聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

エテルしょ

第​6​章

ヤレドじん​の​ふね​は​かぜ​に​はこばれて​やくそく​の​​に​かう。たみ​は​しゅ​の​いつくしみ​を​おもい、しゅ​を​ほめ​たたえる。オライハ、たみ​を​おさめる​おう​に​えらばれる。ヤレド​と​かれ​の​きょうだいぬ。

1 ​さて、わたし​モロナイ​は、ヤレド​と​かれ​の​きょうだい​に​ついて​の​ろく​を​き​すすめよう。

2 ​さて、ヤレド​の​きょうだい​が​やま​に​って​のぼった​いし​を​しゅ​が​そなえて​くださった​のち、ヤレド​の​きょうだい​は​やま​を​くだり、すでに​じゅん​して​おいた​ふね​の​なか​の、へさき​と​とも​に​その​いし​を​一つ​ずつ​いた。すると​よ、その​いし​に​よって​ふね​の​なか​が​あかるく​なった。

3 ​この​よう​に​しゅ​は、くらやみ​の​なか​で​いし​が​かがやく​よう​に​して、おとこ​や​おんなども​たち​が​くらやみ​の​じょうたい​で​おおう み​を​わたらなくて​も​よい​よう​に、かれら​に​ひかり​を​あたえられた。

4 ​さて、かれら​は​う み​の​うえ​で​らせる​よう​に、あらゆる​食物しょくもつ​を​じゅん​し、また​大小だいしょう​の​ちく​の​れ​と、いっしょ​に​れてく​あらゆる​けもの​や​動物どうぶつ​や​とり​の​ため​の​えさ​も​じゅん​した。そして、これら​の​こと​を​すべて​える​と、かれら​の​はしけ​の​よう​な​ふね​に​み、しゅ​なる​かみ​に​​を​たくして​う み​に​た。

5 ​そこで​しゅ​なる​かみ​は、みず​の​おもて​に​やくそく​の​​に​かって​く​はげしい​かぜ​を​こされた。その​ため​に、ふね​は​かぜ​を​けて​う み​の​なみ​の​うえ​を​はこばれて​った。

6 ​そして​ふね​は、くだける​やま​の​よう​な​なみ​と、はげしい​かぜ​に​よって​しょうじた​すさまじい​だいぼうふう​の​ため​に、なん​も​う み​の​ふかみ​に​しずめられた。

7 ​さて、かれら​の​ふね​は​ふかみ​に​しずめられて​も、さら​の​よう​に​​が​なく、ノア​の​箱船はこぶね​の​よう​に​しっかり​して​みず​が​らなかった​ので、かれら​は​すこしも​みず​に​よる​がい​を​けなかった。そこで​かれら​は、う み​の​ふかみ​に​しずむ​と、しゅ​に​さけび​もとめた。すると、しゅ​は​ふね​を​ふたたび​水面すいめん​に​もどされた。

8 ​そして、ふね​が​海上かいじょう​に​ある​あいだかぜ​は​いち​も​やむ​こと​なく​やくそく​の​​に​かって​き​つづけた。その​ため​に、かれら​は​かぜ​を​けて​すすんだ。

9 ​そして、かれら​は​しゅ​に​さん​の​うた​を​うたった。まことに、ヤレド​の​きょうだい​は​しゅ​に​さん​の​うた​を​うたい、一日いちにちじゅうしゅ​に​感謝かんしゃ​し、しゅ​を​ほめ​たたえた。よる​に​なって​も、かれら​は​しゅ​を​ほめ​たたえる​の​を​やめなかった。

10 ​この​よう​に​して、かれら​は​すすんで​き、う み​の​怪物かいぶつ​も​かれら​の​ふね​を​く​こと​が​できず、くじら​も​かれら​の​ふね​を​がいする​こと​が​できなかった。また、海上かいじょう​に​ある​とき​も、海中かいちゅう​に​ある​とき​も、いつも​かれら​に​は​ひかり​が​あった。

11 ​この​よう​に​して、ふね​は​海上かいじょう​を​三百四十四​にちかんはこばれて​った。

12 ​そして、かれら​は​やくそく​の​​の​海岸かいがん​に​じょうりく​した。かれら​は​やくそく​の​​の​海岸かいがん​に​あし​を​み​ろす​と、​の​おもて​に​ひれして​しゅ​の​まえ​に​へりくだり、しゅ​が​ふかい​あわれみ​を​ゆたか​に​かけて​くださった​こと​に​ついて、しゅ​の​まえ​に​よろこび​の​なみだ​を​ながした。

13 ​そして​かれら​は、​の​おもて​に​て​き、​を​たがやし​はじめた。

14 ​ヤレド​に​は​四​にん​の​むす​が​おり、その​むす​は​ジェコム、ギルガ、メーハ、オライハ​と​ばれた。

15 ​また、ヤレド​の​きょうだい​も​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。

16 ​また、ヤレド​の​友人ゆうじん​たち​と​ヤレド​の​きょうだい​の​友人ゆうじん​たち​の​人数にんずう​は​およそ​二十二​にん​で​あり、かれら​も​やくそく​の​​に​る​まえ​に​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけて​いた。その​ため​に​かれら​は​おおく​なり​はじめた。

17 かれら​は​しゅ​の​まえ​を​へりくだって​あゆむ​こと​を​おしえられ、てん​から​も​おしえ​を​けた。

18 ​そして​かれら​は、​の​おもて​に​ひろがり、えて、​を​たがやし​はじめ、その​​で​つよく​なった。

19 ​ヤレド​の​きょうだい​は​い​が​すすんで、もなく​はか​に​はいらなければ​ならない​こと​を​った。そこで、かれ​は​ヤレド​に​った。「わたしたち​の​たみ​の​人数にんずう​を​かぞえる​ため​に、また​わたしたち​が​はか​に​はいる​まえ​に、たみ​が​わたしたち​に​なに​を​のぞむ​か​を​る​ため​に、たみ​を​あつめよう。」

20 ​そこで、たみ​が​あつめられた。ヤレド​の​きょうだい​の​むすむすめ​の​人数にんずう​は​二十二​にん、ヤレド​の​むすむすめ​の​人数にんずう​は​十二​にん​で、ヤレド​に​は​四​にん​の​むす​が​いた。

21 ​さて、かれら​は​たみ​の​人数にんずう​を​かぞえた。そして、人数にんずう​を​かぞえ​える​と、かれら​は​ぶん​たち​が​はか​に​はいる​まえ​に​なに​を​して​ほしい​か、たみ​に​たずねた。

22 ​そこで​たみ​は、かれら​の​むす​たち​の​なか​の​ひと​に​あぶら​を​そそいで、たみ​を​おさめる​おう​に​する​よう​に​もとめた。

23 ​さて​よ、これ​は​かれら​に​とって​なげかわしい​こと​で​あった。そこで、ヤレド​の​きょうだい​は、「その​よう​な​こと​を​すれ​ば、かならず​とらわれ​の​​に​おちいる​こと​に​なる」と​たみ​に​った。

24 ​しかし、ヤレド​は​かれ​の​きょうだい​に、「かれら​が​おう​を​つ​の​を​ゆるそう」と​った。そこで​ヤレド​の​きょうだい​は、「わたしたち​の​むす​たち​の​なか​から、あなたがた​が​のぞむ​もの​を​おう​に​えらび​なさい」と​たみ​に​った。

25 ​そこで、かれら​は​ヤレド​の​きょうだい​の​ちょうなん​を​えらんだ。かれ​の​​は​ペーガグ​と​いった。ところが、かれ​は​ことわって、おう​に​なろう​と​しなかった。そこで​たみ​は​かれ​の​ちち​に、かれ​を​なんと​して​で​も​おう​に​する​よう​に​ねがった​が、ちち​は​そう​しよう​と​せず、おう​に​なる​こと​を​だれ​に​も​いて​は​ならない​と​たみ​に​めいじた。

26 ​そして、たみ​は​ペーガグ​の​きょうだい​を​次々つぎつぎ​に​えらんだ​が、かれら​は​だれ​も​おうじなかった。

27 ​そして、ヤレド​の​むす​たち​も、ただ​ひと​を​のぞいて​だれ​も​のぞまなかった​ので、オライハ​が​あぶら​を​そそがれて、たみ​を​おさめる​おう​に​なった。

28 ​そして、オライハ​が​とう​し​はじめ、たみ​は​さかえる​よう​に​なり、じょう​に​ゆたか​に​なった。

29 ​そして、ヤレド​が​に、かれ​の​きょうだい​も​んだ。

30 ​そして、オライハ​は​しゅ​の​まえ​を​へりくだって​あゆみ、しゅ​が​かれ​の​ちち​の​ため​に​どれ​ほど​だい​な​こと​を​おこなわれた​か​を​おぼえ、また​しゅ​が​たみ​の​せん​の​ため​に​どれ​ほど​おおいなる​こと​を​おこなわれた​か​を​たみ​に​おしえた。