聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

第​19​章

ラモーナイ、永遠えいえん​の​いのち​の​ひかり​を​け、あがなぬし​を​る。おう​の​いえ​の​もの​たち、しき​を​うしなって​たおれ、おおく​の​もの​たち​は​てん使​を​る。アンモン、せきてき​に​まもられる。アンモン、おおく​の​ひと​に​バプテスマ​を​ほどこし、かれら​の​なか​に​きょうかい​を​せつりつ​する。げんぜんやく​九十​ねん

1 ​さて、ふつふたばん​たって​から、かれら​は​しゃ​を​ほうむる​ため​に​つくって​おいた​はか​に​おう​の​たい​を​はこんで、まさに​ほうむろう​と​して​いた。

2 ​その​とき、おう​は​アンモン​の​名声めいせい​を​いて​いた​ので、ひと​を​つかわして、アンモン​に​ぶん​の​ところ​に​て​ほしい​と​げた。

3 ​そこで​アンモン​は、めいじられた​とおり​に​おう​の​もと​へ​き、ぶん​が​なに​を​する​こと​を​のぞんで​いる​の​か​りたい​と​った。

4 ​すると、おう​は​かれ​に​った。「おっと​の​しもべ​たち​は、あなた​が​せい​なる​かみ​の​げんしゃ​で​あり、あなた​に​は​かみ​の​​に​よって​おおく​の​ちから​ある​わざ​を​おこなう​ちから​が​ある​と、わたし​に​おしえて​くれ​ました。

5 ​もし​そう​で​あれ​ば、はいって​わたし​の​おっと​に​って​ほしい​の​です。おっと​は​ふつふたばん​の​あいだとこ​に​した​まま​です。おっと​は​まだ​んで​いない​と​う​もの​も​いれ​ば、もう​んで​いて​あくしゅう​を​はなって​いる​ので​はか​に​ほうむらなければ​ならない​と​う​もの​も​います。しかし、わたし​が​た​ところ、におい​は​あり​ません。」

6 ​さて、これ​は​アンモン​が​のぞんで​いた​こと​で​あった。アンモン​は、ラモーナイ​おう​が​かみ​の​ちから​の​もと​に​ある​こと​を​って​いた​から​で​ある。アンモン​は、おう​の​こころ​から​しんこう​と​いう​あんこく​の​おおい​が​のぞかれ​つつ​ある​こと、そして​その​こころ​を​らす​ひかりかみ​の​えいこう​の​ひかり​で​あり​かみ​の​いつくしみ​の​おどろく​べき​ひかり​で​ある​この​ひかり​が、まことに、おうしん​の​なか​に​おおきな​よろこび​を​そそぎ​んで​あんこく​の​くも​が​り、永遠えいえん​の​いのち​の​ひかり​が​おうしん​の​なか​に​ともされた​こと​を​って​いた。まことに、アンモン​は​これ​が​おう​の​にくたい​に​って、おう​が​かみ​に​よって​しき​を​うしなって​いた​こと​を​って​いた​の​で​ある。

7 ​したがって、おう​が​かれ​に​もとめた​こと​は、かれ​が​ただ​一つ​ねがって​いた​こと​で​あった。そこで、かれ​は​おう​から​もとめられる​まま​に、おう​に​う​ため​に​はいって​った。そして、かれ​は​おう​を​る​と、おう​が​まだ​んで​いない​こと​が​かった。

8 ​そこで​かれ​は​おう​に、「おう​は​くなって​いません。かみ​に​よって​ねむって​いる​ので、ふたたび​がり​ます。ですから​おう​を​ほうむって​は​なりません」と​った。

9 ​そして​アンモン​は​おう​に、「この​こと​を​お​しんじ​に​なり​ます​か」と​たずねた。すると、おう​は​かれ​に、「あなた​の​こと​と​わたしたち​の​しもべ​たち​の​こと​の​ほか​に​なんの​しょう​も​あり​ません​が、あなた​の​った​とおり​に​なる​と​しんじ​ます」と​こたえた。

10 ​そこで、アンモン​は​おう​に​った。「お​きさきさま​は​しんこう​が​じょう​に​ふかい​ので​さいわい​です。お​きさきさま、わたし​は​もうげ​ます。ニーファイじん​の​すべて​の​たみ​の​なか​に​さえ、これほど​の​ふかい​しんこう​は​あり​ません​でした。」

11 ​さて、おう​は​その​とき​から、おう​が​がる​と​アンモン​が​げた​よくじつ​の​その​こく​まで、おっと​の​とこ​の​そば​で​きて​いた。

12 ​そして​おう​は、アンモン​の​こと​の​とおり​に​がった。そして​おう​は、がる​と、おう​に​かって​​を​ばして​った。「かみ​の​​が​ほめ​たたえられる​よう​に。また、あなた​は​さいわい​で​ある。

13 ​あなた​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、よ、わたし​は​あがなぬし​を​た。あがなぬし​は​将来しょうらい​おいで​に​なり、ひと​の​おんな​から​​お​まれ​に​なり、​を​しんじる​すべて​の​ひと​を​あがなわれる。」おう​は​これら​の​こと​を​い​える​と、むね​が​いっぱい​に​なり、よろこび​の​あまり​ふたたび​たおれて​しまった。すると、おう​も​たま​に​つよく​かんじて​たおれた。

14 ​アンモン​は、ざいあく​と​つたえ​の​ため​に​これまで​ニーファイじん​の​なか​に、すなわち​かみ​の​すべて​の​たみ​の​なか​に​ひどい​なげき​を​もたらして​きた​同胞はらから​の​レーマンじん​に、ぶん​の​いのり​に​おうじて​しゅ​の​たま​が​そそがれた​の​を​て、ひざまずいた。そして、その​こころ​を​そそぎ​して​いのり、かみ​が​ぶん​の​同胞はらから​の​ため​に​おこなって​くださった​こと​に​ついて​かみ​に​感謝かんしゃ​した。それから、かれ​も​また​よろこび​の​あまり​ちから​を​うしなって​しまった。この​よう​に、かれら​は​三にん​とも​​に​たおれた​の​で​あった。

15 ​さて、おう​の​しもべ​たち​は​かれら​が​たおれた​の​を​る​と、しゅ​へ​の​おそれ​が​しょうじて​いた​ので、かれら​も​また​かみ​に​さけび​もとめた。ぜん​に​おう​の​まえ​に​って、アンモン​の​おおきな​ちから​に​ついて​おう​に​証言しょうげん​した​の​は、​この​しもべ​たち​で​あった。

16 ​そして​かれら​は、ちから​の​かぎり​しゅ​の​​を​び、ついに​ひと​の​レーマンじん​の​おんな​を​のぞいて、ぜんいん​が​​に​たおれて​しまった。この​おんな​は​​を​エービシ​と​いい、ちち​の​おどろく​べき​げん​の​ため​に、何年なんねん​も​まえ​から​すでに​しゅ​に​​して​いた。

17 ​この​よう​に​して、エービシ​は​しゅ​に​​して​いた​ので、ほか​の​もの​たち​に​は​その​こと​を​られて​は​いなかった​もの​の、ラモーナイ​の​しもべ​たち​が​みな​に​たおれ、また​ぶん​の​あるじ​で​ある​おう​も​おう​も、また​アンモン​まで​が​​に​たおれて​よこたわって​いる​の​を​る​と、それ​が​かみ​の​ちから​で​ある​こと​を​った。そして、この​かい​に​かれら​の​なか​に​こった​こと​を​らせて​この​ありさま​を​せれば、人々ひとびと​は​かみ​の​ちから​を​しんじる​よう​に​なる​で​あろう​と​おもった​ので、エービシ​は​いえ​から​いえ​へ​と​はしまわって、人々ひとびと​に​その​こと​を​らせた。

18 ​そこで​人々ひとびと​は、おう​の​きゅう殿でん​に​あつまり​はじめた。そして、おおぜい​の​ひと​が​そこ​に​やって​る​と、おどろいた​こと​に、おう​と​おう​と​かれら​の​しもべ​たち​が​​に​たおれて​いた。かれら​は​みなんだ​よう​に​そこ​に​よこたわって​いた。また、人々ひとびと​は​アンモン​も​た​が、よ、その​ひと​は​ニーファイじん​で​あった。

19 ​そこで​人々ひとびと​は、たがいに​つぶやき​はじめた。そして、ある​もの​たち​は、おう​が​この​ニーファイじん​に​この​​に​む​こと​を​ゆるした​ので、かれら、すなわち​おう​と​おう​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​に​おおきな​わざわい​が​およんだ​の​だ​と​った。

20 ​しかし、べつ​の​もの​たち​は​かれら​を​たしなめて、「おう​は​​セブス​の​いずみ​で​ちく​の​れ​を​い​らされた​しもべ​たち​を​ころした​ため​に、この​わざわい​を​おう​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​に​まねいて​しまった​の​だ」と​った。

21 ​しかし、こう​った​もの​たち​も、セブス​の​いずみ​の​そば​に​って​いて​おう​の​ちく​の​れ​を​い​らした​もの​たち​から​とがめられた。これら​の​もの​たち​は、アンモン​が​セブス​の​いずみ​で​おう​の​ちく​の​れ​を​まもった​とき​に​なか​を​何人なんにん​も​ころした​こと​で、アンモン​に​いかり​を​いだいて​いた​から​で​ある。

22 ​そして、その​なか​に、アンモン​の​つるぎ​に​よって​きょうだい​を​ころされた​もの​が​いた。その​おとこ​は​アンモン​の​こと​を​じょう​に​いかって​いた​ので、つるぎ​を​く​と​まえ​に​すすみ​て、その​つるぎ​で​アンモン​を​ころそう​と​した。そして、アンモン​を​ころそう​と​して​つるぎ​を​げた​ところ、よ、その​おとこ​は​たおれて​んで​しまった。

23 ​これ​で​わたしたち​は、だれ​も​アンモン​を​ころせない​こと​が​かる。しゅ​が​かれ​の​ちち​モーサヤ​に、「わたし​は​かれ​の​いのち​を​すくおう。あなた​の​しんこう​に​おうじて​それ​は​かれ​に​こる」と​われ、モーサヤ​が​しゅ​に​アンモン​の​こと​を​​お​まかせ​した​から​で​ある。

24 ​さて、おおぜい​の​ひと​は、アンモン​を​ころそう​と​して​つるぎ​を​げた​おとこ​が​たおれて​んだ​の​を​て、みなおそれ​を​いだき、アンモン​に​も、たおれて​いる​ほか​の​もの​に​も、あえて​​を​ばして​れよう​と​は​しなかった。そして​かれら​は、この​おおきな​ちから​の​もと​は​なん​で​あろう​か、これら​の​こと​は​みな​どの​よう​な​​が​ある​の​か、と​おもい​はじめた。

25 ​さて、かれら​の​なか​に​は、アンモン​が​大霊たいれい​で​ある​と​う​もの​が​おおかった​が、大霊たいれい​から​つかわされた​の​だ​と​う​もの​も​いた。

26 ​しかし、その​両者りょうしゃ​を​たしなめて、アンモン​は​ぶん​たち​を​くるしめる​ため​に​ニーファイじん​から​つかわされた​怪物かいぶつ​で​ある​と​う​べつ​の​もの​たち​も​いた。

27 ​また​ある​もの​たち​は、アンモン​は​ぶん​たち​が​ざいあく​を​おかした​ので、ぶん​たち​を​くるしめる​ため​に​大霊たいれい​から​つかわされた​もの​で​あり、大霊たいれい​は​いつも​ニーファイじん​に​ついて​いて、ぶん​たち​の​​から​かれら​を​すくい​して​きた​と​も​った。これら​の​もの​たち​は、ぶん​たち​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​を​おおぜいほろぼして​きた​の​は​この​大霊たいれい​で​ある​と​った。

28 ​この​よう​に​して、かれら​の​なか​で​じょう​に​はげしい​あらそい​が​こった。そして、かれら​が​その​よう​に​あらそって​いた​とき​に、その​おおぜい​の​ひと​を​あつめた​​はしため​が​やって​た。その​おんな​は​おおぜい​の​ひと​が​あらそって​いる​の​を​る​と、ひどく​なげいて​なみだ​を​ながした。

29 ​そして​その​おんな​は、おう​の​そば​に​く​と、おう​を​​から​がらせよう​と​で​も​する​か​の​よう​に、その​​を​った。すると、その​おんな​が​おう​の​​に​れた​たんおう​は​きて​がり、大声おおごえ​で​さけんだ。「おお、おそろしい​ごく​から​わたし​を​すくわれた、しゅくふく​に​ちた​イエス​さま。おお、しゅくふく​に​ちた​神様かみさま。この​たみ​に​あわれみ​を​お​かけ​ください。」

30 ​そして、おう​は​この​よう​に​う​と、よろこび​に​たされて​りょう​を​み、人々ひとびと​の​かい​できない​おおく​の​こと​を​かたった。そして、かたり​えて、ラモーナイ​おう​の​​を​る​と、おう​も​きて​がった。

31 ​そして、おう​は​たみ​の​あいだ​に​あらそい​が​ある​の​を​る​と、すぐに​て​って​かれら​を​たしなめ、アンモン​から​いた​こと​を​かれら​に​おしえ​はじめた。すると、おう​の​こと​を​いた​人々ひとびと​は​みなしんじて、しゅ​に​​した。

32 ​しかし、おう​の​こと​を​こう​と​しない​もの​たち​も​たくさん​いて、かれら​は​った。

33 ​そして、アンモン​も​がる​と、かれら​に​おしえ​を​さずけ、ラモーナイ​の​しもべ​たち​も​みなおなじ​よう​に​した。かれら​は​みな​すでに​その​こころ​が​あらたまって​おり、もう​​と​あく​を​おこないたい​と​は​おもわなかった​ので、その​こと​を​くち​を​そろえて​人々ひとびと​に​げた。

34 ​そして​よ、おおく​の​しもべ​たち​が​てん使​を​、また​てん使​と​はなし​を​した​と​げた。この​よう​に、かれら​は​かみ​と​かみ​の​​に​かかわる​こと​を​人々ひとびと​に​べた​の​で​ある。

35 ​そして、かれら​の​こと​を​しんじた​人々ひとびと​は​おおぜい​いて、しんじた​人々ひとびと​は​みな​バプテスマ​を​け、​に​かなった​たみ​と​なり、ぶん​たち​の​なか​に​きょうかい​を​もうけた。

36 ​この​よう​に​して、しゅ​の​わざ​が​レーマンじん​の​なか​に​はじまり、しゅ​は​かれら​に​しゅ​の​たま​を​そそがれた。この​こと​から、しゅ​の​うで​が、あらためて​しゅ​の​​を​しんじる​​すべて​の​ひと​に​べられる​こと​が​かる​の​で​ある。