聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

ヒラマン​の​だい​の​ニーファイ​の​たみ​と、かれら​の​せんそう​と​​に​ついて​の​はなし。ヒラマン​が​生涯しょうがいき​つづけた​ろく​に​よる。

つぎ​の​だい​四十五-六十二​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

第​45​章

ヒラマン、アルマ​の​こと​を​しんじる。アルマ、ニーファイじん​の​めつぼう​を​げん​する。アルマ、​を​しゅくふく​し、また​のろう。アルマ、モーセ​の​よう​に​たま​に​よって​げられた​と​つたえられる。きょうかい​の​なか​に​​が​つのる。げんぜんやく​七十三​ねん

1 ​さて​よ、しゅ​が​ふたたび​てき​の​​から​すくって​くださった​ので、ニーファイ​の​たみ​は​じょう​に​よろこび、しゅ​なる​かみ​に​感謝かんしゃ​を​ささげた。そして、かれら​は​おおいに​断食だんじき​し、おおいに​いのり、じょう​に​おおきな​よろこび​を​もって​かみ​を​れいはい​した。

2 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十九​ねん​に、アルマ​は​むす​ヒラマン​の​ところ​に​て、「これまで​き​がれて​きた​ろく​に​ついて​あなた​に​かたった​こと​を​しんじる​か」と​かれ​に​った。

3 ​そこで、ヒラマン​は、「はい、しんじて​います」と​った。

4 ​すると、アルマ​は​また、「将来しょうらいられる​イエス・​キリスト​を​しんじる​か」と​った。

5 ​そこで​かれ​は、「はい。おとうさん​の​った​こと​を​すべて​しんじて​います」と​った。

6 ​すると、アルマ​は​また​かれ​に、「あなた​は​わたし​の​めいじて​きた​こと​を​まもる​か」と​った。

7 ​そこで​かれ​は、「はい、めいじられた​こと​を、わたし​は​こころ​を​くして​まもり​ます」と​った。

8 ​すると、アルマ​は​かれ​に​った。「あなた​は​さいわい​だ。しゅ​は​あなた​を​この​​で​さかえ​させて​くださる​で​あろう。

9 よ、あなた​に​げん​して​おく​こと​が​すこし​ある。しかし、わたし​が​あなた​に​げん​する​こと​を​おおやけ​に​して​は​ならない。まことに、わたし​が​あなた​に​げん​する​こと​は、その​げん​が​じょうじゅ​する​まで​おおやけ​に​して​は​ならない。だから、わたし​が​げる​こと​を​め​なさい。

10 ​その​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。よ、わたし​は​ぶん​の​うち​に​ある​けい​の​れい​に​よって​って​いる。この​たみ、ニーファイじん​は、イエス・​キリスト​が​この​たみ​に​しん​を​あらわされる​とき​から​​四百​ねん​たつ​と​しんこう​に​おちいる。

11 ​その​とき​に​かれら​は​せんそう​と​えきびょう、まことに、きん​と​りゅうけつ​を​​に​し、ついに​ニーファイ​の​たみ​は​全滅ぜんめつ​する​で​あろう。

12 ​これ​は、かれら​が​しんこう​に​なり、また​やみ​の​わざ​と​こうしょく​と​すべて​の​ざいあく​に​おちいる​から​で​ある。わたし​は​あなた​に​う。かれら​が​じょう​に​おおきな​ひかり​と​しき​に​たいして​つみ​を​おかす​から​で​ある。まことに、って​おく​が、その​​から​だい四​だい​の​人々ひとびと​が​ぜんいん​を​る​まえ​に、この​おおきな​ざいあく​が​こる​で​あろう。

13 ​その​おおいなる​​が​る​と、よ、いま​いる​もの​たち、いま​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​かぞえられて​いる​もの​たち​の​そん​が​​もはや​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​かぞえられない​とき​が​すぐに​る。

14 ​その​とき​に​のこって、おおいなる​おそるべき​​に​ほろぼされない​もの​は、しゅ​の​​と​ばれる​しょうすう​の​もの​を​のぞいて、みな​レーマンじん​の​なか​に​かぞえられ、レーマンじん​の​よう​に​なる。しかも、しゅ​の​​と​ばれる​もの​たち​も​レーマンじん​に​われ、​ついに​かれら​も​えて​しまう。ざいあく​の​ため​に、将来しょうらい​この​げん​は​じょうじゅ​する​で​あろう。」

15 ​さて、アルマ​は​ヒラマン​に​これら​の​こと​を​べた​のちかれ​を​しゅくふく​し、ほか​の​むす​たち​を​も​しゅくふく​し、さらに​じん​の​ため​に​​を​も​しゅくふく​した。

16 ​そして、アルマ​は​った。「しゅ​なる​かみ​は​われる。『​は、まことに​この​​は​あく​を​おこなう​あらゆる​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​たいして​​のろわれる。あく​が​完全かんぜん​に​じゅくす​とき、かれら​は​ほろびる​で​あろう。』​かならず​わたし​が​った​よう​に​なる。これ​は​かみ​が​​に​くだされた​のろい​で​あり、しゅくふく​だから​で​ある。しゅ​は​ほんの​​わずか​で​も、つみ​を​ごし​に​される​こと​は​ない​から​で​ある。」

17 ​アルマ​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、きょうかいいん​を、すなわち​その​とき​から​のちしんこう​に​しっかり​と​つ​すべて​の​ひと​を​しゅくふく​した。

18 ​そして、アルマ​は​これ​を​ませる​と、ミレク​の​​へ​かう​よう​に​ゼラヘムラ​の​​を​て​った。ところが​それ​こうかれ​の​しょうそく​は​えて​しまった。かれ​の​​や​埋葬まいそう​に​ついて​わたしたち​は​らない。

19 よ、わたしたち​が​って​いる​の​は、かれ​が​じん​で​あった​と​いう​こと​で​ある。また、かれ​は​たま​に​よって​げられた、すなわち、モーセ​の​よう​に​しゅ​の​​に​よって​ほうむられた​と​いう​せつ​が​きょうかいいん​の​あいだ​に​ひろまった。しかし​よ、聖文せいぶん​に​は​しゅ​が​モーセ​を​ぶん​の​もと​に​れられた​と​べられて​いる​ので、わたしたち​は​しゅ​が​アルマ​も​れい​に​あって​ぶん​の​もと​に​れられた​と​かんがえて​いる。この​ため​に、わたしたち​は​かれ​の​​と​埋葬まいそう​に​ついて​なにも​らない​の​で​ある。

20 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十九​ねん​の​はじめ​に、ヒラマン​は​こと​を​げ​らせる​ため​に​たみ​の​なか​に​て​った。

21 よ、レーマンじん​と​の​せんそう​の​ため、また​たみ​の​なか​に​あった​おおく​の​ちいさな​​と​そうどう​の​ため​に、かみ​の​こと​を​たみ​の​なか​で​げ​らせる​こと​と、きょうかい全体ぜんたい​に​わたって​統一とういつ​を​はかる​こと​が​ひつよう​に​なった​から​で​ある。

22 ​そこで、ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、すべて​の​​に、すなわち​ニーファイ​の​たみ​が​しょゆう​して​いる​ぜん​の​すべて​の​まち​に​ふたたび​きょうかい​を​もうける​ため​に​て​った。そして​かれら​は、ぜん​の​いたる​ところ​で​それぞれ​の​きょうかい​を​つかさどる​さい​と​きょう​を​にんめい​した。

23 ​そして、ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​が​それぞれ​の​きょうかい​を​つかさどる​さい​と​きょう​を​にんめい​した​のちきょうかいいん​の​なか​に​​が​こり、かれら​は​ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​の​こと​を​こころ​に​めよう​と​しなく​なった。

24 かれら​は​じょう​に​ゆたか​に​とみ​を​つ​よう​に​なった​ため​に、こころ​の​なか​で​たかぶり、だい​に​こうまん​に​なった。その​ため、かれら​は​ますます​とみ​に​​を​ける​よう​に​なり、また、かみ​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆむ​よう​に​と​いう、ヒラマン​と​その​どうりょう​たち​の​こと​を​こころ​に​めよう​と​しなく​なった。