聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モルモンしょ

第​1​章

アマロン、神聖しんせい​な​数々かずかず​の​ろく​に​ついて​モルモン​に​​を​あたえる。ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​に​せんそう​が​はじまる。三にん​の​ニーファイじん、よそ​に​れ​られる。あく​と​しんこう​が​ひろがり、じゅつ​と​ほう​が​ひろく​おこなわれる。げんやく​三百二十一​ねん​から​三百二十六​ねん​に​いたる。

1 ​さて、わたし​​モルモン​は、ぶん​が​これまで​に​き​した​こと​を​ろく​して、これ​を​モルモンしょ​と​ぶ。

2 ​アマロン​は​数々かずかず​の​ろく​を​しゅ​に​たくして​かくした​ころ、わたし​の​ところ​に​やって​た。(とう​わたし​は​十​さい​くらい​で、わたし​の​たみ​の​教育きょういくほうほう​に​したがって​かなり​教育きょういく​を​け​はじめて​いた。)そして、アマロン​は​わたし​に​った。「わたし​は​あなた​が​まじめ​な​ども​で、観察かんさつ​が​するどい​こと​を​って​いる。

3 ​だから、あなた​が​二十四​さい​くらい​に​なったら、この​たみ​に​ついて​あなた​が​て​きた​こと​を​おもして​もらいたい。そして、その​年齢ねんれい​に​なったら、アンタム​の​​の、​シム​と​ばれる​おか​へ​き​なさい。そこ​に​わたし​は、この​たみ​の​こと​が​きざまれて​いる​すべて​の​神聖しんせい​な​ろく​を、しゅ​に​たくして​かくして​ある。

4 よ、あなた​は​ニーファイ​の​はん​を​し、のこり​の​はん​は​いま​それ​が​ある​しょ​に​その​まま​に​して​おき​なさい。そして、この​たみ​に​ついて​あなた​が​て​きた​こと​を​すべて​ニーファイ​の​はん​に​きざみ​なさい。」

5 ​わたし​モルモン​は​​ニーファイ​の​そん​で​あり(わたし​の​ちち​の​​も​モルモン​で​あった)、わたし​は​アマロン​から​めいじられた​こと​を​おもした。

6 ​さて、わたし​は​十一​さい​の​とき、ちち​に​れられて​南方なんぽう​の​、ゼラヘムラ​へ​った。

7 ​の​全面ぜんめん​が​建物たてもの​で​いっぱい​で​あり、人々ひとびと​は​まるで​う み​の​すな​の​よう​に​おおぜい​で​あった。

8 ​さて​この​とし​に、ニーファイじん​と​ヤコブじん、ヨセフじん、ゾーラムじん​から​る​ニーファイじん​の​あいだ​に​せんそう​が​はじまった。この​せんそう​は、ニーファイじん​に​たいして、レーマンじん​と​レムエルじん​と​イシマエルじん​が​たたかった​もの​で​あった。

9 ​ところで、レーマンじん​と​レムエルじん、それに​イシマエルじん​は​レーマンじん​と​ばれて​いた​ので、この​たたかい​は​ニーファイじん​と​レーマンじん​と​の​あいだ​で​おこなわれた​もの​で​あった。

10 ​さて、その​せんそう​は、シドン​の​みず​の​そば​に​ある​ゼラヘムラ​の​さかい​で​はじまった。

11 ​そして​ニーファイじん​は、三まんにん​を​える​おおぜい​の​へい​を​あつめて​いた。この​とし​に​かれら​は​なん​も​たたかい、ニーファイじん​は​レーマンじん​を​ち​かして、おおく​の​もの​を​ころした。

12 ​そこで​レーマンじん​は​かれら​の​くわだて​を​て、​は​へい​に​なった。そして、およそ​四​年間ねんかんへい​が​つづき、まったく​りゅうけつ​が​なかった。

13 ​しかし、あく​が​ぜん​の​おもて​に​ひろがった​ので、しゅ​は​ぶん​の​あいする​​たち​を​よそ​に​れ​って​しまわれた。そして、たみ​の​ざいあく​の​ため​に、せき​と​いやし​の​わざ​は​やんだ。

14 ​また、たみ​の​あく​と​しんこう​の​ため​に、しゅ​から​なんの​賜物たまもの​も​あたえられず、聖霊せいれい​は​だれ​に​も​くだられなかった。

15 ​わたし​は​十五​さい​で、しょう​まじめ​な​こころ​の​ぬし​で​あった​ので、しゅ​の​おとずれ​を​け、イエス​の​いつくしみ​を​あじわって​った。

16 ​そこで、わたし​は​この​たみ​に​おしえ​を​こう​と​した​が、わたし​の​くち​は​じられ、かれら​に​おしえ​を​く​こと​を​きんじられた。よ、かれら​が​かみ​に​​に​そむいた​から​で​ある。また、あいされた​​たち​は、たみ​の​ざいあく​の​ため​に​その​​から​よそ​に​れ​られて​しまった。

17 ​しかし、わたし​は​たみ​の​なか​に​のこった。それでも、かれら​の​こころ​が​かたくな​で​あった​ので、かれら​に​おしえ​を​く​こと​は​きんじられた。そして、かれら​が​かたくな​で​あった​ので、​は​かれら​の​ため​に​​のろわれた。

18 ​また、レーマンじん​の​なか​に​いた​ガデアントン​の​ごうとう​たち​が、この​​を​らし​まわった​ので、この​​に​む​もの​たち​は、ぶん​たち​の​たから​を​ちゅう​に​かくす​よう​に​なった。ところが、しゅ​が​すでに​​を​のろって​おられた​ので、かれら​の​たから​は​なくなり​やすく​なって​しまい、かれら​は​それら​の​たから​を​たもつ​こと​も、ふたたび​しょゆう​する​こと​も​できなく​なった。

19 ​そして、じゅつ​と​ほう​と​じゅじゅつ​が​おこなわれ、しき​もの​の​ちから​が​​の​全面ぜんめん​に​はたらいて、まことに​アビナダイ​の​こと​と​レーマンじん​の​サムエル​の​こと​が​すべて​じつ​と​なった​の​で​あった。