​わたし​が​すべて​の​ひと​を​つくった​こと、また​わたし​が​う み​の​島々しまじま​に​いる​もの​たち​を​おぼえて​いる​こと​を​らない​の​か。また​わたし​が​うえ​は​てん​で​おさめ、した​は​​で​おさめて​いる​こと、そして​わたし​の​こと​を​ひと​の​ら、すなわち​​の​すべて​の​こくみん​に​もたらす​こと​を​らない​の​か。

8 ​さて、なぜ​あなたがた​は、わたし​の​こと​が​もっと​おおく​あたえられる​から​と​って​つぶやく​の​か。​二つ​の​こくみん​の​あかし​が、わたし​が​かみ​で​ある​こと​と、一つ​の​こくみん​を​もう​一つ​の​こくみん​と​おなじ​よう​に​おぼえて​いる​こと​の、あなたがた​へ​の​しょう​と​なる​こと​を​らない​の​か。わたし​は​一つ​の​こくみん​に​かたる​の​と​おなじ​こと​を​べつ​の​こくみん​に​も​かたる。そして、その​二つ​の​こくみん​が​わせられる​とき、二つ​の​こくみん​の​あかし​も​わせられる​の​で​ある。

9 ​わたし​が​これ​を​おこなう​の​は、わたし​が​昨日き の う​も、今日き ょ う​も、また​とこしえ​に​わらない​こと​と、わたし​しん​の​のぞむ​まま​に​わたし​の​こと​を​かたる​と​いう​こと​を、おおく​の​ひと​に​しょうめい​する​ため​で​ある。したがって​わたし​が​ひとことかたった​ので、もう​ひとこと​も​かたれない​と​おもって​は​ならない。わたし​の​わざ​は​まだ​わって​いない​から​で​ある。わたし​の​わざ​は​ひと​の​そんざい​が​きる​まで​わらない​し、そののち​とこしえ​に​わり​が​ない​の​で​ある。

10 ​それゆえ、せいしょ​を​って​いる​から​と​いって、わたし​の​こと​が​すべて​そこ​に​ふくまれて​いる​と​おもって​は​ならない。また、わたし​が​もっと​大切たいせつ​な​こと​を​き​しるさせなかった​と​おもって​も​ならない。

11 ​わたし​は、ひがし​の​西にし​の​きた​の​みなみ​の​、また​う み​の​島々しまじま​に​いる​​すべて​の​もの​に、わたし​の​かたる​こと​を​しるす​よう​に​めいじる​から​で​ある。わたし​は​しるされる​数々かずかず​の​しょ​に​よって、​の​あらゆる​ひと​を、しるされて​いる​こと​に​したがい、かれら​の​おこない​に​おうじて​さばく。

12 よ、わたし​が​​ユダヤじん​に​かたれ​ば、かれら​は​それ​を​しるし、ニーファイじん​に​かたれ​ば、かれら​は​それ​を​しるす。また、わたし​が​した​イスラエル​の​いえ​の​ほか​の​ぞく​に​かたれ​ば、かれら​も​それ​を​しるす。さらに​わたし​が​​の​​すべて​の​こくみん​に​かたれ​ば、かれら​は​それ​を​しるす。

13 ​そして​​ユダヤじん​は​ニーファイじん​の​こと​を​て、ニーファイじん​は​ユダヤじん​の​こと​を​る。また、ニーファイじん​と​ユダヤじん​は、イスラエル​の​ゆく​の​れない​ぞく​の​こと​を​て、イスラエル​の​ゆく​の​れない​ぞく​は、ニーファイじん​と​ユダヤじん​の​こと​を​る。

14 ​そして、​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​は、かれら​の​しょゆう​の​​に​あつめ​もどされ、わたし​の​こと​も​​一つ​に​あつめられる。こう​して、わたし​が​かみ​で​ある​こと​と、わたし​が​アブラハム​に​かれ​の​そん​を​​とこしえ​に​おぼえる​と​せいやく​を​てた​こと​と​を、わたし​の​こと​と​​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​に​さからって​たたかう​もの​たち​に​しめそう。」