聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ヒラマンしょ

レーマンじん​サムエル​が​ニーファイじん​に​かたった​げん

つぎ​の​だい十三-十五​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

第​13​章

レーマンじん​サムエル、ニーファイじん​は​あらため​なければ​めつぼう​する​こと​を​げん​する。ニーファイじん​と​かれら​の​とみ​は​のろわれる。ニーファイじん​は​げんしゃ​たち​を​こばんで​いし​を​げつけ、あくれい​たち​に​かこまれ、ざいあく​を​おこなう​こと​に​たのしみ​を​もとめる。げんぜんやく​六​ねん

1 ​さて、だい​八十六​ねん​に​も、ニーファイじん​は​ぜん​と​して​あく​を、まことに​おおきな​あく​を​つづけて​いた。いっぽう​レーマンじん​は、モーセ​の​りっぽう​に​したがって​かみ​の​いましめ​を​厳密げんみつ​に​まもる​よう​に​つとめて​いた。

2 ​そして​この​とし​に、レーマンじん​の​サムエル​と​いう​もの​が​ゼラヘムラ​の​​に​やって​て、たみ​に​おしえ​を​き​はじめた。かれ​は​いくにち​も​の​あいだたみ​に​あらため​を​べ​つたえた​が、たみ​が​かれ​を​した​ので、かれ​は​ぶん​の​くに​へ​かえろう​と​した。

3 ​ところが​よ、しゅ​の​こえ​が​かれ​に​こえて、もう​いちかえし、こころ​の​なか​に​かぶ​こと​を、どの​よう​な​こと​で​あろう​と​たみ​に​げん​する​よう​に​われた。

4 ​さて、たみ​は、かれ​が​まち​に​はいる​の​を​ゆるさなかった。そこで​かれ​は、まち​の​じょうへき​の​うえ​に​のぼり、​を​ばして​大声おおごえ​で​さけび、しゅ​が​こころ​に​あたえて​くださる​こと​を​すべて​たみ​に​げん​した。

5 かれ​は​たみ​に​った。「よ、わたし、レーマンじん​サムエル​は、しゅ​が​わたし​の​こころ​に​あたえて​くださる​しゅ​の​こと​を​げる。この​たみ​に​げる​よう​に​しゅ​が​わたし​の​こころ​に​あたえて​くださった​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。ばつ​の​つるぎ​が​いま​この​たみ​の​うえ​に​せまって​いる。四百​ねん​たたない​うち​に、ばつ​の​つるぎ​は​この​たみ​の​うえ​に​り​ろされる。

6 ​まことに、ひどい​めつぼう​が​この​たみ​を​けて​おり、それ​は​かならず​この​たみ​に​くだる。あらためて、しゅ​イエス・​キリスト、すなわち、将来しょうらいかならず​この​に​て、おおく​の​くるしみ​を​け、ぶん​の​たみ​の​ため​に​ころされる​しゅ​イエス・​キリスト​を​しんじる​がい​に、何事なにごと​も​この​たみ​を​すくう​こと​は​できない。

7 ​そして​よ、しゅ​の​てん使​が​それ​を​わたし​に​げた。また​しゅ​の​てん使​は、わたし​に​よろこび​の​おとずれ​を​たずさえて​た。よ、あなたがた​も​その​よろこばしい​おとずれ​を​られる​よう​に、わたし​は​あなたがた​に​それ​を​げ​らせる​ため​に​つかわされた​の​で​ある。しかし​よ、あなたがた​は​わたし​を​れよう​と​しなかった。

8 ​したがって、しゅ​は​つぎ​の​よう​に​われる。『ニーファイじん​の​たみ​の​こころ​が​かたくな​で​ある​ので、かれら​が​あらため​なければ、かれら​から​わたし​の​こと​を​ろう。また、わたし​の​れい​も​ろう。そして​わたし​は、もはや​かれら​を​その​まま​に​は​して​おかず、かれら​の​同胞はらから​に​かれら​に​たいする​敵対てきたいしん​を​いだかせよう。

9 ​四百​ねん​たたない​うち​に、わたし​は​かれら​が​たれる​よう​に​しよう。まことに、わたし​は​つるぎ​と​きん​と​えきびょう​を​かれら​に​およぼそう。

10 ​まことに​わたし​は、はげしい​いかり​を​もって​かれら​を​ばっしよう。あなたがた​の​てき​の​だい四​だい​の​もの​の​なか​に​は、き​ながらえて、あなたがた​の​完全かんぜん​な​めつぼう​を​る​もの​が​いる​で​あろう。あなたがた​が​あらため​なければ、この​こと​は​かならず​こる』​と、しゅ​は​われる。『その​だい四​だい​の​もの​たち​が​あなたがた​を​ほろぼす​で​あろう。

11 ​しかし、もし​あなたがた​が​あらためて、しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​に​ち​かえる​なら​ば、わたし​は​いかり​を​こう』​と、しゅ​は​われる。まことに、しゅ​は​つぎ​の​よう​に​われる。『あらためて​わたし​に​ち​かえろう​と​する​もの​は​さいわい​で​ある。しかし、あらためない​もの​は​わざわい​で​ある。

12 ​まことに、この​おおきな​ゼラヘムラ​の​まち​は​わざわい​で​ある。よ、この​まち​が​いますくわれて​いる​の​は、​を​まもって​いる​もの​たち​の​おかげ​で​ある。まことに、この​おおきな​まち​は​わざわい​で​ある。おおく​の​もの、まことに​この​おおきな​まち​の​大半たいはん​の​もの​が​将来しょうらい​わたし​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​する​こと​を、わたし​は​って​いる​から​で​ある』​と、しゅ​は​われる。

13 『しかし、あらためる​もの​は​さいわい​で​ある。わたし​は​その​もの​たち​の​いのち​を​すくう​から​で​ある。しかし​よ、もし​この​おおきな​まち​に​じん​が​い​なければ、よ、わたし​は​てん​から​​を​くだし、この​まち​を​ほろぼして​いた​で​あろう。

14 ​しかし​よ、この​まち​が​いまたすかって​いる​の​は、じん​の​ため​で​ある。しかし​よ、あなたがた​が​じん​を​す​とき​が​る。その​とき、あなたがた​の​めつぼう​の​​は​じゅくする』​と、しゅ​は​われる。『まことに、この​おおきな​まち​は、その​なか​に​ある​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に​わざわい​で​ある。

15 ​また、ギデオン​の​まち​も、その​なか​に​ある​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に​わざわい​で​ある。

16 ​また、まわり​の​​に​ある​ニーファイじん​が​しょゆう​して​いる​すべて​の​まち​は、その​なか​に​ある​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に​わざわい​で​ある。』

17 ​また​よ、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。『この​​に​いる​たみ​の​ため​に、まことに​かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に、​のろい​が​​に​くだる​で​あろう。』

18 ​そして​この​よう​に、万軍ばんぐん​の​しゅ、まことに​わたしたち​の​おおいなる​まこと​の​かみ​は​われる。『ちゅう​に​たから​を​かくす​もの​は、その​もの​が​じん​で​あって、しゅ​に​たくして​それ​を​かくす​の​で​なければ、​の​ひどい​のろい​の​ため​に、もはや​​と​それ​を​いだせない​で​あろう。』

19 しゅ​は​われる。『たから​を​かくす​もの​は​わたし​に​たくして​かくす​よう​に​わたし​は​のぞむ。わたし​に​たくす​こと​なく​たから​を​かくす​もの​は​のろわれる。じんがい​に​は​だれ​も、わたし​に​たくして​たから​を​かくさない​から​で​ある。わたし​に​たくす​こと​なく​たから​を​かくす​もの​は​のろわれる​し、その​たから​も​のろわれる。また、​が​のろわれる​ため​に、それ​を​す​もの​は​だれ​も​いない。

20 人々ひとびと​が​とみ​に​執着しゅうちゃく​して​ぶん​の​たから​を​かくす​​が​る。人々ひとびと​は​ぶん​の​とみ​に​執着しゅうちゃく​し、てき​の​まえ​から​げる​とき​に​ぶん​の​たから​を​かくす​で​あろう。しかし、かれら​は​たから​を​かくす​とき​に​わたし​に​たくさない​ので、かれら​も​たから​も​のろわれる。そして​その​​に​かれら​は​たれる』​と、しゅ​は​われる。

21 よ、あなたがた、この​おおきな​まち​の​たみ​よ、ちゅう​を​はらい、わたし​の​こと​を​き​なさい。まことに、しゅ​が​われる​こと​を​き​なさい。あなたがた​は​とみ​の​ため​に​のろわれる​と、しゅ​は​われる。また、あなたがた​が​とみ​に​執着しゅうちゃく​し、それ​を​さずけて​くださった​かた​の​こと​に​き​したがわなかった​ので、あなたがた​の​とみ​も​のろわれる​と、しゅ​は​われる。

22 ​あなたがた​は、しゅ​なる​かみ​が​さずけて​くださった​もの​に​ついて、しゅ​を​おもこさない。あなたがた​は​いつも​とみ​の​こと​を​こころ​に​かけて​いて、しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​に​とみ​の​こと​を​感謝かんしゃ​する​の​を​わすれて​いる。まことに、あなたがた​の​こころ​は​しゅ​に​いて​おらず、ひどく​おごり​たかぶって、ほこり​や​大言たいげんそう​ねたみ、あらそい、あくはくがいさつじん、その​ほか​あらゆる​ざいあく​に​おちいって​いる。

23 ​この​ため​に、しゅ​なる​かみ​は、のろい​が​​に​くだる​よう​に、また​あなたがた​の​とみ​に​も​くだる​よう​に​された。それ​は​あなたがた​の​ざいあく​の​ため​で​ある。

24 ​まことに、この​たみ​は​わざわい​で​ある。あなたがた​は​むかし​の​人々ひとびと​が​おこなった​よう​に、いまげんしゃ​たち​を​し、あざけり、いし​を​げつけ、かれら​を​ころし、また​かれら​に​たいして​あらゆる​ざいあく​を​おこなって​いる​から​で​ある。

25 ​あなたがた​は​かたる​とき、『わたしたち​は、もし​むかし​の​せん​の​だい​に​きて​いた​なら​ば、げんしゃ​たち​を​ころさなかった​で​あろう。げんしゃ​たち​に​いし​を​げつける​こと​も、かれら​を​す​こと​も​しなかった​で​あろう』​と​う。

26 よ、あなたがた​は​かれら​より​も​わるい。しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、もし​げんしゃ​が​あなたがた​の​なか​に​て、あなたがた​の​つみ​と​​を​あかし​する​しゅ​の​こと​を​げ​らせた​なら​ば、あなたがた​は​その​げんしゃ​の​こと​を​いかり、し、あらゆる​ほうほう​を​使つかって​ころそう​と​する。まことに、かれ​が​あなたがた​の​おこない​は​わるい​と​あかし​する​ので、あなたがた​は、かれ​は​にせげんしゃ​で​あり、罪人つみびと​で​あり、あく​から​た​もの​で​ある​と​う。

27 ​しかし​よ、もし​ある​ひと​が​あなたがた​の​なか​に​て、『これ​を​おこない​なさい。おこなって​も​ざいあく​で​は​ない。それ​を​おこない​なさい。おこなって​も​くるしみ​を​けない』​と​え​ば、また、『あなた​しん​の​こころ​の​たかぶり​に​したがって​あるき​なさい。まことに、あなた​の​​の​たかぶり​に​したがって​あるき​なさい。あなた​の​こころ​が​のぞむ​こと​を​なんでも​おこない​なさい』​と​え​ば、すなわち、もし​ある​ひと​が​あなたがた​の​なか​に​て​この​よう​に​え​ば、あなたがた​は​かれ​を​れ、かれ​は​げんしゃ​で​ある​と​う​で​あろう。

28 ​まことに、あなたがた​は​かれ​を​あがめ、かれ​に​あなたがた​の​もの​を​あたえ、かれ​に​あなたがた​の​きんぎん​を​あたえ、また​かれ​に​こう​な​ふく​を​せる​で​あろう。そして、かれ​が​あなたがた​に​​へつらい​の​こと​を​かたり、ばん​よし​と​う​ので、あなたがた​は​かれ​を​なん​しない​で​あろう。

29 ​おお、じゃあく​で​よこしま​な​人々ひとびと​よ、かたくな​で​ごうじょう​な​たみ​よ、あなたがた​は、しゅ​が​いつまで​あなたがた​を​その​まま​に​して​おかれる​と​おもって​いる​の​か。まことに、あなたがた​は​いつまで​おろか​な​もうもく​の​みちびき​​たち​に​かれて​いく​つもり​か。まことに、あなたがた​は​いつまで​ひかり​より​も​やみ​を​えらぶ​つもり​か。

30 ​まことに​よ、しゅ​の​いかり​は​すでに​あなたがた​に​かって​えて​いる。よ、しゅ​は​あなたがた​の​ざいあく​の​ため​に​​を​のろわれた。

31 ​また​よ、しゅ​が​あなたがた​の​とみ​を​のろわれて、それ​が​​なくなり​やすく​なり、あなたがた​が​それ​を​たもつ​こと​の​できない​とき​が​る。あなたがた​は、まずしい​とき​に​それ​を​たもてない。

32 ​あなたがた​の​まずしい​とき​に、あなたがた​は​しゅ​に​さけび​もとめる​で​あろう。しかし、あなたがた​が​さけび​もとめて​も​​で​ある。すでに​こうはい​が​あなたがた​に​およんで​おり、あなたがた​の​めつぼう​が​かくてい​して​いる​から​で​ある。そして、『その​、あなたがた​は​なみだ​を​ながし、き​わめく​で​あろう』​と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。また、その​とき​に​あなたがた​は​なげいて、

33 『おお、わたし​は​あらため、げんしゃ​たち​を​ころさず、いし​を​げつけず、さなければ​よかった』​と​う​で​あろう。まことに、その​​に​あなたがた​は​う​で​あろう。『おお、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​が​とみ​を​あたえて​くださった​その​​に、しゅ​を​おもこして​おけ​ば​よかった。そう​すれ​ば、とみ​が​なくなり​やすく​なって、それ​を​うしなう​と​いう​こと​は​なかった​で​あろう。よ、わたしたち​の​とみ​は​いま​は​もう​わたしたち​の​もと​に​ない。

34 よ、わたしたち​が​ここ​に​どう​を​く​と、よくじつ​に​は​それ​は​なくなる。よ、たたかい​の​ため​に​ぶん​の​つるぎ​を​さがす​​に​は、それ​は​なくなって​いる。

35 ​まことに、わたしたち​は​ぶん​の​たから​を​かくして​おいた​の​に、​の​のろい​の​ため​に​うしなわれて​しまった。

36 ​おお、しゅ​の​こと​が​わたしたち​に​およんだ​​に、あらためて​おけ​ば​よかった。いま​は​のろわれ、すべて​の​もの​が​なくなり​やすく​なって​おり、わたしたち​は​それら​を​たもてない。

37 よ、わたしたち​は​あくれい​に​かこまれて​いる。わたしたち​の​れい​を​ほろぼそう​と​して​きた​もの​の​使つかい​に​かこまれて​いる。わたしたち​の​ざいあく​は​おおきい。おお、しゅ​よ、あなた​の​いかり​を​いて​いただけ​ません​でしょう​か。』​これ​が​その​​に​あなたがた​の​う​こと​で​ある。

38 ​しかし​よ、あなたがた​の​ためし​の​​は​すでに​った。あなたがた​は​ぶん​の​すくい​の​​を​き​ばした​ので、とうとう​永遠えいえん​に​わなく​なって​しまい、あなたがた​の​めつぼう​は​かくてい​して​しまった。まことに、あなたがた​は​​に​れる​こと​の​できない​もの​を、生涯しょうがい​を​かけて​もとめて​きた​の​で​ある。あなたがた​は、ざいあく​を​おこない​ながら​こうふく​を​もとめて​きた。それ​は​わたしたち​の​おおいなる​永遠えいえん​の​かしら​の​うち​に​ある、あの​​の​本質ほんしつ​に​はんする​こと​で​ある。

39 ​おお、この​​の​たみ​よ、わたし​の​こと​を​いて​もらいたい。わたし​は​しゅ​の​いかり​が​かれる​よう​に、また​あなたがた​が​あらためて​すくわれる​よう​に​と​いのって​いる。」