聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

第​22​章

アロン、そうぞう​と、アダム​の​らく​と、キリスト​に​よる​あがない​の​けいかく​に​ついて​ラモーナイ​の​ちち​に​おしえる。おう​と​おう​の​いえ​の​すべて​の​もの​が​改宗かいしゅう​する。ニーファイじん​と​レーマンじん​の​りょう​の​ぶん​に​ついて​の​説明せつめいげんぜんやく​九十​ねん​から​七十七​ねん​に​いたる。

1 ​さて、アンモン​は​この​よう​に​して​つづき​ラモーナイ​の​たみ​を​おしえて​いた​ので、はなし​を​アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​の​こと​に​もどそう。アロン​は​ミドーナイ​の​​を​った​のちたま​に​よって​ニーファイ​の​​へ​みちびかれ、おう​の​きゅう殿でん​に​った。この​おう​は、イシマエル​の​​を​のぞく​ぜん​を​おさめて​いる​おう​で​あり、ラモーナイ​の​ちち​で​あった。

2 ​そこで​アロン​は、かれ​の​どうりょう​たち​と​ともに​おう​の​きゅう殿でん​に​はいり、おう​の​もと​に​すすみ​て、おう​の​まえ​に​ひれして​った。「まことに、おうさま、わたしたち​は​アンモン​の​なか​で​あり、あなた​に​ろう​から​すくい​して​いただいた​もの​で​あり​ます。

3 おうさま、わたしたち​の​いのち​を​たすけて​くださる​なら​ば、わたしたち​は​おうさま​の​しもべ​に​なり​ます。」すると​おう​は​かれら​に​った。「ち​なさい。わたし​は​あなたがた​の​いのち​を​ゆるそう。しかし、わたし​の​しもべ​に​なる​こと​は​みとめない。その​わり​に、わたし​に​ぜひ​と​も​おしえて​もらいたい。あなた​の​きょうだい​アンモン​の​こと​が​寛大かんだい​で​あり、だい​で​あった​ので、わたし​は​少々しょうしょうこころ​に​おもい​なやんで​いる​こと​が​ある。また、アンモン​が​あなた​と​ともに​ミドーナイ​から​のぼって​なかった​ゆう​も​りたい。」

4 ​そこで​アロン​は​おう​に、「まことに、しゅ​の​たま​が​かれ​を​ほか​の​しょ​へ​ばれた​の​です。かれ​は​ラモーナイ​の​たみ​を​おしえる​ため​に、イシマエル​の​​へ​き​ました」と​った。

5 ​すると、おう​は​かれ​に​った。「あなた​は​しゅ​の​たま​に​ついて​かたって​いる​が、それ​は​どう​いう​こと​な​の​か。よ、わたし​が​おもい​なやんで​いる​の​は​その​こと​で​ある。

6 ​アンモン​は、『あらためる​なら​ば​すくわれる​が、あらため​なければ​わり​の​​に​てられる』​と​った​が、それ​は​どう​いう​こと​な​の​か。」

7 ​そこで​アロン​は​おう​に​こたえて、「おうさま​は​かみ​が​まします​こと​を​しんじて​おられ​ます​か」と​った。すると、おう​は、「アマレカイ​じん​が​かみ​が​いる​と​って​いる​の​は​って​いる。わたし​は​かれら​が​あつまって​かみ​を​れいはい​する​こと​が​できる​よう​に、いくつ​か​の​聖堂せいどう​を​てる​こと​を​かれら​に​ゆるして​きた。だから、いま​あなた​が​かみ​は​まします​と​う​なら​ば、よ、わたし​は​しんじよう」と​こたえた。

8 ​さて、アロン​は​これ​を​いて​こころ​に​よろこび​を​おぼえ、「おうさま、まことに、あなた​が​いまきて​おられる​よう​に​たしか​に、かみ​は​きて​おられ​ます」と​った。

9 ​すると​おう​は、「かみ​と​は、われら​の​せん​を​エルサレム​の​​から​みちびき​した​あの​大霊たいれい​の​こと​か」と​たずねた。

10 ​そこで​アロン​は​おう​に、「その​とおり​です。かみ​と​は​あの​大霊たいれい​の​こと​です。かみ​は​てん​と​​の​両方りょうほう​で​万物ばんぶつ​を​そうぞう​され​ました。おうさま​は​この​こと​を​お​しんじ​に​なり​ます​か」と​った。

11 ​すると、おう​は​こたえた。「まことに、わたし​は​しんじる。わたし​は​大霊たいれい​が​万物ばんぶつ​を​そうぞう​された​こと​を​しんじる。だから、これら​すべて​の​こと​に​ついて​わたし​に​はなして​ほしい。わたし​は​あなた​の​こと​を​しんじよう。」

12 ​そこで​アロン​は、おう​が​ぶん​の​こと​を​しんじよう​と​する​の​を​て、聖文せいぶん​を​おう​に​んで​かせ​ながら、アダム​の​つくられた​こと、すなわち​かみ​が​ぶん​の​かたち​に​ひと​を​そうぞう​された​こと​から​はじめて、かみ​が​アダム​に​いましめ​を​あたえられた​こと​や、ひと​が​そむき​の​ため​に​らく​した​こと​を​はなして​かせた。

13 ​そして​アロン​は、アダム​が​つくられた​こと​から​はじめて​おう​に​聖文せいぶん​を​かし、ひと​が​らく​した​こと​と、じんるい​の​この​の​じょうたい​と、あがない​の​けいかく​に​ついて​はなした。この​あがない​の​けいかく​は、キリスト​の​​を​しんじよう​と​する​すべて​の​ひと​の​ため​に、キリスト​に​よって​​の​はじめ​から​そなえられた​もの​で​ある。

14 ​また​じんるい​は​らく​した​ので、ぶんしん​で​なにも​い​むくい​を​る​こと​は​できなかった。しかし、しんこう​と​あらため​など​に​よって、キリスト​の​くるしみ​と​​が​かれら​の​つみ​を​あがなう​の​で​ある。そして、キリスト​は​​の​なわ​を​ち、はか​は​しょう​を​ず、​の​とげ​は​えいこう​の​のぞみ​の​なか​に​のみ​まれて​しまう。アロン​は​これら​の​こと​を​すべて​おう​に​かした。

15 ​さて、アロン​が​これら​の​こと​を​おう​に​かした​のちおう​は​った。「あなた​の​かたった​この​永遠えいえん​の​いのち​を​る​に​は、わたし​は​なに​を​すれ​ば​よい​の​か。まことに、わたし​は​なに​を​すれ​ば、この​わるい​れい​を​わたし​の​むね​から​ことごとく​のぞいて、かみ​から​まれ、かみ​の​たま​を​けて、よろこび​に​たされ、わり​の​​に​てられなくて​む​の​か。よ、この​おおきな​よろこび​を​る​ため​に、わたし​は​もの​を​​すべて​てよう。まことに、おう​も​ゆずろう。」

16 ​しかし、アロン​は​おう​に​った。「あなた​が​この​こと​を​ねがい、かみ​の​まえ​に​ひれす​なら​ば、まことに、あなた​の​つみ​を​すべて​あらため、かみ​の​まえ​に​ひれして、あたえられる​と​しんじて​しんこう​を​もって​かみ​の​​を​ぶ​なら​ば、その​とき​あなた​は、いまねがって​いる​もの​を​る​でしょう。」

17 ​そして、アロン​が​これら​の​こと​を​かたる​と、おう​は​ひざまずいて​しゅ​の​まえ​に​​ひれした。まことに、おう​は​​に​平伏へいふく​し、熱烈ねつれつ​に​さけび​もとめた。

18 「おお、かみ​よ、アロン​は、あなた​が​まします​こと​を​わたし​に​げ​ました。もしも​かみ​が​きて​まします​なら​ば、そして​あなた​が​その​かみ​で​あられる​なら​ば、あなた​しん​の​こと​を​わたし​に​お​らせ​ください。わたし​は​あなた​を​り、しゃ​の​なか​から​よみがえり、わり​の​​に​すくわれる​よう​に、ぶん​の​つみ​を​すべて​て​ます。」おう​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、たおれて​んだ​よう​に​なった。

19 ​さて、おう​の​しもべ​たち​が​はしって​って、おう​の​​に​こった​こと​を​すべて​おう​に​らせた​ので、おう​は​おう​の​もと​に​た。そして、んだ​よう​に​よこたわって​いる​おう​と、張本人ちょうほんにん​で​ある​か​の​よう​に​って​いる​アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​を​て、おう​は​かれら​に​いかり​を​はっし、ぶん​の​しもべ​たち、いや​おう​の​しもべ​たち​に、かれら​を​らえて​ころす​よう​に​めいじた。

20 ​ところが​しもべ​たち​は、おう​が​たおれた​わけ​を​って​いた​ので、アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​に​あえて​​を​かけよう​と​せず、おう​に​懇願こんがん​して​った。「どうして​この​人々ひとびと​を​ころす​よう​に​お​めいじ​に​なる​の​です​か。この​人々ひとびと​の​ひと​は、わたしたち​ぜんいん​より​も​つよい​の​です。わたしたち​は​この​人々ひとびと​の​まえ​で​たおれて​しまう​でしょう。」

21 ​すると​おう​は、しもべ​たち​が​おそれて​いる​の​を​て、ぶん​に​なにか​わざわい​が​およぶ​かも​しれない​と​おもい、じょう​に​おそれ​はじめた。そして、ぶん​の​しもべ​たち​に、って​人々ひとびと​を​び​あつめ、アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​を​ころ​させる​よう​に​めいじた。

22 ​さて、アロン​は​おう​の​けつ​を​る​と、人々ひとびと​の​こころ​が​かたくな​で​ある​の​も​って​いた​ので、おおぜい​の​ひと​が​あつまって、かれら​の​なか​に​ひどい​あらそい​と​そうどう​が​こる​の​で​は​ない​か​と​心配しんぱい​した。そこで​かれ​は、​を​し​べて​おう​を​​から​こし、「ち​なさい」と​った。すると、おう​は​ちから​を​て​がった。

23 ​さて、この​こと​は​おう​と​おおく​の​しもべ​たち​の​まえ​で​おこなわれた。そこで​かれら​は、それ​を​る​と​じょう​に​おどろき、おそれた。すると、おう​は​まえ​に​すすみ​て、かれら​を​おしえ​はじめた。そして、おう​が​かれら​を​おしえた​ので、おう​の​いえ​の​すべて​の​もの​が​しゅ​に​​した。

24 ​ところが、すでに​おう​が​命令めいれい​を​して​いた​ので、おおぜい​の​ひと​が​あつまって​た。そして​かれら​は、アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​の​こと​で​ひどく​つぶやき​はじめた。

25 ​しかし、おう​が​て​って​かれら​の​なか​に​ち、かれら​を​おしえた​ので、かれら​は​アロン​と、また​かれ​と​いっしょ​に​いた​人々ひとびと​に​たいして​こころ​を​やわらげた。

26 ​そして​おう​は、人々ひとびと​が​こころ​を​やわらげた​の​を​る​と、アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​を​群衆ぐんしゅう​の​なか​に​かせて​たせ、かれら​に​こと​を​べ​つたえ​させた。

27 ​そして​おう​は​ぜん​に、すなわち​ぶん​の​こくない​に​いる​すべて​の​たみ​と、その​周辺しゅうへん​の​ぜんほう​に​いる​すべて​の​たみ​に​こく​を​した。この​くに​は​ひがし​と​西にし​で​う み​に​せっして​おり、また​​ゼラヘムラ​の​​と​は、ひがし​の​う み​から​西にし​の​う み​まで​つづいて​いる​細長ほそながい​​で​へだてられて​いた。また、この​​は​海岸線かいがんせん​で​湾曲わんきょく​して​おり、その​北方ほっぽう​の​さかい​は​ゼラヘムラ​の​​から​マンタイ​の​さかい​を​とおり、また​ひがし​から​西にし​に​ながれる​シドン​がわ​の​みなもと​まで​たっして​いた。レーマンじん​と​ニーファイじん​は​この​よう​に​して​かれて​いた。

28 ​さて、レーマンじん​の​なか​で​さらに​たい​な​もの​たち​は​​に​いて、てんまく​に​んで​いた。かれら​は​ニーファイ​の​​に​ふくまれる​西方せいほう​の​全体ぜんたい​に​ひろく​んで​おり、また、ゼラヘムラ​の​​の​西方せいほう​の​海岸かいがん​に​ちかい​さかい​の​きん​に​も、さらに​は、ニーファイ​の​​の​西方せいほう​の、かれら​の​せん​が​さいしょぎ​の​​と​した​ところ​に​も​んで​いた。この​よう​に、かれら​は​うみ沿い​の​さかい​の​​に​んで​いた。

29 ​また、とうほう​の​海岸かいがんちかく​に​も​おおく​の​レーマンじん​が​いた。かれら​は​ニーファイじん​に​よって​そこ​に​まれた​の​で​ある。この​よう​に、ニーファイじん​は​ほとんど​レーマンじん​に​かこまれて​いた。それでも、ニーファイじん​は​シドン​がわ​の​みなもと​で​​に​せっする​​の​ほく全体ぜんたい​を​しょゆう​して​きた。その​​は​ひがし​から​西にし​まで​​に​沿って​おり、北方ほっぽう​は​かれら​が​​バウンティフル​と​けた​​まで​たっして​いた。

30 ​バウンティフル​の​​は、ニーファイじん​が​​デソレション​と​けた​​に​せっして​いた。その​デソレション​の​​は​はるか​北方ほっぽう​に​あって、かつて​人々ひとびと​が​んで​いた​が​いま​は​もう​ほろびて​しまい、まえ​に​べた​よう​に​ゼラヘムラ​の​たみ​が​その​人々ひとびと​の​ほね​を​はっけん​した​​で​ある。また​そこ​は、ゼラヘムラ​の​たみ​が​さいしょ​に​じょうりく​した​ところ​で​も​ある。

31 かれら​は​そこ​から​みなみ​の​​へ​のぼって​た。この​よう​に​して、北方ほっぽう​の​​は​​デソレション​と​ばれ、南方なんぽう​の​​は、あらゆる​せい動物どうぶつ​で​ちて​いる​​が​あった​ので、バウンティフル​と​ばれた。その​せい動物どうぶつ​の​いち​は、もの​を​もとめて​北方ほっぽう​の​​から​た​もの​で​あった。

32 ​さて、ひがし​の​う み​から​西にし​の​う み​まで​は、バウンティフル​と​デソレション​の​​の​きょうかいせんじょう​を​ニーファイじん​が​一にちはんたび​を​すれ​ば​ける​​わずか​な​きょ​で​あった。この​よう​に、ニーファイ​の​​と​ゼラヘムラ​の​​は​ほとんど​う み​に​かこまれて​おり、北方ほっぽう​の​​と​南方なんぽう​の​​の​あいだ​に​は​ちいさい​きょう​が​あった。

33 ​そして​ニーファイじん​は、ひがし​の​う み​から​西にし​の​う み​に​いたる​まで​バウンティフル​の​​に​んで​いた。この​よう​に、ニーファイじん​は​賢明けんめい​に​かれら​の​り​の​へい​と​ぐんたい​を​もって​レーマンじん​を​南方なんぽう​に​ざし、レーマンじん​が​北方ほっぽう​に​りょう​を​って​北方ほっぽう​の​​で​え​ひろがる​こと​の​ない​よう​に​した。

34 ​その​ため​に​レーマンじん​は、ニーファイ​の​​と​周辺しゅうへん​の​​の​なか​に​しか​りょう​を​てなかった。これ​は​ニーファイじん​の​​で​あった。レーマンじん​は​かれら​の​てき​で​あった​ので、かれら​は​あらゆる​方面ほうめん​で​なん​を​ける​こと​の​ない​よう​に​し、また​どこ​へ​で​も​おもう​まま​に​げて​く​さき​を​かく​できる​よう​に​した​の​で​ある。

35 ​さて、この​こと​は​これ​で​わり​と​し、ふたたび​アンモン​と​アロン、オムナー​と​ヒムナイ、および​かれら​の​どうりょう​たち​の​はなし​に​もどる​こと​に​する。