聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モロナイしょ

第​7​章

しゅ​の​あんそく​に​はいる​よう​に​と​の​まねき。ごころ​から​いのる​こと。キリスト​の​たま​は​ひと​が​善悪ぜんあく​を​わきまえる​こと​が​できる​よう​に​する。サタン​は​キリスト​を​てい​して、あく​を​おこなう​よう​に​ひと​に​き​すすめる。げんしゃ​たち、キリスト​の​らいりん​に​ついて​あきらか​に​する。しんこう​に​よって​せき​が​おこなわれ、てん使​は​おしえ​みちびく。ひと​は​永遠えいえん​の​いのち​を​のぞみ、あい​を​かたく​まもらなければ​ならない。げんやく​四百一​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

1 ​さて、わたし​モロナイ​は、ちち​モルモン​が​しんこう​と​ぼう​と​あい​に​ついて​べた​こと​を​少々しょうしょうしるして​おく。ちち​は、たみ​が​れいはい​の​しょ​として​てた​会堂かいどう​で​かれら​を​おしえた​とき、つぎ​の​よう​に​べた。

2 「さて、わたし​モルモン​は、あいする​同胞はらから​で​ある​あなたがた​に​はなしたい。ちち​なる​かみ​と​わたしたち​の​しゅ​イエス・​キリスト​の​めぐみ​に​より、また​しゅ​が​わたし​に​し​の​賜物たまもの​を​お​あたえ​くださった​ので、しゅ​の​せい​なる​こころ​に​より、わたし​は​いま​あなたがた​に​かたる​かい​を​て​いる。

3 ​そこで​わたし​は、きょうかい​に​ぞくして​いる​あなたがた、すなわち、いま​から​のちてん​で​しゅ​と​ともに​あんそく​を​る​とき​まで、キリスト​に​おだやか​に​したがい、しゅ​の​あんそく​に​はいれる​と​いう​十分じゅうぶん​な​のぞみ​を​て​いる​あなたがた​に、はなしたい​と​おもう。

4 ​わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は、あなたがた​が​ひと​の​ら​と​おだやか​に​まじわって​らして​いる​ので、あなたがた​の​こと​を​この​よう​に​判断はんだん​して​いる。

5 ​わたし​は、『あなたがた​は​その​おこない​に​よって​かれら​を​ける​の​で​ある』​と​われた​かみ​の​こと​を​おぼえて​いる​から​で​ある。かれら​の​おこない​が​ければ、かれら​も​い。

6 よ、かみ​は、『わるい​もの​は​い​こと​を​おこなえない』​と​われた。ひと​は​ささげ​もの​を​して​も、かみ​に​いのって​も、ごころ​から​しなければ、その​ひと​に​とって​なんの​やく​に​も​たない。

7 よ、それ​は​かれ​に​とって​​と​みとめられない​から​で​ある。

8 よ、わるい​もの​は​ささげ​もの​を​して​も、しみ​ながら​する​ので、ささげ​もの​を​しなかった​と​おなじ​よう​に​なされる。したがって、かみ​の​まえ​で​あく​と​なされる。

9 ​それ​と​どうよう​に、ひと​が​ごころ​の​ともなわない​いのり​を​する​なら​ば、それ​は​その​ひと​に​とって​あく​と​なされる。そして、それ​は​その​ひと​に​とって​なんの​やく​に​も​たない。かみ​は​その​よう​な​いのり​を​れられない​から​で​ある。

10 ​したがって、わるい​もの​は​い​こと​を​おこなえず、また​い​おくもの​も​しない。

11 よ、にがい​いずみ​は​い​みず​を​せない​し、い​いずみ​も​にがい​みず​を​せない。そこで、あく​の​しもべ​に​なって​いる​もの​は、キリスト​に​したがう​こと​が​できない。もし​キリスト​に​したがう​と​すれ​ば、あく​の​しもべ​で​は​ありない。

12 ​したがって、い​もの​は​すべて​かみ​から​て、わるい​もの​は​あく​から​る。あく​は​かみ​に​たいする​てき​で​あって、えず​かみ​と​たたかい、また​ひと​を​さそい、そそのかして​つみ​を​おか​させ、いつも​わるい​こと​を​おこなわせよう​と​する。

13 ​しかし​よ、かみ​から​る​もの​は​いつも​ぜん​を​おこなう​よう​に​さそい、うながす。したがって、ぜん​を​おこない、かみ​を​あいし、かみ​に​つかえる​よう​に​さそい、うながす​もの​は​すべて、かみ​の​霊感れいかん​を​けて​いる​の​で​ある。

14 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​は​わるい​もの​を​かみ​から​た​と​おもわない​よう​に、あるいは​い​もの​で​かみ​から​て​いる​もの​を、あく​から​た​と​おもわない​よう​に​​を​つけ​なさい。

15 よ、わたし​の​同胞はらから​よ、善悪ぜんあく​を​わきまえる​こと​が​できる​よう​に、ものごと​を​判断はんだん​する​こと​は​あなたがた​に​まかされて​いる。そして、その​判断はんだん​の​ほうほう​は​あきらか​で​あり、善悪ぜんあく​の​ちがい​は​ひる​が​やみ​と​ちがう​よう​に、完全かんぜん​に​かい​して​わきまえる​こと​が​できる。

16 よ、善悪ぜんあく​を​わきまえる​こと​が​できる​よう​に、すべて​の​ひと​に​​キリスト​の​たま​が​あたえられて​いる​から​で​ある。さて、その​判断はんだん​の​ほうほう​を​あなたがた​に​おしえよう。ぜん​を​おこなう​よう​に​さそい、また​キリスト​を​しんじる​よう​に​すすめる​もの​は​すべて、キリスト​の​ちから​と​賜物たまもの​に​よって​おくされて​いる​の​で​ある。したがって​あなたがた​は、それ​が​かみ​から​て​いる​こと​を​完全かんぜん​に​かい​して​わきまえる​こと​が​できる。

17 ​しかし、あく​を​おこなう​よう​に、キリスト​を​しんじない​よう​に、キリスト​を​てい​する​よう​に、かみ​に​つかえない​よう​に​と​ひと​に​き​すすめる​もの​は​なん​で​あろう​と、それ​は​あく​から​て​いる​こと​を​あなたがた​は​完全かんぜん​に​かい​して​わきまえる​こと​が​できる。あく​は​この​よう​に​はたらく​から​で​ある。あく​は​だれ​に​も​ぜん​を​おこなう​よう​に​き​すすめない。また​あく​の​使つかい​も、あく​に​したがう​もの​も、その​よう​に​き​すすめない。

18 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​は​判断はんだん​する​さい​に​もちいる​ひかり、すなわち​​キリスト​の​ひかり​に​ついて​って​いる​ので、あやまって​さばかない​よう​に​ちゅう​しなさい。あなたがた​が​さばく​その​さばき​で、あなたがた​も​さばかれる​から​で​ある。

19 ​そこで​わたし​は、同胞はらから​で​ある​あなたがた​に、善悪ぜんあく​を​わきまえる​こと​が​できる​よう​に、​キリスト​の​ひかり​の​なか​で​熱心ねっしん​に​もとめる​こと​を​せつに​すすめる。もし​あなたがた​が​い​もの​を​ことごとく​​に​して、それ​を​なん​しなければ、あなたがた​は​かならず​​キリスト​の​​と​なる。

20 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、どの​よう​に​すれ​ば​あなたがた​は、い​もの​を​ことごとく​​に​できる​の​で​あろう​か。

21 ​ここ​で、わたし​が​はなしたい​と​まえ​に​った​しんこう​に​き​く​の​で​ある。では、あなたがた​が​い​もの​を​ことごとく​​に​できる​ほうほう​に​ついて​はなそう。

22 よ、かみ​は​永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって​そんざい​し、すべて​の​こと​を​ぞんじ​で​ある​ため​に、よ、てん使​たち​を​つかわして、ひと​の​ら​を​おしえ​みちびき、キリスト​の​らいりん​に​ついて​あきらか​に​された。キリスト​に​あって、い​もの​が​ことごとく​る​の​で​ある。

23 ​また​かみ​は、キリスト​が​られる​こと​を​しん​の​くち​を​とおして、げんしゃ​たち​に​宣言せんげん​された。

24 よ、いろいろ​な​ほうほう​に​よって、かみ​は​ひと​の​ら​に​い​もの​を​あきらか​に​された。そして、い​もの​は​すべて​キリスト​から​る。そう​で​なければ、ひと​は​らく​した​じょうたい​に​なった​ので、い​もの​は​まったく​ひと​に​およばなかった​こと​で​あろう。

25 ​さて、てん使​の​はたらき​に​よって、また​かみ​の​くち​から​る​ひとつ​ひとつ​の​こと​に​よって、ひと​は​キリスト​を​しんじる​よう​に​なった。その​けっしんこう​に​よって​ひと​は​い​もの​を​ことごとく​​に​した。キリスト​の​らいりん​まで​そう​で​あった。

26 ​また、キリスト​が​られた​のち​も、ひと​は​キリスト​の​​を​しんじる​しんこう​に​よって​すくわれた。しんこう​に​よって​ひと​は​かみ​の​​と​なって​いる。キリスト​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、キリスト​は​わたしたち​の​せん​に​この​よう​に​われた。すなわち、『あなたがた​が​あたえられる​と​しんじて、しんこう​を​もって​わたし​の​​に​よって​ちち​に​もとめる​もの​は、せいとう​で​あれ​ば、よ、なんでも​あなたがた​に​あたえられる。』

27 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、キリスト​は、ひと​の​ら​に​たいして​って​おられる​ぶん​の​あわれみ​の​けん​を​御父おんちち​に​もとめる​ため​に、てん​に​のぼって​かみ​の​みぎ​の​​に​かれた​ので、せき​が​やんで​しまった​の​で​あろう​か。

28 ​キリスト​は​りっぽう​の​もくてき​を​たっせられた。そして、キリスト​を​しんじる​すべて​の​もの​を、ぶん​に​ぞくする​もの​と​しゅちょう​して​おられる。また、キリスト​を​しんじる​もの​は​いっさい​の​い​もの​を​かたく​まもる​ので、キリスト​は​ひと​の​ら​を​べん​して​くださる。そして、キリスト​は​永遠えいえん​に​てん​に​まわれる​の​で​ある。

29 ​わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、キリスト​が​この​よう​に​おこなわれた​ので、せき​は​やんで​しまった​の​で​あろう​か。よ、そう​で​は​ない​と、わたし​は​あなたがた​に​う。また​てん使​たち​も​ひと​の​ら​に​はたらきかける​こと​を​やめて​は​いない。

30 よ、てん使​は​キリスト​に​したがって​おり、ふかい​しんこう​と​かっ​と​した​こころ​を​もって、あらゆる​ほうほう​で​かみ​を​うやまう​もの​に​ぶんしん​を​しめし、キリスト​の​めいじられる​こと​の​とおり​に​おしえ​みちびいて​いる。

31 てん使​の​つとめ​は、ひと​を​まねいて​あらため​させる​こと​と、御父おんちち​が​ひと​の​ら​に​てられた​せいやく​の​わざ​を​たして​じっこう​する​こと​と、しゅ​の​えらばれた​うつわ​に​キリスト​の​こと​を​げ​らせる​こと​に​よって​かれら​が​キリスト​に​ついて​あかし​を​べる​よう​に​して、ひと​の​ら​の​なか​に​みち​を​そなえる​こと​で​ある。

32 ​この​よう​に​して、しゅ​なる​かみ​は​みち​を​そなえて、のこり​の​人々ひとびと​も​キリスト​を​しんじる​しんこう​を​ち、聖霊せいれい​が​その​ちから​に​よって​かれら​の​こころ​の​なか​に​宿やどられる​よう​に​される​の​で​ある。この​よう​な​ほうほう​で、御父おんちち​は​ひと​の​ら​に​てられた​せいやく​を​たされる。

33 ​キリスト​は​われた。『あなたがた​は​わたし​を​しんじる​なら​ば、わたし​の​こころ​に​かなう​こと​を​何事なにごと​で​も​おこなう​ちから​を​つ​で​あろう』​と。

34 ​また、『​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​よ、あらためて、わたし​の​もと​に​て、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​け​なさい。すくわれる​ため​に​わたし​を​しんじ​なさい』​と、キリスト​は​われた。

35 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​に​はなした​これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​あれ​ば、また​かみ​は、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を、わり​の​​に​ちから​と​おおいなる​えいこう​と​を​もって​あなたがた​に​しめされる​で​あろう​が、もし​これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​あれ​ば、せき​の​​は​わって​しまった​と​える​で​あろう​か。

36 てん使​が​ひと​の​ら​に​あらわれる​こと​は、わって​しまった​の​で​あろう​か。かみ​は​聖霊せいれい​の​ちから​を​ひと​の​ら​に​あたえられなく​なった​の​で​あろう​か。とき​が​つづく​かぎり、だい​が​そんざい​する​かぎり、​の​おもて​に​すくわれる​ひと​が​ひと​で​も​いる​かぎり、かみ​は​聖霊せいれい​の​ちから​を​あたえる​の​を​ひかえられる​で​あろう​か。

37 よ、そう​で​は​ない​と、わたし​は​あなたがた​に​う。せき​が​おこなわれる​の​は​しんこう​に​よる​から​で​ある。てん使​が​ひと​に​あらわれて​おしえ​みちびく​の​も、しんこう​に​よる。したがって、もし​これら​の​こと​が​なくなって​いる​と​すれ​ば、それ​は​しんこう​の​ため​で​あり、すべて​は​むなしい​ので、ひと​の​ら​は​わざわい​で​ある。

38 ​キリスト​の​こと​に​ある​とおり、キリスト​の​​を​しんじ​なければ、だれ​も​すくわれない​から​で​ある。したがって、もし​これら​の​こと​が​なくなって​いる​と​すれ​ば、しんこう​も​なくなって​いる。そして、ひと​は​ひどい​じょうたい​に​ある。なぜなら​ば、ひと​は​まるで​あがない​が​まったく​なかった​か​の​よう​な​ありさま​に​なる​から​で​ある。

39 ​しかし​よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​の​こと​を​もっと​い​じょうたい​に​ある​と​判断はんだん​して​いる。あなたがた​が​にゅう​で​ある​の​を​て、あなたがた​に​は​キリスト​を​しんじる​しんこう​が​ある​と​おもう​から​で​ある。あなたがた​は​キリスト​を​しんじて​い​なければ、キリスト​の​きょうかい​の​たみ​の​なか​に​かぞえられる​に​​ふさわしくない。

40 ​また、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​ぼう​に​ついて​あなたがた​に​はなしたい​と​おもう。あなたがた​に​ぼう​が​なければ、どうして​しんこう​が​られる​で​あろう​か。

41 ​また、あなたがた​は​なに​を​のぞめ​ば​よい​の​で​あろう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は、キリスト​の​贖罪しょくざい​と​キリスト​の​ふっかつ​の​ちから​に​よって​永遠えいえん​の​いのち​に​よみがえる​こと​を​のぞま​なければ​ならない。あなたがた​が​キリスト​を​しんじる​こと​で、やくそく​の​とおり​これ​が​たされる​の​で​ある。

42 ​したがって、もし​ひと​に​しんこう​が​あれ​ば、かならず​ぼう​も​ある​に​ちがいない。しんこう​の​ない​ぼう​は​ありない​から​で​ある。

43 ​さらに​よ、あなたがた​に​う。にゅう​で​こころ​の​へりくだった​ひと​で​なければ、しんこう​と​ぼう​を​つ​こと​は​できない。

44 ​たとえ​てた​と​して​も、その​ひと​の​しんこう​と​ぼう​は​むなしい​もの​で​ある。にゅう​で​こころ​の​へりくだった​ひと​で​なければ、かみ​の​まえ​に​れられない​から​で​ある。また、ひと​が​にゅう​で、こころ​が​へりくだって​おり、イエス​が​キリスト​で​ある​こと​を​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​みとめる​なら​ば、その​ひと​に​は​あい​が​かならず​なければ​ならない。あい​が​なければ、その​ひと​は​なんの​​も​ない。したがって、ひと​に​は​あい​が​かならず​なければ​ならない。

45 あい​は​ながく​しのび、親切しんせつ​で​あり、​ねたまず、ほこらず、ぶん​の​えき​を​もとめず、よう​に​いからず、あく​を​すこしも​かんがえず、ざいあく​を​よろこばないで​真実しんじつ​を​よろこび、すべて​を​しのび、すべて​を​しんじ、すべて​を​のぞみ、すべて​に​える。

46 ​したがって、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、もし​あなたがた​に​あい​が​なければ、あなたがた​は​なんの​​も​ない。あい​は​いつまで​も​える​こと​が​ない​から​で​ある。したがって、もっとも​おおいなる​もの​で​ある​あい​を​かたく​まもり​なさい。すべて​の​もの​は​かならず​えて​しまう​から​で​ある。

47 ​しかし、この​あい​は​キリスト​の​じゅんすい​な​あい​で​あって、とこしえ​に​つづく。そして、わり​の​​に​この​あい​を​って​いる​と​みとめられる​ひと​は、さいわい​で​ある。

48 ​したがって、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​は、御父おんちち​が​おん​イエス・​キリスト​に​しん​に​したがう​もの​すべて​に​さずけられた​この​あい​で​たされる​よう​に、また​かみ​の​​と​なれる​よう​に、ねつ​を​めて​御父おんちち​に​いのり​なさい。また、おん​が​しん​を​あらわされる​とき​に、わたしたち​は​ありのまま​の​姿すがた​の​おん​に​まみえる​の​で、おん​に​た​もの​と​なれる​よう​に、また​わたしたち​が​この​ぼう​を​てる​よう​に、さらに​わたしたち​が​きよめられて​きよい​おん​と​おなじ​よう​に​なれる​よう、ねつ​を​めて​御父おんちち​に​いのり​なさい。アーメン。」