聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

だい三ニーファイニーファイ​の​しょ

おおぜい​の​ひと​が​バウンティフル​の​​に​あつまった​とき、イエス・​キリスト​は​ニーファイ​の​たみ​に​しん​を​あらわし、かれら​を​おしえ​みちびかれた。イエス・​キリスト​が​かれら​に​しん​を​あらわされた​だい​は、つぎ​に​しるす​とおり​で​ある。

つぎ​の​だい十一-二十六​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

第​11​章

御父おんちちあいする​おん​に​ついて​あかし​される。キリスト​が​あらわれ、ぶん​の​贖罪しょくざい​に​ついて​宣言せんげん​される。人々ひとびと、キリスト​の​りょう​と​りょうあし​と​わき​の​きずあと​に​れる。人々ひとびと、「ホサナ」と​さけぶ。キリスト、バプテスマ​の​様式ようしき​を​べられる。あらそい​の​こころ​は​あく​の​もの。キリスト​の​きょう​と​は、ひと​は​しんじて​バプテスマ​を​け、聖霊せいれい​を​け​なければ​ならない​と​いう​もの​で​ある。げんやく​三十四​ねん

1 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​おおぜい​の​群衆ぐんしゅう​が​バウンティフル​の​​に​ある​神殿しんでん​の​まわり​に​あつまり、たがいに​おどろき、​に​おもい、また​かく​に​こった​おおいなる​おどろく​べき​へん​に​ついて​たがいに​はなって​いた。

2 かれら​は​また、すでに​その​​に​かかわる​​しるし​が​あらわれた​イエス・​キリスト​に​ついて​も​かたって​いた。

3 ​そして、かれら​が​たがいに​かたって​いた​とき、てん​から​はっせられる​よう​な​こえ​が​こえた。しかし​かれら​は、ぶん​たち​に​こえた​その​こえ​の​げる​​が​からなかった​ので、あたり​を​まわした。それ​は​耳障みみざわり​な​こえ​で​は​なく、おおきな​こえ​で​も​なかった​が、ちいさな​こえ​で​あり​ながら、いた​人々ひとびと​の​こころ​の​なか​まで​つらぬいた​ので、かれら​の​全身ぜんしん​は​ことごとく​それ​に​よって​ふるえた。まったく、それ​は​たましい​そのもの​に​まで​かれら​を​つらぬき、かれら​の​こころ​を​え​がらせた。

4 ​そして​かれら​は、ふたたび​その​こえ​を​いた​が、それでも​その​こえ​の​げる​​が​からなかった。

5 ​その​こえ​は​三​​まで​こえ、かれら​は​このたび​は​みみ​を​ひらいて​それ​を​き、​を​その​こえ​の​する​ほう​へ​けて、その​こえ​が​はっせられる​てん​を​めて​いた。

6 ​すると​よ、三​​に​は、かれら​は​ぶん​たち​に​こえた​その​こえ​の​げる​​が​かった。その​こえ​は​かれら​に​かたった。

7 「わたし​の​あいする​​を​​なさい。​わたし​の​こころ​に​かなう​もの​で​ある。わたし​は​かれ​に​よって、わたし​の​​に​えいこう​を​くわえた。かれ​に​き​なさい。」

8 ​そして、かれら​は​その​​が​かった​ので、ふたたび​てん​を​げた。すると​よ、てん​から​ひと​の​おとこ​の​かた​が​くだって​られる​の​が​えた。この​かた​は​しろい​ころも​を​て​おられ、くだって​て​群衆ぐんしゅう​の​なか​に​たれた。ぜん群衆ぐんしゅう​の​​が​この​かた​に​そそがれた​が、かれら​は​たがい​の​あいだ​で​さえ、あえて​くち​を​ひらこう​と​は​しなかった。また​かれら​は、ぶん​たち​に​姿すがた​を​あらわされた​かた​を​てん使​で​ある​と​おもった​が、これ​が​どう​いう​こと​な​の​か​からなかった。

9 ​そこで​この​かた​は、かた​を​し​べて​人々ひとびと​に​われた。

10 よ、わたし​は​イエス・​キリスト​で​あり、​に​る​と​げんしゃ​たち​が​あかし​した​もの​で​ある。

11 よ、わたし​は​​の​ひかり​で​あり​いのち​で​ある。わたし​は、ちち​が​わたし​に​くださった​あの​にがい​さかずき​から​み、​の​つみ​を​ぶん​に​う​こと​に​よって​ちち​に​えいこう​を​ささげた。わたし​は​​の​つみ​を​う​こと​に​よって、はじめ​から、すべて​の​こと​に​ついて​ちち​の​こころ​に​したがって​きた。」

12 ​さて、イエス​が​これら​の​こと​を​かたり​えられる​と、群衆ぐんしゅう​は​ぜんいん​に​した。かれら​は、キリスト​が​てん​に​のぼられた​のちぶん​たち​に​しん​を​あらわされる​こと​が​げん​されて​いた​の​を​おもした​から​で​ある。

13 ​そこで、しゅ​は​かれら​に​われた。

14 って​わたし​の​もと​に​て、あなたがた​の​​を​わたし​の​わき​に​し​れ、また​わたし​の​りょう​と​りょうあし​の​くぎ​の​あと​に​れて、わたし​が​​イスラエル​の​かみ​で​あり、ぜん​の​かみ​で​ある​こと、そして​​の​つみ​の​ため​に​ころされた​こと​を​り​なさい。」

15 ​そこで​群衆ぐんしゅう​は​すすみ​て、しゅ​の​わき​に​​を​し​れ、また​しゅ​の​りょう​と​りょうあし​の​くぎ​の​あと​に​れた。かれら​は​ひと​ずつ​すすみ​て、ぜんいん​が​この​よう​に​し、ぶん​の​​で​ぶん​の​​で​れ、​この​かた​が、将来しょうらいられる​と​げんしゃ​たち​に​よって​しるされた​しゅ​で​あられる​こと​を、たしか​に​って​あかし​した。

16 かれら​は​ぜんいんすすみ​て、みずから​かくにん​した​のち一斉いっせい​に​さけんだ。

17 「ホサナ。いと​たかき​かみ​の​​が​ほめ​たたえられ​ます​よう​に。」そして、かれら​は​イエス​の​あしもと​に​して、イエス​を​はいした。

18 ​そして、イエス​は(ニーファイ​が​群衆ぐんしゅう​の​なか​に​いた​ので)​ニーファイ​に​かたり​かけ、すすみ​る​よう​に​めいじられた。

19 ​そこで​ニーファイ​は、がって​すすみ​て、しゅ​の​まえ​に​ひれし、しゅ​の​りょうあし​に​くちづけ​した。

20 ​すると​しゅ​は、がる​よう​に​かれ​に​めいじられた。そこで​かれ​は、​を​こして​しゅ​の​まえ​に​った。

21 ​すると​しゅ​は​かれ​に、「わたし​は​あなた​に​ちから​を​さずける。わたし​が​ふたたび​てん​に​げられる​とき、あなた​は​この​ちから​を​もって​この​たみ​に​​バプテスマ​を​ほどこし​なさい」と​われた。

22 ​さらに​しゅ​は、​ほか​の​人々ひとびと​も​して、かれら​に​も​おなじ​よう​に​われた。そして​しゅ​は、バプテスマ​を​ほどこす​ちから​を​これら​の​ひと​に​さずけられた。それから、しゅ​は​かれら​に​われた。「つぎ​の​ほうほう​で​あなたがた​は​バプテスマ​を​ほどこし​なさい。あなたがた​の​なか​に​けっして​ろんそう​が​あって​は​ならない。

23 ​まことに、あなたがた​に​う。あなたがた​の​こと​に​よって​つみ​を​あらため、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​けたい​と​のぞむ​ひと​に、つぎ​の​ほうほう​で​バプテスマ​を​ほどこし​なさい。よ、あなたがた​は​みず​の​なか​に​りて​って​ち、わたし​の​​に​よって​かれら​に​バプテスマ​を​ほどこし​なさい。

24 ​さて​よ、その​とき​に​あなたがた​の​う​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。まず、バプテスマ​を​ける​ひと​の​​を​んで、

25 『わたし​は​イエス・​キリスト​より​権能けんのう​を​けた​ので、御父おんちち​と​おん​と​聖霊せいれい​の​​に​よって、あなた​に​バプテスマ​を​ほどこし​ます。アーメン』​と​い​なさい。

26 ​それから、あなたがた​は​その​ひと​を​水中すいちゅう​に​しずめ、みず​から​がり​なさい。

27 ​この​よう​な​ほうほう​で、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​ほどこし​なさい。よ、まことに、あなたがた​に​う。ちち​と​​と​聖霊せいれい​は​​一つ​で​ある。わたし​は​ちち​に​おり、ちち​は​わたし​に​おられ、ちち​と​わたし​は​一つ​で​ある。

28 ​わたし​が​めいじた​とおり、あなたがた​は​この​よう​に​バプテスマ​を​ほどこし​なさい。これまで​あった​よう​な​ろんそう​が、こん​は​けっして​あなたがた​の​なか​に​あって​は​ならない。また、わたし​の​きょう​の​ようてん​に​ついて、これまで​に​あった​よう​な​ろんそう​が、こんけっして​あなたがた​の​なか​に​あって​は​ならない。

29 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。あらそい​の​こころ​を​つ​もの​は​わたし​に​つく​もの​で​は​なく、あらそい​の​ちち​で​ある​あく​に​つく​もの​で​ある。あく​は​たがいに​いかって​あらそう​よう​に​人々ひとびと​の​こころ​を​あおり​てる。

30 よ、たがいに​いかる​よう​に​人々ひとびと​の​こころ​を​あおり​てる​の​は、わたし​の​きょう​で​は​ない。この​よう​な​こと​を​やめる​よう​に​と​いう​の​が、わたし​の​きょう​で​ある。

31 よ、まことに、まことに、あなたがた​に​う。あなたがた​に​わたし​の​きょう​を​げよう。

32 ​これから​べる​の​が​わたし​の​きょう​で​あり、ちち​が​わたし​に​あたえて​くださった​きょう​で​ある。わたし​は​ちち​の​こと​を​あかし​し、ちち​は​わたし​の​こと​を​あかし​され、聖霊せいれい​は​ちち​と​わたし​の​こと​を​あかし​する。ちち​は、どこ​に​いる​ひと​で​も​すべて​の​ひと​に、あらためて​わたし​を​しんじる​よう​に​めいじて​おられる​こと​を、わたし​は​あかし​する。

33 ​わたし​を​しんじて​​バプテスマ​を​ける​もの​は、だれでも​すくわれる。かみ​の​おうこく​を​ぐ​の​は​これら​の​もの​で​ある。

34 ​また、わたし​を​しんじないで​バプテスマ​を​けない​もの​は、だれでも​ばつ​の​さだめ​を​ける。

35 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。これ​が​わたし​の​きょう​で​ある。わたし​は、ちち​から​げられた​とおり​に​これ​を​あかし​する。わたし​を​しんじる​もの​は​ちち​を​も​しんじる​の​で​ある。その​もの​に、ちち​は​わたし​の​こと​を​あかし​される​で​あろう。ちち​は​その​もの​に​​と​聖霊せいれい​を​あたえられる。

36 ​この​よう​に​して、ちち​は​わたし​の​こと​を​あかし​され、聖霊せいれい​は​その​もの​に​ちち​と​わたし​の​こと​を​あかし​する。ちち​と​わたし​と​聖霊せいれい​は​一つ​で​ある。

37 ​もう​いち​あなたがた​に​う。あなたがた​は​あらため、おさな​の​よう​に​なり、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​け​なければ​ならない。そう​しなければ、あなたがた​は​けっして​これら​の​もの​を​ける​こと​が​できない。

38 ​もう​いち​あなたがた​に​う。あなたがた​は​あらため、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​け、おさな​の​よう​に​なら​なければ​ならない。そう​しなければ、あなたがた​は​けっして​かみ​の​おうこく​を​ぐ​こと​が​できない。

39 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。これ​が​わたし​の​きょう​で​ある。この​きょう​の​うえ​に​てる​もの​は​わたし​の​いわ​の​うえ​に​てる​の​で​ある。ごく​の​もん​も​これら​の​もの​に​つ​こと​は​ない。

40 ​また、これ​じょう​の​こと、あるいは​これ​に​およばない​こと​を​げ​らせて、それ​を​わたし​の​きょう​と​する​もの​は、あく​から​る​もの​で​あり、わたし​の​いわ​の​うえ​に​てられて​は​いない。この​よう​な​もの​は、すな​の​だい​の​うえ​に​てて​いる​の​で​ある。ごく​の​もん​は​ひらかれて​おり、洪水こうずい​が​こり、かぜ​が​ちつける​とき​に​この​よう​な​もの​を​むかえ​れる。

41 ​したがって、あなたがた​は​この​たみ​の​なか​に​て​き、わたし​の​かたった​こと​を​​の​て​まで​げ​らせ​なさい。」