聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーサヤしょ

第​15​章

キリスト​が​御父おんちち​で​あり、おん​で​ある​ゆう。キリスト​は​し​を​し、ぶん​の​たみ​の​そむき​を​​に​われる。キリスト​の​たみ​と​すべて​の​せい​なる​げんしゃ​たち​は、キリスト​の​そん​で​ある。キリスト​は​ふっかつ​を​もたらされる。おさない​ども​たち​は​永遠えいえん​の​いのち​を​る。げんぜんやく​百四十八​ねん

1 ​さて、アビナダイ​は​かれら​に​った。「わたし​は​あなたがた​に、かみしん​が​ひと​の​ら​の​なか​に​くだって​て、ぶん​の​たみ​を​あがなわれる​と​いう​こと​を​かい​して​ほしい​と​おもう。

2 ​この​かみ​は​にくたい​に​宿やどられる​ので、かみ​の​おん​と​ばれる。また​その​にくたい​を​御父おんちち​の​こころ​に​したがわせられる​ので、御父おんちち​に​して​おん​な​の​で​ある。

3 御父おんちち​と​は、かみ​の​ちから​に​よって​胎内たいない​に​宿やどられる​から​で​あり、おん​と​は、にくたい​を​たれる​から​で​ある。この​よう​に​して、御父おんちち​に​も​なり、おん​に​も​なられる​の​で​ある。

4 ​そして​ふたかた​は​​一つ​の​かみ、まことに、てん​の​まこと​の​永遠えいえん​の​ちち​で​あられる。

5 ​この​よう​に、にくたい​が​たま​に​したがい、あるいは​おん​が​御父おんちち​に​一つ​の​かみ​として​したがわれた​のちおん​は​ゆうわく​を​けて​も​その​ゆうわく​に​けず、かえって​ぶん​の​たみ​から​​あざけられ、むちたれ、され、こばまれる​まま​に​なさる。

6 ​そして、この​よう​な​こと​の​のち、また​ひと​の​ら​の​なか​で​おおく​の​おおきな​せき​が​おこなわれた​のち、この​かた​は、​イザヤ​が、『​を​る​もの​の​まえ​の​もの​を​わない​ひつじ​の​よう​に、かれ​は​くち​を​ひらかなかった』​と​った​よう​に​れてかれる。

7 ​まことに​この​かた​は​れてかれて、じゅう​に​つけられ、ころされ、その​にくたい​は​​に​したがう​が、おん​の​こころ​は​御父おんちち​の​こころ​に​のみ​まれて​しまう。

8 ​こう​して、かみ​は​​の​なわ​を​って​​に​たいして​しょう​を​ひと​の​ら​の​ため​に​し​を​する​ちから​を​おん​に​さずけられる。

9 ​また​てん​に​のぼり、あわれみ​の​こころ​を​ち、ひと​の​ら​を​あわれむ​おもい​に​たされて​おり、ひと​の​ら​と​せい​の​あいだ​に​ち、​の​なわ​を​ち、ひと​の​ら​の​ざいあく​と​そむき​を​​に​い、かれら​を​あがない、せい​の​ようきゅう​を​たされる。

10 ​さて、わたし​は​あなたがた​に​う​が、だれ​が​おん​の​そん​で​ある​と​る​で​あろう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。おん​は​つみ​の​ため​の​ささげ​もの​に​される​と、ぶん​の​そん​を​らん​に​なる。で​は、あなたがた​は​なん​と​こたえる​か。おん​の​そん​と​は​だれか。

11 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。げんしゃ​たち、まことに、しゅ​の​らいりん​に​ついて​げん​して​きた​すべて​の​せい​なる​げんしゃ​の​こと​を​いた​人々ひとびとげんしゃ​たち​の​こと​を​き、しゅ​が​ぶん​の​たみ​を​あがなわれる​こと​を​しんじ、ぶん​たち​の​つみ​の​ゆるし​の​ため​に​その​​を​のぞんで​きた​すべて​の​ひと、わたし​は​あなたがた​に​う​が、これら​の​人々ひとびと​が​おん​の​そん​な​の​で​ある。すなわち、かれら​は​かみ​の​おうこく​を​ぐ​もの​で​ある。

12 ​これら​の​人々ひとびと​は、おん​が​つみ​を​って​くださる​人々ひとびと​だから​で​ある。おん​は​これら​の​人々ひとびと​を​そむき​から​あがなおう​と​して、かれら​の​ため​に​なれた。だから​かれら​は、おん​の​そん​で​は​ない​だろう​か。

13 ​また、くち​を​ひらいて​げん​し、いましめ​に​そむく​こと​の​なかった​すべて​の​げんしゃ、すなわち​かい​が​はじまって​らい​の​すべて​の​せい​なる​げんしゃ​も、おん​の​そん​で​は​ない​だろう​か。かれら​は​おん​の​そん​で​ある​と、わたし​は​あなたがた​に​う。

14 ​そして​かれら​は、へい​を​げて​ひろめ、ぜん​の​よき​おとずれ​を​つたえた​人々ひとびと​で​あり、すくい​を​げて​ひろめ、シオン​に​かって、『あなた​の​かみ​が​とう​して​おられる』​と​った​人々ひとびと​で​ある。

15 ​おお、かれら​の​あし​は​やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしかった​こと​で​あろう。

16 ​そして​また、いま​なお​へい​を​げて​ひろめて​いる​もの​たち​の​あし​も、やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしい​こと​で​あろう。

17 ​そして​また、これから​のち​とこしえ​に​へい​を​げて​ひろめる​もの​たち​の​あし​も、やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしい​こと​で​あろう。

18 よ、わたし​は​あなたがた​に​う​が、これだけ​で​は​ない。おお、よき​おとずれ​を​つたえられる​かたへい​の​そうしゃ、すなわち​ぶん​の​たみ​を​あがなわれた​しゅぶん​の​たみ​に​すくい​を​さずけられた​かた、まことに、この​かた​の​あし​は、やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしい​こと​で​あろう。

19 ​もし、ぶん​の​たみ​の​ため​に​しゅ​が​おこなわれる、​の​はじめ​から​そなえられた​あがない​が​なければ、わたし​は​あなたがた​に​う​が、これ​が​なければ、ぜんじんるい​は​ほろびる​ほか​は​なかった。

20 ​しかし​よ、​の​なわ​は​たれ、おん​が​とう​し、しゃ​を​おさめる​ちから​を​たれる。そこで、おん​は​しゃ​の​ふっかつ​を​もたらされる。

21 ​こう​して、ふっかつ​が​こる。これ​は​だいいち​の​ふっかつ、すなわち、​の​人々ひとびと​と、現在げんざい​の​人々ひとびと​と、キリスト​の​ふっかつ​まで​の​将来しょうらい​の​人々ひとびと​の​ふっかつ​で​ある。おん​は​キリスト​と​ばれる。

22 ​さて、すべて​の​げんしゃ​と、げんしゃ​たち​の​こと​を​しんじた​人々ひとびと、すなわち​かみ​の​いましめ​を​まもった​すべて​の​ひと​の​ふっかつ​は、さいしょ​の​ふっかつ​の​とき​に​ある。したがって、その​ふっかつ​は​だいいち​の​ふっかつ​で​ある。

23 かれら​は​よみがえって、かれら​を​あがなって​くださった​かみ​と​ともに​む。この​よう​に​して​かれら​は、​の​なわ​を​って​くださった​キリスト​に​よって、永遠えいえん​の​いのち​を​る​の​で​ある。

24 かれら​は、だいいち​の​ふっかつ​に​あずかる​人々ひとびと​で​ある。また、これら​の​人々ひとびと​こそ、すくい​の​こと​を​げ​らされなかった​ため​に​​の​まま​で、キリスト​が​られる​まえ​に​んだ​人々ひとびと​で​ある。しゅ​は​これら​の​人々ひとびと​に​回復かいふく​を​もたらされる。そして​かれら​は、しゅ​に​あがなわれて​だいいち​の​ふっかつ​に​あずかり、永遠えいえん​の​いのち​を​る。

25 ​また、おさない​ども​たち​も​永遠えいえん​の​いのち​を​る。

26 ​しかし​よ、あなたがた​は​かみ​の​まえ​で​おそれ、ふるえ​おののき​なさい。あなたがた​は​ふるえ​おののいて​とうぜん​で​ある。しゅ​は、ぶん​に​そむいて​つみ​の​なか​で​ぬ​もの、すなわち、かい​が​はじまって​らい​に​かみ​に​そむき、かみ​の​いましめ​を​って​いながら​それら​を​まもろう​と​せず、つみ​の​なか​に​ほろびて​しまった​すべて​の​もの​に​ついて​は、けっして​あがない​を​なさらない​から​で​ある。​これら​の​もの​は、だいいち​の​ふっかつ​に​けっして​あずかれない​もの​たち​で​ある。

27 ​だから、あなたがた​は​ふるえ​おののいて​とうぜん​で​は​ない​か。すくい​は​この​よう​な​もの​に​は​けっして​あたえられない。しゅ​は​この​よう​な​もの​を​あがなわれない​から​で​ある。まったく、しゅ​は​この​よう​な​もの​を​あがなう​こと​が​お​でき​に​ならない。しゅ​は​ぶん​の​こと​を​お​し​に​なれない​から​で​ある。しゅ​は​せい​が​その​けん​を​しゅちょう​する​とき​に、せい​を​こばむ​こと​が​お​でき​に​ならない​から​で​ある。

28 ​さて、あなたがた​に​って​おく。将来しょうらいしゅ​の​すくい​が​あらゆる​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​げ​らされる​とき​が​る​で​あろう。

29 ​まことに​しゅ​よ、あなた​の​り​にん​は​こえ​を​げ、こえ​を​わせて​うたう​こと​でしょう。しゅ​が​シオン​を​もと​に​もどされる​とき、かれら​は​それ​を​たり​に​る​から​です。

30 ​エルサレム​の​れた​ところ​よ、よろこび​の​こえ​を​げ、ともに​うたえ。しゅ​が​ぶん​の​たみ​を​なぐさめ、エルサレム​を​あがなわれた​から​で​ある。

31 しゅ​は​その​せい​なる​うで​を、すべて​の​こくみん​の​​の​まえ​に​あらわされた。​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​は、わたしたち​の​かみ​の​すくい​を​る​で​あろう。」