聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

だい三ニーファイニーファイ​の​しょ

第​9​章

くらやみ​の​なか​で​キリスト​の​こえ​が​こえ、たみ​の​あく​の​ため​に​おおく​の​もの​が​ほろび、おおく​の​まち​が​かい​された​こと​が​宣言せんげん​される。キリスト​は​また、ぶん​の​神性しんせい​を​宣言せんげん​し、モーセ​の​りっぽう​が​じょうじゅ​した​こと​を​げ、ぶん​の​もと​に​て​すくわれる​よう​に​と​人々ひとびと​を​まねかれる。げんやく​三十四​ねん

1 ​さて、この​​の​全面ぜんめん​で、​に​む​すべて​の​もの​に​つぎ​の​よう​に​げる​こえ​が​こえた。

2 わざわい​で​ある、わざわい​で​ある、この​たみ​は​わざわい​で​ある。ぜん​の​たみ​は​あらため​なければ​わざわい​で​ある。わたし​の​たみ​の​うるわしい​むすむすめ​たち​が​ころされた​こと​を、あく​は​わらい、あく​の​使つかい​は​よろこんで​いる。わたし​の​たみ​の​うるわしい​むすむすめ​たち​が​たおされた​の​は、かれら​の​ざいあく​と​まわしい​おこない​の​ため​で​ある。

3 よ、あの​おおきな​まち​ゼラヘムラ​と​そこ​に​む​もの​たち​を、わたし​は​​で​いた。

4 ​また​よ、あの​おおきな​まち​モロナイ​を、わたし​は​う み​の​ふかみ​に​しずめ、そこ​に​む​もの​たち​を​おぼれ​させた。

5 ​また​よ、あの​おおきな​まち​モロナイハ​と​そこ​に​む​もの​たち​を​つち​で​おおい、かれら​の​ざいあく​と​まわしい​おこない​を​わたし​の​まえ​から​かくして、げんしゃ​たち​と​せい​たち​の​​が、もはや​かれら​に​ついて​わたし​に​うったえる​こと​の​ない​よう​に​した。

6 よ、ギルガル​の​まち​を​しずめ、そこ​に​む​もの​たち​を​​の​ふかみ​に​めた。

7 ​また、オナイハ​の​まち​と​その​たみ、モクム​の​まち​と​その​たみ、エルサレム​の​まち​と​その​たみ​も​どうよう​で​あり、わたし​は​それら​の​まち​に​わって​みず​を​わきがらせ、かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​を​わたし​の​まえ​から​かくして、げんしゃ​たち​と​せい​たち​の​​が、もはや​かれら​に​ついて​わたし​に​うったえる​こと​の​ない​よう​に​した。

8 ​また​よ、ガデアンダイ​の​まち、ガデオムナ​の​まち、ヤコブ​の​まち、ギムギムノ​の​まち、これら​を​すべて​しずめ、それら​の​しょ​に​おか​と​たに​を​つくった。また、それら​の​まち​に​む​もの​たち​を​​の​ふかみ​に​め、かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​を​わたし​の​まえ​から​かくして、げんしゃ​たち​と​せい​たち​の​​が、もはや​かれら​に​ついて​わたし​に​うったえる​こと​の​ない​よう​に​した。

9 ​また​よ、ヤコブ​おう​の​たみ​が​んで​いた​あの​おおきな​まち​ヤコブガス​を、ぜん​の​どんな​あく​も​およばない​かれら​の​つみ​と​あく​の​ゆえ​に、また​かれら​の​暗殺あんさつ​と​みつけっしゃ​の​ゆえ​に、わたし​は​​で​かせた。わたし​の​たみ​の​へい​を​やぶり、くに​の​せい​を​ほろぼした​の​は​かれら​で​ある。したがって、わたし​は​かれら​を​かせ、わたし​の​まえ​から​かれら​を​ほろぼして、げんしゃ​たち​と​せい​たち​の​​が、もはや​かれら​に​ついて​わたし​に​うったえる​こと​の​ない​よう​に​した。

10 ​また​よ、レーマン​の​まち​と、ヨシ​の​まち​と、ガド​の​まち​と、キシクメン​の​まち​と、それら​の​まち​に​む​もの​たち​を、わたし​は​​で​かせた。かれら​が​げんしゃ​たち​を​す​と​いう​あく、また​かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​の​こと​を​かれら​に​げ​させる​ため​に、わたし​が​つかわした​もの​たち​に​いし​を​げつける​と​いう​あく​を​おこなった​から​で​ある。

11 かれら​が​げんしゃ​たち​を​すべて​し、かれら​の​なか​に​ひと​も​じん​が​いなく​なった​ので、わたし​は​​を​くだして​かれら​を​ほろぼし、かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​が​わたし​の​まえ​から​かくされて、わたし​が​かれら​の​なか​に​つかわした​げんしゃ​たち​と​せい​たち​の​​が、​から​さけんで​かれら​に​ついて​わたし​に​うったえる​こと​の​ない​よう​に​した。

12 ​わたし​は、おおく​の​ひどい​かい​が​この​​と​ここ​に​む​もの​たち​に​およぶ​よう​に​させた​が、それ​は​かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ゆえ​で​ある。

13 ​おお、かれら​より​も​​に​かなって​いる​ため​に、いのち​を​たすけられて​いる​すべて​の​もの​よ。わたし​が​あなたがた​を​いやす​こと​が​できる​よう​に、いま​あなたがた​は​わたし​に​ち​かえり、ぶん​の​つみ​を​あらため、こころ​を​あらためよう​と​して​いる​か。

14 ​まことに、あなたがた​に​う。あなたがた​は、​わたし​の​もと​に​る​なら​ば​永遠えいえん​の​いのち​を​る​で​あろう。よ、わたし​の​あわれみ​の​うで​は​あなたがた​に​けて​べられて​いる。わたし​は​る​もの​を​だれでも​れよう。わたし​の​もと​に​る​もの​は​さいわい​で​ある。

15 よ、わたし​は​かみ​の​​イエス・​キリスト​で​ある。わたし​は​てん​と​その​なか​に​ある​万物ばんぶつ​を​そうぞう​した。わたし​は​はじめ​から​ちち​と​ともに​いた。​わたし​は​ちち​に​おり、ちち​は​わたし​に​おられる。そして、わたし​に​よって​ちち​は​​に​えいこう​を​けられた。

16 ​わたし​は​ぶん​の​たみ​の​ところ​に​た​の​に、たみ​は​わたし​を​れなかった。わたし​の​らいりん​に​かんする​聖文せいぶん​は​じょうじゅ​して​いる。

17 ​わたし​を​れた​もの​に、わたし​は​かみ​の​​と​なる​こと​を​ゆるした。わたし​の​​を​しんじる​もの​に​も​どうよう​に​しよう。よ、わたし​に​よって​あがない​は​のう​に​なって​おり、また​わたし​に​よって​​モーセ​の​りっぽう​は​じょうじゅ​して​いる。

18 ​わたし​は​​の​ひかり​で​あり​いのち​で​ある。わたし​は​​アルパ​で​あり​オメガ​で​あり、はじめ​で​あり​わり​で​ある。

19 ​あなたがた​は、​もはや​​を​ながす​こと​を​わたし​へ​の​ささげ​もの​と​して​は​ならない。あなたがた​の​せい​と​燔祭はんさい​は​りやめ​なさい。わたし​は​これから、あなたがた​の​せい​と​燔祭はんさい​を​れない​から​で​ある。

20 ​あなたがた​は​くだかれた​こころ​と​いる​れい​を、せい​として​わたし​に​ささげ​なさい。くだかれた​こころ​と​いる​れい​を​もって​わたし​の​もと​に​る​もの​に、わたし​は​レーマンじん​に​さずけた​よう​に、​と​聖霊せいれい​に​よって​​バプテスマ​を​さずけよう。レーマンじん​は​改心かいしん​した​とき​に​わたし​を​しんじた​ので、​と​聖霊せいれい​に​よる​バプテスマ​を​けた。しかし、かれら​は​それ​を​らなかった。

21 よ、わたし​は、​に​あがない​を​もたらし、​の​人々ひとびと​を​つみ​から​すくう​ため​に​​に​た。

22 ​それゆえ、あらためて​おさな​の​よう​に​わたし​の​もと​に​る​もの​を、わたし​は​だれでも​れよう。かみ​の​おうこく​は​この​よう​な​もの​の​くに​で​ある。よ、この​よう​な​もの​の​ため​に、わたし​は​ぶん​の​いのち​を​て、ふたたび​それ​を​た。それゆえ、​の​て​に​いたる​人々ひとびと​よ、あらため、わたし​の​もと​に​て​すくわれ​なさい。」