聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

アルマ​が​むす​の​コリアントン​に​あたえた​いましめ。

つぎ​の​だい​三十九-四十二​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

第​39​章

性的せいてき​な​つみ​は​まわしい​おこない​で​ある。コリアントン​の​つみ​は、ゾーラムじん​が​こと​を​れる​さまたげ​と​なった。キリスト​の​あがない​は、それ​より​も​まえ​の​だい​の​ちゅうじつ​な​人々ひとびと​を​も​さかのぼって​すくう。げんぜんやく​七十四​ねん

1 「わが​​よ、あなた​に​は、あなた​の​きょうだい​に​った​こと​より​も​すこし​おおく​って​おきたい。あなた​は​ぶん​の​きょうだい​が​かみ​の​いましめ​を​まもる​の​に​かっ​と​して​おり、ちゅうじつ​で​あり、勤勉きんべん​で​あった​の​を​なかった​か。よ、かれ​は​あなた​の​ため​に​い​はん​を​しめさなかった​か。

2 ​あなた​は​​ゾーラムじん​の​たみ​の​なか​で、あなた​の​きょうだい​の​よう​に​は​わたし​の​こと​に​ちゅう​を​はらわなかった。わたし​が​あなた​に​いましめたい​の​は​この​こと、すなわち、あなた​が​ぶん​の​ちから​と​​を​まん​し​つづけた​こと​で​ある。

3 ​わが​​よ、それ​だけ​で​は​ない。あなた​は​わたし​を​かなしませる​こと​を​した。あなた​は​かみ​の​みち​を​く​つとめ​を​ほう​して、レーマンじん​の​さかい​に​ある​サイロン​の​​まで​しょう​イザベル​を​って​った。

4 ​この​しょう​は​おおく​の​ひと​の​こころ​を​うばった​が、だから​と​いって、わが​​よ、これ​は​あなた​に​とって​けっして​わけ​に​は​ならない。あなた​は​ぶん​に​たくされた​つとめ​に​こころ​を​そそぐ​べき​で​あった。

5 ​わが​​よ、あなた​は​​この​こと​が​しゅ​の​​から​て​まわしい​おこない​で​ある​こと、まことに、つみ​の​ない​もの​の​​を​ながす​こと​や​聖霊せいれい​を​てい​する​こと​を​のぞいて、どの​よう​な​つみ​より​も​じょう​に​まわしい​こう​で​ある​こと​を​らない​の​か。

6 よ、聖霊せいれい​が​一度ひとたび​あなた​に​宿やどって​から、あなた​が​その​聖霊せいれい​を​てい​する​なら​ば、しかも​ぶん​で​聖霊せいれい​を​てい​して​いる​こと​を​って​いる​なら​ば、よ、これ​は​ゆるされない​つみ​で​ある。かみ​の​ひかり​と​しき​に​さからって​ひと​を​ころす​もの​が​ゆるし​を​る​の​は​よう​で​は​ない。まことに、わが​​よ、あなた​に​う​が、この​よう​な​もの​が​ゆるし​を​る​の​は​よう​で​は​ない。

7 ​わが​​よ、あなた​は​その​よう​な​じゅうだい​な​つみ​を​おかさなければ​よかった​もの​を。あなた​の​つみ​に​ついて​くどくど​と​べて​あなた​を​ひどく​くるしめる​こと​が、あなた​の​ため​に​ならない​よう​で​あれ​ば、わたし​は​そう​は​しなかった​で​あろう。

8 ​しかし​よ、あなた​は​ぶん​の​つみ​を​かみ​から​かくす​こと​は​できない。また、あらため​なければ、あなた​の​つみ​は​わり​の​​に​あなた​を​める​あかし​と​なる​で​あろう。

9 ​わが​​よ、あらためて​ぶん​の​つみ​を​て、これから​は​もう​ぶん​の​​の​よく​を​う​こと​なく、これら​の​こと​を​すべて​つ​よう​に​して​ほしい。そう​しなければ、けっして​かみ​の​おうこく​を​ぐ​こと​が​できない​から​で​ある。おお、この​こと​を​おぼえて、これら​の​こと​を​かならず​つ​よう​に​しなさい。

10 ​また、あなた​が​おこなおう​と​する​こと​に​ついて、かならず​あに​たち​と​そうだん​する​よう​に、わたし​は​あなた​に​げて​おく。よ、あなた​は​まだ​わかく、あに​たち​から​たすけ​を​ける​ひつよう​が​ある​から​で​ある。あに​たち​の​ちゅうこく​を​こころ​に​め​なさい。

11 ​どんな​むなしい​もの​に​も、おろか​な​もの​に​も​まどわされて​は​ならない。​と​こころ​を​あく​に​まどわされて、あの​じゃあく​な​しょう​たち​を​って​は​ならない。よ、おお、わが​​よ、あなた​は​なんと​おおきな​ざいあく​を​​ゾーラムじん​に​まねいた​こと​か。かれら​は​あなた​の​おこない​を​て、わたし​の​こと​を​しんじなかった。

12 ​それで、しゅ​の​たま​は​わたし​に、『あなた​の​ども​たち​が​おおく​の​ひと​の​こころ​を​まどわして​ほろび​に​いたらせる​こと​の​ない​よう​に、ぜん​を​おこなう​こと​を​かれら​に​めいじ​なさい』​と​われる。したがって、わが​​よ、わたし​は​かみ​を​おそれて​あなた​に​めいじる。ざいあく​から​とおざかり​なさい。

13 おもい​と​勢力せいりょく​と​ちから​を​くして​しゅ​に​ち​かえり​なさい。だれ​の​こころ​を​も​わるい​こと​を​おこなう​よう​に​まどわして​は​ならない。むしろ​かれら​の​ところ​に​かえり、あなた​の​あやまち​と、あなた​が​おこなった​あく​を​みとめ​なさい。

14 とみ​や​この​の​むなしい​もの​を​もとめて​は​ならない。よ、あなた​は​それら​の​もの​を​たずさえて​く​こと​は​できない​から​で​ある。

15 ​さて、わが​​よ、キリスト​の​らいりん​に​ついて​あなた​に​すこし​べて​おきたい。よ、あなた​に​う。キリスト​は​たしか​に​​の​つみ​を​のぞく​ため​に​られる。キリスト​は​ぶん​の​たみ​に​すくい​の​よろこび​の​おとずれ​を​げ​らせる​ため​に​られる。

16 ​さて、わが​​よ、あなた​が​された​つとめ​は、この​たみ​に​この​よろこび​の​おとずれ​を​げ​らせて、かれら​の​こころ​を​そなえる​こと、いや、すくい​が​この​たみ​に​あたえられる​よう​に​する​こと、この​たみ​が​その​そん​の​こころ​を​そなえて、キリスト​の​らいりん​の​とき​に​こと​を​ける​よう​に​する​こと​で​あった。

17 ​さて、わたし​は​この​けん​に​ついて​あなた​の​こころ​を​すこし​かるく​しよう。よ、あなた​は​どうして​これら​の​こと​が、この​よう​に​ずっと​まえ​から​かる​の​か​と​​に​おもって​いる。よ、あなた​に​おう。いま​の​ひと​は​キリスト​が​られる​だい​の​ひと​と​おなじ​よう​に、かみ​に​とって​とうとい​そんざい​で​は​ない​だろう​か。

18 あがない​の​けいかく​は、この​たみ​の​そん​と​おなじ​よう​に、この​たみ​に​も​らされる​こと​が​ひつよう​で​は​ない​だろう​か。

19 いましゅ​が​てん使​を​つかわして、この​よろこび​の​おとずれ​を​わたしたち​に​げ​らせて​くださる​の​は、わたしたち​の​そん​に​宣言せんげん​される​の​と​どうよう​に、あるいは​キリスト​の​らいりん​の​のち​に​宣言せんげん​される​の​と​どうよう​に​よう​な​こと​で​は​ない​だろう​か。」