聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​30​章

改宗かいしゅう​した​ほうじん​は​せいやく​の​たみ​と​ともに​かぞえられる。おおく​の​レーマンじん​と​ユダヤじん​が​しょもつ​の​こと​を​しんじて、よろこばしい​じょうたい​に​なる。イスラエル​は​もと​の​じょうたい​に​もどり、あくにん​は​ほろぼされる。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​さて​よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​に​かたりたい。わたし​ニーファイ​は​あなたがた​に、ぶん​たち​が​ほうじんじょう​に​​に​かなって​いる​と​おもって​ほしくない​から​で​ある。かみ​の​命令めいれい​に​したがわない​なら​ば、あなたがた​も​みなおなじ​よう​に​ほろびる。しかし、すでに​べられた​こと​が​ある​から​と​いって、ほうじん​が​ことごとく​ほろぼされる​と​かんがえて​は​ならない。

2 ​それ​は、よ、あなたがた​に​う​が、ほうじん​で​あって​も​あらためる​もの​は​みなしゅ​の​せいやく​の​たみ​と​なり、​ユダヤじん​で​あって​も​あらためない​もの​は​みなてられる​から​で​ある。あらためて​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​おん​を​しんじる​もの​で​なければ、しゅ​は​だれ​と​も​せいやく​されない​から​で​ある。

3 ​ところで、わたし​は​ユダヤじん​と​ほうじん​に​ついて​もうすこし​げん​したい。わたし​が​まえ​に​かたった​あの​しょもつ​が​て、ほうじん​に​き​つたえられ、ふたたび​ふうじられて​しゅ​に​たくされた​のちしるされた​それら​の​こと​を​しんじる​人々ひとびと​が​おおぜい​いる。かれら​は​それら​の​こと​を、わたしたち​の​そん​の​のこり​の​もの​に​ひろめる。

4 ​そののち、わたしたち​の​そん​の​のこり​の​もの​は、わたしたち​の​こと​と、わたしたち​が​エルサレム​から​て​た​だい​と、ぶん​たち​が​ユダヤじん​の​そん​で​ある​こと​を​る。

5 ​そして、イエス・​キリスト​の​ふくいん​が​かれら​の​なか​で​げ​らされる。それゆえ​かれら​は、ぶん​たち​の​せん​に​ついて​の​しき​を​ふたたび​て、また​せん​の​なか​で​られて​いた​イエス・​キリスト​に​ついて​の​しき​も​る​よう​に​なる。

6 ​そこで​かれら​は、それ​が​かみ​の​​から​ぶん​たち​に​あたえられた​しゅくふく​で​ある​こと​を​って、よろこぶ​で​あろう。また、あんこく​の​うろこ​が​かれら​の​​から​はがれ​はじめ、おおく​の​だい​が​ぎない​うち​に、かれら​は​きよい、よろこばしい​たみ​に​なる。

7 ​そして、らされて​いる​​ユダヤじん​も​キリスト​を​しんじ​はじめ、​の​おもて​に​あつまり​はじめる。そして、キリスト​を​しんじる​もの​は​みなよろこばしい​たみ​に​なる。

8 ​そして​しゅ​なる​かみ​は、ぶん​の​たみ​を​じょう​で​回復かいふく​する​ため​に、すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​の​なか​で​ぶん​の​わざ​を​はじめられる。

9 ​そして​しゅ​なる​かみ​は、​を​もって​まずしい​もの​を​さばき、こうへい​を​もって​​の​にゅう​な​もの​の​ため​に​められる。また、その​くち​の​むち​で​​を​ち、その​くちびる​の​いき​で​あくにん​を​ころされる。

10 しゅ​なる​かみ​が、たみ​の​なか​に​はなはだしい​ぶん​を​こされる​とき​が​すみやか​に​る。その​とき、しゅ​なる​かみ​は​あくにん​を​ほろぼし、ぶん​の​たみ​を​すくわれる。まことに、たとえ​​で​あくにん​を​ほろぼさなければ​ならなくて​も、その​よう​に​される。

11 ​は​その​こし​の​おび​と​なり、ちゅうしん​は​その​はら​の​おび​と​なる。

12 ​また​その​とき、おおかみ​は​ひつじ​と​ともに​宿やどり、ひょう​は​やぎ​と​ともに​し、うし​と​わかい​ライオン​と​えた​わかい​ちく​は​ともに​いて、おさない​ども​が​これら​を​みちびく。

13 うし​と​くま​は​ともに​べ、その​ら​は​ともに​し、ライオン​は​うし​の​よう​に​わら​を​べる。

14 ​は​どくじゃ​の​あな​の​うえ​で​たわむれ、ばなれ​した​​は​まむし​の​あな​に​​を​く。

15 かれら​は、わたし​の​せい​なる​やま​の​どこ​に​おいて​も、がい​を​あたえる​こと​は​なく​そこなう​こと​も​ない。みず​が​う み​を​おおって​いる​よう​に、しゅ​を​る​しき​が​​に​ちる​から​で​ある。

16 ​また、​すべて​の​こくみん​の​こと​が​られる​よう​に​なる。まことに、すべて​の​こと​が​ひと​の​ら​に​らされる​よう​に​なる。

17 みつ​の​こと​で​あきらか​に​されない​こと​は​なく、やみ​の​わざ​で​あかるみ​に​ない​もの​も​ない。また、じょう​で​むすばれた​もの​で​かれない​もの​も​ない。

18 ​したがって、ひと​の​ら​に​あきらか​に​されて​きた​こと​は​すべて、その​​に​あきらか​に​される。サタン​は​​もはや​ながい​あいだひと​の​ら​の​こころ​を​はい​する​ちから​を​たない。さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​これ​で​わたし​の​こと​を​える。