聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モルモンしょ

第​6​章

ニーファイじんさい​の​たたかい​の​ため​に​クモラ​の​​に​あつまる。モルモン、神聖しんせい​な​ろく​を​クモラ​の​おか​に​かくす。レーマンじん​が​しょう​を​おさめ、ニーファイじん​の​くに​は​めつぼう​する。すうじゅうまんにん​が​つるぎ​で​ころされる。げんやく​三百八十五​ねん

1 ​さて、これ​で​わたし​の​たみ、ニーファイじん​の​めつぼう​に​ついて​の​わたし​の​ろく​を​わり​に​する。わたしたち​は、レーマンじん​の​まえ​に​しんぐん​した。

2 ​そして、わたし​モルモン​は、レーマンじん​の​おう​に​がみ​を​いて、クモラ​と​ばれる​おか​に​ちかい​​クモラ​の​​に​たみ​を​あつめ、そこ​で​レーマンじん​と​たたかえる​よう​に​する​の​を​みとめて​ほしい​と​たのんだ。

3 ​そこで、レーマンじん​の​おう​は​わたし​が​もとめた​こと​を​みとめて​くれた。

4 ​そこで、わたしたち​は​クモラ​の​​に​しんぐん​し、クモラ​の​おか​の​まわり​に​てんまく​を​った。その​おか​は​おおく​の​みず​と​かわいずみ​の​ある​​に​あった。わたしたち​は​ここ​で、レーマンじん​に​たいして​ゆう​に​てる​こと​を​たい​した。

5 ​三百八十四​ねん​が​った​とき、わたしたち​は​たみ​の​のこって​いる​もの​を​ぜんいん​クモラ​の​​に​あつめ​えて​いた。

6 ​そして、わたしたち​が​たみ​を​ぜんいん一団いちだん​と​して​クモラ​の​​に​あつめ​えた​とき、よ、わたし​モルモン​は​い​が​すすんで​いた。わたし​は、これ​が​ぶん​の​たみ​の​さい​の​戦闘せんとう​で​ある​こと​を​って​おり、また、せん​から​つたえられて​きた​神聖しんせい​な​ろく​を​レーマンじん​の​​に​わたして​は​ならない​と​しゅ​から​めいじられて​いた​ので(レーマンじん​は​それら​の​ろく​を​そこなう​から​で​ある)、わたし​は​ニーファイ​の​はん​から​​この​ろく​を​つくり、しゅ​の​​に​よって​わたし​に​たくされた​すべて​の​ろく​を​クモラ​の​おか​に​かくした。そして、​この​わずか​な​はん​だけ​を​むす​モロナイ​に​わたす。

7 ​さて、わたし​の​たみ​は​さい​たち​と​ともに、レーマンじん​の​ぐんたい​が​こちら​に​かって​すすんで​る​の​を​た。そして、すべて​の​あくにん​の​むね​に​ちて​いる​あの​ひどく​​を​おそれる​ち​を​もって、レーマンじん​を​むかとう​と​けた。

8 ​そして、レーマンじん​が​わたしたち​に​め​かかって​た。すると、レーマンじん​が​おびただしい​人数にんずう​で​あった​ので、わたし​の​たみ​は​ひとのこらず​おそれ​で​いっぱい​に​なった。

9 ​そして​レーマンじん​は、つるぎ​と​ゆみおの、その​ほか​あらゆる​​で​わたし​の​たみ​に​おそい​かかった。

10 ​そこで​わたし​の​たみ、すなわち​わたし​と​ともに​いた​一​まんにん​の​もの​が​り​たおされ、わたし​も​しょう​して​その​なか​に​たおれた。すると、レーマンじん​は​わたし​を​ころさず、わたし​の​そば​を​とおり​ぎて​った。

11 かれら​は​とおり​ぎて、わたしたち​の​なか​の​二十四​にん(この​なか​に​は​わたし​の​むす​モロナイ​も​いた)を​のぞく​わたし​の​たみ​を​​ことごとく​り​たおした。そこで、レーマンじん​が​かれら​の​宿しゅくえい​に​げた​よくじつびた​わたしたち​が​クモラ​の​おか​の​頂上ちょうじょう​から、わたし​の​たみ​の​んだ​もの​たち​を​た​ところ、わたし​が​ひきいて​​を​って​いた​一​まんにん​が​り​たおされて​いる​の​が​えた。

12 ​また、むす​モロナイ​が​​を​って​いた​一​まんにん​も​えた。

13 ​また​よ、ギドギドーナ​の​一​まんにん​が​たおれて​おり、ギドギドーナ​も​その​なか​に​たおれて​いた。

14 ​また、レーマ​も​かれ​の​一​まんにん​と​ともに​たおれて​おり、ギルガル​も​かれ​の​一​まんにん​と​ともに​たおれて​おり、リムハ​も​かれ​の​一​まんにん​と​ともに​たおれて​おり、ジェニウム​も​かれ​の​一​まんにん​と​ともに​たおれて​おり、クメナイハ​と​モロナイハ、アンテオヌム、シブロム、セム、ヨシ​も​それぞれ​の​一​まんにん​と​ともに​たおれて​いた。

15 ​そして​ほか​に​も、十​にん​の​もの​と​それぞれ​の​一​まんにん​が​つるぎ​で​たおれて​いた。まことに、わたし​の​たみ​は、わたし​と​ともに​いた​二十四​にん​と、みなみ​の​ほう​へ​げて​った​しょうすう​の​もの​と、レーマンじん​の​もと​へ​だっそう​した​しょうすう​の​もの​を​のぞいて、ぜんいん​が​たおれて​いた。そして、かれら​の​にく​と​ほね​と​​は、かれら​を​ころした​もの​の​​に​よって​その​まま​ほう​されて​​の​おもて​に​あり、じょう​で​ち、また​てて​はは​なる​だい​に​かえる​に​まかされた。

16 ​わたし​の​こころ​は、わたし​の​たみ​の​ころされた​もの​たち​の​こと​で​くるしみ​の​あまり​けて​しまいそう​に​なり、わたし​は​さけんだ。

17 「おお、うるわしい​もの​たち​よ、あなたがた​は​どうして​しゅ​の​みち​から​はなれて​しまった​の​か。おお、うるわしい​もの​たち​よ、あなたがた​は​りょううで​を​ひろげて​って​あなたがた​を​れよう​と​して​おられた、あの​イエス​を​どうして​こばんだ​の​か。

18 よ、あなたがた​は​その​よう​に​しなければ、たおれなかった​で​あろう​に。しかし​よ、あなたがた​は​もう​たおれて​しまい、わたし​は​あなたがた​を​うしなった​こと​を​なげき​かなしんで​いる。

19 ​おお、うるわしい​むす​と​むすめ​よ、ちち​と​はは​よ、おっと​と​つま​よ、うるわしい​もの​たち​よ、あなたがた​は​どうして​たおれた​の​か。

20 ​しかし​よ、あなたがた​は​もう​って​しまい、わたし​が​かなしんで​も、あなたがた​を​れ​もどす​こと​は​できない。

21 ​あなたがた​の​す​べき​からだ​が​​の​もの​を​て、いまち​つつ​ある​これら​の​からだ​が​ちない​からだ​に​なる​​が​もう​すぐ​る。その​とき​あなたがた​は、おこない​に​おうじて​さばかれる​ため​に、キリスト​の​さばき​の​​の​まえ​に​たなければ​ならない。そして、もし​あなたがた​が​​に​かなって​いれ​ば、あなたがた​は​あなたがた​より​も​まえ​に​​を​った​せん​と​ともに​しゅくふく​を​ける​の​で​ある。

22 ​おお、あなたがた​は、この​おおきな​めつぼう​が​およぶ​まえ​に​あらためて​おけ​ば​よかった​もの​を。しかし​よ、あなたがた​は​もう​って​しまった。御父おんちち​は、まことに​てん​の​永遠えいえん​の​御父おんちち​は、あなたがた​の​じょうたい​を​ぞんじ​で​あり、ぶん​の​こうせい​と​あわれみ​に​よって​あなたがた​を​あつかわれる​で​あろう。」