聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

第​11​章

ニーファイじん​の​へいせい​に​ついて​の​説明せつめい。アミュレク、ゼーズロム​と​ろんじ​う。キリスト​は​人々ひとびと​を​つみ​の​ある​まま​で​は​すくわれない。てん​の​おうこく​を​ぐ​人々ひとびと​だけ​が​すくわれる。すべて​の​ひと​が​めつ​の​じょうたい​に​よみがえる。ふっかつ​に​は​​は​ない。げんぜんやく​八十二​ねん

1 ​さて、モーサヤ​おう​の​ほうりつ​で​は、ほうりつ​の​さばきつかさ​で​ある​すべて​の​もの、すなわち、さばきつかさ​として​にんめい​されて​いる​もの​たち​は、かれら​の​まえ​に​れてられた​もの​たち​を​裁判さいばん​する​ため​に​はたらいた​かん​に​おうじて、ほうきゅう​を​ける​こと​に​なって​いた。

2 ​そこで、もし​ある​ひと​が​ほか​の​ひと​に​借金しゃっきん​を​して​それ​を​かえさない​なら​ば、その​ひと​は​さばきつかさ​に​うったえられた。すると、さばきつかさ​は​職権しょっけん​を​こう使​し、やくにん​たち​を​つかわして​その​ひと​を​ぶん​の​まえ​に​れてさせた。そして、さばきつかさ​は​その​ひと​を​ほうりつ​と、その​ひと​に​たいして​提出ていしゅつ​された​しょう​に​よって​裁判さいばん​した。その​けっ、その​ひと​は​きょうせいてき​に​借金しゃっきん​を​はらわされる​か、きょうせいてき​に​もの​を​げられる​か、または​盗人ぬすびと​や​ごうとう​として​きょうせいてき​に​たみ​の​なか​から​された。

3 ​また、さばきつかさ​は​ぶん​の​はたらいた​かん​に​おうじて​ほうきゅう​を​けた。すなわち、一にち​に​ついて​きん​一​セナイン、または​ぎん​一​セヌム​を​けた。ぎん​一​セヌム​は​きん​一​セナイン​に​そうとう​する。これ​は、さだめられた​ほうりつ​に​よる。

4 ​さて、ニーファイじん​の​各種かくしゅ​の​きん​と​ぎん​の​名称めいしょう​は、その​​に​したがって​げる​と​つぎ​の​とおり​で​ある。この​名称めいしょう​は​ニーファイじん​が​けた​もの​で​ある。かれら​は​エルサレム​に​いた​ユダヤじん​の​ほうほう​で​は​計算けいさん​して​いなかった。また、ユダヤじん​の​ほうほう​で​はかる​こと​も​しなかった。かれら​は​モーサヤ​おう​が​かくりつ​した​さばきつかさ​の​せい​に​いたる​まで、たみ​の​こう​と​状況じょうきょう​に​おうじて、だい​ごと​に​へいたん​と​りょうほう​を​えて​きた​の​で​ある。

5 ​さて、その​へいたん​は​つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、きん​一​セナイン、きん​一​セオン、きん​一​シュム、きん​一​リムナ。

6 ぎん​一​セヌム、ぎん​一​アムノル、ぎん​一​エズロム、ぎん​一​オンタイ​が​あり、

7 ぎん​一​セヌム​は​きん​一​セナイン​に​ひとしく、どちら​も​大麦おおむぎひとます、または​各種かくしゅ​の​こくもつひとますぶん​に​そうとう​した。

8 ​さて、きん​一​セオン​の​がく​は​セナイン​の​二​ばい​の​​が​あり、

9 ​また、きん​一​シュム​は​セオン​の​二​ばい​の​​が​あり、

10 ​また、きん​一​リムナ​は、一​セナイン​と​一​セオン​と​一​シュム​を​わせた​​が​あった。

11 ​また、ぎん​一​アムノル​は​二​セヌム​に​ひとしく、

12 ​また、ぎん​一​エズロム​は​四​セヌム​に​ひとしく、

13 ​また、ぎん​一​オンタイ​は、一​セヌム​と​一​アムノル​と​一​エズロム​を​わせた​もの​に​ひとしかった。

14 ​さて、へいたん​の​ちいさい​もの​の​​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

15 ​一​シブロン​は​一​セヌム​の​半分はんぶん​で​ある。したがって、一​シブロン​は​大麦おおむぎはんますぶん​に​そうとう​する。

16 ​また、一​シブルム​は​一​シブロン​の​半分はんぶん​で​あり、

17 ​そして、一​レア​は​一​シブルム​の​半分はんぶん​で​ある。

18 ​さて、これ​が​ニーファイじん​の​へいひょう​に​よる​かず​の​かた​で​ある。

19 ​また、きん​一​アンテオン​は​三​シブロン​に​ひとしい。

20 ​さて、さばきつかさ​たち​は​えき​を​る​こと​を​唯一ゆいいつ​の​もくてき​と​して​おり、ぶん​たち​の​はたらき​に​おうじて​ほうきゅう​を​けた​ので、そうどう​を​こす​よう​に、また​あらゆる​あらそい​と​あく​を​おこなう​よう​に​人々ひとびと​を​せんどう​した。それ​は、ぶん​たち​が​さらに​おおく​の​はたらき​が​できる​よう​に、そして、ぶん​たち​の​まえ​に​される​しょう​に​よって​金銭きんせん​を​られる​よう​に​する​ため​で​あった。そこで、かれら​は​人々ひとびと​を​せんどう​して​アルマ​と​アミュレク​に​さからわせた​の​で​ある。

21 ​それで、ゼーズロム​は​アミュレク​に​質問しつもん​を​はじめ、「わたし​が​たずねる​すこし​の​質問しつもん​に​こたえて​もらえる​だろう​か」と​った。ゼーズロム​は​い​こと​を​そこなう​ため​に​あく​の​さくりゃく​に​ちょうじて​いた​おとこ​で​あった​ので、アミュレク​に、「わたし​が​質問しつもん​する​こと​に​こたえて​もらえる​だろう​か」と​たずねた​の​で​ある。

22 ​そこで、アミュレク​は​かれ​に、「もし​それ​が​わたし​の​うち​に​ある​しゅ​の​たま​に​かなう​なら​ば​こたえる。わたし​は​しゅ​の​たま​に​かなわない​こと​は​なにも​わない」と​こたえた。すると​ゼーズロム​は​かれ​に、「よ、ここ​に​ぎん​六​オンタイ​が​ある。あなた​が​こうしゃ​の​じつざい​を​てい​する​なら​ば、わたし​は​これ​を​すべて​あなた​に​進呈しんてい​しよう」と​った。

23 ​そこで​アミュレク​は​った。「おお、ごく​の​​よ、なぜ​わたし​を​​そそのかす​の​か。じん​は​この​よう​な​ゆうわく​に​けっして​くっしない​こと​を、あなた​は​って​いる​で​は​ない​か。

24 ​あなた​は​かみ​が​おられない​と​しんじて​いる​の​か。いや、わたし​は​あなた​に​う​が、あなた​は​かみ​が​おられる​こと​を​って​いる。しかし、あなた​は​かみ​より​も​その​かね​の​ほう​を​あいして​いる。

25 ​さて、あなた​は​かみ​の​まえ​で​わたし​に​いつわり​を​った。あなた​は​わたし​に、『この​大枚たいまい​の​六​オンタイ​を​​なさい。これ​を​進呈しんてい​しよう』​と​った​が、あなた​は​こころ​の​なか​で​は、それ​を​わたし​に​わたすまい​と​かんがえて​いる。あなた​の​のぞみ​は​ただ、わたし​に​まこと​の​ける​かみ​を​てい​させて、わたし​を​ほろぼす​口実こうじつ​を​る​こと​で​あった。さて​よ、あなた​は​この​おおきな​あく​の​ため​に​むくい​を​ける​で​あろう。」

26 ​そこで、ゼーズロム​が​また​かれ​に、「あなた​は​まこと​の​ける​かみ​が​いる​と​う​の​か」と​うた。

27 ​そこで​アミュレク​は、「その​とおり、まこと​の​ける​かみ​が​おられる」と​こたえた。

28 ​そこで​ゼーズロム​が、「かみ​は​何人なんにん​も​いる​の​か」と​う​ので、

29 かれ​は、「そう​で​は​ない」と​こたえた。

30 ​また​ゼーズロム​が​かさねて、「どうして​あなた​は、これら​の​こと​を​って​いる​の​か」と​う​ので、

31 かれ​は、「てん使​が​わたし​に​それ​を​らせて​くれた」と​こたえた。

32 ​そして、ゼーズロム​が​また、「将来しょうらいる​と​いう​の​は​だれか。かみ​の​​な​の​か」と​う​ので、

33 かれ​は「その​とおり」と​こたえた。

34 ​ゼーズロム​は​また、「かみ​の​​は、ぶん​の​たみ​を​つみ​が​ある​まま​すくう​の​か」と​った。そこで、アミュレク​は​こたえて​った。「わたし​は​あなた​に、そう​で​は​ない​と​おう。かみ​の​おん​は​ぶん​の​こと​を​てい​し​ない​から​で​ある。」

35 ​ここ​で、ゼーズロム​は​人々ひとびと​に​かって​った。「あなたがた​は​これら​の​こと​を​しっかり​おぼえて​いて​ほしい。この​おとこ​は、かみ​は​ただ​ひと​で​ある​と​った。しかし、かみ​の​​は​将来しょうらいる​が、ぶん​の​たみ​を​すくわない​と​この​おとこ​は​う。まるで、この​おとこ​は​かみ​に​めいじる​権能けんのう​を​って​いる​か​の​よう​だ。」

36 ​さて、アミュレク​は​また​かれ​に​った。「あなた​は​いつわり​を​って​いる。かみ​の​おん​が​ぶん​の​たみ​を​つみ​の​ある​まま​すくわれない​と​わたし​が​った​こと​で、わたし​が​かみ​に​めいじる​権能けんのう​を​って​いる​か​の​よう​に​かたった​と​あなた​は​う。

37 ​わたし​は​もう​いち​あなた​に​う。かみ​の​おん​は​人々ひとびと​を​つみ​の​ある​まま​すくう​こと​は​お​でき​に​ならない。わたし​は​かみ​の​おん​の​こと​を​てい​する​こと​は​できない。かみ​の​おん​は、きよくない​もの​は​けっして​てん​の​おうこく​を​ぐ​こと​が​できない​と​われた。てん​の​おうこく​を​がなければ、どうして​すくわれる​で​あろう​か。だから、あなたがた​は​つみ​の​ある​まま​すくわれる​こと​は​できない​の​で​ある。」

38 ​さて、ゼーズロム​は​また​かれ​に、「かみ​の​​は​まこと​の​永遠えいえん​の​ちち​で​ある​の​か」と​たずねた。

39 ​そこで​アミュレク​は​かれ​に​こたえた。「その​とおり。かみ​の​おん​は、てん​と​その​なか​に​ある​万物ばんぶつ​の​まこと​の​永遠えいえん​の​ちち​で​ある。かみ​の​おん​は​はじめ​で​あり​わり​で​あり、さいしょ​で​あり​さい​で​ある。

40 ​また、かみ​の​おん​は​ぶん​の​たみ​を​あがなう​ため​に、将来しょうらい​この​に​られ、ぶん​の​​を​しんじる​人々ひとびと​の​そむき​を​われる。これら​の​人々ひとびと​は​永遠えいえん​の​いのち​を​る​人々ひとびと​で​あり、これ​がい​の​人々ひとびと​に​すくい​は​あたえられない。

41 ​したがって、あくにん​は​あたかも​あがない​が​なかった​か​の​よう​な​ありさま​で​あり、ただ​​の​なわ​から​の​かいほう​だけ​が​ある。よ、​すべて​の​ひと​が​しゃ​の​なか​から​よみがえって​かみ​の​まえ​に​ち、ぶん​の​おこない​に​おうじて​さばかれる​​が​る​から​で​ある。

42 ​さて、にくたい​の​​と​ばれる​​が​ある。そして、キリスト​の​​は​将来しょうらい​この​にくたい​の​​の​なわ​を​き、すべて​の​ひと​が​この​にくたい​の​​から​よみがえる。

43 れい​と​からだ​は​ふたたび​結合けつごう​して​完全かんぜん​な​かたち​に​なり、あし​も​関節かんせつ​も、ちょうど​いま​の​わたしたち​の​よう​な、その​本来ほんらい​の​つくり​に​回復かいふく​される。そして、わたしたち​は​いまって​いる​しき​を​たもった​まま、かみ​の​まえ​に​されて​ち、ぶん​の​すべて​の​つみ​を​はっきり​と​おもす。

44 ​さて、この​ふっかつ​は、いた​ひと​に​も​わかい​ひと​に​も、そくばく​された​ひと​に​も​ゆう​な​ひと​に​も、おとこ​に​も​おんな​に​も、あくにん​に​も​じん​に​も、すべて​の​ひと​に​あたえられる。そして、かみ​の​一筋ひとすじ​さえ​も​うしなわれる​こと​は​なく、すべて​の​もの​が​いま​ある​よう​な、その​完全かんぜん​な​つくり​に、すなわち​からだ​に​回復かいふく​される。それから、ぶん​の​おこない​が​い​か、それとも​わるい​か、おこない​に​おうじて​さばかれる​ため​に、​一つ​の​永遠えいえん​の​かみ​で​ある​おん​なる​キリスト​と​御父おんちち​なる​かみ​と​せい​なる​たま​と​の​法廷ほうてい​に​され、つみ​の​​を​われる。

45 ​さて​よ、わたし​は​す​べき​からだ​の​​に​ついて、また​す​べき​からだ​の​ふっかつ​に​ついて​あなた​に​かたって​きた。わたし​は​あなた​に​う。この​す​べき​からだ​は​めつ​の​からだ​に​​よみがえる。​から、すなわち​だいいち​の​​から​いのち​に​うつり、すべて​の​ひと​が​もう​ぬ​こと​は​ありない。かれら​の​れい​は​からだ​と​結合けつごう​して、けっして​ぶん​しない。この​よう​に​あいがっした​もの​は、霊的れいてき​な、めつ​の​もの​と​なり、かれら​は​もはや​ちる​こと​が​ない。」

46 ​さて、アミュレク​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、人々ひとびと​は​また​おどろき、ゼーズロム​も​おののき​はじめた。この​よう​に​して、アミュレク​の​はなし​は​わった。すなわち、わたし​が​しるした​こと​は​これだけ​で​ある。