聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーサヤしょ

第​16​章

かみ​は​人々ひとびと​を、まよい​らく​した​じょうたい​から​あがなわれる。にくよく​に​ふける​もの​は、あたかも​あがない​が​ない​か​の​よう​な​じょうたい​に​とどまる。キリスト​は​ふっかつ​を​もたらし、ひと​は​きゅう​の​いのち​か、きゅう​の​ばつ​の​さだめ​を​ける。げんぜんやく​百四十八​ねん

1 ​さて、アビナダイ​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、​を​ばして​った。「将来しょうらい、すべて​の​ひと​が​しゅ​の​すくい​を​る​とき​が​る。あらゆる​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​が​​と​​を​わせて​て、かみ​の​さばき​が​こうせい​で​ある​こと​を​かみ​の​まえ​で​みとめる​とき​が​る。

2 ​その​とき、あくにん​は​される​で​あろう。そして、かれら​は​き​わめき、なみだ​を​ながし、なげき​かなしみ、ぎしり​を​する​に​ちがいない。それ​は、かれら​が​しゅ​の​こえ​に​き​したがおう​と​しなかった​から​で​ある。その​ため​に、しゅ​は​かれら​を​あがなわれない。

3 かれら​は​にくよく​に​ふけり、あく​に​したがう​ので、あく​が​かれら​を​はい​する​ちから​を​つ。この​あく​は​わたしたち​の​​を​​だました、とし​を​た​あの​へび​で​ある。その​とし​を​た​へび​が​​を​だました​ため​に​​は​らく​し、その​ため​に​すべて​の​ひと​は​にくよく​や​官能かんのう​に​おぼれ、あく​に​したがい、ぜん​と​あく​を​り​ながら​あく​に​したがう​よう​に​なった。

4 ​この​よう​に​して、ぜんじんるい​は​まよった​じょうたい​に​なった。そして​よ、もし​かみ​が​ぶん​の​たみ​を​まよい​らく​した​じょうたい​から​あがなわれ​なければ、かれら​は​かぎりなく​まよった​じょうたい​に​なって​いた​で​あろう。

5 ぶんしん​の​にく​の​性質せいしつ​の​なか​に​とどまり、つみ​の​みち​と​かみ​に​そむく​みち​を​すすむ​もの​は、その​らく​した​じょうたい​に​とどまって、あく​が​その​もの​を​はい​する​すべて​の​ちから​を​つ​と​いう​こと​を​わすれるな。だから、その​もの​は​かみ​の​てき​で​あって、あたかも​あがない​が​なかった​か​の​よう​で​ある。あく​も​また​かみ​の​てき​な​の​で​ある。

6 ​さて、将来しょうらいこる​こと​を​​すでに​こった​こと​の​よう​に​はなす​と、もしも​キリスト​が​この​に​られなかった​なら​ば、あがない​は​けっして​ありなかった。

7 ​また、はか​が​しょう​を​ない​よう​に、そして​​が​​とげ​を​たない​よう​に、もし​キリスト​が​しゃ​の​なか​から​よみがえられなかった​なら​ば、すなわち​​の​なわ​を​たれなかった​なら​ば、ふっかつ​は​ありなかった。

8 ​しかしながら、ふっかつ​は​じっさい​に​ある​ので、はか​は​しょう​を​ず、​の​とげ​は​キリスト​に​のみ​まれて​しまう。

9 ​キリスト​は​​の​ひかり​で​あり​いのち​で​あられる。まことに、けっして​くらく​なる​こと​の​ない​きゅう​の​ひかり​で​あり、また​けっして​ぬ​こと​の​ない​きゅう​の​いのち​で​あられる。

10 ​この​す​べき​からだ​は​​を​まとい、この​ちる​もの​は​ちない​もの​を​まとって、かみ​の​法廷ほうてい​に​つ​よう​に​され、ぶん​の​おこない​が​い​か​わるい​か、その​おこない​に​おうじて​かみ​に​さばかれる。

11 ​すなわち、おこない​が​ければ​きゅう​の​いのち​と​こうふく​の​ふっかつ​に​あずかる。また、おこない​が​わるければ​きゅう​の​ばつ​の​さだめ​の​ふっかつ​に​あずかる​こと​に​なる​が、それ​は、かれら​を​服従ふくじゅう​させて​きた​あく​に​わたされる​と​いう​こと​で​ある。

12 かれら​は、ぶん​の​にく​の​おもい​と​よくぼう​の​まま​に​い、しゅ​の​あわれみ​の​うで​が​べられて​いる​あいだ​に​も​けっして​しゅ​に​ねがわず、しゅ​の​あわれみ​の​うで​が​かれら​に​べられて​も、かれら​は​たよろう​と​せず、ざいあく​に​ついて​いましめられて​も、それから​はなれよう​と​せず、あらためる​よう​に​めいじられて​も、あらためよう​と​しなかった。

13 ​そこで​あなたがた​は、ふるえ​おののいて​つみ​を​あらため、キリスト​に​よって、また​キリスト​を​つうじて​のみ​すくわれる​と​いう​こと​を​おぼえて​おく​べき​で​は​ない​か。

14 ​それゆえ、あなたがた​が​​モーセ​の​りっぽう​を​おしえる​の​で​あれ​ば、それ​は​将来しょうらいこる​これら​の​こと​の​かげ​で​ある​と​いう​こと​も​おしえ​なさい。

15 あがない​は​まこと​の​永遠えいえん​の​ちち​で​ある​しゅ​なる​キリスト​を​つうじて​あたえられる​と​いう​こと​を、たみ​に​おしえ​なさい。アーメン。」