聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

アルマ​しょ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

第​56​章

ヒラマン、モロナイ​に​がみ​を​おくり、レーマンじん​と​の​たたかい​の​状況じょうきょう​を​くわしく​べる。アンテプス​と​ヒラマン、レーマンじん​に​だいしょう​を​おさめる。ヒラマン​の​二千​にん​の​むす​たち​は​せきてき​な​ちから​で​たたかい、ひと​も​ころされない。だい一​せつ​は​げんぜんやく​六十二​ねんだい二-十九​せつ​は​やく​六十六​ねんだい二十-五十七​せつ​は​やく​六十五-六十四​ねん​の​ごと​で​ある。

1 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​三十​ねん​の​はじめ、一がつふつ​に​モロナイ​は​ヒラマン​から​がみ​を​った​が、それ​に​は​かれ​が​いる​ほう​の​たみ​に​かんする​ことがら​が​べられて​いた。

2 ​ヒラマン​が​いた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。「せん​の​艱難かんなん​の​なか​に​あって​も、しゅ​に​あって​も​きょうだい​で​ある、わたし​の​こころ​から​ふかく​あいする​きょうだい、モロナイ​殿どの。まことに、あいする​きょうだい、わたし​は​この​ほう​の​戦況せんきょう​に​ついて​少々しょうしょう​お​らせ​して​おきたい​と​おもい​ます。

3 ​まことに、それ​は、アンモン​が​ニーファイ​の​​から​れてた​人々ひとびと​の​むす​たち​​二千​にん​の​こと​に​ついて​です。ぞんじ​の​よう​に、アンモン​が​れてた​これら​の​人々ひとびと​は、わたしたち​の​せん​リーハイ​の​ちょうなん​で​ある​レーマン​の​そん​です。

4 ​わたし​が​あなた​に​かれら​の​つたえ​や​しんこう​に​ついて​ことこまか​に​べる​まで​も​なく、あなた​は​これら​の​こと​を​すべて​ぞんじ​です。

5 ​ですから、この​二千​にん​の​青年せいねん​たち​が​​を​り、わたし​に​かれら​の​かん​に​なる​よう​に​のぞんだ​こと、そして​わたしたち​が​ぶん​の​くに​を​まもる​ため​に​て​った​こと、これら​の​こと​だけ​あなた​に​もうげれば​十分じゅうぶん​です。

6 ​そして、あなた​は​また、かれら​の​せん​が​わした、同胞はらから​に​たいして​​を​って​​を​ながす​こと​は​しない​と​いう​せいやく​に​ついて​も​ぞんじ​です。

7 ​しかし、だい​二十六​ねん​に、かれら​は​わたしたち​が​かれら​の​ため​に​なん​と​艱難かんなん​に​おちいって​いる​の​を​て、わたしたち​を​えん​する​ため​に、かれら​が​ぜん​に​わした​せいやく​を​やぶって​​を​ろう​と​しました。

8 ​しかし、わたし​は​かみ​が​わたしたち​を​つよく​して​くださる​ので、かれら​が​ぶん​たち​の​てた​ちかい​を​まもる​なら​ば​わたしたち​は​それ​じょうくるしみ​を​けない​で​あろう​と​おもい、かれら​が​ぜん​に​わした​この​せいやく​を​やぶる​こと​を​みとめ​ません​でした。

9 ​しかし​まことに、わたしたち​に​とって​じょう​に​うれしい​こと​が​一つ​あり​ます。だい​二十六​ねん​に、わたし​ヒラマン​は​この​二千​にん​の​青年せいねん​たち​を​ひきいて、アンテプス​を​たすける​ため​に​ユダヤ​の​まち​へ​しんぐん​しました。この​アンテプス​は、あなた​が​その​​の​たみ​の​かん​に​にんめい​した​ひと​です。

10 ​そして​わたし​は、アンテプス​の​ぐんたい​に​わたし​の​二千​にん​の​むす​たち(かれら​は​むす​と​ばれる​に​ふさわしい​人々ひとびと​です)を​くわえた​ので、アンテプス​は​その​兵力へいりょく​を​じょう​に​よろこび​ました。と​いう​の​は、まことに​レーマンじん​の​ぐんたい​に​よって​おびただしい​かず​の​へい​が​ころされ、かれ​の​ぐんたい​の​へい​の​かず​が​って​いた​から​です。この​よう​に​おおぜい​の​ひと​が​ころされた​こと​を、わたしたち​は​なげき​かなしまないで​は​いられ​ません。

11 ​に​も​かかわらず、わたしたち​は、かれら​が​ぶん​たち​の​くに​と​かみ​の​ため​に​んで、いましあわせ​な​じょうたい​に​ある​と​いう​こと​で、みずから​を​なぐさめる​こと​が​でき​ます。

12 ​レーマンじん​は​また​おおく​の​りょ​を​のこして​おり、その​ぜんいん​が​連隊長れんたいちょう​です。かれら​は​ほか​の​もの​を​だれ​ひとかして​おかなかった​から​です。かれら​は​いま​ニーファイ​の​​に​いる​と​おもい​ます。ころされて​い​なければ​そこ​に​います。

13 ​レーマンじん​が、その​よう​に​おおく​の​わたしたち​の​ゆうかん​な​へい​たち​の​​を​ながして​はいけん​を​た​まち​は、つぎ​の​とおり​です。

14 ​マンタイ​の​、すなわち​マンタイ​の​まち、ゼーズロム​の​まち、クメナイ​の​まち、アンテパラ​の​まち

15 じょう​は、わたし​が​ユダヤ​の​まち​に​いた​とき​に​レーマンじん​が​占領せんりょう​して​いた​まち​です。また​わたし​は、アンテプス​と​その​へい​が​ユダヤ​の​まち​の​ぼう​を​かためる​の​に​ちから​を​くして​いる​の​を​​ました。

16 ​そして​かれら​は、まち​を​まもり​く​ため​に​ひる​は​いさましく​たたかい、よる​は​よる​で​ろう​を​かさねて​いた​ので、にくたい​も​精神せいしん​も​つかれ​って​いました。かれら​は​この​よう​に、あり​と​あらゆる​ひどい​なん​に​えて​きました。

17 ​また​かれら​は、この​​で​しょう​を​る​か、そう​で​なければ​のう​と​けつ​して​いた​ので、あなた​に​も​十分じゅうぶん​に​そうぞう​が​つく​と​おもい​ます​が、わたし​が​れてた​この​ちいさな​ぐんたい、すなわち​わたし​の​むす​たち​は、かれら​に​おおきな​ぼう​と​おおきな​よろこび​を​あたえ​ました。

18 ​さて、レーマンじん​は、アンテプス​が​ぐんたい​に​援兵えんぺい​を​た​の​を​る​と、アモロン​の​命令めいれい​で、戦闘せんとう​の​ため​に​ユダヤ​の​まち​に​る​の​を、すなわち​わたしたち​を​める​の​を​きんじられ​ました。

19 ​この​よう​に​して、わたしたち​は​しゅ​の​めぐみ​を​け​ました。と​いう​の​は、もし​かれら​が​この​よわい​じょうたい​に​ある​わたしたち​に​め​せて​いたら、わたしたち​の​ちいさな​ぐんたい​は​おそらく​ほろぼされて​いた​こと​でしょう。しかし、この​よう​に​して​わたしたち​は​まもられた​の​です。

20 かれら​は、それ​まで​に​うばって​きた​まち​を​まもる​よう​に​アモロン​から​めいじられた​の​です。この​よう​に​して、だい​二十六​ねん​が​わり​ました。だい​二十七​ねん​の​はじめ​に、わたしたち​は​ぶん​たち​の​まち​と​ぶんしん​を​まもる​じゅん​を​え​ました。

21 ​そして​わたしたち​は、レーマンじん​が​めて​て​くれる​こと​を​ねがい​ました。わたしたち​は、とりで​に​こもって​いる​かれら​を​こうげき​する​こと​を​のぞまなかった​から​です。

22 ​そして、レーマンじん​が​よる​に​まぎれて、あるいは​日中にっちゅう​に​で​も、わたしたち​の​もと​を​とおり​ぎて​北方ほっぽう​に​ある​ほか​の​まち​に​こうげき​を​くわえる​よう​な​こと​が​ない​よう、わたしたち​は​レーマンじん​の​うごき​を​る​ため​に​ほうぼう​に​密偵みってい​を​き​ました。

23 北方ほっぽう​に​ある​それら​の​まち​の​人々ひとびと​に​は、レーマンじん​と​交戦こうせん​できる​ほど​の​ちから​が​ない​こと​を​わたし​は​って​いた​から​です。したがって、もし​レーマンじん​が​そば​を​とおり​ぎる​よう​で​あれ​ば、かれら​を​はい​から​めて、正面しょうめん​から​の​交戦こうせん​と​どう​に、はい​から​も​かれら​を​めたい​と​おもって​いました。そう​すれ​ば​かれら​を​ち​かせる​と​おもった​の​です​が、まことに、この​のぞみ​は​くじかれて​しまい​ました。

24 かれら​は、あえて​ぜんぐん​で​わたしたち​の​そば​を​とおり​ぎよう​と​は​せず、また​ぐんたい​の​いち​で​も、ちから​が​りなくて​ける​の​を​心配しんぱい​して​とおり​ぎよう​と​しません​でした。

25 ​また​かれら​は、あえて​ゼラヘムラ​の​まち​に​たいして​しんぐん​する​こと​も、また​シドン​の​みなもと​を​えて​ニーファイハ​の​まち​へ​かう​こと​も​しません​でした。

26 ​この​よう​に​かれら​は、ぜん​に​うばった​それら​の​まち​を​ぶん​たち​の​ぐんたい​で​まもろう​と​けつ​して​いた​の​です。

27 ​さて、この​とし​の​二がつ​に、わたし​の​二千​にん​の​むす​たち​の​父親ちちおや​から​おおく​の​食糧しょくりょう​が​わたしたち​の​もと​に​とどき​ました。

28 ​さらに、ゼラヘムラ​の​​から​わたしたち​の​もと​に、二千​にん​の​へい​も​おくられて​きました。この​よう​に​して、わたしたち​に​は​一​まんにん​の​へい​と、この​へい​たち​と​その​さい​たち​の​ため​の​食糧しょくりょう​が​そなわり​ました。

29 ​レーマンじん​は、この​よう​に​わたしたち​の​ぐんたい​が​増大ぞうだい​し、また​わたしたち​の​ささえ​で​ある​食糧しょくりょう​が​とどく​の​を​て​おそれ​はじめ、できれ​ば​わたしたち​に​もう​食糧しょくりょう​と​兵力へいりょく​を​​させない​よう​に​しよう​と​いう​こと​で、しゅつげき​して​る​よう​に​なり​ました。

30 ​わたしたち​は、レーマンじん​が​この​よう​に​だい​に​あん​に​なり​はじめた​の​を​る​と、かれら​に​一つ​の​さく​を​こうじたい​と​おもい​ました。そこで​アンテプス​の​めい​を​け、わたし​は​あたかも​食糧しょくりょう​を​はこんで​いる​ところ​で​ある​か​の​よう​に、わかい​むす​たち​と​ともに​近隣きんりん​の​ある​まち​へ​かけて​く​こと​に​なり​ました。

31 ​わたしたち​は​アンテパラ​の​まち​の​ちかく​を、あたかも​海岸かいがん​に​ちかい​ほう​に​ある​その​さき​の​まち​へ​かって​いる​か​の​よう​に​すすむ​こと​に​なり​ました。

32 ​そして、食糧しょくりょう​を​はこんで​その​まち​へ​かって​いる​か​の​よう​に​しんぐん​しました。

33 ​そして​アンテプス​も、まち​を​まもる​ため​に​かれ​の​ぐんたい​の​いち​を​のこし、のこり​の​へい​と​ともに​しんぐん​しました。しかし、わたし​が​ぶん​の​わかい​ぐんたい​と​ともに​アンテパラ​の​まち​に​ちかづく​まで、かれ​は​しんぐん​しません​でした。

34 ​アンテパラ​の​まち​に​は、レーマンじん​の​最強さいきょう​の​ぐんたい​が​最大さいだい​の​​で​はい​されて​いました。

35 ​さて​かれら​は、密偵みってい​から​らせ​を​ける​と、ぐんたい​を​し、わたしたち​に​かって​すすんで​ました。

36 ​そこで​わたしたち​は、かれら​の​まえ​を​北方ほっぽう​へ​げ​ました。この​よう​に​して​わたしたち​は、レーマンじん​の​もっとも​つよい​ぐんたい​を​した​の​です。

37 ​まことに、かなり​とおく​まで​し​ました。かれら​は、アンテプス​の​ぐんたい​が​全力ぜんりょく​で​って​る​の​を​る​と、みぎ​に​も​ひだり​に​も​がらず、まっすぐ​に​わたしたち​を​って​ました。いまおもう​に、かれら​は​アンテプス​に​いつかれる​まえ​に​わたしたち​を​ころし、わたしたち​の​たみ​に​かこまれる​こと​の​ない​よう​に​しよう​と​かんがえた​よう​です。

38 ​アンテプス​は、わたしたち​が​あやうい​の​を​て、こうぐん​の​そく​を​し​ました​が、しかし​まことに、よる​に​なって​しまい​ました。その​ため、レーマンじん​は​わたしたち​に​いつかず、アンテプス​も​レーマンじん​に​いつかなかった​ので、わたしたち​は​よる​の​あいだえい​しました。

39 ​そして、け​まえ​に、レーマンじん​は​また​わたしたち​を​って​ました。しかし​わたしたち​は、かれら​と​たたかえる​ほど​つよくなく、また​わたし​は​わかい​むす​たち​を​かれら​の​​に​としたくない​と​おもった​ので、その​まま​こうぐん​を​つづけ、​へ​かい​ました。

40 ​レーマンじん​は​かこまれる​こと​を​おそれて、あえて​みぎ​に​も​ひだり​に​も​がらず、わたし​も​かれら​に​いつかれる​の​を​おそれて、みぎ​に​も​ひだり​に​も​がり​ません​でした。わたしたち​は​いつかれれば​抵抗ていこう​できず​かれら​に​ころされ、かれら​は​のがれて​いた​こと​でしょう。したがって、くらく​なる​まで、わたしたち​は​一日いちにちじゅう​の​なか​を​げ​ました。

41 ​そして、また​よくじつ​が​ける​と、わたしたち​は​レーマンじん​が​って​る​の​を​て、かれら​の​まえ​から​げ​ました。

42 ​ところが、かれら​は​わたしたち​を​とおく​わない​うち​に​まり​ました。それ​は​七がつみっ​の​あさ​の​こと​でした。

43 ​わたしたち​に​は、アンテプス​が​かれら​に​いついた​の​か​どう​か​かり​ません​でした​が、わたし​は​へい​たち​に​い​ました。『よ、かれら​は​我々われわれ​に​こうげき​を​させ、我々われわれ​を​わな​に​かけて​らえる​ため​に​まった​の​かも​しれない。

44 ​したがって、わたし​の​むす​たち​よ、あなたがた​は​どう​だろう​か。かれら​と​たたかう​つもり​が​ある​か。』

45 あいする​きょうだい、モロナイ​殿どの。わたし​は​もうげ​ます。わたし​は​これまで​この​よう​な​おおいなる​ゆう​を​いち​も​た​こと​が​あり​ません。ニーファイじん​の​なか​に​は​ない​こと​でした。

46 ​わたし​が​いつも​かれら​を(みなじょう​に​わかかった​ので)わたし​の​むす​たち​と​んで​きた​よう​に、かれら​も​わたし​に、『ちち​よ、まことに、かみ​は​わたしたち​と​ともに​いて、わたしたち​が​やぶれる​こと​の​ない​よう​に​して​ください​ます。ですから、て​き​ましょう。もし​わたしたち​の​同胞はらから​が​けて​こ​なければ、わたしたち​は​かれら​を​ころし​ません。かれら​が​アンテプス​の​ぐんたい​を​ち​かす​こと​の​ない​よう​に、わたしたち​は​き​ましょう』​と​い​ました。

47 かれら​は​まだ​いち​も​たたかった​こと​が​あり​ません​でした​が、​を​おそれ​ません​でした。そして​かれら​は、ぶん​の​いのち​より​も​父親ちちおや​たち​の​ゆう​の​こと​を​かんがえて​いました。かれら​は​母親ははおや​から、うたがわなければ​かみ​が​すくって​くださる​と​おそわって​いた​の​です。

48 ​そして​かれら​は、わたし​に​母親ははおや​たち​の​こと​を​げて、『わたしたち​は、はは​たち​が​それ​を​って​いた​こと​を​うたがい​ません』​と​い​ました。

49 ​そこで、わたしたち​を​って​た​レーマンじん​と​たたかう​ため​に、わたし​は​二千​にん​の​へい​と​ともに​かえし​ました。すると、アンテプス​の​ぐんたい​が​かれら​に​おそい​かかり、はげしい​たたかい​が​はじまって​いました。

50 ​しかも、アンテプス​の​ぐんたい​は​その​よう​な​わずか​な​にち​で​ながい​みちのり​を​すすんだ​こと​で​つかれて​おり、まさに​レーマンじん​の​​に​ちよう​と​して​いた​ところ​でした。もし​わたし​が​二千​にん​の​へい​と​ともに​かえさなければ、レーマンじん​は​かれら​の​もくてき​を​たっして​いた​こと​でしょう。

51 ​アンテプス​と​かれ​の​かん​たち​の​おおく​が、こうぐん​が​はやかった​ため​に​つかれ​てて、すでに​つるぎ​に​たおれて​いた​から​です。そして​アンテプス​の​へい​たち​は、かん​たち​が​たおれた​こと​で​うろたえ、レーマンじん​の​まえ​から​退却たいきゃく​を​はじめ​ました。

52 ​そこで​レーマンじん​は​いさち、かれら​を​追撃ついげき​し​はじめ​ました。この​よう​に、レーマンじん​が​はげしい​いきおい​で​かれら​を​追撃ついげき​して​いた​とき​に、ヒラマン​が​二千​にん​の​へい​と​ともに​レーマンじん​の​はい​から​め​かかり、かれら​を​おおいに​ころし​はじめた​の​です。そこで​レーマンじん​の​ぜんぐん​は​まって、こん​は​ヒラマン​に​かい​ました。

53 ​すると​アンテプス​の​たみ​は、レーマンじん​が​き​を​てんじた​の​を​て​ぶん​たち​の​へい​を​あつめ、ふたたび​レーマンじん​の​はい​を​め​ました。

54 ​そして、わたしたち​ニーファイ​の​たみ、すなわち​アンテプス​の​たみ​と​わたし​と​わたし​の​二千​にん​の​へい​が​レーマンじん​を​かこみ、かれら​を​ころした​ので、かれら​は​かたなく​​を​わたし、りょ​と​なり​ました。

55 ​さて、かれら​が​わたしたち​に​こうふく​した​ので、わたし​は​ともに​たたかって​きた​青年せいねん​たち​が​おおぜいころされた​の​で​は​ない​か​と​心配しんぱい​に​なり、かれら​の​人数にんずう​を​かぞえ​ました。

56 ​ところが​まことに、じょう​に​うれしい​こと​に、かれら​の​なか​で​​に​たおれた​もの​は​ひと​も​いません​でした。かれら​は​まるで​かみ​の​ちから​を​た​か​の​よう​に​たたかい​ました。この​よう​に​せきてき​な​ちから​で​たたかった​ひと​は​これまで​に​ひと​も​いません。かれら​は​レーマンじん​が​きも​を​つぶす​ほど​の​おおいなる​ちから​で​かれら​に​め​かかり、その​ため​に、レーマンじん​は​こうふく​して​りょ​に​なり​ました。

57 ​また、そこ​に​は​りょ​を​レーマンじん​の​ぐんたい​から​とおざけて​って​おける​しょ​が​なかった​ので、わたしたち​は​ころされなかった​アンテプス​の​へい​の​いち​を​けて、かれら​を​ゼラヘムラ​の​​に​おくり​ました。そして、のこり​の​へい​は​わたし​が​ひきいて​わかい​​アンモンじん​に​くわえ、ユダヤ​の​まち​に​かえし​ました。」