聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

第​37​章

真鍮しんちゅう​の​はん​と​その​ほか​の​聖文せいぶん​が、人々ひとびと​を​すくい​に​みちびく​ため​に​ぞん​される。ヤレドじん​が​かれら​の​あく​の​ため​に​ほろぼされた​こと。ヤレドじん​の​みつ​の​ちかい​の​こと​と​誓約せいやく​は​たみ​に​かくして​おか​なければ​ならない。ぶん​の​すべて​の​おこない​に​ついて​しゅ​と​そうだん​する​こと。リアホナ​が​ニーファイじん​を​みちびいた​よう​に、キリスト​の​こと​は​人々ひとびと​を​永遠えいえん​の​いのち​に​みちびく。げんぜんやく​七十四​ねん

1 「さて、わが​​ヒラマン​よ、わたし​は​あなた​に、これまで​わたし​に​たくされて​きた​ろく​を​る​よう​に​げる。

2 ​また、わたし​が​おこなって​きた​よう​に、この​たみ​の​ろく​を​ニーファイ​の​はん​に​き​つづけ、また​わたし​が​おこなって​きた​よう​に、これまで​わたし​が​ぞん​して​きた​これら​の​もの​を​すべて​神聖しんせい​に​たもつ​よう​あなた​に​げる。これら​の​もの​は、ある​賢明けんめい​な​もくてき​の​ため​に​ぞん​されて​いる​から​で​ある。

3 ​また、この​真鍮しんちゅう​の​はん​も​ぞん​しなさい。この​真鍮しんちゅう​の​はん​に​は​様々さまざま​な​ろく​が​きざまれて​おり、聖文せいぶん​も​しるされて​いて、まことに​​の​はじめ​から​の​わたしたち​の​せん​の​けい​も​って​いる。

4 よ、わたしたち​の​せん​が​げん​した​よう​に、この​はん​は​あらゆる​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​あきらか​に​しめされて、かれら​が​これ​に​しるされて​いる​おく​を​る​よう​に​なる​とき​まで、これ​は​ぞん​され、つたえられ、また​しゅ​の​​に​よって​ぞん​され、のこされる​こと​に​なって​いる。

5 ​さて​よ、この​はん​は、ぞん​される​なら​ば​その​かがやき​を​たもつ​に​ちがいない。たしか​に、この​はん​は​その​かがやき​を​たもつ​で​あろう。また、聖文せいぶん​の​って​いる​はん​は​すべて​そう​で​ある。

6 ろく​を​ぞん​する​の​は​わたし​が​おろか​だから​で​ある​と、あなた​は​おもう​かも​しれない。しかし​よ、わたし​は​あなた​に​う。ちいさな、簡単かんたん​な​こと​に​よって​おおいなる​こと​が​げられる​の​で​ある。そして、ちいさな​しゅだん​が​度々たびたびしゃ​を​はずかしめる。

7 しゅ​なる​かみ​は​だい​な​永遠えいえん​の​もくてき​を​たっする​ため​に、様々さまざま​な​しゅだん​に​よって​こと​を​おこなわれる。また、ごく​ちいさな​しゅだん​に​よって、しゅ​は​しゃ​を​はずかしめ、また​おおく​の​ひと​を​すくわれる。

8 ​これまで​これら​の​ろく​が​のこされて​きた​の​は、かみ​の​​に​よる​もの​で​あった。よ、これら​の​ろく​は​この​たみ​に​おおく​の​こと​を​おも​させ、また​おおく​の​ひと​に​かれら​の​おこない​が​あやまって​いる​こと​を​なっとく​させ、かみ​に​ついて​らせて​かれら​が​すくわれる​よう​に​して​きた​から​で​ある。

9 ​まことに、わたし​は​あなた​に​う。もし​これら​の​ろく​に​って​いる、すなわち​これら​の​はん​に​って​いる​​これら​の​もの​が​なければ、アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は​なんぜんにん​も​の​レーマンじん​に、かれら​の​せん​の​つたえ​が​ただしくない​こと​を​なっとく​させる​こと​は​できなかった​で​あろう。これら​の​ろく​と​かれら​の​こと​は、レーマンじん​を​あらため​に​みちびいた。すなわち、これら​の​ろく​と​かれら​の​こと​は、レーマンじん​に​しゅ​なる​かみ​に​ついて​らせ、かれら​の​あがなぬし​イエス・​キリスト​の​こと​を​よろこぶ​よう​に​かれら​を​みちびいた。

10 ​また、だれ​も​これら​の​ろく​が、将来しょうらいなんぜんにん​も​の​レーマンじん​と、また​いまつみ​と​あく​の​なか​で​こころ​を​かたくな​に​して​いる、わたしたち​の​ごうじょう​な​同胞はらから​で​ある​なんぜんにん​も​の​ニーファイじん​に、かれら​の​あがなぬし​に​ついて​らせる​しゅだん​に​ならない​と​は​れない。

11 ​これら​の​おく​は、まだ​ぜん​は​わたし​に​らされて​いない​ので、わたし​は​それ​を​かたる​こと​を​ひかえ​なければ​ならない。

12 ​ただ​これら​の​ろく​は、かみ​が​ぞんじ​の、ある​賢明けんめい​な​もくてき​の​ため​に​のこされる​と​だけ​え​ば、それ​で​十分じゅうぶん​で​あろう。かみ​は​ぶん​が​つくられた​すべて​の​もの​に​​を​もって​じょげん​を​あたえられる。そして、しゅ​の​みち​は​まっすぐ​で、その​みち​は​​一つ​の​永遠えいえん​の​​で​ある。

13 ​おお、おぼえて​おき​なさい。わが​​ヒラマン​よ、かみ​の​いましめ​が​どれ​ほど​きびしい​か​おぼえて​おき​なさい。かみ​は、『あなたがた​は​わたし​の​いましめ​を​まもる​かぎり​​に​さかえる』​と​われた。しかし、かみ​の​いましめ​を​まもらなければ、かみ​の​まえ​から​たれる​で​あろう。

14 ​わが​​よ、かみ​が​これら​の​もの​を​あなた​に​たくされた​と​いう​こと​を​おぼえて​おき​なさい。これら​の​もの​は​神聖しんせい​で​あり、かみ​は​これまで​これら​の​もの​を​神聖しんせい​に​たもって​こられた。そして​これから​も、ぶん​の​ちから​を​のち​の​だい​の​人々ひとびと​に​しめせる​よう​に、ぶん​の​うち​に​ある​賢明けんめい​な​もくてき​の​ため​に​これら​の​もの​を​ぞん​し、まもられる​で​あろう。

15 ​さて​よ、わたし​は​げん​の​れい​に​よって​あなた​に​げる。もし​あなた​が​かみ​の​いましめ​に​そむく​なら​ば、これら​の​神聖しんせい​な​もの​は​かみ​の​ちから​に​よって​あなた​から​られる。そして、あなた​は​サタン​に​わたされ、サタン​は​あなた​を​かぜ​に​かれる​もみがら​の​よう​に​ふるい​に​かける​で​あろう。

16 ​しかし、あなた​が​かみ​の​いましめ​を​まもり、しゅ​から​めいじられる​とおり​に​これら​の​神聖しんせい​な​もの​を​あつかう​なら​ば(すなわち、あなた​は​これら​の​もの​を​どの​よう​に​あつかわなければ​ならない​か​に​ついて、いっさい​の​こと​を​しゅ​に​い​もとめ​なければ​ならない)、よ、この​の​どの​よう​な​ちから​も、ごく​の​どの​よう​な​ちから​も、けっして​あなた​から​これら​の​もの​を​る​こと​は​できない。かみ​は​ぶん​の​こと​を​すべて​じょうじゅ​する​十分じゅうぶん​な​ちから​を​って​おられる​かた​だから​で​ある。

17 かみ​は、あなた​に​てる​すべて​の​やくそく​を​たされる。かみ​は​これまで​も​わたしたち​の​せん​と​わした​やくそく​を​たして​こられた​から​で​ある。

18 かみ​は、ぶん​の​ちから​を​のち​の​だい​の​人々ひとびと​に​しめせる​よう​に、ぶん​の​うち​に​ある​賢明けんめい​な​もくてき​の​ため​に​これら​の​もの​を​まもろう​と、わたしたち​の​せん​に​やくそく​された。

19 ​さて​よ、かみ​は​すでに​一つ​の​もくてき​を​たっせられた。なんぜんにん​も​の​レーマンじん​が​ふたたび​しん​を​る​よう​に​なった​の​で​ある。そして、かみ​は​これら​の​ろく​に​よって​ぶん​の​ちから​を​しめされた。かみ​は​また​のち​の​だい​の​人々ひとびと​に​も、これら​の​ろく​に​よって​ぶん​の​ちから​を​しめされる​で​あろう。その​ため​に、これら​の​もの​は​のこされる。

20 ​そこで、わが​​ヒラマン​よ、わたし​は​あなた​に​げる。あなた​は​勤勉きんべん​に​わたし​の​すべて​の​こと​に​したがい​なさい。また、かみ​の​いましめ​を​しるされて​いる​とおり​に​熱心ねっしん​に​まもり​なさい。

21 ​また、あの​​二十四​まい​の​はん​に​ついて​はなそう。あなた​は​あの​はん​を​ぞん​し、様々さまざま​な​みつ​の​おこない​と​やみ​の​わざかくれた​わざ、すなわち​ほろぼされて​しまった​あの​たみ​の​みつ​の​わざ​が、この​たみ​に​あきらか​に​される​よう​に​しなさい。すなわち、かれら​の​あらゆる​さつじんごうとう略奪りゃくだつ、また​あらゆる​あく​と​まわしい​おこない​が​この​たみ​に​あきらか​に​される​よう​に​しなさい。また、あなた​は​この​かいやく​も​ぞん​しなさい。

22 よ、しゅ​は、ぶん​の​たみ​が​くらやみ​の​なか​で​わざ​を​おこない​はじめた​こと、すなわち​暗殺あんさつ​と​まわしい​おこない​を​する​よう​に​なった​こと​を​らん​に​なった。そこで​しゅ​は、もし​あらため​なければ、かれら​は​​の​おもて​から​ほろぼし​られる​と​われた。

23 ​また、しゅ​は​われた。『わたし​は​くらやみ​の​なか​で​かがやいて​ひかり​を​はなつ​一つ​の​いし​を、わたし​の​しもべ​ガゼレム​の​ため​に​よう​しよう。それ​に​よって​わたし​は、わたし​に​つかえる​たみ​の​ため​に​かれら​の​同胞はらから​の​わざ、すなわち​同胞はらから​の​みつ​の​わざやみ​の​わざあく​と​まわしい​おこない​を​あきらか​に​しよう。』

24 ​わが​​よ、この​かいやく​は​かみ​の​こと​が​じょうじゅ​する​よう​に​そなえられた​もの​で​ある。かみ​は​これ​に​ついて​つぎ​の​よう​に​われた。

25 『わたし​は​かれら​の​あらゆる​みつ​の​わざ​と​まわしい​おこない​を​くらやみ​から​あかるみ​に​そう。また、かれら​が​あらため​なければ、かれら​を​​の​おもて​から​ほろぼし​ろう。そして​わたし​は、かれら​の​あらゆる​みつ​と​まわしい​おこない​を、こん​この​​を​しょゆう​する​すべて​の​こくみん​に​あきらか​に​しめそう。』

26 ​さて、わが​​よ、わたしたち​が​って​いる​よう​に、かれら​は​あらためなかった​ので​ほろぼされて​しまった。そして、これまで​かみ​の​こと​は​じょうじゅ​し、かれら​の​みつ​の​まわしい​おこない​は​くらやみ​から​されて、わたしたち​に​らされて​きた。

27 ​わが​​よ、あなた​に​げる。かれら​の​あらゆる​ちかい​の​こと​と​誓約せいやく​と、かれら​の​みつ​の​まわしい​おこない​に​ついて​の​め​を​わすれない​よう​に​しなさい。また、かれら​の​すべて​の​あい​と​​な​こと​を​この​たみ​に​かくして、この​たみ​が​それら​の​もの​を​る​こと​なく、かれら​も​くらやみ​に​おちいって​ほろぼされる​こと​の​ない​よう​に​しなさい。

28 よ、この​​の​全体ぜんたい​に、一つ​の​​のろい​が​ある​から​で​ある。その​のろい​と​は、やみ​の​わざ​を​おこなう​もの​たち​の​あく​が​完全かんぜん​に​じゅくす​とき、かみ​の​ちから​に​よって​それら​の​もの​たち​が​みなほろぼされる​と​いう​もの​で​ある。わたし​は​この​たみ​が​ほろぼされる​こと​の​ない​よう​に​ねがって​いる。

29 ​だから​あなた​は、かれら​の​ちかい​の​こと​と​誓約せいやく​から​る​みつ​の​はかりごと​を、この​たみ​に​かくし​なさい。かれら​の​あく​と​さつじん​と​まわしい​おこない​だけ​を​この​たみ​に​らせて、その​よう​な​あく​と​まわしい​おこない​と​さつじん​を​み​きらう​よう​に​かれら​に​おしえ​なさい。また、これら​の​人々ひとびと​が​かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​と​さつじん​の​ため​に​ほろぼされた​こと​も、かれら​に​おしえ​なさい。

30 よ、かれら​は​ぶん​たち​の​なか​に​やって​て、その​ざいあく​に​ついて​げ​らせた​しゅ​の​げんしゃ​を​すべて​ころした。その​ため、かれら​に​ころされた​人々ひとびと​の​​が、しゅ​なる​かみ​に​かって、ぶん​たち​を​ころした​もの​たち​に​ほうふく​する​よう​に​さけんだ。その​けっかみ​の​さばき​が、これら​の​やみ​の​わざ​を​おこない、みつけっしゃ​を​つくった​もの​たち​に​くだった​の​で​ある。

31 ​また、それら​の​やみ​の​わざ​を​おこない、みつけっしゃ​を​つくった​もの​たち​に​たいして、この​​は​とこしえ​に​いつまで​も​のろわれる。かれら​は、あく​が​完全かんぜん​に​じゅくす​まえ​に​あらため​なければ​ほろびる​で​あろう。

32 ​わが​​よ、わたし​が​あなた​に​かたって​きた​こと​を​おぼえて​おき​なさい。あの​みつ​の​はかりごと​を​この​たみ​に​あきらか​に​する​こと​なく、つみ​と​あく​を​永遠えいえん​に​にくむ​こと​を​おしえ​なさい。

33 あらため​と​しゅ​イエス・​キリスト​を​しんじる​しんこう​に​ついて​この​たみ​に​べ​つたえ​なさい。謙遜けんそん​に​なる​よう​に、また​にゅう​で​こころ​の​へりくだった​もの​に​なる​よう​に​おしえ​なさい。しゅ​イエス・​キリスト​を​しんじる​しんこう​を​もって、あく​の​あらゆる​ゆうわく​に​かう​よう​に​おしえ​なさい。

34 い​おこない​を​する​の​に​けっして​つかれず、にゅう​で​こころ​の​へりくだった​もの​に​なる​よう​に​この​たみ​に​おしえ​なさい。この​よう​な​もの​は、その​れい​に​あんそく​を​る​で​あろう。

35 ​おお、おぼえて​おきなさい、わが​​よ。わかい​うち​に​​を​​なさい。まことに、かみ​の​いましめ​を​まもる​こと​を​わかい​うち​に​習慣しゅうかん​と​しなさい。

36 ​また、あなた​の​ひつよう​と​する​あらゆる​たすけ​を​かみ​に​さけび​もとめ​なさい。まことに、あなた​の​おこなう​こと​は​すべて、しゅ​の​ため​に​おこなう​よう​に​しなさい。どこ​へ​く​に​も​しゅ​に​あって​く​よう​に​しなさい。まことに、あなた​の​おもい​を​つねに​しゅ​に​ける​よう​に​しなさい。まことに、あなた​の​こころ​の​あいじょう​を​とこしえ​に​しゅ​に​ける​よう​に​しなさい。

37 ​あなた​の​すべて​の​おこない​に​ついて​しゅ​と​そうだん​しなさい。そう​すれ​ば、しゅ​は​あなた​の​ため​に​なる​​を​あたえて​くださる。まことに、よるる​とき​は、ねむって​いる​あいだ​も​しゅ​が​まもって​くださる​よう​に、しゅ​に​​を​たくして​​なさい。そして、あさきる​とき​に、かみ​へ​の​感謝かんしゃ​で​こころ​を​たし​なさい。これら​の​こと​を​おこなう​なら​ば、わり​の​​に​たかく​げられる​で​あろう。

38 ​さて、わが​​よ、わたし​は​せん​が​たま、すなわち​​と​んだ​もの​に​ついて​少々しょうしょうはなして​おか​なければ​ならない。せん​は​これ​を​​リアホナ​と​んだ。それ​は、しんばん​と​いう​​で​ある。しゅ​が​よう​して​くださった​の​で​ある。

39 よ、これほど​にゅうねん​に​さい​の​できる​ひと​は​ありない。それ​は、せん​に​​の​なか​で​たび​を​する​しん​を​おしえる​ため​に​よう​された​もの​で​あった。

40 ​そして​これ​は、かみ​を​しんじる​せん​の​しんこう​に​おうじて​はたらいた。したがって、せん​が​しんこう​を​ち、かみ​が​その​しん​に​よって​ぶん​たち​の​く​べき​ほうこう​を​しめして​くださる​と​しんじた​とき​に​は、よ、その​よう​に​なった。そこで​かれら​は、この​せき​と、また​かみ​の​ちから​に​よって​おこなわれた​ほか​の​おおく​の​せき​を​経験けいけん​した​の​で​ある。

41 ​しかし、それら​の​せき​は​ちいさな​しゅだん​に​よって​おこなわれた​ため、それ​は​かれら​に​数々かずかず​の​おどろく​べき​わざ​を​しめした。ところが、かれら​が​なまけて、しんこう​を​はたらかせる​こと​と​ねつ​を​しめす​こと​を​わすれる​と、それら​の​おどろく​べき​わざ​は​まって​しまい、かれら​の​たび​は​すすまなかった。

42 ​その​ため​に​かれら​は、​に​なが​する​こと​に​なって​しまった。すなわち、かれら​は​まっすぐ​な​みち​を​すすまず、ぶん​たち​の​そむき​の​ため​に​え​と​かわき​に​くるしんだ​の​で​ある。

43 ​さて、わが​​よ、この​よう​な​こと​に​は​かならず​かげ​が​ある​こと​を​かい​して​もらいたい。せん​は​この​しんばん​を​こころ​に​める​こと​を​おこたった​ので(これら​は​ぶっしつてき​な​こと​で​あり)、たび​は​順調じゅんちょう​で​は​なかった。霊的れいてき​な​こと​に​ついて​も​どうよう​で​ある。

44 よ、キリスト​の​こと​は、永遠えいえん​の​よろこび​に​いたる​まっすぐ​な​みち​を​しめす​もの​で​ある​が、その​こと​を​こころ​に​める​こと​が​よう​で​ある​の​は、やくそく​の​​に​いたる​まっすぐ​な​みち​を​しめす​この​しんばん​に​ちゅう​を​はらう​の​が、せん​に​とって​よう​で​あった​の​と​おなじ​で​ある。

45 ​さて、わたし​は​たずねる​が、この​こと​の​なか​に​けい​は​ない​だろう​か。この​​が​その​しめす​みち​を​たどる​せん​を​やくそく​の​​に​みちびいた​よう​に、たしか​に​キリスト​の​こと​は、わたしたち​が​キリスト​の​こと​の​しめす​みち​を​たどる​なら​ば、この​かなしみ​の​たに​を​えて​はるか​に​い​やくそく​の​​へ​わたしたち​を​みちびき​れて​くれる​の​で​ある。

46 ​おお、わが​​よ、ほうほう​が​よう​だから​と​いう​こと​で​なまけない​よう​に​しよう。わたしたち​の​せん​が​そう​で​あった​から​で​ある。それ​は​せん​の​ため​に​そなえられた​もの​で、かれら​が​それ​を​て​いたら​びる​こと​が​できた​で​あろう。わたしたち​に​ついて​も​どうよう​で​ある。ほうほう​は​すでに​そなえられて​おり、わたしたち​が​よう​と​すれ​ば、とこしえ​に​きる​こと​が​できる​で​あろう。

47 ​さて、わが​​よ、あなた​は​これら​の​神聖しんせい​な​もの​を​大切たいせつ​に​しなさい。かみ​に​たよって​きる​よう​に​しなさい。この​たみ​の​ところ​へ​て​き、こと​を​げ​らせ​なさい。まじめ​で​あり​なさい。さらば、わが​​よ。」