聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

だい三ニーファイニーファイ​の​しょ

第​13​章

イエス、しゅ​の​いのり​を​ニーファイじん​に​おしえられる。ひと​は​てん​に​たから​を​たくわえ​なければ​ならない。しゅ​の​つとめ​に​たずさわる​じゅう、この​の​もの​を​おもわずらわない​よう​に​めいじられる。マタイ​に​よる​ふくいんしょだい六​しょう​と​かく​せよ。げんやく​三十四​ねん

1 「まことに、まことに、わたし​は​う。あなたがた​は​まずしい​もの​に​ほどこし​を​して​ほしい。しかし、られる​ため​に​人々ひとびと​の​まえ​で​ほどこし​を​する​こと​の​ない​よう​に​ちゅう​しなさい。もし、そう​しない​と、てん​に​おられる​あなたがた​の​ちち​から​むくい​を​ける​こと​が​ない​で​あろう。

2 ​だから、ほどこし​を​する​とき​に​は、ぜんしゃ​たち​が​ひと​から​められる​ため​に​会堂かいどう​や​とおり​で​する​よう​に、ぶん​の​まえ​で​ラッパ​を​いて​は​ならない。まことに、あなたがた​に​う。かれら​は​その​むくい​を​けて​しまって​いる。

3 ​あなた​は​ほどこし​を​する​とき、みぎ​の​​の​して​いる​こと​を​ひだり​の​​に​らせて​は​ならない。

4 ​それ​は、あなた​の​する​ほどこし​が​かくれて​いる​ため​で​ある。そう​すれ​ば、ひそか​に​て​おられる​あなた​の​ちち​は、おおやけ​に​むくいて​くださる​で​あろう。

5 ​また、いのる​とき​に​は、ぜんしゃ​たち​の​よう​に​して​は​ならない。かれら​は​ひと​に​せよう​と​して、会堂かいどう​や​大通おおどおり​の​つじ​に​って​いのる​こと​を​このむ。まことに、あなたがた​に​う。かれら​は​その​むくい​を​けて​しまって​いる。

6 ​あなた​は​いのる​とき、ぶん​の​​に​はいり、​を​じて、かくれた​ところ​に​おられる​あなた​の​ちち​に​いのり​なさい。すると、ひそか​に​て​おられる​あなた​の​ちち​は、おおやけ​に​むくいて​くださる​で​あろう。

7 ​また、いのる​とき、きょう​の​よう​に​えき​に​かえす​こと​は​やめ​なさい。かれら​は、ことかず​が​おおければ​れられる​と​おもって​いる。

8 ​だから、かれら​の​まね​を​して​は​ならない。あなたがた​の​ちち​は、もとめない​さき​から、あなたがた​に​ひつよう​な​もの​を​ぞんじ​だから​で​ある。

9 ​だから、あなたがた​は​​こう​いのり​なさい。『てん​に​おられる​わたしたち​の​ちち​よ、​が​あがめられ​ます​よう​に。

10 こころ​が​てん​で​おこなわれる​よう​に、​で​も​おこなわれ​ます​よう​に。

11 ​わたしたち​が​ぶん​に​さい​の​ある​もの​を​ゆるして​います​よう​に、わたしたち​の​さい​を​お​ゆるし​ください。

12 ​わたしたち​を​ゆうわく​に​おちいらせる​こと​の​ない​よう​に​し、あく​から​お​すくい​ください。

13 おうこく​と​ちから​と​えいこう​は​とこしえ​に​あなた​の​もの​です。アーメン。』

14 ​もし​あなたがた​が​ひと​の​あやまち​を​ゆるす​なら​ば、あなたがた​の​てん​の​ちち​も​あなたがた​を​ゆるして​くださる​で​あろう。

15 ​もし​ひと​を​ゆるさない​なら​ば、あなたがた​の​ちち​も、あなたがた​の​あやまち​を​ゆるして​くださらない​で​あろう。

16 ​さらに​あなたがた​は、断食だんじき​を​する​とき​に​は、ぜんしゃ​の​よう​に​かなしげ​な​かおつき​を​して​は​ならない。かれら​は​断食だんじき​を​して​いる​こと​を​ひと​に​らせよう​と​して、ぶん​の​かお​を​ぐるしく​する。まことに、あなたがた​に​う。かれら​は​その​むくい​を​けて​しまって​いる。

17 ​あなたがた​は​断食だんじき​を​する​とき​に​は、あたま​に​あぶら​を​り、かお​を​あらい​なさい。

18 ​それ​は、断食だんじき​を​して​いる​こと​を​ひと​に​られないで、かくれた​ところ​に​おられる​あなた​の​ちち​に​って​いただく​ため​で​ある。そう​すれ​ば、ひそか​に​て​おられる​あなた​の​ちち​は、おおやけ​に​むくいて​くださる​で​あろう。

19 ​あなたがた​は​ぶん​の​ため​に、むし​が​い、さび​が​つき、また、盗人ぬすびと​ら​が​って​ぬすみ​す​よう​な​じょう​に、たから​を​たくわえて​は​ならない。

20 ​むしろ​ぶん​の​ため、むし​も​わず、さび​も​つかず、また、盗人ぬすびと​ら​が​って​ぬすみ​す​こと​も​ない​てん​に、たから​を​たくわえ​なさい。

21 ​あなた​の​たから​の​ある​ところ​に​は、こころ​も​ある​から​で​ある。

22 からだ​の​かり​は​​で​ある。だから、あなた​の​​が​ただしく​て​いれ​ば、あなた​の​全身ぜんしん​に​ひかり​が​ちる​で​あろう。

23 ​しかし、あなた​の​​が​あく​を​て​いれ​ば、全身ぜんしん​に​くらやみ​が​およぶ​で​あろう。だから、もし​あなた​の​うち​に​ある​ひかり​が​くらやみ​に​なる​なら​ば、その​くらさ​は​どんなに​ふかい​こと​か。

24 ​だれ​も、ふた​の​主人しゅじん​に​ね​つかえる​こと​は​できない。いっぽう​を​にくんで​ほう​を​あいし、あるいは、いっぽう​に​したしんで​ほう​を​うとんじる​から​で​ある。あなたがた​は、かみ​と​とみ​と​に​ね​つかえる​こと​は​できない。」

25 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ぶん​が​えらんだ​十二​にん​を​て​われた。「わたし​が​かたった​こと​を​おぼえて​おき​なさい。よ、あなたがた​は​この​たみ​を​おしえ​みちびく​よう​に​わたし​が​えらんだ​もの​だから​で​ある。あなたがた​に​う。なに​を​べよう​か、なに​を​もう​か​と、ぶん​の​いのち​の​こと​で​おもわずらい、なに​を​よう​か​と​ぶん​の​からだ​の​こと​で​おもわずらって​は​ならない。いのち​は​食物しょくもつ​に​まさり、からだ​は​ふく​に​まさって​いない​だろう​か。

26 そら​の​とり​を​​なさい。まく​こと​も​る​こと​も​せず、くら​に​おさめる​こと​も​しない。それでも、あなたがた​の​てん​の​ちち​は​とり​を​やしなって​おられる。あなたがた​は、とり​より​も​はるか​に​すぐれた​もの​で​は​ない​か。

27 ​あなたがた​の​なか​の​だれ​が、おもわずらった​から​と​いって、ぶん​の​たけ​を​一​キュビト​ばす​こと​が​できよう​か。

28 ​また、なぜ​ふく​の​こと​で​おもわずらう​の​か。​の​ゆり​が​どの​よう​に​そだって​いる​か​かんがえて​み​なさい。​の​ゆり​は​はたらき​も​せず、つむぎ​も​しない。

29 ​しかし、あなたがた​に​う​が、えい​を​きわめた​とき​の​ソロモン​で​さえ、この​はな​の​一つ​ほど​に​も​かざって​は​いなかった。

30 ​だから、今日き ょ う​は​あって、​は​​に​まれる​​の​くさ​で​さえ、かみ​が​この​よう​に​よそおって​くださる​と​すれ​ば、あなたがた​の​しんこう​が​うすくない​かぎり、かみ​は​あなたがた​に​も​おなじ​よう​に​よそおわせて​くださる​で​あろう。

31 ​だから、『なに​を​べよう​か』『なに​を​もう​か』『なに​を​よう​か』​と​って​おもわずらって​は​ならない。

32 ​あなたがた​の​てん​の​ちち​は、これら​の​もの​が​すべて​あなたがた​に​ひつよう​で​ある​こと​を​ぞんじ​だから​で​ある。

33 ​まず​かみ​の​おうこく​と​かみ​の​​を​もとめ​なさい。そう​すれ​ば、これら​の​もの​は​すべて​えて​あたえられる​で​あろう。

34 ​だから、​の​こと​を​おもわずらって​は​ならない。​の​こと​は​しん​が​おもわずらう​で​あろう。その​​は​その​​の​ろう​だけ​で​十分じゅうぶん​で​ある。」