聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​32​章

てん使​は​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​かたる。ひと​は​いのり、ぶん​で​聖霊せいれい​から​しき​を​る​よう​に​しなければ​ならない。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​さて​よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​は​その​みち​に​よって​はいって​から​どの​よう​に​すれ​ば​よい​の​か、しょうこころ​の​なか​で​ふかく​かんがえて​いる​と​おもう。しかし​よ、なぜ​これら​の​こと​を​こころ​の​なか​で​ふかく​かんがえて​いる​の​か。

2 ​あなたがた​は、聖霊せいれい​を​けたら​てん使​の​こと​で​かたる​こと​が​できる​と​わたし​が​った​こと​を​おぼえて​いない​の​か。また、聖霊せいれい​に​よらなければ、どうして​てん使​の​こと​で​かたる​こと​が​できよう​か。

3 てん使​は​聖霊せいれい​の​ちから​で​かたる。したがって、てん使​は​キリスト​の​こと​を​かたる。さて、わたし​は、キリスト​の​こと​を​​よく​あじわう​よう​に​あなたがた​に​った。よ、キリスト​の​こと​は​あなたがた​が​なす​べき​こと​を​すべて​げる​から​で​ある。

4 ​さて、わたし​が​これら​の​こと​を​べて​も、あなたがた​が​かい​できない​と​すれ​ば、それ​は​あなたがた​が​もとめ​も​せず、また、もん​を​たたき​も​しない​ため​で​ある。それゆえ、あなたがた​は​ひかり​の​なか​に​みちびかれず、やみ​の​なか​で​ほろびて​しまう​に​ちがいない。

5 よ、わたし​は、もう​いち​あなたがた​に​って​おく。あなたがた​が​その​みち​に​よって​はいり、聖霊せいれい​を​ける​なら​ば、聖霊せいれい​は、あなたがた​が​なす​べき​こと​を​すべて​あなたがた​に​しめされる​で​あろう。

6 よ、これ​が​キリスト​の​きょう​で​ある。キリスト​が​にく​に​あって​あなたがた​に​しん​を​あらわされる​とき​まで、これ​じょう​の​きょう​は​あたえられない。そして、キリスト​が​にく​に​あって​あなたがた​に​しん​を​あらわされる​とき​に​は、あなたがた​は​キリスト​が​われる​こと​を​おこなう​よう​に​つとめ​なければ​ならない。

7 ​さて、わたし​ニーファイ​は​これ​じょうう​こと​が​できない。たま​が​わたし​の​かたる​の​を​められる​から​で​ある。わたし​は、人々ひとびと​が​しんこう​で、じゃあく​で、​で​あり、ごうじょう​で​ある​の​を​かなしく​おもう。かれら​は​しき​を​もとめよう​と​しない。また、だい​な​しき​を​かり​やすく、のう​な​かぎり​はっきり​した​こと​で​おしえられて​も、それ​を​かい​しよう​と​しない。

8 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​が​まだ​こころ​の​なか​で​ふかく​かんがえて​いる​の​を​しょう​して​いる。そして、この​こと​に​ついて​あなたがた​に​べ​なければ​ならない​の​は、わたし​に​とって​かなしい​こと​で​ある。あなたがた​は、いのる​よう​に​ひと​に​おしえて​くださる​たま​に​みみ​を​かたむける​なら​ば、いのらなければ​ならない​こと​が​かる​で​あろう。あくれい​は​いのる​よう​に​と​は​ひと​に​おしえず、かえって​いのって​は​ならない​と​ひと​に​おしえる。

9 ​しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​って​おく。あなたがた​は​​を​とさず​に​つねに​いのらなければ​ならない。そして、しゅ​が​あなたがた​の​おこなう​こと​を​神聖しんせい​に​して​くださり、あなたがた​の​おこなう​こと​が​ぶんしん​に​さいわい​を​もたらす​もの​と​なる​よう​に、​キリスト​の​​に​よって​まず​御父おんちち​に​いのらず​に​は、しゅ​の​ため​に​どんな​こと​も​おこなって​は​ならない。