モルモンしょ』​に​ついて​の​概説がいせつ

『モルモンしょ』​は、むかし​アメリカ​たいりく​に​んで​いた​たみ​の​神聖しんせい​な​ろく​で​あり、金属きんぞくばん​に​きざまれて​いた​もの​で​ある。そして​この​しょ​に​は、四​しゅるい​の​金属きんぞくばん​の​こと​が​べられて​いる。

  1. ニーファイ​の​はん小版しょうはん​と​大版たいはん​の​二​しゅるい​が​ある。小版しょうはん​に​は、とくに​霊的れいてき​な​ことがら​と​げんしゃ​たち​の​つとめ​と​おしえ​が​しるされて​おり、いっぽう大版たいはん​は、だいぶん​が​ぞく​の​れき​で​められて​いる(ニーファイだいしょだい九​しょう​二―四​せつ)。しかし、モーサヤ​の​だい​は、大版たいはん​に​も、霊的れいてき​に​きわって​じゅうよう​な​ことがら​が​しるされた。

  2. モルモン​の​はん。モルモン​が​ニーファイ​の​大版たいはん​から​みじかく​まとめた​​と、おおく​の​解説かいせつぶん​から​る。この​はん​に​は、モルモン​が​き​いだ​れき​と、むす​モロナイ​が​くわえた​​が​って​いる。

  3. エテル​の​はん。ヤレドじん​の​れき​を​つたえる​もの​で​ある。モロナイ​は​この​ろく​を​みじかく​まとめて、これ​に​ぶん​の​解説かいせつ​を​み、「エテルしょ」と​いう​表題ひょうだい​を​け、全体ぜんたい​の​れき​に​れて​編集へんしゅう​した。

  4. 真鍮しんちゅう​の​はんげんぜん​六百​ねん​に、リーハイ​の​たみ​が​エルサレム​から​たずさえて​た​もの​で​ある。この​はん​に​は、「モーセ​の​五しょ​……​また、​の​はじめ​から​ユダ​の​おう​ゼデキヤ​の​とう​の​はじめ​に​いたる​ユダヤじん​の​ろく​……​また​……​せい​なる​げんしゃ​たち​の​げん」(ニーファイだいしょだい五​しょう​十一―十三​せつ)が​って​いる。イザヤ​や​そのせいしょ​の​げんしゃ​や​せいしょ​に​あらわれない​げんしゃ​たち​の​こと​が、この​はん​から​たくさん『モルモンしょ』​に​引用いんよう​されて​いる。

『モルモンしょ』​は、一つ​の​例外れいがい​は​ある​もの​の、ほか​は​すべて​各々おのおの​の​しゅよう​な​ちょしゃ​の​​を​かんした「しょ」として​られる​十五​の​しゅ​すなわち​ぶん​から​って​いる。「オムナイしょ」まで​の​さいしょ​の​六つ​の​しょ​は、ニーファイ​の​小版しょうはん​から​の​ほんやく​で​ある。また、「オムナイしょ」と「モーサヤしょ」の​あいだ​に「モルモンのこと」と​ばれる​挿入そうにゅう​が​ある。これ​は、小版しょうはん​に​きざまれて​いる​ろく​と​モルモン​が​大版たいはん​から​みじかく​まとめた​ろく​を​つなぐ​もの​で​ある。

「モーサヤしょ」から「モルモンしょだい七​しょう​に​いたる​ながい​ぶん​は、モルモン​が​ニーファイ​の​大版たいはん​から​みじかく​まとめた​もの​の​ほんやく​で​ある。また、「モルモンしょだい八​しょう​から​巻末かんまつ​まで​の​のこり​の​ぶん​は、モルモン​の​むす​モロナイ​が​きざんだ​もの​で​ある。モロナイ​は​ちち​の​生涯しょうがい​に​ついて​ろく​を​えた​のち、(「エテルしょ」として)ヤレドじん​の​ろく​を​みじかく​まとめた​もの​を​つくり、そののち、「モロナイしょ」として​られて​いる​ぶん​を​くわえた。

げん​四百二十一​ねん、あるいは​それ​に​ちかい​ある​とし​に、ニーファイじん​の​さい​の​げんしゃ​で​あり​れき​で​ある​モロナイ​は、むかし​の​げんしゃ​たち​を​つうじて​かみ​の​こえ​に​より​こく​された​とおり​に、まつじつ​に​あきらか​に​される​よう​に、その​神聖しんせい​な​ろく​を​ふうじ、しゅ​に​たくして​かくした。そして​げん​千八百二十三​ねん​に、とうふっかつ​して​いた​この​おなじ​モロナイ​が​げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​おとずれ、のち​に、ろく​の​きざまれて​いる​その​はん​を​かれ​に​わたした​の​で​ある。

本版ほんぱん​に​ついて――​に​しゅっぱん​された​英文えいぶん​の『モルモンしょ』​に​は、その​本文ほんぶん​に​ちいさな​あやまり​が​いくつ​か​のこって​いた。本版ほんぱん​は、しゅっぱんまえ​の​原稿げんこう​と​げんしゃ​ジョセフ・​スミス​が​こうてい​した​しょ​の​はん​に​わせて、適切てきせつ​と​おもわれる​訂正ていせい​を​くわえた​もの​で​ある。