聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

エテルしょ

第​8​章

おうこく全体ぜんたい​に​たいりつ​と​あらそい​が​ある。エーキシ、おう​を​ころす​ため​に​ちかい​の​こと​で​むすばれた​みつけっしゃ​を​つくる。みつけっしゃ​は​あく​から​た​もの​で​あり、けっきょく​は​くにぐに​を​ほろぼす。あらゆる​、あらゆる​こくみん、あらゆる​くにぐに​の​ゆう​を​くつがえそう​と​する​みつけっしゃ​に​ついて、現代げんだい​の​ほうじん​に​けいこく​が​はっせられる。

1 ​さて、シュール​は​オメル​を​もうけ、オメル​が​シュール​に​わって​とう​した。また、オメル​は​ヤレド​を​もうけ、ヤレド​は​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。

2 ​そして、ヤレド​は​ちち​に​そむき、ヘテ​の​​に​って​んだ。かれ​は​たくみ​な​こと​で​おおく​の​ひと​に​へつらい、とうとう​おうこく​の​半分はんぶん​を​る​に​いたった。

3 ​そして​かれ​は​おうこく​の​半分はんぶん​を​る​と、ちち​を​め、ちち​を​れ​って​とらわれ​の​じょうたい​に​き、とらわれ​の​じょうたい​で​つかえ​させた。

4 ​オメル​は​かれ​の​とう​の​あいだ生涯しょうがい​の​半分はんぶん​を​とらわれ​の​​で​ごした。それから​かれ​は​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけ、その​なか​に​エズロム​と​コリアンタマー​が​いた。

5 ​この​ふた​は​ぶん​たち​の​あに​ヤレド​の​おこなった​こと​を​じょう​に​いかり、ぐんたい​を​しき​して​ヤレド​を​めた。そして​よる​に​まぎれて、ふた​は​かれ​を​めた​の​で​ある。

6 ​そして​かれら​は、ヤレド​の​ぐんたい​を​ほろぼして​しまう​と、ヤレド​も​ころして​しまおう​と​した。すると​ヤレド​は、ころさないで​ほしい、そう​すれ​ば​おうこく​を​ちち​に​ゆずわたそう​と​って​懇願こんがん​した。そこで​かれら​は​かれ​の​いのち​を​ゆるした。

7 ​さて、ヤレド​は​おうこく​と​​の​ほまれ​に​執着しゅうちゃく​して​いた​ので、おうこく​を​うしなった​こと​を​じょう​に​かなしく​おもった。

8 ​ところで、ヤレド​の​むすめ​は​じょう​に​こう​で​あった​ので、ちち​が​かなしんで​いる​の​を​て、ちち​の​ため​に​おうこく​を​もどす​さく​を​こうじよう​と​した。

9 ​ヤレド​の​むすめ​は​じょう​に​うつくしかった。そこで​彼女かのじょ​は​ちち​と​かたって​った。「ちちうえ​は​どうして​その​よう​に​ひどく​かなしんで​おられる​の​です​か。わたしたち​の​せん​が​おおいなる​ふかみ​を​わたって​ってた​ろく​を、お​み​に​なった​こと​が​ない​の​です​か。みつ​の​はかりごと​に​よって​おう​と​おおきな​えい​を​た、むかし​の​人々ひとびと​に​ついて​の​はなし​が​ある​で​は​あり​ません​か。

10 ちちうえ、キムノル​の​むす​の​エーキシ​を​むかえ​に​やって​ください。まことに、わたし​は​うつくしい​ので、かれ​の​まえ​で​おどり、かれ​を​よろこばせて、わたし​を​つま​に​したい​と​おもわせる​よう​に​しましょう。もし​かれ​が​わたし​を​つま​に​したい​と​ちちうえ​に​ねがったら、その​とき​ちちうえ​は、『おう​で​ある​わたし​の​ちち​の​くび​を​わたし​の​ところ​に​って​れば​むすめ​を​あたえよう』​と​って​ください。」

11 ​オメル​は​エーキシ​の​友人ゆうじん​で​あった。さて、ヤレド​が​エーキシ​を​むかえ​に​やる​と、ヤレド​の​むすめ​は​かれ​の​まえ​で​おどって​かれ​を​よろこばせた​ので、かれ​は​彼女かのじょ​を​つま​に​したい​と​おもった。そして、かれ​は​ヤレド​に、「あなた​の​むすめ​を​わたし​に​つま​として​ください」と​った。

12 ​そこで、ヤレド​は​かれ​に​った。「おう​で​ある​わたし​の​ちち​の​くび​を​わたし​の​ところ​に​って​れば​むすめ​を​あたえよう。」

13 ​そこで​エーキシ​は、ヤレド​の​いえ​に​ぶん​の​親族しんぞく​を​みなあつめて​った。「わたし​が​これから​たのむ​こと​に​ついて、わたし​に​忠誠ちゅうせい​を​ちかって​くれる​だろう​か。」

14 ​そこで​かれら​は​みな、エーキシ​が​もとめた​援助えんじょ​を​おこなわない​もの​は​だれでも​くび​を​はねられ、また、エーキシ​から​らされた​こと​を​何事なにごと​で​も​らす​もの​は​だれでも​いのち​を​うしなう​と、てん​の​かみ​に​かけて、また​てん​に​かけ、​に​かけて、さらに​ぶん​の​あたま​に​かけて​かれ​に​ちかった。

15 ​そして、かれら​は​エーキシ​に​どう​した。そこで​エーキシ​は、けんりょく​を​もとめて​むかし​の​人々ひとびと​が​おこなった​ちかい​を​かれら​に​て​させた。これら​の​ちかい​は、​の​はじめ​から​人殺ひとごろし​で​あった​​カイン​から​つたえられて​きた​もの​で​ある。

16 ​この​ちかい​は、たみ​に​この​ちかい​を​て​させて​たみ​を​くらやみ​の​なか​に​とどめる​ため​に、また​けんりょく​を​もとめる​もの​に​けんりょく​を​​させ、さつじん​と​略奪りゃくだつ​と​いつわり​と、あらゆる​あく​と​みだら​な​おこない​を​おか​させる​ため​に、あく​の​ちから​に​よって​たもたれて​きた​もの​で​あった。

17 ​ヤレド​の​こころ​の​なか​に、これら​の​むかし​の​こと​を​さぐり​す​ち​を​こさせた​の​は、ヤレド​の​むすめ​で​あった。そして、ヤレド​が​その​ち​を​エーキシ​の​こころ​の​なか​に​こさせた​ので、エーキシ​は​ぶん​の​親族しんぞく​と​友人ゆうじん​たち​に​ちかい​を​て​させ、もっとも​らしい​やくそく​で​かれら​を​まどわして、ぶん​の​もとめる​こと​を​何事なにごと​で​も​おこなわせた​の​で​あった。

18 ​そして、かれら​は​むかし​の​人々ひとびと​の​よう​に​みつけっしゃ​を​つくった。この​けっしゃ​は、かみ​の​​から​て、どの​よう​な​もの​に​も​して​もっとも​まわしく、じゃあく​な​もの​で​ある。

19 しゅ​は​みつけっしゃ​に​よって​こと​を​おこなわれる​こと​は​なく、また​しゅ​は、ひと​が​​を​ながす​こと​を​のぞまれず、ひと​が​つくられて​らい​あらゆる​こと​に​おいて​それ​を​きんじて​こられた。

20 ​さて、わたし​モロナイ​は、かれら​の​ちかい​の​ほうほう​と​けっしゃ​の​様式ようしき​に​ついて​しるさない。これら​が​あらゆる​たみ​の​なか​に​あり、レーマンじん​の​なか​に​も​ある​こと​が、わたし​に​らされた​から​で​ある。

21 ​これら​が、わたし​の​いまべて​いる​この​たみ​の​めつぼう​を​こした​の​で​ある。また、ニーファイ​の​たみ​の​めつぼう​も​おなじ​で​ある。

22 けんりょく​と​えき​を​る​ため​に、この​よう​な​みつけっしゃ​が​ぜん​に​ひろがる​まで​えん​する​こくみん​は、よ、どの​よう​な​こくみん​で​も​ほろぼされる。なぜなら​ば、みつけっしゃ​に​よって​ながされる​しゅ​の​せい​たち​の​​が、みつけっしゃ​へ​の​ほうふく​を​うったえて​​から​いつまで​も​しゅ​に​さけぶ​の​に、しゅ​が​みつけっしゃ​に​ほうふく​なさらない​と​いう​こと​は​ありない​から​で​ある。

23 ​おお、あなたがた​ほうじん​よ、これら​の​こと​が​あなたがた​に​らされる​の​は、かみ​の​​に​かなって​いる。それ​に​よって​あなたがた​が​つみ​を​あらためる​こと​が​できる​よう​に​する​ため​で​あり、また​けんりょく​と​えき​を​る​ため​に​きずかれる​これら​の​さつじんけっしゃ​に​はい​される​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​あり、その​わざ、すなわち​めつぼう​の​わざ​が​あなたがた​に​およばない​よう​に​する​ため​で​ある。もし​これら​の​こと​が​こる​の​を​ゆるす​なら​ば、永遠えいえん​なる​かみ​の​ばつ​の​つるぎ​が​あなたがた​に​くだり、あなたがた​は​ち​たおされ、ほろびる​で​あろう。

24 ​そこで、しゅ​は​あなたがた​に、これら​の​もの​が​あなたがた​の​なか​に​こる​の​を​る​とき​に、ぶん​たち​が​ひどい​じょうたい​に​いる​と​いう​しき​に​める​よう​に​と​めいじて​おられる。この​みつけっしゃ​が​あなたがた​の​なか​に​ある​から​で​ある。ころされた​もの​たち​の​​の​ゆえ​に、みつけっしゃ​は​わざわい​で​ある。これら​の​もの​たち​の​​が、みつけっしゃ​へ​の、また​みつけっしゃ​を​きずいた​もの​たち​へ​の​ほうふく​を​うったえて、​から​さけぶ​から​で​ある。

25 ​さて、みつけっしゃ​を​きずく​もの​は​あらゆる​こくみんくにぐに​の​ゆう​を​くつがえそう​と​する。そして、みつけっしゃ​は​あらゆる​たみ​の​めつぼう​を​もたらす。それ​は​あらゆる​いつわり​の​ちち​で​ある​あく​に​よって​きずかれる​から​で​ある。あく​は​わたしたち​の​​を​​だました​あの​いつわり​もの​で​あり、また​はじめ​から​ひと​に​さつじん​を​おか​させた​あの​いつわり​もの​で​あり、また​人々ひとびと​の​こころ​を​かたくな​に​して、はじめ​から​人々ひとびと​に​げんしゃ​を​ころ​させ、いし​で​たせ、い​させた​あの​いつわり​もの​で​ある。

26 ​そこで​わたし​モロナイ​は、これら​の​こと​を​しるす​よう​に​めいじられて​いる。この​こと​に​よって、あく​が​なくなる​よう​に​する​ため​で​あり、また​サタン​が​ひと​の​ら​の​こころ​を​はい​する​ちから​を​つ​こと​なく、かれら​が​えず​ぜん​を​おこなう​よう​に​うながされて​あらゆる​​の​みなもと​に​て、すくわれる​とき​が​る​よう​に​する​ため​で​ある。