聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モロナイしょ

第​6​章

あらためた​人々ひとびと​は、バプテスマ​を​けて​きょうかいいん​に​なる。あらためる​きょうかいいん​は​ゆるされる。集会しゅうかい​は​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​おこなわれる。げんやく​四百一​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

1 つぎ​に​​バプテスマ​に​ついて​べよう。よ、長老ちょうろうさいきょう​たち​は​バプテスマ​を​けた。しかし​かれら​は、バプテスマ​を​ける​に​あたいする​​ふさわしい​​を​むすばなければ、バプテスマ​を​ほどこされなかった。

2 ​また​かれら​は、くだかれた​こころ​と​いる​れい​を​もって​すすみ​て、ぶん​の​すべて​の​つみ​を​こころ​から​あらためた​こと​を​きょうかいいん​に​しょうめい​した​もの​で​なければ、だれ​に​も​バプテスマ​を​みとめなかった。

3 ​また、さい​まで​キリスト​に​つかえる​決心けっしん​を​して​キリスト​の​​を​けた​もの​で​なければ、だれ​も​バプテスマ​を​みとめられなかった。

4 ​そして​人々ひとびと​は​バプテスマ​を​みとめられ、聖霊せいれい​の​ちから​が​はたらいて​きよめられる​と、キリスト​の​きょうかい​の​たみ​の​なか​に​かぞえられ、その​​が​ろく​された。それ​は、かれら​が​おぼえられ、かみ​の​い​こと​で​やしなわれ、そして​かれら​を​ただしい​みち​に​とどめる​ため、また​えず​いのり​を​こころ​に​め​させ、かれら​の​しんこう​の​そうしゃ​で​あり​完成かんせいしゃ​で​ある​キリスト​の​どく​に​だけ​たよらせる​ため​で​ある。

5 きょうかいいん​は​断食だんじき​し、いのる​ため、また​ひと​の​さいわい​に​ついて​たがいに​かたう​ため​に​​しばしば​あつまった。

6 ​また、しゅ​イエス​を​ねん​して​パン​と​ぶどう​しゅ​を​いただく​ため​に​しばしば​あつまった。

7 ​また​かれら​は、ぶん​たち​の​なか​に​けっして​ざいあく​が​あって​は​ならない​と​いう​こと​を​厳密げんみつ​に​まもった。そして、ある​もの​たち​が​ざいあく​を​おかした​こと​が​かり、きょうかいいん​の​​三にん​の​しょうにん​が​長老ちょうろう​たち​の​まえ​で​その​もの​たち​を​つみ​が​ある​と​し、もし​その​もの​たち​が​あらためず​こくはく​も​しなければ、かれら​の​​は​されて、かれら​は​キリスト​の​たみ​の​なか​に​かぞえられなかった。

8 ​しかし、あらためて​ごころ​から​ゆるし​を​もとめた​もの​は、その​たび​に​ゆるされた。

9 ​また​きょうかいいん​の​集会しゅうかい​は、たま​の​はたらく​まま​に、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​きょうかいいん​が​どう​した。おしえ​を​く​こと​も、すすめる​こと​も、いのる​こと​も、ねがう​こと​も、うたう​こと​も、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​みちびかれる​まま​に​おこなわれた。