聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モロナイしょ

第​10​章

『モルモンしょ』​に​ついて​の​あかし​は、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​あたえられる。たま​の​賜物たまもの​は​ちゅうじつ​な​もの​に​け​あたえられる。霊的れいてき​な​賜物たまもの​は​かならず​しんこう​に​ともなう。モロナイ​の​こと​は​​から​かたる。キリスト​の​もと​に​て、キリスト​に​よって​完全かんぜん​に​なり、きよめられ​なさい。げんやく​四百二十一​ねん

1 ​さて、わたし​モロナイ​は、ぶん​が​よい​と​おもう​まま​に​すこし​しるす。わたし​は​同胞はらから​で​ある​​レーマンじん​に​しるす。キリスト​の​らいりん​の​しるし​が​あらわれて​から、すでに​四百二十​ねんじょう​たった​こと​を​って​ほしい。

2 ​わたし​は​あなたがた​へ​の​すすめ​として​すこし​の​こと​を​べた​のち、この​ろく​を​ふうじる​こと​に​する。

3 よ、わたし​は​あなたがた​に​すすめたい。あなたがた​に​とって​この​ろく​を​む​こと​が、かみ​の​​に​かなう​よう​で​あれ​ば、あなたがた​は​これ​を​む​とき​に、アダム​が​つくられて​から​あなたがた​が​これ​を​ける​とき​まで、しゅ​が​ひと​の​ら​に​どれ​ほど​あわれみ​を​かけて​こられた​か​を​おもこし、それ​を​こころ​の​なか​で​ふかく​かんがえて​ほしい。

4 ​また、この​ろく​を​ける​とき、これ​が​真実しんじつ​か​どう​か​キリスト​の​​に​よって​永遠えいえん​の​ちち​なる​かみ​に​う​よう​に、あなたがた​に​すすめたい。もし​キリスト​を​しんじ​ながら、誠心せいしんせいう​なら​ば、かみ​は​これ​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​あなたがた​に​あきらか​に​して​くださる。

5 ​そして​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって、あなたがた​は​すべて​の​こと​の​しん​を​る​で​あろう。

6 い​もの​は​なん​で​あろう​と、ただしくて​真実しんじつ​で​ある。したがって、い​もの​は​キリスト​を​てい​する​こと​なく、キリスト​が​おられる​こと​を​みとめる。

7 ​そして​あなたがた​は、キリスト​が​おられる​こと​を​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​る​こと​が​できる。したがって、わたし​は​あなたがた​に、かみ​の​ちから​を​てい​しない​よう​に​と​すすめたい。かみ​は​今日き ょ う​も、​も、とこしえ​に​おなじ​かた​で、ひと​の​ら​の​しんこう​に​おうじて​ちから​を​もって​はたらかれる。

8 ​さらに、わたし​は​同胞はらから​で​ある​あなたがた​に、かみ​の​賜物たまもの​は​おおい​ので、これら​の​賜物たまもの​を​てい​しない​よう​に​すすめる。これら​の​賜物たまもの​は​おなじ​かみ​から​る。これら​の​賜物たまもの​の​あたえられ​かた​は​様々さまざま​で​ある​が、すべて​の​ひと​の​なか​で​すべて​の​はたらき​を​される​の​は​おなじ​かみ​で​ある。これら​の​賜物たまもの​は​ひと​を​えきする​ため​に、かみ​の​たま​の​あらわれ​に​よって​ひと​に​さずけられる​の​で​ある。

9 よ、​ある​ひと​に​は​かみ​の​たま​に​よって、​の​こと​を​おしえる​賜物たまもの​が​さずけられ、

10 ​ある​ひと​に​は​おなじ​たま​に​よって、しき​の​こと​を​おしえる​賜物たまもの

11 ​ある​ひと​に​は​じょう​に​ふかい​しんこう、ある​ひと​に​は​おなじ​たま​に​よって​いやし​の​賜物たまもの

12 ​また、ある​ひと​に​は​おおきな​せき​を​おこなう​賜物たまもの

13 ​また、ある​ひと​に​は​あらゆる​ことがら​に​ついて​げん​する​賜物たまもの

14 ​また、ある​ひと​に​は​てん使​と​つかえる​れい​を​る​賜物たまもの

15 ​また、ある​ひと​に​は​あらゆる​げん

16 ​また、ある​ひと​に​は​様々さまざま​な​げん​と​いろいろ​な​げん​を​解釈かいしゃく​する​賜物たまもの​が​さずけられる。

17 ​これら​の​賜物たまもの​は​すべて、キリスト​の​たま​に​よって​さずけられる。そして、キリスト​の​のぞまれる​まま​に、それぞれ​すべて​の​ひと​に​さずけられる​の​で​ある。

18 ​わたし​は​あいする​同胞はらから​で​ある​あなたがた​に、​あらゆる​い​賜物たまもの​は​キリスト​から​る​と​いう​こと​を​おぼえて​おく​よう​に​すすめたい。

19 ​また、わたし​は​あいする​同胞はらから​で​ある​あなたがた​に​すすめたい。キリスト​は​昨日き の う​も、今日き ょ う​も、とこしえ​に​わらない​かた​で​ある​と​いう​こと​と、わたし​が​べた​これら​の​霊的れいてき​な​賜物たまもの​は​すべて、ひと​の​ら​が​しんこう​に​なる​とき​で​なければ、かい​の​ある​かぎり​けっして​なくならない​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

20 ​したがって、しんこう​が​なければ​ならない。もし​しんこう​が​なければ​ならない​と​すれ​ば、ぼう​も​また​なければ​ならない。そして、もし​ぼう​が​なければ​ならない​と​すれ​ば、あい​も​また​なければ​ならない。

21 ​あなたがた​に​あい​が​なければ、あなたがた​は​けっして​かみ​の​おうこく​に​すくわれない。また、しんこう​が​なければ​かみ​の​おうこく​に​すくわれない​し、また​ぼう​が​なければ​すくわれない。

22 ​もし​あなたがた​に​ぼう​が​なければ、あなたがた​は​かならず​絶望ぜつぼう​を​あじわう​で​あろう。絶望ぜつぼう​は​ざいあく​の​ため​に​しょうじる。

23 ​キリスト​は、まことに​わたしたち​の​せん​に、しんこう​が​あれ​ば、あなたがた​は、わたし​の​こころ​に​かなう​すべて​の​こと​を​おこなう​こと​が​できる」と​われた。

24 ​さて、わたし​は​​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​に​げる。もし​あなたがた​の​なか​に、かみ​の​ちから​と​賜物たまもの​の​なくなる​とき​が​る​と​すれ​ば、それ​は​しんこう​の​ため​で​ある。

25 ​もし​この​よう​に​なる​と​すれ​ば、ひと​の​ら​は​わざわい​で​ある。あなたがた​の​なか​に​は、ぜん​を​おこなう​もの​は​ひと​と​して​いない​から​で​ある。もし​あなたがた​の​なか​に​ぜん​を​おこなう​もの​が​いれ​ば、その​ひと​は​かみ​の​ちから​と​賜物たまもの​を​もって​はたらく​で​あろう。

26 ​これら​の​もの​を​やして​ぬ​もの​たち​は​わざわい​で​ある。かれら​は​つみ​の​うち​に​ぬ​ので、かみ​の​おうこく​に​すくわれる​こと​は​ありない​から​で​ある。わたし​は​この​こと​を、キリスト​の​こと​の​とおり​に​げる。わたし​は​いつわり​を​わない。

27 ​わたし​は、これら​の​こと​を​おぼえて​おく​よう​に​すすめる。わたし​が​いつわり​を​って​いない​こと​が、あなたがた​に​かる​とき​が​すぐに​る​から​で​ある。あなたがた​は、かみ​の​法廷ほうてい​で​わたし​に​う​で​あろう。そして、しゅ​なる​かみ​は​あなたがた​に、「わたし​は​あなたがた​に、しゃ​の​なか​から​さけぶ​もの​の​よう​に、まことに​​の​なか​から​かたる​もの​の​よう​に、この​ひと​が​しるした​わたし​の​こと​を​げなかった​か」と​われる​で​あろう。

28 ​わたし​が​これら​の​こと​を​げる​の​は、げん​が​じょうじゅ​する​ため​で​ある。よ、これら​の​こと​は​永遠えいえん​の​かみ​の​くち​から​る​で​あろう。そして、かみ​の​こと​は​ひびき​わたる​で​あろう。

29 ​また​かみ​は、わたし​の​しるして​きた​こと​が​じつ​で​ある​と​いう​こと​を​あなたがた​に​しめされる​で​あろう。

30 ​さらに、わたし​は​あなたがた​に、​キリスト​の​もと​に​て、あらゆる​い​賜物たまもの​を​る​よう​に、また​わるい​賜物たまもの​や​きよくない​もの​に​れない​よう​に​すすめたい。

31 ​おお、エルサレム​よ、​を​まして​​から​がり​なさい。おお、​シオン​の​むすめ​よ、うつくしい​ころも​を​​なさい。おお、イスラエル​の​いえ​よ、あなた​の​くい​を​つよく​し、あなた​の​さかい​を​とこしえ​に​ひろげて、けっして​​と​みだされる​こと​の​ない​よう​に​し、また​永遠えいえん​の​御父おんちち​が​あなた​に​てられた​せいやく​が​たされる​よう​に​しなさい。

32 ​まことに、​キリスト​の​もと​に​て、キリスト​に​よって​完全かんぜん​に​なり​なさい。かみ​の​こころ​に​わない​もの​を​すべて​こばみ​なさい。もし​あなたがた​が​かみ​の​こころ​に​わない​もの​を​すべて​こばみ、勢力せいりょく​と​おもい​と​ちから​を​くして​かみ​を​あいする​なら​ば、かみ​の​めぐみ​は​あなたがた​に​十分じゅうぶん​で​あり、あなたがた​は​かみ​の​めぐみ​に​より、キリスト​に​よって​完全かんぜん​に​なる​こと​が​できる。そして​あなたがた​は、かみ​の​めぐみ​に​より​キリスト​に​よって​完全かんぜん​に​なれ​ば、けっして​かみ​の​ちから​を​てい​する​こと​が​できない。

33 ​さらに​あなたがた​は、かみ​の​めぐみ​に​より​キリスト​に​よって​完全かんぜん​に​なり、かみ​の​ちから​を​てい​しなければ、かみ​の​めぐみ​に​より​キリスト​に​よって​きよめられる。それ​は​​キリスト​の​​が​ながされた​こと​に​よる​もの​で​ある。キリスト​の​​が​ながされた​の​は、あなたがた​の​つみ​の​ゆるし​の​ため​に​御父おんちち​が​せいやく​された​こと​に​よる​もの​で​あり、それ​に​よって​あなたがた​は​み​の​ない​きよい​もの​と​なる​の​で​ある。

34 ​さて、わたし​は​すべて​の​もの​に​わかれ​を​げる。わたし​は​もなく​って、かみ​の​​パラダイス​で​あんそく​を​る。そののち、わたし​の​れい​と​からだ​は​ふたたび​結合けつごう​する。そして​わたし​は​しょう​を​て​くうちゅう​に​げられ、生者せいしゃ​と​しゃそうほう​の​永遠えいえん​の​さばぬし​で​ある​おおいなる​​エホバ​の​たのしい​法廷ほうてい​で​あなたがた​に​う​こと​に​なる。アーメン。