聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

エテルしょ

第​12​章

げんしゃ​エテル、かみ​を​しんじる​よう​たみ​に​き​すすめる。モロナイ、しんこう​に​よって​おこなわれた​数々かずかず​の​​と​おどろく​べき​こと​を​列挙れっきょ​する。しんこう​に​よって​ヤレド​の​きょうだい​が​キリスト​に​まみえた​こと。しゅ​は​人々ひとびと​が​謙遜けんそん​に​なる​よう​に、人々ひとびと​に​よわさ​を​あたえられる。ヤレド​の​きょうだい​が​しんこう​に​よって​ゼリンざん​を​うつした​こと。しんこう​と​ぼう​と​あい​は​すくい​に​かせない。モロナイ、かお​と​かお​を​わせて​イエス​に​まみえる。

1 ​さて、エテル​と​コリアンタマー​は​どうだい​の​ひと​で​ある。この​​コリアンタマー​は、ぜん​を​おさめる​おう​で​あった。

2 ​エテル​は​しゅ​の​げんしゃ​で​あった。そこで、エテル​は​コリアンタマー​の​だい​に​て​って、たみ​に​げん​し​はじめた。かれ​の​うち​に​しゅ​の​たま​が​あった​ため​に、​そう​せず​に​は​おれなかった​から​で​ある。

3 かれ​は​あさ​から​​の​しずむ​まで​大声おおごえ​を​げ、ほろぼされる​こと​の​ない​よう​に、かみ​を​しんじて​あらためる​こと​を​たみ​に​すすめ、また​しんこう​に​よって​すべて​が​じょうじゅ​する​こと​を​かれら​に​げた。

4 ​さて、かみ​を​しんじる​もの​は​だれ​で​あろう​と、もっと​い​かい​を、まことに​かみ​の​みぎ​に​一つ​の​しょ​を、たしか​に​のぞむ​こと​が​できる。この​のぞみ​は​しんこう​から​しょうじ、人々ひとびと​に​とって​その​こころ​を​しっかり​と​した​どう​の​もの​に​する​いかり​と​なる。そして​その​よう​な​人々ひとびと​は​いつも​おおく​の​い​おこない​を​し、かみ​を​​あがめる​よう​に​なる。

5 ​そして、エテル​は​数々かずかず​の​おおいなる​おどろく​べき​こと​を​たみ​に​げん​した。しかし​かれら​は、現実げんじつ​に​それら​の​こと​を​なかった​ので​しんじなかった。

6 ​さて、わたし​モロナイ​は​これら​の​こと​に​ついて​少々しょうしょうべたい。しんこう​と​は​のぞんで​いながら​まだ​て​いない​もの​で​ある​こと​を、​の​人々ひとびと​に​しめしたい。あなたがた​は、ぶん​が​て​いない​から​と​いう​こと​で​うたがって​は​ならない。しんこう​が​ためされて​から​で​なければ、あかし​は​られない​から​で​ある。

7 ​キリスト​が​しゃ​の​なか​から​よみがえられた​のち、わたしたち​の​せん​に​しん​を​あらわされた​の​は、しんこう​に​よる。せん​が​キリスト​を​しんじて​から​で​なければ、キリスト​は​せん​に​しん​を​あらわされなかった。したがって、キリスト​を​しんじて​いた​人々ひとびと​が​いた​に​ちがいない。キリスト​は、ぞく​の​人々ひとびと​に​は​しん​を​あらわされなかった​から​で​ある。

8 ​しかし、人々ひとびと​が​しんじた​ので、キリスト​は​​の​人々ひとびと​に​しん​を​あらわし、御父おんちち​の​​の​えいこう​を​あらわし、さらに、ほか​の​人々ひとびと​が​てん​の​賜物たまもの​に​あずかる​もの​と​なれる​よう​に、また、かれら​が​まだ​て​いない​もの​を​のぞむ​こと​が​できる​よう​に、みち​を​そなえられた。

9 ​したがって、あなたがた​も​しんこう​を​ち​さえ​すれ​ば、のぞみ​を​つ​こと​が​でき、賜物たまもの​に​あずかる​もの​と​なれる​の​で​ある。

10 よ、むかし​の​人々ひとびと​が​かみ​の​せい​なる​くらい​に​したがって​された​の​は、しんこう​に​よる。

11 ​それで、しんこう​に​よって​モーセ​の​りっぽう​が​あたえられた。しかし​かみ​は、おん​を​おくる​こと​に​よって​もっと​​すばらしい​ほうほう​を​そなえられた。そして、しんこう​に​よって、モーセ​の​りっぽう​が​じょうじゅ​した​の​で​ある。

12 ​もしも​ひと​の​ら​の​なか​に​まったく​しんこう​が​なければ、かみ​は​ひと​の​ら​の​なか​で​なんの​せき​も​おこなう​こと​が​お​でき​に​ならない。したがって、かれら​が​しんじて​から​で​なければ、かみ​は​しん​を​あらわされなかった。

13 よ、ろう​を​​に​たおした​の​は、アルマ​と​アミュレク​の​しんこう​で​あった。

14 よ、レーマンじん​に​へん​を​しょうじ​させて、かれら​に​​と​聖霊せいれい​に​よる​バプテスマ​を​け​させた​の​は、ニーファイ​と​リーハイ​の​しんこう​で​あった。

15 よ、レーマンじん​の​なか​で​​あの​よう​に​おおきな​せき​を​おこなった​の​は、​アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​の​しんこう​で​あった。

16 ​そして、せき​を​おこなった​もの​は​みな、キリスト​ぜん​に​いた​もの​で​も、キリスト​​に​いた​もの​で​も、しんこう​に​よって​せき​を​おこなった。

17 ​三にん​の​​たち​が​​を​あじわわない​と​いう​やくそく​を​た​の​は、しんこう​に​よる​もの​で​あった。しかし​かれら​は、しんじて​から​で​なければ、その​やくそく​を​なかった。

18 ​どの​よう​な​とき​で​も、しんじて​から​で​なければ​せき​を​おこなった​もの​は​いない。したがって、せき​を​おこなった​もの​は​まず​かみ​の​おん​を​しんじた​の​で​ある。

19 ​キリスト​が​られる​ぜん​に​も、じょう​に​ふかい​しんこう​を​って​いた​人々ひとびと​が​おおく​おり、これら​の​ひと​は​まく​の​うちがわ​を​る​の​を​きんじられなかった​ので、かれら​は​じっさい​に​ぶん​の​​で​様々さまざま​な​もの​を​た。それら​の​もの​は、かれら​が​すでに​しんこう​の​​で​て​いた​もの​で​ある。そして、かれら​は​よろこんだ。

20 よ、この​ろく​で​かる​よう​に、これら​の​ひと​の​なか​の​ひと​が​ヤレド​の​きょうだい​で​あった。かみ​を​しんじる​かれ​の​しんこう​が​じょう​に​ふかかった​ので、かみ​は​ぶん​の​ゆび​を​し​べられた​とき​に、ヤレド​の​きょうだい​の​​から​その​ゆび​を​かくす​こと​が​お​でき​に​ならなかった。かみ​が​ぜん​に​かれ​に​われた​こと​が​あった​から​で​ある。その​こと​は、ヤレド​の​きょうだい​が​しんこう​に​よって​た​もの​で​ある。

21 ​また、しゅ​の​ゆび​を​た​のち、ヤレド​の​きょうだい​に​は​しんこう​に​よって​た​やくそく​が​あった​ので、しゅ​は​かれ​の​​から​なにも​かくす​こと​が​お​でき​に​ならなかった。そこで、しゅ​は​かれ​に​すべて​の​もの​を​お​せ​に​なった。かれ​は​もはや​まく​の​外側そとがわ​に​とどめられなかった​から​で​ある。

22 ​また、これら​の​こと​が​ほうじん​を​つうじて​同胞はらから​に​つたわる​と​いう​やくそく​を​わたし​の​せん​が​た​の​も、しんこう​に​よる。その​ため​に、しゅ​は、すなわち​イエス・​キリスト​は、わたし​に​めいじられた​の​で​ある。

23 ​わたし​は​しゅ​に​った。「しゅ​よ、わたしたち​の​もの​を​しるす​ちから​が​よわい​ので、ほうじん​は​これら​の​こと​を​あざける​でしょう。しゅ​よ、あなた​は​わたしたち​を、しんこう​に​よって​こと​に​ちから​の​ある​もの​と​され​ました​が、もの​を​しるす​ちから​の​ある​もの​と​は​され​ません​でした。あなた​は​この​たみ​に​聖霊せいれい​を​お​さずけ​に​なり、聖霊せいれい​の​ため​に​すべて​の​もの​が​おおいに​かたれる​よう​に​され​ました。

24 ​また、わたしたち​の​​が​よう​で​あった​ため​に、わたしたち​が​わずか​しか​けない​よう​に​され​ました。まことに、あなた​は​わたしたち​を、ヤレド​の​きょうだい​の​よう​に​もの​を​しるす​ちから​の​ある​もの​と​は​され​ません​でした。あなた​は​ヤレド​の​きょうだい​を​もの​を​しるす​ちから​の​ある​もの​と​された​ので、かれ​の​しるした​こと​は​あなた​しん​の​よう​に​ちからづよく、それ​を​む​もの​を​あっとう​する​ほど​の​もの​と​なり​ました。

25 ​あなた​は​また、わたしたち​の​こと​を​ちからづよく​また​おおいなる​もの​と​し、わたしたち​が​それ​を​しるせない​ほど​の​もの​と​され​ました。その​ため、わたしたち​は​しるす​とき​に、わたしたち​の​よわさ​を​り、また​わたしたち​の​こと​の​用法ようほう​を​あやまって​しまい​ます。ですから、ほうじん​が​わたしたち​の​こと​を​​あざける​の​で​は​ない​か​と​心配しんぱい​です。」

26 ​わたし​が​この​よう​に​う​と、しゅ​は​わたし​に​われた。「おろか​もの​は​​あざける​が、のち​に​なげき​かなしむ。わたし​の​めぐみ​は​にゅう​な​もの​に​十分じゅうぶん​で​あり、かれら​が​あなた​の​よわさ​に​む​こと​は​ない。

27 ​もし​ひと​が​わたし​の​もと​に​る​なら​ば、わたし​は​かれら​に​各々おのおの​の​よわさ​を​しめそう。わたし​は​ひと​を​謙遜けんそん​に​する​ため​に、ひと​に​よわさ​を​あたえる。わたし​の​まえ​に​​へりくだる​すべて​の​もの​に​たいして、わたし​の​めぐみ​は​十分じゅうぶん​で​ある。もし​かれら​が​わたし​の​まえ​に​へりくだり、わたし​を​しんじる​なら​ば、その​とき、わたし​は​かれら​の​よわさ​を​つよさ​に​えよう。

28 よ、わたし​は​ほうじん​に​かれら​の​よわさ​を​しめし、また​しんこう​と​ぼう​と​あい​が​かれら​を​わたし​の​もと​に、すなわち、あらゆる​​の​みなもと​に​みちびく​こと​を​かれら​に​しめそう。」

29 ​わたし​モロナイ​は、これら​の​こと​を​く​と​なぐさめ​を​て​った。「おお、しゅ​よ、あなた​の​​の​こころ​が​おこなわれ​ます​よう​に。わたし​は​あなた​が​ひと​の​ら​の​ため​に、かれら​の​しんこう​に​おうじて​はたらかれる​こと​を​ぞんじて​います。

30 ​ヤレド​の​きょうだい​が​ゼリンざん​に​かって、『うつれ』​と​う​と、うつり​ました。もし​かれ​に​しんこう​が​なかった​なら​ば、うつらなかった​でしょう。ですから、人々ひとびと​が​しんこう​を​った​のち​に、あなた​は​はたらかれ​ます。

31 ​この​よう​に​あなた​は、​たち​に​しん​を​あらわされ​ました。かれら​が​しんこう​を​ち、あなた​の​​に​よって​かたった​のち​に、あなた​は​おおいなる​ちから​を​もって​かれら​に​しん​を​あらわされ​ました。

32 ​わたし​は​また、あなた​の​われた​こと​を​おぼえて​います。あなた​は​御父おんちち​の​まい​の​なか​に、ひと​の​ため​に​む​ところ​を​よう​した​と​われ​ました。ひと​が​もっと​おおきな​ぼう​を​てる​よう​に​する​ため​でした。ですから、ひと​は​ぼう​を​たなければ​なりません。さもなければ、あなた​の​よう​して​くださった​しょ​に​ぎ​を​る​こと​が​でき​ません。

33 ​さらに、わたし​は​あなた​の​われた​こと​を​おぼえて​います。あなた​は、​の​ため​に​ぶん​の​いのち​を​てる​ほど​この​を​あいした​と​われ​ました。あなた​は​ふたたび​ぶん​の​いのち​を​て、ひと​の​ら​の​ため​の​しょ​を​よう​する​ため​に、ぶん​の​いのち​を​てられた​の​です。

34 ​あなた​が​ひと​の​ら​に​たいして​いだいて​おられた​この​あい​が​あい​で​ある​こと​を、わたし​は​ぞんじて​います。ですから、ひと​は​あい​を​たなければ、あなた​が​御父おんちち​の​まい​に​よう​して​くださった​しょ​を​ぐ​こと​が​でき​ません。

35 ​ですから、あなた​の​われた​この​こと​から、もし​ほうじん​が​わたしたち​の​よわさ​を​て​あい​を​たなければ、あなた​は​かれら​を​ためし、かれら​の​​タラント​を、かれら​が​すでに​て​いる​もの​まで​も​げて、もっと​ゆたか​に​って​いる​もの​たち​に​あたえられる​と​いう​こと​が​かり​ます。」

36 ​そして​わたし​は、ほうじん​が​あい​を​てる​よう​に、しゅ​が​かれら​に​めぐみ​を​さずけて​くださる​こと​を​しゅ​に​いのった。

37 ​そこで​しゅ​は​わたし​に​われた。「たとえ​かれら​に​あい​が​なくて​も、あなた​に​とって​は​問題もんだい​で​は​ない。あなた​は​ちゅうじつ​で​あった​ので、あなた​の​ころも​は​きよく​される​で​あろう。また、あなた​は​ぶん​の​よわさ​を​みとめた​ので、つよく​されて、わたし​が​ちち​の​まい​に​よう​した​しょ​に​せる​よう​に​なる​で​あろう。」

38 ​さて、わたし​モロナイ​は、キリスト​の​さばき​の​​の​まえ​で​う​とき​まで、ほうじん​と​わたし​の​あいする​同胞はらから​に​わかれ​を​げる。その​さばき​の​​の​まえ​で、すべて​の​ひと​は、わたし​の​ころも​が​あなたがた​の​​で​けがれて​いない​こと​を​る​で​あろう。

39 ​また​その​とき、あなたがた​は​わたし​が​イエス​に​​まみえた​こと​と、イエス​が​かお​と​かお​を​わせて​わたし​と​はなし​を​された​こと​と、ひと​が​ひと​に​かたる​よう​に​まったく​謙遜けんそん​に、イエス​が​わたし​の​げん​で​わたし​に​これら​の​こと​に​ついて​はなされた​こと​を​る​で​あろう。

40 ​しかし、わたし​は​もの​を​しるす​ちから​が​よわい​ので、すこし​しか​しるさなかった。

41 ​わたし​は、げんしゃ​たち​と​使​たち​が​しるして​きた​イエス​を​もとめる​よう​に、あなたがた​に​すすめたい。そう​すれ​ば、ちち​なる​かみ​と​しゅ​イエス・​キリスト​と、この​ふたかた​の​こと​を​あかし​される​聖霊せいれい​の​めぐみ​が、とこしえ​に​あなたがた​の​うち​に​とどまる​で​あろう。アーメン。