聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーサヤしょ

第​18​章

アルマ、ひそか​に​おしえ​を​く。バプテスマ​の​せいやく​を​宣言せんげん​し、モルモン​の​いずみ​で​バプテスマ​を​ほどこす。キリスト​の​きょうかい​を​せつりつ​し、さい​たち​を​聖任せいにん​する。さい​たち、かつ​し、たみ​を​おしえる。アルマ​と​かれ​の​たみ、ノア​おう​から​のがれ、​に​たびつ。げんぜんやく​百四十七​ねん​から​百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ノア​おう​の​使つかい​たち​から​のがれた​アルマ​は、ぶん​の​つみ​と​​を​あらため、人々ひとびと​の​なか​を​ひそか​に​めぐって、アビナダイ​の​こと​を​おしえ​はじめた。

2 ​まことに、将来しょうらいこる​ことがら​に​ついて、また​しゃ​の​ふっかつ​に​ついて、そして​キリスト​の​ちから​や​受難じゅなんふっかつ昇天しょうてん​に​よって​もたらされる​人々ひとびと​の​あがない​に​ついて、おしえ​はじめた。

3 ​そして​アルマ​は、ぶん​の​こと​を​こう​と​する​人々ひとびと​すべて​に​おしえた。かれ​は​おう​に​られる​こと​の​ない​よう​に、ひそか​に​おしえた。そして、おおく​の​ひと​が​アルマ​の​こと​を​しんじた。

4 ​そして、アルマ​の​かたった​こと​を​しんじた​人々ひとびと​は​みな、モルモン​と​ばれた​​へ​った。そこ​は​おう​が​その​​を​けた​ところ​で、さかい​の​​に​あり、せつ​に​よって​は​じゅう​が​れ​を​して​いた​ところ​で​ある。

5 ​さて、モルモン​に​は​みず​の​きよらか​な​いずみ​が​あり、アルマ​は​そこ​へ​った。そこ​に​は、いずみ​の​ちかく​に​ちいさな​​の​しげみ​が​あり、かれ​は​日中にっちゅう​そこ​に​​を​かくして​おう​の​そうさく​から​のがれた。

6 ​そして、アルマ​の​かたった​こと​を​しんじた​人々ひとびと​は​みなかれ​の​こと​を​く​ため​に​そこ​へ​った。

7 ​さて、おおく​の​​の​のち、アルマ​の​こと​を​く​ため​に​モルモン​の​​に​あつまった​人々ひとびと​は、そうとう​な​かず​に​のぼった。まことに、かれ​の​こと​を​しんじた​人々ひとびと​は​みなかれ​の​かたる​こと​を​く​ため​に​あつまった。そこで​かれ​は、これら​の​人々ひとびと​を​おしえ、あらため​と​あがない​と​しゅ​を​しんじる​しんこう​と​を​いた。

8 ​そして、アルマ​は​った。「よ、ここ​に​モルモン​の​いずみ​が​ある。(この​いずみ​は​この​よう​に​ばれて​いた。)あなたがた​は​かみ​の​ひつじ​の​れ​に​はいって、かみ​の​たみ​と​ばれたい​と​ねがって​おり、おも​が​かるく​なる​よう​に、たがいに​おも​を​い​う​こと​を​のぞみ、

9 ​また、かなしむ​もの​と​ともに​かなしみ、なぐさめ​の​る​もの​を​なぐさめる​こと​を​のぞみ、また​かみ​に​あがなわれ、だいいち​の​ふっかつ​に​あずかる​人々ひとびと​と​ともに​かぞえられて​永遠えいえん​の​いのち​を​られる​よう​に、いつでも、どの​よう​な​こと​に​ついて​も、どの​よう​な​ところ​に​いて​も、​に​いたる​まで​も​かみ​の​しょうにん​に​なる​こと​を​のぞんで​いる。

10 ​まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​が​こころ​から​これ​を​のぞんで​いる​の​で​あれ​ば、しゅ​から​ますます​ゆたか​に​たま​を​そそいで​いただける​よう​に、しゅ​に​つかえて​しゅ​の​いましめ​を​まもる​と​いう​せいやく​を​しゅ​と​わした​しょう​として、しゅ​の​​に​よって​​バプテスマ​を​ける​の​に​なんの​し​つかえ​が​あろう​か。」

11 人々ひとびと​は​この​こと​を​く​と​​を​たたいて​よろこび、「それ​こそ​わたしたち​が​こころ​から​のぞんで​いる​こと​です」と​さけんだ。

12 ​さて、アルマ​は、さいしょ​この​​に​やって​た​人々ひとびと​の​ひと​で​ある​ヘラム​を​れて​みず​の​なか​に​ち、いのり​ねがって​った。「おお、しゅ​よ、あなた​の​しもべ​が​きよい​こころ​で​この​つとめ​を​たせる​よう​に、しもべ​に​あなた​の​たま​を​そそいで​ください。」

13 ​そして​かれ​が​この​こと​を​かたった​とき、しゅ​の​たま​が​かれ​の​うえ​に​あった。そこで​かれ​は​った。「ヘラム、わたし​は​ぜんのう​の​かみ​から​権能けんのう​を​さずかって​いる​ので、あなた​の​にくたい​が​ぬ​まで​ぜんのう​の​かみ​に​つかえる​と​いう​せいやく​を​わした​しょう​として、あなた​に​​バプテスマ​を​ほどこす。しゅ​の​たま​が​あなた​に​そそがれる​よう​に。また​ぜんのう​の​かみ​が、​の​はじめ​から​そなえて​くださって​いる​キリスト​の​あがない​に​よって、あなた​に​永遠えいえん​の​いのち​を​さずけられる​よう​に。」

14 ​アルマ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、アルマ​と​ヘラム​は​ともに​みず​の​なか​に​しずんだ。それから​ふた​は​がる​と、たま​に​たされて、よろこび​ながら​みず​から​て​た。

15 ​さらに、アルマ​は​また​べつ​の​ひと​を​れて、もう​いちみず​の​なか​に​はいって​く​と、さいしょ​の​とき​と​おなじ​よう​に​バプテスマ​を​ほどこした​が、こん​は​ぶんしん​は​みず​の​なか​に​しずまなかった。

16 ​この​よう​に​して、かれ​は​モルモン​の​​に​やって​た​すべて​の​ひと​に​バプテスマ​を​ほどこした。その​かず​は​二百四​にん​ほど​で​あった。そして、これら​の​人々ひとびと​は​モルモン​の​いずみ​で​​バプテスマ​を​ける​と、かみ​の​めぐみ​に​たされた。

17 ​そして​それ​かれら​は​かみ​の​きょうかい、すなわち​​キリスト​の​きょうかい​と​ばれた。また、かみ​の​ちから​と​権能けんのう​に​よって​バプテスマ​を​けた​人々ひとびと​は​だれでも、かみ​の​きょうかい​に​くわえられた。

18 ​そして​アルマ​は、かみ​から​権能けんのう​を​さずかって​いた​ので、さい​たち​を​聖任せいにん​した。すなわち、かれ​は​五十​にん​ごと​に​ひと​の​さい​を​聖任せいにん​して、かれら​に​おしえ​を​き、また​かみ​の​おうこく​に​かかわる​ことがら​に​ついて​おしえられる​よう​に​した。

19 ​また​アルマ​は​さい​たち​に、ぶん​が​おしえた​こと​と、せい​なる​げんしゃ​たち​の​くち​を​とおして​べられた​こと​の​ほか​は、なにも​おしえない​よう​に​​した。

20 ​まことに、かれ​は​さい​たち​に、あらため​と、ぶん​の​たみ​を​あがなわれた​しゅ​を​しんじる​しんこう​の​ほか​は、なにも​かない​よう​に​​した​の​で​ある。

21 ​また​かれ​は​さい​たち​に、けっして​たがいに​あらそう​こと​なく、たがいに​ごう​し、あいし​って​むすばれた​こころ​を​ち、一つ​の​しんこう​と​一つ​の​バプテスマ​を​もって、​一つ​の​​で​将来しょうらい​を​める​よう​に​と​​した。

22 かれ​は​この​よう​に​さい​たち​に、おしえ​を​く​よう​に​​した。この​よう​に​して、人々ひとびと​は​かみ​の​​と​なった。

23 ​また、アルマ​は​かれら​に、あんそくにち​を​まもって​せい​なる​​として​たもつ​こと、また​毎日まいにちしゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​に​感謝かんしゃ​する​こと​を​​した。

24 ​また、聖任せいにん​を​けた​さい​たち​は​ぶんしん​の​​を​使つかって​生活せいかつ​の​かて​を​る​よう​に​す​べき​で​ある​と、アルマ​は​​した。

25 ​さらに、かれら​が​人々ひとびと​を​おしえ、また​しゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​を​れいはい​する​ため​に​あつまる​​を​しゅう​に​一にちさだめる​こと、また​ほか​に​も​できる​かぎり​しばしば​あつまる​こと​と​した。

26 ​そして、さい​たち​は​生活せいかつ​の​かて​を​人々ひとびと​に​たよる​べき​で​なく、ぶん​の​ろうどう​に​たいして​かみ​の​めぐみ​を​ける​べき​で​ある​と​された。それ​は、かれら​が​たま​を​けて​つよく​なり、かみ​の​しき​を​られる​よう​に​する​ため、また​かみ​から​の​ちから​と​権能けんのう​を​もって​おしえる​こと​が​できる​よう​に​する​ため​で​ある。

27 ​アルマ​は​また、きょうかい​の​人々ひとびと​が​各々おのおのぶん​の​って​いる​ぶん​に​おうじて​もの​を​け​あたえる​よう​に、つまり、ほか​の​ひと​より​も​ゆたか​に​って​いれ​ば、ほか​の​ひと​より​も​おおく​け​あたえる​べき​で​あり、すこし​しか​って​いない​ひと​に​は​すこし​しか​もとめず、って​いない​ひと​に​は​け​あたえる​べき​で​ある​と​​した。

28 ​この​よう​に、人々ひとびと​は​ぶん​の​ゆう​と​かみ​に​かかわる​い​のぞみ​から、ぶん​の​もの​を、それ​を​ひつよう​と​して​いる​さい​たち​と、とぼしくて​る​もの​の​ない​すべて​の​ひと​に​け​あたえ​なければ​ならなかった。

29 ​アルマ​は​かみ​から​めいじられた​ので、この​よう​に​かれら​に​げた。そして​かれら​は、各々おのおの​の​ひつよう​と​よう​に​おうじて​ぶっしつてき​に​も​霊的れいてき​に​も​たがいに​たすい、かみ​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆんだ。

30 ​さて、これ​は​すべて​モルモン​に​おいて、まことに​モルモン​の​いずみ​の​そば、つまり​​モルモン​の​いずみ​に​ちかい​もり​の​なか​で​おこなわれた​こと​で​ある。モルモン​の​​も、モルモン​の​いずみ​も、モルモン​の​もり​も、ぶん​たち​の​あがなぬし​を​る​よう​に​なった​人々ひとびと​の​​に​は​なんと​うるわしい​こと​か。また、これら​の​人々ひとびと​は​なんと​しゅくふく​されて​いる​こと​か。だから、かれら​は​とこしえ​に​あがなぬし​を​さん​して​うたう​で​あろう。

31 ​これら​の​こと​は、ノア​おう​に​られる​こと​の​ない​よう​に、くに​の​さかい​で​おこなわれた。

32 ​しかし​よ、おう​は​たみ​の​なか​に​うごき​が​ある​の​を​り、使つかい​たち​を​つかわして​たみ​を​らせた。その​ため、人々ひとびと​が​かみ​の​こと​を​こう​と​して​あつまった​​に、かれら​の​こと​が​おう​に​られて​しまった。

33 ​そこで​おう​は、アルマ​が​たみ​を​せんどう​して​ぶん​に​たいする​ほん​を​こして​いる​と​って、アルマ​と​かれ​に​したがう​人々ひとびと​を​ほろぼす​ため​に、ぐんたい​を​けん​した。

34 ​そこで​アルマ​と​しゅ​の​たみ​は、おう​の​ぐんたい​が​る​と​いう​らせ​を​けた​ので、てんまく​を​ち、ぞく​を​れて​​へ​たびった。

35 ​その​かず​は​およそ​四百五十​にん​で​あった。