聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

第​53​章

レーマンじん​の​りょ​は​バウンティフル​の​まち​の​ぼう​を​かためる​ため​に​はたらかされる。ニーファイじん​の​なか​の​​が​もと​で、レーマンじん​が​しょう​を​る。ヒラマン、アンモン​の​たみ​から​た​二千​にん​の​青年せいねん​の​​を​る。げんぜんやく​六十四​ねん​から​六十三​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ニーファイじん​は​りょ​の​レーマンじん​を​る​番兵ばんぺい​を​き、その​りょ​たち​に​レーマンじん​の​たい​と、ころされた​ニーファイじん​の​たい​と​を​ほうむらせた。モロナイ​は、かれら​が​はたらいて​いる​あいだかれら​を​る​へい​を​いた。

2 ​また​モロナイ​は、リーハイ​と​ともに​ミュレク​の​まち​へ​き、その​まち​の​けん​を​掌握しょうあく​し、それ​を​リーハイ​に​あたえた。よ、この​リーハイ​は、モロナイ​が​戦闘せんとう​に​る​とき​に​は​ほとんど​いつも​かれ​と​ともに​いた​ひと​で、モロナイ​に​た​人物じんぶつ​で​あった。そして、ふた​は​たがい​の​​を​よろこび​い、また​たがいに​あいし​い、ニーファイ​の​たみ​も​みな​この​ふた​を​あいして​いた。

3 ​さて、レーマンじん​は​同胞はらから​の​たい​と​ニーファイじん​の​たい​を​ほうむり​える​と、バウンティフル​の​​へ​れ​もどされた。それから​テアンクム​は、モロナイ​の​命令めいれい​に​よって​かれら​に​その​、もっと​正確せいかく​に​え​ば​その​まち、バウンティフル​の​まち​の​まわり​に​ほり​を​きずく​ぎょう​を​かい​させた。

4 ​また​テアンクム​は、かれら​に​ほり​の​うち​の​うえ​に​もくざい​で​胸壁きょうへき​を​きずかせ、さらに​その​胸壁きょうへき​に​ほり​から​げた​つち​を​らせた。この​よう​に​ニーファイじん​は​レーマンじん​を​はたらかせて、ついに​バウンティフル​の​まち​を​もくざい​と​つち​から​る​じょう​に​たかい​じょう​な​防壁ぼうへき​で​かこんだ。

5 ​この​まち​は、それ​らいじょう​に​けん​な​とりで​と​なった。そして、かれら​は​この​まち​の​なか​で、すなわち​りょ​の​レーマンじん​の​​で​きずかせた​防壁ぼうへき​を​つ​この​まち​の​なか​で、りょ​たち​を​った​の​で​あった。レーマンじん​が​はたらいて​いる​あいだ​は​かれら​を​る​の​は​よう​で​あり、また​レーマンじん​に​こうげき​を​ける​の​に​ぜんぐん​が​しかった​ので、モロナイ​は​どうしても​レーマンじん​を​はたらかせ​なければ​ならなかった。

6 ​そして​モロナイ​は、レーマンじん​の​なか​で​最強さいきょう​の​ぐんたい​の​一つ​に​しょう​を​おさめ、また​ニーファイ​の​​に​おける​レーマンじん​の​もっとも​けん​な​とりで​の​一つ​で​ある​ミュレク​の​まち​を​​に​れた​の​で​ある。そして、りょ​を​よくりゅう​する​とりで​も​一つ​きずいた​の​で​あった。

7 ​さて、かれ​は​その​とし​に​は​もう​レーマンじん​と​たたかい​を​しよう​と​せず​に、へい​を​使つかって​せんそう​の​じゅん​を​し、レーマンじん​を​ふせぐ​ため​の​とりで​を​きずき、ニーファイじん​の​おんなども​を​きん​と​なん​から​すくい、また​ニーファイじん​の​ぐんたい​の​ため​に​兵糧ひょうろう​の​そなえ​を​した。

8 ​さて、ニーファイじん​の​なか​に​おおきな​陰謀いんぼう​が​くわだてられて​かれら​の​なか​に​​が​しょうじた​ため、モロナイ​が​かけて​ざい​に​なった​あいだ​に、西にし​の​う み​に​ちかい​南方なんぽう​の​レーマンじん​の​ぐんたい​が​ニーファイじん​に​たいして​しょう優勢ゆうせい​に​なり、その​ほう​で​ニーファイじん​の​まち​を​まとめて​占領せんりょう​した。

9 ​この​よう​に​して、ニーファイじん​は​ぶん​たち​の​ざいあく​の​ため​に、すなわち​ぶん​たち​の​なか​の​​と​陰謀いんぼう​の​ため​に、もっとも​けん​な​状況じょうきょう​に​おちいった。

10 ​さて​よ、​アンモン​の​たみ​に​ついて​少々しょうしょうべて​おか​なければ​ならない。アンモン​の​たみ​は​はじめ​は​レーマンじん​で​あった​が、アンモン​と​その​どうりょう​たち​に​よって、いや、かみ​の​ちから​と​こと​に​よって​しゅ​を​しんじる​よう​に​なった。そして​かれら​は、ゼラヘムラ​の​​に​れてられ、それ​らい​ニーファイじん​に​よって​まもられて​きた。

11 ​また​かれら​は、ちかい​を​てて​いた​ので、同胞はらから​に​たいして​これまで​​を​らなかった。かれら​は、これから​は​もう​けっして​​を​ながさない​と​ちかい​を​てて​いた​から​で​ある。したがって、もし​アンモン​と​その​どうりょう​たち​が​かれら​に​しめした​どうじょう​と​ふかい​あいじょう​が​なければ、かれら​は​ぶん​たち​の​ちかい​の​ため​に​ほろぼされて​いた​で​あろう。すなわち、あまんじて​同胞はらから​の​​に​ちて​いた​こと​で​あろう。

12 ​この​よう​な​わけ​で、かれら​は​ゼラヘムラ​の​​に​れてられ、ニーファイじん​に​よって​まもられて​きた​の​で​ある。

13 ​しかし、かれら​は​ぶん​たち​の​ため​に​ニーファイじん​が​けん​に​い、おおく​の​なん​と​艱難かんなん​を​って​いる​の​を​て​もうわけなく​おもい、ぶん​たち​の​くに​を​まもる​ため​に​​を​りたい​と​ねがった。

14 ​しかし​よ、かれら​は​まさに​​を​ろう​と​した​とき​に、ヒラマン​や​その​どうりょう​たち​の​せっとく​を​けて​こころ​を​ひるがえした。この​よう​に​ヒラマン​たち​が​かれら​を​せっとく​した​の​は、かれら​が​ぜん​に​てた​ちかい​を​まさに​やぶろう​と​して​いた​から​で​ある。

15 ​ヒラマン​は、かれら​が​そう​する​こと​に​よって​ほろびる​こと​に​なり​は​しない​か​と​ねん​した​の​で​ある。この​よう​に​して、ぜん​に​この​ちかい​を​てた​すべて​の​ひと​は、とう​の​あやうい​状況じょうきょう​の​なか​で​かれら​の​同胞はらから​が​なんとか​なん​を​ける​の​を​て​いる​ほか​なかった。

16 ​しかし​よ、かれら​に​は​おおく​の​むす​たち​が​おり、その​むす​たち​は​​を​って​てき​を​ふせぐ​こと​は​しない​と​いう​ちかい​を​まだ​てて​いなかった。そこで、かれら​の​なか​で​​を​る​こと​の​できる​もの​は​みな​この​とき​に​あつまり、ぶん​たち​を​ニーファイじん​と​んだ。

17 ​そして​かれら​は、ニーファイじん​の​ゆう​の​ため​に​たたかう​と​いう、つまり​ぶん​たち​の​いのち​を​てて​で​も​くに​を​まもる​と​いう​ちかい​を​てた。また、ぶん​たち​の​ゆう​を​けっして​ほう​する​こと​なく、ニーファイじん​と​ぶん​たち​が​れい​の​じょうたい​に​おちいらない​よう​に​する​ため​に、どの​よう​な​あい​で​も​たたかう​と​ちかった。

18 ​さて​よ、この​ちかい​を​てて、くに​を​まもる​ため​に​​を​った​青年せいねん​たち​は、二千​にん​で​あった。

19 よ、この​青年せいねん​たち​は、これまで​いち​も​ニーファイじん​に​とって​たん​と​なった​こと​が​なく、このたび​も​おおいなる​たすけ​​と​なった。かれら​は​​を​り、ヒラマン​が​ぶん​たち​の​かん​に​なる​こと​を​ねがった。

20 かれら​は​みな青年せいねん​で​あって、じょう​に​ゆうかん​で​あり、体力たいりょく​と​活力かつりょく​が​みなぎって​いた。しかも​よ、それ​だけ​で​は​なく、かれら​は​たくされた​こと​は​なん​で​あろう​と、いつでも​誠実せいじつ​に​たす​もの​たち​で​あった。

21 ​まことに​かれら​は​かみ​の​いましめ​を​まもり、かみ​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆむ​よう​に​おしえられて​いた​ので、誠実せいじつ​で​まじめ​な​もの​たち​で​あった。

22 ​そして​ヒラマン​は、西にし​の​う み​に​ちかい​南方なんぽう​の​さかい​の​​に​いる​人々ひとびと​を​えん​する​ため​に、この​​二千​にん​の​わかい​へい​を​ひきいて​った。

23 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十八​ねん​が​わった。