聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

エテルしょ

第​3​章

ヤレド​の​きょうだいしゅ​が​十六​​の​いし​に​れられた​とき​に​しゅ​の​ゆび​を​る。キリスト、ヤレド​の​きょうだい​に​ぶん​の​霊体れいたい​を​お​せ​に​なる。完全かんぜん​な​しき​を​つ​もの​は、まく​の​うちがわ​を​る​こと​を​きんじられない。ヤレドじん​の​ろく​を​あかるみ​に​す​ため​に​かいやく​が​じゅん​される。

1 ​さて(この​とき​に​じゅん​された​ふね​の​かず​は​八​せき​で​あった)、ヤレド​の​きょうだい​は、じょう​に​たかい​ため​に​かれら​が​シーレムさん​と​けた​やま​に​き、一つ​の​いわ​から​十六​​の​ちいさな​いし​を​かし​した。その​いし​は​しろく、とおって​おり、とうめい​な​ガラス​の​よう​で​あった。そして、かれ​は​それら​の​いし​を​りょう​に​って​やま​の​頂上ちょうじょう​に​のぼり、ふたたび​しゅ​に​いのって​った。

2 「おお、しゅ​よ、あなた​は、わたしたち​が​かならず​みず​の​ふかみ​に​かこまれる​と​われ​ました。まことに、おお、しゅ​よ、あなた​の​しもべ​が​あなた​の​まえ​に​あって​よわい​から​と​いう​こと​で、あなた​の​しもべ​を​お​いかり​に​ならないで​ください。わたしたち​は​あなた​が​せい​なる​かた​で​あり、てん​に​んで​おられる​こと、そして​わたしたち​が​あなた​の​まえ​に​る​に​りない​もの​で​ある​こと​を​ぞんじて​います。らく​の​ため​に、わたしたち​の​性質せいしつ​は​えず​わるく​なって​います。に​も​かかわらず、おお、しゅ​よ、あなた​は​わたしたち​に​いましめ​を​あたえられ、わたしたち​の​のぞみ​に​おうじて​あなた​から​られる​よう​に​あなた​に​い​ねがわなければ​ならない​と​われ​ました。

3 ​まことに、おお、しゅ​よ、あなた​は​わたしたち​の​ざいあく​の​ため​に​わたしたち​を​ち、わたしたち​を​され​ました。そして、わたしたち​は​これまで​なん年間ねんかん​も​​で​らして​きました。それでも、あなた​は​わたしたち​に​あわれみ​を​かけられ​ました。おお、しゅ​よ、わたしたち​を​あわれ​と​おもい、あなた​の​この​たみ​から​あなた​の​いかり​を​とおざけ、この​たみ​が​くらやみ​の​なか​で​この​れ​くるう​ふかみ​を​えて​く​こと​の​ない​よう​に​して​ください。わたし​が​いわ​から​かし​した​これら​の​もの​を​らん​ください。

4 ​おお、しゅ​よ、わたし​は​あなた​が​いっさい​の​けん​を​お​ち​で​あり、あなた​が​ひと​の​ため​に​のぞまれる​こと​は​なんでも​お​でき​に​なる​こと​を​ぞんじて​います。ですから、おお、しゅ​よ、これら​の​いし​に​あなた​の​ゆび​で​れて、これら​の​いし​が​くらやみ​の​なか​で​ひかり​を​はなつ​もの​と​なる​よう​に​して​ください。そう​すれ​ば、これら​の​いし​は​わたしたち​が​じゅん​した​ふね​の​なか​で​わたしたち​の​ため​に​ひかり​を​はなち、わたしたち​は​う み​を​わたる​あいだひかり​を​る​こと​が​できる​でしょう。

5 ​まことに、おお、しゅ​よ、あなた​に​は​これ​が​お​でき​に​なり​ます。わたしたち​は​あなた​が​おおいなる​ちから​を​しめされる​こと​を​ぞんじて​います。その​ちから​は​人々ひとびと​の​かい​で​は​ちいさく​え​ます​が、じつは​おおいなる​もの​です。」

6 ​そして、ヤレド​の​きょうだい​が​これら​の​こと​を​べ​える​と、よ、しゅ​は​​を​し​べて、ゆび​で​ひとつ​ひとつ​いし​に​れられた。すると、ヤレド​の​きょうだい​の​​から​まく​が​のぞかれ、かれ​は​しゅ​の​ゆび​を​た。それ​は​ひと​の​ゆび​の​よう​で、けつにく​の​ゆび​に​て​いた。ところが、ヤレド​の​きょうだい​は​きょう​に​たれ​しゅ​の​まえ​に​たおれた。

7 しゅ​は​ヤレド​の​きょうだい​が​​に​たおれた​の​を​て、かれ​に​われた。「がり​なさい。なぜ​あなた​は​たおれた​の​か。」

8 ​そこで​かれ​は​しゅ​に​こたえた。「わたし​は​しゅ​の​ゆび​を​て、しゅ​に​たれる​の​で​は​ない​か​と​おそれ​ました。しゅ​が​けつにく​を​お​ち​で​ある​こと​を​らなかった​から​です。」

9 ​すると​しゅ​は​かれ​に​われた。「あなた​は​しんこう​が​ある​ので、わたし​が​将来しょうらいけつにく​を​ける​の​を​た​の​で​ある。これまで​に​あなた​の​よう​な​ふかい​しんこう​を​もって、わたし​の​まえ​に​た​もの​は​ひと​も​いない。もし​そう​で​なければ、あなた​は​わたし​の​ゆび​を​る​こと​が​できなかった​で​あろう。あなた​は​これ​がい​に​なにか​を​た​か。」

10 ​そこで​かれ​は​こたえた。「いいえ。しゅ​よ、わたし​に​しん​を​あらわして​ください。」

11 ​すると​しゅ​は​かれ​に​われた。「あなた​は​わたし​が​げる​こと​を​しんじる​か。」

12 ​そこで、かれ​は​こたえた。「はい。しゅ​よ、わたし​は​あなた​が​真実しんじつ​を​げられる​こと​を​ぞんじて​います。あなた​は​しん​の​かみ​で​あり、いつわり​を​われる​こと​は​あり​ません。」

13 かれ​が​これら​の​こと​を​べ​える​と、よ、しゅ​は​かれ​に​しん​を​あらわして​われた。「あなた​は​これら​の​こと​を​って​いる​ので、らく​から​あがなわれ、わたし​の​まえ​に​れ​もどされて​いる。そこで、わたし​は​あなた​に​わたし​しん​を​あらわす。

14 よ、わたし​は、ぶん​の​たみ​を​あがなう​ため​に​​の​はじめ​から​そなえられた​もの​で​ある。わたし​は​イエス・​キリスト​で​ある。わたし​は​ちち​で​あり、​で​ある。わたし​に​よって​ぜんじんるい​は​いのち​を​る。すなわち、わたし​の​​を​しんじる​もの​は​永遠えいえん​に​いのち​を​る。そして、これら​の​もの​は​わたし​の​むす​と​なり、むすめ​と​なる。

15 ​わたし​は、これまで​わたし​の​つくった​もの​に​いち​も​わたし​しん​を​あらわした​こと​は​ない。あなた​ほど​ふかく​わたし​を​しんじた​もの​が​いなかった​から​で​ある。あなた​は、あなたがた​が​わたし​しん​の​かたち​に​つくられて​いる​こと​が​かった​か。まことに、すべて​の​ひと​は​はじめ​に​わたし​しん​の​かたち​に​つくられた​の​で​ある。

16 よ、あなた​が​いまて​いる​この​からだ​は、わたし​の​れい​の​からだ​で​ある。わたし​は​ぶん​の​れい​の​からだ​に​ならって​ひと​を​つくった。わたし​は​いまれい​の​じょうたい​で​あなた​に​あらわれて​いる​よう​に、将来しょうらいにく​に​あって​わたし​の​たみ​に​あらわれる。」

17 ​さて、わたし​モロナイ​は、しるされて​いる​これら​の​こと​に​ついて、すべて​を​しるす​こと​は​できない​と​まえ​に​べた​ので、つぎ​の​こと​を​え​ば​わたし​に​とって​十分じゅうぶん​で​ある。すなわち​イエス​は、ニーファイじん​に​しん​を​あらわされた​とき​と​おなじ​よう​に、おなじ​からだ​の​かたち​で、れい​の​じょうたい​で​この​ひと​に​しん​を​あらわされた。

18 ​また​イエス​は、ニーファイじん​を​おしえ​みちびかれた​よう​に、かれ​を​も​おしえ​みちびかれた。これ​は​すべて、しゅ​が​これまで​この​ひと​に​しめされた​おおく​の​おおいなる​わざ​に​よって、ぶん​が​かみ​で​あられる​こと​を​かれ​に​らせる​ため​で​あった。

19 ​この​ひと​は​しき​が​あった​ので、まく​の​うちがわ​を​る​の​を​きんじられなかった。そして​かれ​は、イエス​の​ゆび​を​て、た​とき​に​おそれて​たおれて​しまった。それ​が​しゅ​の​ゆび​で​ある​こと​を​った​から​で​ある。かれ​が​て​いる​もの​は、もはや​しんこう​で​は​なかった。なぜなら、かれ​は​なんの​うたがい​も​なく​った​から​で​ある。

20 ​したがって、かれ​は​かみ​に​ついて​の​この​完全かんぜん​な​しき​を​た​ので、まく​の​うちがわ​を​る​の​を​きんじられなかった。それゆえ​かれ​は、イエス​に​まみえ、イエス​から​おしえ​と​みちびき​を​さずけられた​の​で​あった。

21 ​さて、しゅ​は​ヤレド​の​きょうだい​に​われた。「よ、わたし​が​にく​に​あって​わたし​の​​に​えいこう​を​ける​とき​が​る​まで、あなた​は​き​した​これら​の​こと​を、​の​人々ひとびと​に​おおやけ​に​して​は​ならない。あなた​は​き​した​こと​を​こころ​に​めて​おき、だれ​に​も​それ​を​らせて​は​ならない。

22 よ、あなた​は​わたし​の​もと​に​る​とき、これら​の​こと​を​しるし、それ​を​ふうじて、だれ​も​これら​の​こと​を​解釈かいしゃく​できない​よう​に​しなさい。あなた​は​人々ひとびと​が​めない​げん​で​これら​の​こと​を​しるす​ので、だれ​も​む​こと​が​できない。

23 よ、これら​の​​二つ​の​いし​を​あなた​に​あたえよう。あなた​は​しるす​こと​と​ともに、これら​の​いし​も​ふうじ​なさい。

24 よ、あなた​が​しるす​げん​は​わたし​が​すでに​みだした​ので、わたし​は​ぶん​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に、あなた​が​しるす​これら​の​こと​を、これら​の​いし​に​よって​人々ひとびと​の​​に​あきらか​に​させよう。」

25 しゅ​は​これら​の​こと​を​かたる​と、かつて​この​に​いた​​の​​すべて​の​たみ​と、これから​この​に​る​すべて​の​たみ​を​ヤレド​の​きょうだい​に​お​せ​に​なった。また​しゅ​は​かれら​を、​の​て​に​いたる​まで​かれ​に​せず​に​は​おかれなかった。

26 しゅ​は​ぜん​に​なん​か、​もし​ぶん​を​しんじる​なら​ば​​あらゆる​もの​を​せる​こと​が​できる、かならず​せる​と、かれ​に​って​おられた。そこで​しゅ​は、かれ​に​何事なにごと​も​せず​に​は​おかれなかった。かれ​は、しゅ​が​あらゆる​もの​を​ぶん​に​せる​こと​が​お​でき​に​なる​こと​を、って​いた​から​で​ある。

27 しゅ​は​かれ​に​われた。「これら​の​こと​を​しるして​ふうじ​なさい。わたし​は​ぶん​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に、これら​の​こと​を​ひと​の​ら​に​らせよう。」

28 ​そして​しゅ​は​かれ​に、かれ​の​った​二つ​の​いし​も​ふうじて、しゅ​が​これら​の​こと​を​ひと​の​ら​に​しめされる​とき​まで、これ​を​しめして​は​ならない​と​めいじられた。