聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

ヒラマンしょ

第​6​章

じん​の​レーマンじんあくにん​の​ニーファイじん​に​おしえ​を​く。たみ​は​ともに​さかえ、へい​で​ゆたか​な​だい​を​むかえる。つみ​の​根源こんげん​で​ある​ルシフェル、あくにん​と​ガデアントン​の​ごうとう​たち​の​こころ​を​かきて、さつじん​と​あく​を​おこなわせる。ごうとう​たち、ニーファイじん​の​政権せいけん​を​にぎる。げんぜんやく​二十九​ねん​から​二十三​ねん​に​いたる。

1 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​六十二​ねん​が​わった​とき​に​は、これら​の​こと​が​すべて​こり、レーマンじん​は​その​大半たいはん​が​じん​に​なって​いた​ので、レーマンじん​の​​は​ニーファイじん​の​​を​しのいで​いた。かれら​は​かっ​と​して​るぎない​しんこう​を​いだいて​いた​から​で​ある。

2 よ、ニーファイじん​の​おおく​は​​かたくな​に​なり、あらため​を​せず、じょう​に​じゃあく​に​なって​いた​ので、かみ​の​こと​と​かれら​の​なか​で​おこなわれた​宣教せんきょう​と​げん​を​すこしも​れなかった。

3 ​に​も​かかわらず、きょうかい​の​人々ひとびと​は、レーマンじん​が​改宗かいしゅう​した​こと​と、レーマンじん​の​なか​に​かみ​の​きょうかい​が​せつりつ​された​こと​で​おおきな​よろこび​を​た。そして​両者りょうしゃ​は​たがいに​したしく​まじわり、また​ともに​よろこび、おおきな​しあわせ​を​た。

4 ​そして、おおく​の​レーマンじん​が​ゼラヘムラ​の​​に​やって​て、ぶん​たち​が​改宗かいしゅう​した​だい​を​ニーファイじん​の​たみ​に​げ​らせ、しんこう​を​もって​あらためる​よう​に​すすめた。

5 ​そして、おおく​の​もの​が​じょう​に​おおきな​ちから​と​権能けんのう​を​もって​おしえ​を​き、ニーファイじん​の​おおく​を​心底しんそこ謙遜けんそん​に​へりくだらせ、かみ​と​ひつじ​に​謙遜けんそん​に​したがう​もの​と​した。

6 ​そして、おおく​の​レーマンじん​が​北方ほっぽう​の​​へ​き、ニーファイ​と​リーハイ​も​たみ​に​おしえ​を​く​ため​に​北方ほっぽう​の​​へ​った。この​よう​に​して、だい​六十三​ねん​が​わった。

7 よ、ぜん​が​へい​で​あった​ので、ニーファイじん​は​ニーファイじん​の​なか​で​あろう​と​レーマンじん​の​なか​で​あろう​と、ぶん​が​きたい​ところ​へ​は​どこ​へ​で​も​った。

8 ​そして​レーマンじん​も、レーマンじん​の​なか​で​あろう​と​ニーファイじん​の​なか​で​あろう​と、ぶん​の​きたい​ところ​へ​は​どこ​へ​で​も​った。この​よう​に​して、かれら​は​たがいに​ゆう​に​交流こうりゅう​し、ぶん​たち​の​おもい​の​まま​に​売買ばいばい​を​して​えき​を​た。

9 ​そして​レーマンじん​も​ニーファイじん​も、ともに​じょう​に​ゆたか​に​なった。また、みなみ​の​​で​も​きた​の​​で​も、かれら​は​じょう​に​たくさん​の​きん​と​ぎん​と​あらゆる​とうとい​金属きんぞく​を​って​いた。

10 ​ところで、みなみ​の​​は​リーハイ​と​ばれ、きた​の​​は​ゼデキヤ​の​むす​に​ちなんで​​ミュレク​と​ばれた。しゅ​が​ミュレク​を​きた​の​​へ​みちびき、リーハイ​を​みなみ​の​​へ​みちびいて​こられた​から​で​ある。

11 よ、これら​の​​に​は​両方りょうほう​と​も、あらゆる​きん​と​ぎん、あらゆる​とうとい​あらがね​が​あった。また、あらゆる​あらがね​を​こう​し​精錬せいれん​する、りょう​の​すぐれた​職人しょくにん​たち​も​おり、その​ため​に​かれら​は​ゆたか​に​なった。

12 かれら​は​きた​で​も​みなみ​で​も​ゆたか​に​こくもつ​を​栽培さいばい​し、きた​で​も​みなみ​で​も​じょう​に​さかえた。また、かれら​は​えて、その​​で​じょう​に​ちから​を​つけた。そして、おおく​の​大小だいしょう​の​ちく​の​れ、おおく​の​えた​わかい​ちく​を​いく​した。

13 よ、おんな​たち​は​ほねって​はたらき、いと​を​つむぎ、はだか​に​まとう​ため​に​あらゆる​織物おりもの​を、すなわち、よりいと​で​った​ぬの​と​あらゆる​織物おりもの​を​つくった。この​よう​に​して、だい​六十四​ねん​が​平穏へいおん​に​った。

14 だい​六十五​ねん​も、おおきな​よろこび​が​あり、へい​で​あって、まことに​おおく​の​宣教せんきょう​が​おこなわれ、将来しょうらいこる​こと​に​ついて​おおく​の​げん​が​べられた。この​よう​に​して、だい​六十五​ねん​が​った。

15 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​六十六​ねん​に、​セゾーラム​が、さばきつかさ​の​せき​に​いて​いた​とき​に​何者なにもの​か​に​よって​ころされた。また、おなじ​とし​に、かれ​に​わって​たみ​に​よって​にんじられた​かれ​の​むす​も​ころされて​しまった。この​よう​に​して、だい​六十六​ねん​が​わった。

16 だい​六十七​ねん​の​はじめ​に、たみ​は​また​じょう​に​わるく​なり​はじめた。

17 よ、しゅ​が​ながい​あいだ​の​とみ​を​かれら​に​めぐんで​こられた​ので、かれら​は​せんどう​されて​いかる​こと​も、たたかう​こと​も、りゅうけつ​を​こす​こと​も​なかった。その​ため、かれら​は​とみ​に​執着しゅうちゃく​する​よう​に​なり、たがいに​あい​の​うえ​に​てる​よう​に、えき​を​よう​と​もとめ​はじめた。その​けっかれら​は​暗殺あんさつ​や​ごうとう​や​略奪りゃくだつ​を​して​えき​を​はじめた​の​で​ある。

18 ​さて​よ、その​よう​な​さつじんしゃ​たち​と​略奪りゃくだつしゃ​たち​は、キシクメン​と​​ガデアントン​が​つくった​だん​に​しょぞく​して​いた。そして、ニーファイじん​の​なか​に​さえ​ガデアントン​の​だん​に​しょぞく​して​いる​もの​が​おおぜい​おり、レーマンじん​の​なか​の​わるい​もの​たち​の​なか​に​は​もっと​おおく​の​もの​が​いた。そして​かれら​は、ガデアントン​の​ごうとう​および​さつじんしゃ​と​ばれた。

19 だい​さばきつかさ​セゾーラム​と​その​むす​を、さばきつかさ​の​しょく​に​ある​あいだ​に​ころした​の​は​かれら​で​あった​が、さつじんしゃ​は​つからなかった。

20 ​さて、レーマンじん​は​ぶん​たち​の​なか​に​ごうとう​が​いる​こと​を​る​と、じょう​に​なげいた。そして​かれら​は、できる​かぎり​あらゆる​しゅだん​を​使つかって、​の​おもて​から​ごうとう​たち​を​ほろぼし​ろう​と​した。

21 ​ところが​よ、ニーファイじん​の​大半たいはん​は​サタン​に​ひどく​こころ​を​あおり​てられ、それら​の​ごうとう​の​だん​に​くわわった。そして​かれら​は、どの​よう​な​困難こんなん​な​じょうたい​に​かれて​も、ぶん​たち​の​さつじん​や​略奪りゃくだつ​や​ぬすみ​の​ため​に​くるしみ​を​ける​こと​の​ない​よう​に、たがいに​​し、まもり​う​と​いう​誓約せいやく​と​ちかい​を​わした。

22 ​そして、かれら​に​は​あい、すなわち​みつ​の​あい​と​みつ​の​こと​が​あった。これ​は、なか​が​どの​よう​な​あく​を​はたらいて​も、その​なか​から、すなわち​この​ちかい​を​てて​だん​に​しょぞく​した​もの​たち​から​がい​を​ける​こと​の​ない​よう​に、ちかい​を​てた​なか​を​かくにん​できる​よう​に​する​ため​の​もの​で​あった。

23 ​したがって​かれら​は、くに​の​ほうりつ​に​も​かみ​の​りっぽう​に​も​そむいて​ひと​を​ころし、略奪りゃくだつ​し、ぬすみ、みだら​な​おこない​を​し、あらゆる​あく​を​おこなう​こと​が​できた。

24 ​また、だん​に​しょぞく​して​いる​もの​は​だれ​で​あろう​と、かれら​の​あく​と​まわしい​おこない​を​​の​人々ひとびと​に​らした​なら​ば、くに​の​ほうりつ​に​よって​で​は​なく、ガデアントン​と​キシクメン​が​さだめた、かれら​の​じゃあく​な​おきて​に​よって​さばかれる​こと​に​なって​いた。

25 ​さて​よ、これら​の​みつ​の​ちかい​の​こと​と​誓約せいやく​こそ、アルマ​が​むす​に、たみ​を​めつぼう​に​いたらせる​しゅだん​と​ならない​よう​に​​の​人々ひとびと​に​おおやけ​に​して​は​ならない​と​めいじた​もの​で​ある。

26 よ、それら​の​みつ​の​ちかい​の​こと​と​誓約せいやく​は、ヒラマン​に​わたされた​ろく​から​ガデアントン​に​つたわった​の​で​は​ない。それら​は、禁断きんだん​の​​を​べる​よう​に​わたしたち​の​​を​​そそのかした​もの​に​よって、ガデアントン​の​こころ​に​けられた​の​で​ある。

27 ​まことに​その​もの​は、おとうと​の​アベル​を​ころして​も、​の​人々ひとびと​に​は​からない​と、​カイン​と​はかりごと​を​めぐらした​その​もの​で​ある。その​もの​は、その​とき​らい、カイン​および​かれ​に​したがう​もの​たち​と​はかりごと​を​めぐらして​きた。

28 ​また、十分じゅうぶん​に​たかい​とう​を​てて​てん​に​たっする​こと​が​できる​よう​に​しよう​と​いう​おもい​を、たみ​の​こころ​に​あたえた​の​も、その​もの​で​ある。その​とう​から​この​​に​た​人々ひとびと​を​まどわし、やみ​の​わざ​と​まわしい​おこない​を​​の​全面ぜんめん​に​ひろめ、ついに​たみ​を​完全かんぜん​に​ほろぼし、永遠えいえん​の​ごく​に​きずり​として​しまった​の​も、その​もの​で​ある。

29 ​まことに、やみ​の​わざ​と​暗殺あんさつ​の​わざ​を​なお​つづけよう​と​いう​おもい​を​​ガデアントン​の​こころ​に​あたえた​の​も、その​もの​で​ある。かれ​は​じんるい​の​はじまり​から​現在げんざい​に​いたる​まで、それ​を​つづけて​きた。

30 よ、かれ​こそ、あらゆる​つみ​の​根源こんげん​で​ある。よ、かれ​は、ひと​の​ら​の​こころ​を​はい​できる​かぎり​やみ​の​わざ​と​暗殺あんさつ​の​わざ​を​つづけ、カイン​と​かれ​に​したがう​もの​たち​の​はかりごと​と、ちかい​の​こと​と、誓約せいやく​と、おそろしい​あく​の​さく​を​つたえて​いる。

31 ​さて​よ、かれ​は、すでに​ニーファイじん​の​こころ​を​おおいに​はい​して​おり、その​ため​に、かれら​は​じょう​に​じゃあく​に​なって​いた。かれら​の​大半たいはん​は​すでに​​の​みち​を​はなれて​おり、かみ​の​いましめ​を​あし​の​した​に​みつけ、ぶんかっ​な​みち​に​かい、ぶん​の​ため​に​きん​と​ぎん​で​ぐうぞう​を​つくって​いた。

32 ​そして、これら​の​ざいあく​は​すべて、​わずか​な​年数ねんすう​で​かれら​に​こった。しかも​その​ほとんど​は、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​六十七​ねん​に​かれら​に​こった​の​で​あった。

33 ​そして​かれら​は、だい​六十八​ねん​に​も​ますます​ざいあく​を​つのらせ、じん​の​ふかい​かなしみ​と​なげき​を​さそった。

34 ​この​こと​から​かる​よう​に、ニーファイじん​は​しんこう​に​おちいって、ますます​あく​と​まわしい​おこない​を​する​よう​に​なった。いっぽう​レーマンじん​は、かみ​を​ますます​ふかく​る​よう​に​なった。まことに、かれら​は​かみ​の​おきて​と​いましめ​を​まもり、かみ​の​まえ​を​しん​に​かなって​まっすぐ​に​あゆみ​はじめた​の​で​あった。

35 ​また​この​こと​から、ニーファイじん​の​こころ​が​じゃあく​で​かたくな​で​あった​ので、しゅ​の​たま​が​かれら​から​り​はじめた​こと​が​かる。

36 ​また​この​こと​から、レーマンじん​が​しゅ​の​こと​を​よう​に​よろこんで​しんじた​ので、しゅ​が​かれら​に​しゅ​の​たま​を​そそぎ​はじめられた​こと​も​かる。

37 ​そして​レーマンじん​は、ガデアントン​の​ごうとうだん​を​さがし、ごうとうだん​の​なか​の​ひときわ​わるい​もの​たち​の​なか​で​かみ​の​こと​を​べ​つたえた​ので、この​ごうとうだん​は​レーマンじん​の​なか​から​完全かんぜん​に​えて​しまった。

38 ​そして、ほう​ニーファイじん​は、ごうとうだん​の​なか​の​ひときわ​わるい​もの​たち​を​はじめ​として、ごうとうだん​を​げ、かれら​を​えん​した。その​ため、ついに​ごうとうだん​は​ニーファイじん​の​​の​全体ぜんたい​に​ひろがり、じん​の​大半たいはん​を​まどわして​しまった。そして​ついに​は、これら​の​もの​たち​も​ごうとうだん​の​おこなう​こと​を​しんらい​し、うばった​もの​の​まえ​を​もらう​よう​に​なり、かれら​と​暗殺あんさつ​を​とも​に​し、かれら​の​みつけっしゃ​に​くわわる​よう​に​なった。

39 ​この​よう​に​して、ごうとうだん​は​せい​の​すべて​の​かんけん​を​​に​れ、まずしい​もの​と​にゅう​な​もの​と​かみ​に​謙遜けんそん​に​したがう​もの​を​あし​の​した​に​みつけ、ち、き、また​かれら​を​​した。

40 ​この​こと​から、かれら​が​おそろしい​じょうたい​に​あり、永遠えいえん​の​ほろび​の​​が​じゅくして​きた​こと​が​かる。

41 ​そして、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​六十八​ねん​が​わった。