聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ニーファイだいしょ

第​9​章

ユダヤじん​は​将来しょうらいかれら​に​やくそく​された​すべて​の​​に​あつめられる。贖罪しょくざい​は​ひと​を​らく​から​あがなう。しゃ​の​からだ​は​はか​から​れい​は​ごく​や​パラダイス​から​て​る。そののちひと​は​さばき​を​ける。贖罪しょくざい​は​ひと​を​​と​ごくあくきゅう​の​つう​から​すくう。じん​は​かみ​の​おうこく​に​すくわれる。つみ​に​たいして​は​ばつ​が​せんこく​される。イスラエル​の​せいじゃ​が​もん​を​まもる​かた​で​ある。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 「さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​が​これら​の​こと​を​んだ​の​は、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​と​わされた​しゅ​の​せいやく​に​ついて、あなたがた​に​らせる​ため​で​ある。

2 ​この​せいやく​は、ユダヤじん​が​かみ​の​まこと​の​きょうかい​と​れ​に​回復かいふく​され、かれら​の​ぎ​の​​に​あつめ​もどされ、かれら​に​やくそく​された​すべて​の​​に​定住ていじゅう​する​とき​が​る​まで、しゅ​が​はじめ​から​せい​なる​げんしゃ​たち​の​くち​を​とおして​ユダヤじん​に​かたって​こられた​もの​で​ある。

3 よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​が​これら​の​こと​を​あなたがた​に​はなす​の​は、しゅ​なる​かみ​が​あなたがた​の​そん​に​さずけられる​しゅくふく​の​こと​で、あなたがた​が​よろこび​を​あじわい、とこしえ​に​あたま​を​げて​いられる​よう​に​する​ため​で​ある。

4 ​わたし​は​あなたがた​が、すなわち​あなたがた​の​おおく​が​将来しょうらい​の​こと​を​ろう​と​して、おおいに​さがし​もとめて​きた​こと​を​って​いる。その​けっ​わたし​に​かる​の​は、わたしたち​の​にくたい​は​かならず​おとろえて​ぬ​けれども、将来しょうらい​わたしたち​が​にくたい​に​あって​かみ​に​まみえる​こと​を、あなたがた​が​って​いる​と​いう​こと​で​ある。

5 ​また、まことに​わたし​に​かる​の​は、わたしたち​が​て​た​エルサレム​で、将来しょうらいかみ​が​にくたい​に​あって​人々ひとびと​に​しん​を​あらわされる​こと​を、あなたがた​が​って​いる​と​いう​こと​で​ある。その​こと​が、かれら​の​なか​で​こる​こと​が​ひつよう​だから​で​ある。すべて​の​ひと​が​おおいなる​そうぞうぬし​に​したがう​よう​に​なる​ため​に​は、そうぞうぬししん​が​にく​に​あって​ひと​の​なす​が​まま​に​なり、​すべて​の​ひと​の​ため​に​くなられる​こと​が​ひつよう​な​の​で​ある。

6 ​が​すべて​の​ひと​に​およぶ​よう​に​なった​ので、おおいなる​そうぞうぬし​の​あわれみ​に​ちた​けいかく​を​じょうじゅ​する​ため​に​は、ふっかつ​の​ちから​が​かならず​なければ​ならない。その​ふっかつ​は、らく​の​ゆえ​に​かならず​ひと​に​およばなければ​ならない。らく​は​そむき​の​ゆえ​に​しょうじた​の​で​ある。そして、ひと​は​らく​した​ため​に​しゅ​の​まえ​から​たれて​しまった。

7 ​したがって、贖罪しょくざい​は​げん​の​贖罪しょくざい​で​なければ​ならない。もし​それ​が​げん​の​贖罪しょくざい​で​なければ、この​ちる​もの​が​ちない​もの​を​る​こと​は​できない。したがって、ひと​に​くだった​さいしょ​の​さばき​が​かぎりなく​つづかなければ​ならない。もし​そう​なら​ば、この​にくたい​は​よこたえられ、てて​はは​なる​だい​に​かえり、もう​​と​がる​こと​が​ない​に​ちがいない。

8 ​おお、かみ​の​かみ​の​あわれみ​と​めぐみ​よ。よ、もしも​にくたい​が​もう​​と​がる​こと​が​ない​と​すれ​ば、わたしたち​の​れい​は、永遠えいえん​の​かみ​の​まえ​から​ちて​あく​と​なった​あの​てん使​に​したがう​よう​に​なり、もはや​がる​こと​は​ない。

9 ​そして、わたしたち​の​れい​は、あの​てん使​の​よう​に​なって​いた​に​ちがいない。わたしたち​は​あく​の​使つかい​で​ある​あくれい​と​なって、かみ​の​まえ​から​され、いつわり​の​ちち​と​ともに、かれしん​の​よう​に​みじめ​な​じょうたい​に​とどまって​いた​に​ちがいない。まことに、その​もの​は​わたしたち​の​​を​​だました​もの​で​あり、ひかり​の​てん使​で​ある​か​の​よう​に​よそおい、ひと​の​ら​を​そそのかして​人殺ひとごろし​を​する​みつけっしゃ​を​つくらせたり、あらゆる​かくれた​やみ​の​わざ​を​おこなわせたり​する​もの​で​ある。

10 ​おお、かみ​の​いつくしみ​の​なんと​ふかい​こと​か。わたしたち​が​この​おそろしい​怪物かいぶつ​に​つかまらない​よう​に、かみ​は​のがれる​みち​を​そなえて​くださって​いる。まことに、その​おそろしい​怪物かいぶつ​と​は​​と​ごく​で​あり、わたし​は​それ​を​にくたい​の​​および​れい​の​​と​ぶ。

11 ​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​わたしたち​の​かみ​の​かいほう​の​みち​に​より、わたし​が​かたって​きた​この​​は​にくたい​の​​で​あって、やがて​その​しゃ​を​はなす。その​​と​は​はか​の​こと​で​ある。

12 ​また、わたし​が​かたって​きた​この​、すなわち​れい​の​​も​やがて​その​​を​はなす。その​れい​の​​と​は​ごく​の​こと​で​ある。したがって、​と​ごく​と​は​その​​を​き​はなさなければ​ならない。すなわち、ごく​は​そこ​に​とらわれて​いる​れい​を​はなし、はか​は​そこ​に​とらわれて​いる​にくたい​を​はなして、人々ひとびと​の​にくたい​と​れい​は​たがいに​回復かいふく​される。それ​は​イスラエル​の​せいじゃ​の​ふっかつ​の​ちから​に​よる​の​で​ある。

13 ​おお、わたしたち​の​かみ​の​けいかく​の​なんと​だい​な​こと​よ。いまかたった​こと​の​ほか​に、かみ​の​​パラダイス​は​じん​の​れい​を​はなし、はか​は​じん​の​からだ​を​き​はなさなければ​ならない。そして、その​れい​と​からだ​は​ふたたび​本来ほんらい​の​もの​に​回復かいふく​され、すべて​の​ひと​は​きゅう​と​なり、​と​なる。かれら​は​ける​もの​で​あって、わたしたち​の​よう​に​にく​に​あって​完全かんぜん​な​しき​を​つ。わたしたち​が​って​いる​しき​は、その​とき​に​完全かんぜん​に​なる​の​で​ある。

14 ​それで​わたしたち​は、ぶん​に​つみ​が​ある​こと、けがれて​いる​こと、はだか​で​ある​こと​に​ついて、すべて​完全かんぜん​な​しき​を​る。また​じん​は、ぶん​の​よろこび​と​ぶん​の​​に​ついて​完全かんぜん​な​しき​を​けっぱく​を、まことに​​の​ころも​を​​まとう。

15 ​そして​すべて​の​ひと​は、この​だいいち​の​​から​いのち​に​こう​する​と、すでに​​と​なって​いる​ので、イスラエル​の​せいじゃ​の​さばき​の​​の​まえ​に​​なければ​ならない。それから​さばき​が​あって、すべて​の​ひと​は​かみ​の​せい​なる​さばき​に​よって​さばかれ​なければ​ならない。

16 ​そして、​に​かなった​もの​は​その​まま​​の​じょうたい​に​あり、けがれて​いる​もの​は、その​まま​けがれた​じょうたい​に​ある。この​こと​は、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​で​ある。しゅ​なる​かみ​が​そう​われた​から​で​あり、これ​は、けっして​る​こと​の​ない​かみ​の​永遠えいえん​の​こと​で​ある。ところで、けがれて​いる​もの​は​あく​と​あく​の​使つかい​で​あり、これら​の​もの​は、かれら​の​ため​に​よう​された​永遠えいえん​の​​の​なか​に​はいる。かれら​の​つう​は、ほのお​が​とこしえ​に​のぼって​える​こと​の​ない、​と​おう​の​いけ​の​よう​で​ある。

17 ​おお、わたしたち​の​かみ​の​だい​で​こうせい​な​こと​よ。かみ​は​ぶん​の​すべて​の​こと​を​じっこう​される​から​で​あり、かみ​の​こと​が​すでに​かみ​の​くち​から​た​もの​で、その​りっぽう​は​じょうじゅ​され​なければ​ならない​もの​だから​で​ある。

18 ​しかし​よ、じん、すなわち​イスラエル​の​せいじゃ​の​せい​たち、イスラエル​の​せいじゃ​を​しんじて​きた​もの​たち、​の​じゅう​を​しのんで​きた​もの​たち、​の​はずかしめ​を​いとわなかった​もの​たち、これら​の​人々ひとびと​は、​の​はじめ​から​かれら​の​ため​に​よう​された​かみ​の​おうこく​を​ぐ。そして​かれら​の​よろこび​は、​とこしえ​に​たされる​で​あろう。

19 ​おお、イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​わたしたち​の​かみ​の​あわれみ​ぶかい​こと​よ。かみ​は​ぶん​の​せい​たち​を​あの​おそろしい​怪物かいぶつ、すなわち​あく​と​​と​ごく​と、きゅう​の​つう​で​ある​あの​​と​おう​の​いけ​から​すくわれる。

20 ​おお、わたしたち​の​かみ​の​きよさ​は​なんと​だい​な​こと​か。かみ​は​すべて​の​こと​を​ぞんじ​で​あり、かみ​の​ぞんじ​で​ない​こと​は​ない。

21 かみ​は、かみ​の​こえ​に​き​したがう​すべて​の​ひと​を​すくう​ため​に、この​に​られる。よ、かみ​は​すべて​の​ひと​の​つう、まことに​おとこおんなども​の​べつ​なく、​アダム​の​ぞく​に​ぞくする、ける​もの​すべて​の​つう​を​けられる。

22 かみ​が​これ​を​けられる​の​は、ふっかつ​が​すべて​の​ひと​に​および、おおいなる​さばき​の​​に、すべて​の​ひと​が​かみ​の​まえ​に​つ​よう​に​する​ため​で​ある。

23 ​また​かみ​は、すべて​の​ひと​に、イスラエル​の​せいじゃ​に​たいして​完全かんぜん​な​しんこう​を​いだき​ながら、あらためて、かみ​の​​に​よって​​バプテスマ​を​け​なければ​ならない​と​めいじて​おられる。そう​で​なければ、ひと​は​かみ​の​おうこく​に​すくわれない。

24 ​もし​かれら​が、あらためて​かみ​の​​を​しんじる​こと​を​せず、また​その​​に​よって​バプテスマ​を​ける​こと​なく、さい​まで​しのぶ​こと​を​しなければ、かれら​は​ばつ​の​さだめ​を​ける。イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​しゅ​なる​かみ​が、そう​われた​から​で​ある。

25 ​それゆえ、イスラエル​の​せいじゃ​は​りっぽう​を​さずけられた。りっぽう​が​ない​ところ​に​は​ばつ​が​ない。また​ばつ​の​ない​ところ​に​は​つみ​の​せんこく​も​ない。そして、つみ​の​せんこく​の​ない​ところ​で、イスラエル​の​せいじゃ​の​あわれみ​が​人々ひとびと​に​たいして​その​役割やくわり​を​しゅちょう​する​の​は​なぜ​か​と​いえ​ば、それ​は​贖罪しょくざい​の​ゆえ​で​ある。かれら​は​イスラエル​の​せいじゃ​の​ちから​に​よって​すくわれて​いる​から​で​ある。

26 ​その​贖罪しょくざい​は、りっぽう​を​あたえられた​こと​の​ない​すべて​の​ひと​に​とって​も、かみ​の​せい​の​ようきゅう​を​たす​ので、これら​の​人々ひとびと​は、あの​おそろしい​怪物かいぶつ、すなわち​​と​ごく​と​あく​と、きゅう​の​つう​で​ある​​と​おう​の​いけ​から​すくわれて、かれら​に​いき​を​お​あたえ​に​なった​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある​かみ​の​みもと​に​れ​もどされる​の​で​ある。

27 ​しかし、すでに​りっぽう​を​あたえられ、まことに​わたしたち​と​おなじ​よう​に​かみ​の​すべて​の​いましめ​を​けて​いながら、それら​に​そむき、ぶん​の​ためし​の​生涯しょうがい​を​いたずら​に​ごす​もの​は​わざわい​で​ある。その​もの​の​じょうたい​は​おそろしい​もの​で​ある。

28 ​おお、しき​もの​の​あの​こうかつ​な​さくぼう​よ。おお、ひと​の​きょえい​と​​の​よわさ​と​おろかしさ​よ。ひと​は​がくしき​が​ある​と​ぶん​は​かしこい​と​おもい、かみ​の​かんこく​に​き​したがわない。そして​ぶんひとり​で​かる​と​おもって​かみ​の​かんこく​を​​する​の​で、かれら​の​​は​おろか​で​あって​やくたない。そして​かれら​は​ほろびる​の​で​ある。

29 ​しかし、かみ​の​かんこく​に​き​したがう​なら​ば、がくしき​の​ある​の​は​よい​こと​で​ある。

30 ​しかし、この​の​もの​を​ゆたか​に​つ​しゃ​は​わざわい​で​ある。かれら​は​ぶん​が​んで​いる​ので、まずしい​もの​を​さげすみ、にゅう​な​もの​を​はくがい​する。また、かれら​の​こころ​は​かれら​の​とみ​に​ある​ので、とみ​が​かれら​の​かみ​と​なって​いる。そして​よ、かれら​の​とみ​は​かれら​と​ともに​ほろびる​の​で​ある。

31 こう​と​せず​に、みみ​の​こえない​もの​の​よう​に​なって​いる​もの​は​わざわい​で​ある。かれら​は​ほろびる​から​で​ある。

32 よう​と​せず​に、盲人もうじん​の​よう​に​なって​いる​もの​は​わざわい​で​ある。かれら​も​また​ほろびる​から​で​ある。

33 こころ​に​割礼かつれい​の​ない​もの​は​わざわい​で​ある。かれら​は​わり​の​​に​ぶん​の​ざいあく​を​って​たれる​から​で​ある。

34 いつわり​を​う​もの​は​わざわい​で​ある。かれ​は​ごく​に​き​とされる​から​で​ある。

35 ​に​ひと​を​ころす​もの​は​わざわい​で​ある。かれ​は​ぬ​から​で​ある。

36 ​みだら​な​おこない​を​する​もの​は​わざわい​で​ある。かれら​は​ごく​に​き​とされる​から​で​ある。

37 ぐうぞう​を​れいはい​する​もの​は​わざわい​で​ある。すべて​の​あくれい​を​おさめる​あく​が​よろこぶ​から​で​ある。

38 ようするに、つみ​を​いだいた​まま​ぬ​もの​は​みなわざわい​で​ある。かれら​は​かみ​の​みもと​に​かえって​かみ​の​かお​を​あおぐ​が、つみ​の​なか​に​とどまる​から​で​ある。

39 ​おお、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あの​せい​なる​かみ​に​そむく​こと​の​おそろしさ​と、あの​こうかつ​な​もの​の​ゆうわく​に​ける​こと​の​おそろしさ​を​おもこし​なさい。にく​の​おもい​を​いだく​こと​は​​で​あり、霊的れいてき​な​おもい​を​いだく​こと​は​永遠えいえん​の​いのち​で​ある​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

40 ​おお、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​の​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。イスラエル​の​せいじゃ​の​だいさ​を​おもこし​なさい。わたし​が​あなたがた​に​たいして​ひどい​こと​を​かたった​と​って​は​ならない。もし​そう​う​なら、あなたがた​は​しん​を​ののしる​こと​に​なる。わたし​は​あなたがた​の​つくぬし​の​こと​を​かたって​きた​から​で​ある。わたし​は​しん​の​こと​が、すべて​の​けがれ​に​たいして​きびしい​こと​を​って​いる。しかし、じん​は​しん​を​あいして​おり、おののかない​ので、しん​の​こと​を​おそれない。

41 ​おお、それで、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、せいじゃ​なる​しゅ​の​みもと​に​なさい。しゅ​の​みち​が​​に​かなって​いる​こと​を​おぼえて​おき​なさい。よ、その​みち​は​ひと​に​とって​せまい​が、ひと​の​まえ​に​まっすぐ​で​あり、もん​を​まもる​もの​は​イスラエル​の​せいじゃ​で​ある。せいじゃ​は​ここ​に​は​しもべ​を​使つかわれない。また​その​もん​を​とおる​がい​に、ほか​の​みち​は​ない。そして​その​かた​を​あざむく​こと​は​できない。その​かた​の​​は、しゅ​なる​かみ​だから​で​ある。

42 ​そして、たたく​もの​に​は​だれ​に​で​も、しゅ​なる​かみ​は​もん​を​お​け​に​なる。しかし、ぶん​に​がくしき​の​ある​こと​を​ほこる​しゃ​や、​の​ある​こと​を​ほこる​がくしゃとみ​の​ある​こと​を​ほこる​しゃ、まことに、これら​の​もの​を​しゅ​なる​かみ​は​さげすまれる。かれら​が​この​よう​な​もの​を​てて、かみ​の​まえ​で​ぶん​を​おろか​な​もの​だ​と​おもって​心底しんそこ謙遜けんそん​に​なる​の​で​なければ、しゅ​は​かれら​の​ため​に​もん​を​お​け​に​は​ならない。

43 ​そして、しゃ​と​賢者けんじゃ​に​かかわる​もの、すなわち​せい​たち​の​ため​に​よう​されて​いる​あの​こうふく​は、かれら​から​とこしえ​に​かくされる​の​で​ある。

44 ​おお、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​の​こと​を​おぼえて​おき​なさい。よ、わたし​は​ぶん​の​ころも​を​いで、これ​を​あなたがた​の​まえ​で​り、わたし​の​すくい​の​かみ​に、その​​すべて​を​とおす​​で​わたし​を​て​くださる​よう​に​いのる。それで​あなたがた​は、すべて​の​ひと​が​かく​の​おこない​に​おうじて​さばかれる​わり​の​​に、わたし​が​こう​して​あなたがた​の​ざいあく​を​わたし​の​​から​り​はらった​の​を、イスラエル​の​かみ​が​らん​に​なった​こと​と、わたし​が​かみ​の​まえ​に​かがやいて​って​おり、あなたがた​の​​から​まぬがれて​いる​こと​を​る​で​あろう。

45 ​おお、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、つみ​を​て​なさい。あなたがた​を​かたく​しばろう​と​する​もの​の​くさり​を​り​とし、あなたがた​の​すくい​の​いわ​で​ある​かみ​の​みもと​に​なさい。

46 じん​に​こうせい​な​むくい​が​あたえられる​あの​え​ある​、すなわち​さばき​の​​の​ため​に、あなたがた​しん​を​そなえ​なさい。そう​すれ​ば​あなたがた​は、ひどく​おそれて​しりごみ​しなくて​む。また、ぶん​の​ひどい​ざいあく​を​ことごとく​おもして、『おお、ぜんのう​の​かみ​なる​しゅ​よ、神聖しんせい​です。あなた​の​さばき​は​神聖しんせい​です。わたし​は​ぶん​に​つみ​の​ある​こと​を​って​います。わたし​は​あなた​の​りっぽう​に​そむき​ました。わたし​の​そむき​は​わたし​しん​が​おかした​もの​です。そして、わたし​は​すでに​あく​に​らえられて​おり、あく​の​ひどい​みじめ​な​じょうたい​の​とりこ​に​なって​います』​と、やむをず​さけばなくて​む​で​あろう。

47 ​しかし​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​が​あなたがた​に、これら​の​ことがら​が​おそろしい​現実げんじつ​で​ある​こと​を​かく​させる​ひつよう​が​ある​だろう​か。あなたがた​の​おもい​が​きよかった​なら​ば、わたし​は​あなたがた​を​ひどく​くるしめたり​する​だろう​か。もし​あなたがた​が​つみ​から​かいほう​されて​いる​なら​ば、わたし​は、しん​の​そっちょくさ​に​したがって​あなたがた​に​も​そっちょく​で​あろう​と​する​だろう​か。

48 よ、もし​あなたがた​が​せい​なる​じょうたい​で​ある​なら​ば、わたし​は、きよさ​に​ついて​あなたがた​に​かたる​だろう。しかし​あなたがた​は、いませい​なる​じょうたい​で​は​なく、また​わたし​を​​と​なして​くれて​いる​ので、わたし​は、つみ​の​けっ​に​ついて​あなたがた​に​おしえる​こと​が​ひつよう​で​ある。

49 よ、わたし​の​れい​は​つみ​を​み​きらい、わたし​の​こころ​は​​を​よろこぶ。そして​わたし​は、かみ​の​せい​なる​​を​​ほめ​たたえよう。

50 ​さあ、わたし​の​同胞はらから​よ、かわいて​いる​もの​は​みなみず​の​ところ​に​なさい。かね​の​ない​もの​は、さあ、って​べ​なさい。まことに、さあ、かね​を​さず、だい​を​はらわないで、ぶどう​しゅ​と​ちち​を​い​なさい。

51 ​それゆえ、​の​ない​もの​に​かね​を​使つかって​は​ならない。満足まんぞく​を​られない​もの​に​労力ろうりょく​を​ついやして​は​ならない。熱心ねっしん​に​わたし​に​き​したがい、わたし​が​これまで​に​かたった​こと​を​おぼえて​おき​なさい。そして、イスラエル​の​せいじゃ​の​みもと​に​て、くさる​こと​も​ちる​こと​も​ない​もの​を​べて、ゆたか​な​もの​に​よって​あなた​しん​を​よろこばせ​なさい。

52 よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​の​かみ​の​こと​を​おぼえて​おき​なさい。日中にっちゅう​は​えず​かみ​に​いのり、よる​は​かみ​の​せい​なる​​に​感謝かんしゃ​し、こころ​を​よろこばせ​なさい。

53 しゅ​の​せいやく​が​どれ​ほど​だい​で、ひと​の​ら​に​たいして​しゅ​が​しん​を​ひくく​される​姿すがた​が​どれ​ほど​だい​で​ある​か​を​​なさい。しゅ​の​だいさ​と、しゅ​の​めぐみ​と​あわれみ​の​ゆえ​に、しゅ​は​わたしたち​の​そん​が​にく​に​おいて​ことごとく​ほろぼされて​しまう​こと​は​なく、しゅしん​が​まもって​くださる​と、わたしたち​に​やくそく​された。また、のち​の​だい​に​わたしたち​の​そん​が、イスラエル​の​いえ​の​ため​に​一ぽん​の​​に​かなった​えだ​に​なる​と​も​やくそく​された。

54 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​もっと​あなたがた​に​はなしたい。しかし​、わたし​の​こと​の​のこり​を​げ​らせる​こと​に​しよう。アーメン。」