聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

アルマ​が​むす​の​シブロン​に​あたえた​いましめ。

つぎ​の​だい​三十八​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

第​38​章

シブロン​は​​の​ため​に​はくがい​された。すくい​は​​の​いのち​で​あり​ひかり​で​ある​キリスト​の​うち​に​ある。ぶん​の​激情げきじょう​を​すべて​せいする​こと。げんぜんやく​七十四​ねん

1 「わが​​よ、わたし​の​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。わたし​は​ヒラマン​に​った​よう​に​あなた​に​も​う。あなた​は​かみ​の​いましめ​を​まもる​かぎり​​に​さかえる​で​あろう。また、かみ​の​いましめ​を​まもろう​と​しなければ、かみ​の​まえ​から​たれる​で​あろう。

2 ​わが​​よ、あなた​が​かっ​と​して​おり、かみ​に​ちゅうじつ​で​ある​ので、わたし​は​あなた​に​よって​おおきな​よろこび​を​られる​と​かくしん​して​いる。あなた​は​わかい​とき​から​しゅ​なる​かみ​に​たより​はじめた​ので、これから​も​かみ​の​いましめ​を​まもり​つづける​よう​に​して​もらいたい。さい​まで​しのぶ​もの​は​さいわい​だから​で​ある。

3 ​わが​​よ、わたし​は​あなた​に​う。あなた​は​​ゾーラムじん​の​たみ​の​なか​に​あって​ちゅうじつ​で、勤勉きんべん​で、忍耐にんたいづよく、寛容かんよう​で​あった​ので、わたし​は​あなた​に​よって​すでに​おおきな​よろこび​を​た。

4 ​わたし​は、あなた​が​しばられて​いた​の​を​って​いる​から​で​ある。また、こと​の​ため​に​いし​を​げられた​の​も​って​いる。しゅ​が​​あなた​と​ともに​おられた​ので、あなた​は​忍耐にんたい​して​これら​すべて​の​こと​に​えた。そして、いま​あなた​は、かみ​が​あなた​を​すくい​して​くださった​こと​を​って​いる。

5 ​わが​​シブロン​よ、かみ​を​しんらい​すれ​ば​する​ほど、あなた​は​それだけ​れん​や​災難さいなん​や​なん​から​すくい​され、そして​わり​の​​に​たかく​げられる​と​いう​こと​を​おぼえて​いて​もらいたい。

6 ​わが​​よ、わたし​は、ぶんひとり​で​これら​の​こと​を​った​と​あなた​に​おもって​もらいたく​ない。わたし​の​うち​に​ある​かみ​の​たま​が、これら​の​こと​を​わたし​に​らせて​くださる​の​で​ある。もし​かみ​から​まれて​いなかった​なら​ば、わたし​は​これら​の​こと​を​る​こと​は​なかった​で​あろう。

7 ​しかし​よ、しゅ​は​ふかい​あわれみ​を​もって、しゅ​の​たみ​の​なか​で​の​ほろび​の​わざ​を​やめ​なければ​ならない​と​わたし​に​げる​ため​に、しゅ​の​てん使​を​つかわされた。そして、わたし​は​かお​と​かお​を​わせて​てん使​を​てん使​は​わたし​に​かたった。その​てん使​の​こえ​は​まるで​雷鳴らいめい​の​よう​で、だい全体ぜんたい​を​うごかした。

8 ​そして、わたし​は​みっばん激烈げきれつ​な​つう​と​のう​に​さいなまれ、しゅ​イエス・​キリスト​に​あわれみ​を​さけび​もとめる​まで​は、けっして​つみ​の​ゆるし​を​けなかった。しかし​よ、しゅ​に​さけび​もとめた​ところ、ぶん​の​れい​に​あんそく​を​た。

9 ​わが​​よ、この​こと​を​あなた​に​はなした​の​は、あなた​が​​を​る​ため、また​ひと​が​すくわれる​の​は​ただ​キリスト​に​より、キリスト​を​つうじて​だけ​で​あり、けっして​ほか​の​ほうほう​や​しゅだん​は​​ない​こと​を、わたし​から​まなべる​よう​に​する​ため​で​ある。よ、キリスト​は​​の​いのち​で​あり​ひかり​で​あられる。よ、キリスト​は​しん​と​​の​こと​で​あられる。

10 ​あなた​は​こと​を​おしえ​はじめて​いる​ので、こん​も​おしえ​つづけて​もらいたい。そして、すべて​の​こと​に​勤勉きんべん​で​あり、せい​する​よう​に​して​もらいたい。

11 こうまん​に​ならない​よう​に​しなさい。ぶん​の​​や​すぐれた​ちから​を​ほこらない​よう​に​しなさい。

12 大胆だいたん​で​あり​なさい。しかし、尊大そんだい​で​あって​は​ならない。また、激情げきじょう​を​すべて​せいし、あい​で​たされる​よう​に​しなさい。たい​に​ならない​よう​に​しなさい。

13 ​ゾーラムじん​の​よう​に​いのって​は​ならない。あなた​が​た​とおり、かれら​は​ひと​に​こえて​ぶん​の​​が​称賛しょうさん​される​よう​に​いのって​いる​から​で​ある。

14 『おお、かみ​よ、わたしたち​が​同胞はらから​より​も​すぐれて​いる​こと​を​感謝かんしゃ​します』​と​いのって​は​ならない。むしろ、『おお、しゅ​よ、わたし​が​​ふさわしくない​もの​で​ある​こと​を​お​ゆるし​ください。あわれみ​を​もって​わたし​の​同胞はらから​を​おもこして​ください』​と​いのり​なさい。まことに、いつも​かみ​の​まえ​で​ぶん​が​ふさわしくない​こと​を​みとめ​なさい。

15 しゅ​が​あなた​を​しゅくふく​し、わり​の​​に​あなた​を​おうこく​に​むかえ​れて、やすらか​に​​に​かせて​くださる​よう​に。さあ、わが​​よ、って​この​たみ​に​こと​を​おしえ​なさい。まじめ​で​あり​なさい。さらば、わが​​よ。」