聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

第​33​章

ゼノス、ひと​は​どんな​しょ​で​も​いのり、れいはい​す​べき​で​ある​こと​と、おん​の​ゆえ​に​さばき​が​とおざけられる​こと​を​おしえる。ゼノク、おん​の​ゆえ​に​あわれみ​が​かけられる​こと​を​おしえる。モーセ​が​​で​かみ​の​おん​の​けい​を​かかげた​こと。げんぜんやく​七十四​ねん

1 ​アルマ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、かれら​は​アルマ​の​もと​に​ひと​を​やって、かれ​が​べた​その​​を​る​ため​に​は、唯一ゆいいつ​の​かみ​を​しんじ​なければ​ならない​の​か​どう​か、その​たね、すなわち​こころ​の​なか​に​え​なければ​ならない​と​アルマ​が​べた​その​こと​を​どの​よう​に​して​えれ​ば​よい​の​か、すなわち、どの​よう​な​ほうほう​で​しんこう​を​はたらかせ​はじめれ​ば​よい​の​か​を​りたい​と​つたえ​させた。

2 ​そこで、アルマ​は​かれら​に​った。「よ、あなたがた​は、ぶん​たち​の​会堂かいどう​から​されて​いる​ので、かみ​を​れいはい​できない​と​って​いる。しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。もし​かみ​を​れいはい​できない​と​おもって​いる​の​で​あれ​ば、あなたがた​は​ひどく​かい​して​いる。聖文せいぶん​を​調しらべて​みる​べき​で​あろう。もし​あなたがた​が​聖文せいぶん​から​その​こと​を​おそわった​と​おもって​いる​の​で​あれ​ば、あなたがた​は​聖文せいぶん​を​かい​して​いない。

3 ​あなたがた​は、むかし​の​げんしゃ​ゼノス​が​いのり​に​ついて、すなわち​れいはい​に​ついて​べた​もの​を​ぜん​に​んだ​の​を​おぼえて​いる​だろう​か。

4 ​ゼノス​は​こう​べて​いる。『おお、かみ​よ、あなた​は​あわれみ​ぶかい​かた​です。わたし​が​​に​いた​とき​で​さえ、わたし​の​いのり​を​とどけて​ください​ました。また​わたし​が​てき​に​ついて​いのった​とき​も、あわれみ​ぶかく​あって、かれら​が​わたし​に​こころ​を​ける​よう​に​して​ください​ました。

5 ​まことに、おお、かみ​よ、わたし​が​はたけ​で​さけび​もとめた​とき、わたし​を​あわれんで​ください​ました。あなた​に​さけび​もとめた​とき、わたし​の​いのり​を​とどけて​ください​ました。

6 ​さらに​また、おお、かみ​よ、わたし​が​いえ​に​かった​とき​も、わたし​の​いのり​を​とどけて​ください​ました。

7 ​また、おお、しゅ​よ、わたし​が​ぶん​の​​に​もどって​あなた​に​いのった​とき、わたし​の​いのり​を​とどけて​ください​ました。

8 ​まことに、あなた​の​ども​たち​が​人々ひとびと​に​で​は​なく​あなた​に​いて​いただく​ため​に​さけび​もとめる​とき、あなた​は​かれら​を​あわれんで、かれら​の​いのり​を​とどけて​ください​ます。

9 ​まことに、おお、かみ​よ、あなた​は​わたし​を​あわれんで、会衆かいしゅう​の​なか​で​わたし​の​嘆願たんがん​を​お​き​ください​ました。

10 ​また、あなた​は​わたし​が​てき​から​され、さげすまれた​とき​に​も、わたし​の​いのり​を​お​き​ください​ました。まことに、わたし​の​嘆願たんがん​を​とどけ、わたし​の​てき​に​いかり​を​しめされ​ました。そして、いかって​かれら​を​すみやか​に​ほろぼされ​ました。

11 ​わたし​が​なん​に​い​ながら​も​誠実せいじつ​で​あった​ので、あなた​は​わたし​の​いのり​を​お​き​ください​ました。あなた​が​この​よう​に​わたし​を​あわれんで​くださった​の​は、おん​の​おかげ​です。ですから​わたし​は、これから​も​あらゆる​なん​の​さなか​で、あなた​に​さけび​もとめ​ます。あなた​の​うち​に​わたし​の​よろこび​が​ある​から​です。あなた​は​おん​の​ゆえ​に、わたし​から​あなた​の​さばき​を​とおざけて​くださった​から​です。』」

12 ​また、アルマ​は​かれら​に​った。「あなたがた​は​むかし​の​人々ひとびと​が​いた​聖文せいぶん​を​しんじて​いる​か。

13 よ、もし​しんじて​いる​なら​ば、​ゼノス​が​べた​こと​も​しんじて​いる​に​ちがいない。よ、ゼノス​は、『あなた​は​おん​の​ゆえ​に、あなた​の​さばき​を​とおざけて​ください​ました』​と​べた。

14 ​さて​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​は​聖文せいぶん​を​んだ​こと​が​ある​か​どう​か、わたし​は​たずねたい。もし​んだ​こと​が​ある​なら​ば、どうして​かみ​の​おん​を​しんじないで​いられよう​か。

15 ​ゼノス​だけ​が​これら​の​こと​を​べた​と​は​しるされて​いない。​ゼノク​も​これら​の​こと​に​ついて​べた。

16 よ、ゼノク​は​こう​べて​いる。『おお、しゅ​よ、あなた​が​おん​の​ゆえ​に​この​たみ​に​かけて​こられた​あわれみ​を、この​たみ​が​かい​しよう​と​しない​ので、あなた​は​この​たみ​の​こと​を​いかって​おられ​ます。』

17 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、この​こと​から​かる​よう​に、むかし​の​げんしゃ​が​もう​ひとかみ​の​おん​に​ついて​あかし​を​べて​いる。ところが​たみ​は、この​げんしゃ​の​こと​を​かい​しよう​と​しないで、かれ​を​いし​で​ころして​しまった。

18 ​しかし​よ、これだけ​で​は​ない。かみ​の​おん​に​ついて​べた​の​は、これら​の​人々ひとびと​だけ​で​は​ない。

19 よ、​モーセ​も​かみ​の​おん​に​ついて​べた。​で​一つ​の​けい​が​かかげられ、それ​を​あおぎ​よう​と​した​もの​は​だれでも、びられる​よう​に​された。そして、おおく​の​ひと​が​それ​を​て​びた。

20 ​しかし、その​こと​の​​を​かい​した​ひと​は​わずか​で​あった。かれら​の​こころ​が​かたくな​で​あった​から​で​ある。そして、けい​を​よう​と​も​しない​ほど​かたくな​な​ひと​が​おおぜい​おり、かれら​は​んで​しまった。かれら​が​よう​と​しなかった​の​は、それ​で​ぶん​が​いやされる​と​は​しんじなかった​から​で​ある。

21 ​おお、わたし​の​同胞はらから​よ、もし​あなたがた​が​いやし​を​る​ため​に、​を​ける​だけ​で​よい​と​したら、あなたがた​は​すぐに​も​よう​と​しない​だろう​か。それとも、しんこう​の​まま​で​こころ​を​かたくな​に​し、なまけて​​を​けよう​と​しないで​ぬ​こと​を​のぞむ​だろう​か。

22 ​もし​そう​で​あれ​ば、わざわい​が​あなたがた​に​りかかる​で​あろう。しかし、それ​を​のぞま​なければ、あなたがた​の​​を​けて、かみ​の​おん​を​しんじる​よう​に​しなさい。かみ​の​おん​が​将来しょうらいぶん​の​たみ​を​あがなう​ため​に​こうりん​される​こと、おん​が​その​たみ​の​つみ​を​あがなう​ため​に​くるしみ​を​け、なれる​こと、おん​が​しゃ​の​なか​から​​よみがえり、ふっかつ​を​もたらされる​こと、わり​の​さばき​の​​に、すべて​の​ひと​が​各々おのおの​の​おこない​に​おうじて​さばき​を​ける​ため​に​かみ​の​おん​の​まえ​に​つ​こと、これら​の​こと​を​しんじて​ほしい。

23 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​が​この​こと​を​こころ​の​なか​に​えて、それ​が​ふくらみ​はじめたら、あなたがた​の​しんこう​に​よって​それ​を​やしない​そだてて​ほしい。そう​すれ​ば​よ、それ​は​あなたがた​の​こころ​の​なか​で​せいちょう​して、永遠えいえん​の​いのち​を​もたらす​​に​なる​で​あろう。その​とき​に、かみ​が​あなたがた​の​ため​に、かみ​の​おん​の​よろこび​に​よって​おも​を​かるく​して​くださる​よう​に。これまで​べて​きた​こと​は、もし​あなたがた​に​これ​を​おこなう​​さえ​あれ​ば、すべて​おこなえる​こと​で​ある。アーメン。」