聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーサヤしょ

第​2​章

ベニヤミン​おうたみ​に​かたる。ぶん​の​せい​が​びょうどう​かつ​こうせい​で、霊的れいてき​な​​の​ふかい​もの​で​あった​こと​を​べる。てん​の​おう​に​つかえる​よう​に​たみ​に​かんこく​する。かみ​に​そむく​もの​は​す​こと​の​できない​​の​よう​な​くるしみ​を​ける。げんぜんやく​百二十四​ねん

1 ​さて、モーサヤ​が​ちち​から​めいじられた​とおり​に​おこない、ぜん​に​こく​を​した​ところ、たみ​は​ぜん​から​あつまり、ベニヤミン​おう​の​かたる​こと​を​く​ため​に​神殿しんでん​に​やって​た。

2 ​そして、あつまった​もの​の​かず​は​たいそう​おおく、かぞえ​れない​ほど​で​あった。たみ​は​すでに​じょう​に​えて、この​​で​おおきな​かず​に​なって​いた​から​で​ある。

3 ​そして​かれら​は​また、ぶん​たち​の​ちく​の​れ​の​うい​も​れてた。それ​は、​モーセ​の​りっぽう​に​したがって​せい​と​燔祭はんさい​を​ささげる​ため​で​あった。

4 ​また、しゅ​なる​かみ​に​感謝かんしゃ​を​する​ため​で​も​あった。この​かみ​は​かれら​を​エルサレム​の​​から​し、てき​の​​から​すくい​し、また​ただしい​人々ひとびと​を​きょう​に​にんじ、また​ひと​の​ただしい​ひと​を​おう​に​にんじて​くださった。そして​その​おう​は、​ゼラヘムラ​の​​に​へい​を​かくりつ​し、かみ​の​いましめ​を​まもる​よう​に​たみ​に​おしえて、たみ​が​よろこび​を​あじわい、かみ​と​すべて​の​ひと​に​たいする​あい​で​たされる​よう​に​した​の​で​あった。

5 ​さて、かれら​は​神殿しんでん​に​る​と、その​まわり​に​てんまく​を​った。おとこ​たち​は​みなぶん​の​つま​と​むすむすめまご​から​る​各々おのおの​の​ぞく​に​おうじて、さい年長ねんちょう​の​もの​から​さい年少ねんしょう​の​もの​まで、すべて​の​ぞく​が​たがいに​はなれて​しょ​を​った。

6 かれら​は​神殿しんでん​の​まわり​に​てんまく​を​った​が、てんまく​の​なか​に​いながら​ベニヤミン​おう​の​かたる​こと​を​ける​よう​に、すべて​の​もの​が​その​てんまく​の​ぐち​を​神殿しんでん​の​ほう​へ​けて​いた。

7 あつまった​群衆ぐんしゅう​が​じょう​に​おおぜい​で​あった​ため、ベニヤミン​おう​は​神殿しんでん​の​なか​で​すべて​の​ひと​を​おしえる​こと​が​できなかった。そこで​かれ​は、ぶん​の​かたる​こと​を​たみ​が​ける​よう​に、やぐら​を​て​させた。

8 ​そして​おう​は、その​やぐら​から​たみ​に​かたり​はじめた。しかし、おおぜい​の​群衆ぐんしゅう​で​あった​ため、おう​の​こと​を​けない​もの​も​いた。それで​おう​は、ぶん​の​かたる​こと​を​らせ、それ​を​こえ​の​とどかない​ところ​に​いる​人々ひとびと​の​もと​に​おくって、かれら​に​も​その​こと​を​らせた。

9 ​この​とき​に​ベニヤミン​おう​が​かたって​らせた​こと​は、つぎ​の​とおり​で​ある。「こう​して​って​あつまり、今日き ょ う​わたし​が​かたる​こと​を​く​こと​の​できる​同胞はらから​よ、わたし​が​あなたがた​に​ここ​に​る​よう​に​めいじた​の​は、これから​わたし​が​かたる​こと​を​かろんじ​させる​ため​で​は​ない。わたし​の​こと​を​かせる​ため​で​ある。だから、みみ​を​ひらいて​き、むね​を​ひらいて​かい​し、また​こころ​を​ひらいて、かみ​の​おく​が​あなたがた​の​こころ​に​あきらか​に​される​よう​に​しなさい。

10 ​わたし​が​あなたがた​に、ここ​に​る​よう​に​めいじた​の​は、あなたがた​に​わたし​を​おそれ​させる​ため​で​も​なければ、わたし​が​す​べき​人間にんげんじょう​の​もの​で​ある​と​おもわせる​ため​で​も​ない。

11 ​わたし​は​あなたがた​と​おなじ​で、心身しんしん​ともに​あらゆる​よわさ​を​って​いる。それでも​わたし​は、この​たみ​を​おさめる​とうしゃ​と​なり​おう​と​なる​よう​に、この​たみ​に​えらばれ、ちち​に​よって​にんじられ、しゅ​の​​に​よって​みとめられた。そして、しゅ​から​さずかった​勢力せいりょく​と​おもい​と​ちから​を​くして​あなたがた​の​ため​に​つとめる​よう​に、しゅ​の​たぐい​ない​ちから​に​よって​まもられて​きた​の​で​ある。

12 ​あなたがた​に​う​が、わたし​は​現在げんざい​まで、生涯しょうがい​を​あなたがた​の​ため​の​つとめ​に​ついやす​こと​を​ゆるされて​きた。しかし、きん​も​ぎん​も、その​ほか​どんな​とみ​も​あなたがた​に​もとめた​こと​は​ない。

13 ​わたし​は​あなたがた​を​ろう​に​める​こと​も、あなたがた​が​たがい​を​れい​に​する​こと​も、ころす​こと​も、略奪りゃくだつ​する​こと​も、ぬすむ​こと​も、姦淫かんいん​を​おかす​こと​も​ゆるした​こと​は​ない。また、あなたがた​が​どの​よう​な​あく​を​おこなう​こと​も​ゆるした​こと​は​なく、しゅ​から​めいじられた​すべて​の​こと​に​ついて、しゅ​の​いましめ​を​まもる​よう​に​あなたがた​に​おしえて​きた。

14 ​そして、わたし​しん​で​さえ、ぶん​の​​を​使つかって​はたらいて​きた。それ​は、わたし​が​あなたがた​の​ため​に​つとめる​こと​が​できる​よう​に、また​あなたがた​が​ぜい​に​くるしむ​こと​なく、それに、がたい​こと​を​なにひとつ​​に​けなくて​も​よい​よう​に​する​ため​で​あった。わたし​が​これまで​かたった​これら​すべて​の​こと​に​ついて​は、今日き ょ う​あなたがた​しん​が​その​しょうにん​で​ある。

15 ​しかし、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​まん​する​ため​に​これら​の​こと​を​おこなって​きた​の​で​も​なければ、あなたがた​を​める​ため​に​これら​の​こと​を​かたって​いる​の​で​も​ない。これら​の​こと​を​かたる​の​は、わたし​が​今日き ょ うかみ​の​まえ​で​んだ​良心りょうしん​を​もって​もうひらき​が​できる​と​いう​こと​を、あなたがた​に​らせる​ため​で​ある。

16 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​は​ぶん​の​生涯しょうがい​を​あなたがた​の​ため​の​つとめ​に​ついやして​きた​と​った​が、それ​は​まん​したくて​った​の​で​は​ない。わたし​は​かみ​の​ため​に​つとめて​きた​に​すぎない​から​で​ある。

17 ​そして​よ、わたし​が​これら​の​こと​を​かたる​の​は、あなたがた​に​​を​​させる​ため​で​ある。すなわち、あなたがた​が​同胞はらから​の​ため​に​つとめる​の​は、とりもなおさず、あなたがた​の​かみ​の​ため​に​つとめる​の​で​ある​と​いう​こと​を​さとらせる​ため​で​ある。

18 よ、あなたがた​は、わたし​の​こと​を​おう​と​んで​きた。あなたがた​が​おう​と​んで​いる​わたし​で​さえ​も、あなたがた​の​ため​に​つとめて​いる​と​すれ​ば、まして​あなたがた​は、たがいに​つとめ​う​よう​に​す​べき​で​は​ない​だろう​か。

19 ​また​よ、あなたがた​から​おう​と​ばれ、生涯しょうがい​を​あなたがた​の​ため​の​つとめ​に​ついやし、それ​に​よって​かみ​に​つかえて​きた​わたし​が、あなたがた​から​いくらか​で​も​感謝かんしゃ​を​ける​ち​が​ある​と​すれ​ば、おお、あなたがた​は​どれ​ほど​てん​の​おう​に​感謝かんしゃ​す​べき​で​あろう​か。

20 ​わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​を​つくり、あなたがた​を​まもり、あなたがた​に​よろこび​を​​させ、たがいに​へい​に​らせる​よう​に​して​くださった​かみ​に、たとえ​あなたがた​が​全身ぜんしん全霊ぜんれい​の​ちから​を​くして​いっさい​の​感謝かんしゃ​と​さん​を​ささげた​と​して​も、

21 ​さらに​う​が、あなたがた​が​また、たとえ​​の​はじめ​から​あなたがた​を​つくり、あなたがた​が​ぶん​の​​の​まま​に​きて​うごき、こうどう​できる​よう​に​あなたがた​に​いき​を​あたえて​まもり、いかなる​しゅんかん​に​も​あなたがた​を​ささえて​くださって​いる​かた​に、たとえ​全身ぜんしん全霊ぜんれい​を​くして​つかえた​と​して​も、それでも​なお、あなたがた​は​​ふつつか​な​しもべ​で​ある。

22 よ、かみ​が​あなたがた​に​ようきゅう​して​おられる​の​は、かみ​の​いましめ​を​まもる​こと​だけ​で​ある。そして​かみ​は、いましめ​を​まもる​なら​ば​この​​で​さかえる​と​やくそく​して​くださって​いる。かみ​は​いちわれた​こと​は​けっして​へんこう​されない​ので、あなたがた​が​かみ​の​いましめ​を​まもれ​ば、かみ​は​あなたがた​を​しゅくふく​し、さかえ​させて​くださる。

23 ​さて、まず​だい一​に、かみ​は​あなたがた​を​つくり、あなたがた​に​いのち​を​あたえられた。その​ため​に、あなたがた​は​かみ​に​おん​を​けて​いる。

24 ​そして​だい二​に、かみ​は​あなたがた​が​かみ​から​めいじられた​とおり​に​おこなう​こと​を​ようきゅう​して​おられる。そして、あなたがた​が​めいじられた​とおり​に​おこなう​なら​ば、かみ​は​すぐに​しゅくふく​を​さずけて​くださる。また​げんに​これまで、あなたがた​に​むくいて​くださった。その​ため​に​あなたがた​は、いま​も​かみ​に​おん​を​けて​いる​し、これから​も​とこしえ​に​いつまで​も​おん​を​ける​で​あろう。だから、あなたがた​に​なにか​まん​できる​もの​が​ある​だろう​か。

25 ​さて、わたし​は​たずねたい。あなたがた​は​ぶんしん​の​こと​を​なにか​すこし​で​も​える​だろう​か。えない​と、わたし​は​あなたがた​に​こたえる。あなたがた​は、だい​の​ちり​に​ひとしい​もの​で​ある​と​さえ​う​こと​が​できない。あなたがた​は​だい​の​​ちり​から​つくられた​が、よ、その​ちり​は、あなたがた​を​つくられた​かた​の​もの​で​ある。

26 ​そして​わたし、すなわち​あなたがた​が​おう​と​ぶ​わたし​で​さえ​も、あなたがた​より​すぐれて​は​いない。わたし​も​ちり​から​つくられた​もの​だから​で​ある。そして、あなたがた​の​る​とおり、わたし​は​とし​を​り、まさに​す​べき​からだ​を​はは​なる​だい​に​かえそう​と​して​いる。

27 ​それで​わたし​は、ぶん​が​んだ​良心りょうしん​を​もって​かみ​の​まえ​を​あゆみ​ながら、あなたがた​の​ため​に​つとめて​きた​と​った​が、このたび​わたし​が​あなたがた​を​あつめ​させた​の​は、わたし​が​あなたがた​に​かんして​かみ​から​めいじられて​きた​こと​に​ついて、かみ​に​さばかれる​ため​に​つ​とき​に、わたし​が​つみ​なし​と​みとめられる​よう​に、また、あなたがた​の​​が​わたし​に​りかかる​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

28 ​わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​が​あなたがた​を​あつめ​させた​の​は、わたし​が​まさに​はか​に​はいろう​と​して​いる​この​​に、わたし​の​ころも​から​あなたがた​の​​を​のぞいて​やすらか​に​ける​よう​に、また​わたし​の​めつ​の​れい​が​てん​の​せいたい​に​くわわって、こうせい​な​かみ​を​さん​して​うたえる​よう​に​する​ため​で​ある。

29 ​さらに​あなたがた​に​う。あなたがた​を​あつめた​の​は、わたし​が​もはや、あなたがた​の​きょう​で​は​なく​おう​で​も​ない​こと​を​げ​らせる​ため​で​ある。

30 ​あなたがた​に​かたって​いる​いま​で​さえ、わたし​の​全身ぜんしん​は​ひどく​ふるえて​いる。しかし、しゅ​なる​かみ​が​わたし​を​ささえて​くださって​いる。そして、しゅ​なる​かみ​は​あなたがた​に​かたれる​よう​に​して​くださり、むす​モーサヤ​が​あなたがた​を​おさめる​おう​で​あり​とうしゃ​で​ある​こと​を、今日き ょ う宣言せんげん​する​よう​に​わたし​に​めいじられた。

31 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、いままで​おこなって​きた​こと​を​これから​も​おこなって​ほしい。あなたがた​は​わたし​が​めいじた​こと​と、わたし​の​ちち​が​めいじた​こと​を​まもって​さかえ、てき​の​​に​ちない​よう​に​まもられて​きた​が、おなじ​よう​に​こん​も​わたし​の​むす​の​めいじる​こと、すなわち​むす​が​あなたがた​に​げる​かみ​の​いましめ​を​まもる​なら​ば、あなたがた​は​この​​で​さかえ、てき​は​あなたがた​を​はい​する​けんりょく​を​まったく​たない​で​あろう。

32 ​しかし、おお、わたし​の​たみ​よ、あなたがた​の​なか​に​あらそい​が​こらない​よう​に、また​ちち​の​モーサヤ​が​かたった​あくれい​に​したがおう​と​する​こと​の​ない​よう​に​​を​つけ​なさい。

33 よ、あの​れい​に​したがおう​と​する​もの​に​は、わざわい​が​宣言せんげん​される。もしも​あくれい​に​したがう​こと​を​のぞんで、つみ​の​なか​に​とどまった​まま​ぬ​なら​ば、ぶんしん​に​ばつ​の​さだめ​を​まねく。なぜなら​その​ひと​は、って​いながら​かみ​の​りっぽう​に​そむき、その​むくい​として​永遠えいえん​の​ばつ​を​ける​から​で​ある。

34 ​わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​の​なか​に​は​おさない​ども​たち​を​のぞいて、これら​の​こと​に​ついて​おしえられて​いない​もの​は​だれ​ひと​おらず、あなたがた​は​ぶん​の​もの​と​のうりょく​を​すべて​ささげる​に​あたいする​ほど、てん​の​御父おんちち​に​とこしえ​に​おん​を​けて​いる​こと​を​って​いる。また、わたしたち​の​せん​リーハイ​が​エルサレム​を​る​とき​まで、せい​なる​げんしゃ​たち​が​かたって​きた​数々かずかず​の​げん​を​せて​いる​ろく​に​ついて​も、あなたがた​は​おしえられて​きた。

35 ​また、これまで​せん​が​かたって​きた​ことがら​も​すべて​おしえられて​いる。そして​よ、かれら​は、しゅ​から​めいじられた​こと​を​かたった​ので、それら​は​ただしくて​真実しんじつ​で​ある。

36 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​が​これら​の​こと​を​すべて​った​のち、また​おしえられた​のち、もしも​それ​に​そむいて​すでに​げられて​いる​こと​に​はんした​おこない​を​し、しゅ​の​たま​から​​を​いて、しゅくふく​と​繁栄はんえい​と​まもり​を​る​ため​の​​の​みち​に​みちびく​たま​を​ぶん​の​うち​に​宿やどさない​よう​に​する​なら​ば、

37 ​わたし​は​あなたがた​に​う​が、この​よう​に​する​もの​は、こうぜん​と​かみ​に​そむく​もの​で​あって、あくれい​に​したがう​こと​を​のぞみ、あらゆる​​の​てき​と​なる。したがって、しゅ​は​きよくない​みや​に​は​まわれない​ので、この​よう​な​もの​の​うち​に​は​けっして​宿やどられない。

38 ​そこで、その​もの​が​もしも​あらためず、かみ​の​てき​で​ある​じょうたい​で​ぬ​なら​ば、かみ​の​せい​の​ようきゅう​が、その​もの​の​めつ​の​れい​に​強烈きょうれつ​な​つみ​の​しき​を​こさせる。そして、その​つみ​の​しき​の​ため​に、その​もの​は​しゅ​の​まえ​から​しりごみ​し、また​その​むね​は​ざいあくかん​と​心痛しんつう​と​くるしみ​で​たされる。その​ざいあくかん​と​心痛しんつう​と​くるしみ​は、ほのお​が​とこしえ​に​いつまで​も​のぼる、す​こと​の​できない​​の​よう​で​ある。

39 ​さて、わたし​は​あなたがた​に​う。その​よう​な​もの​に​は​あわれみ​は​およばない。したがって、その​もの​の​さい​の​じょうたい​は、けっして​わる​こと​の​ない​つう​に​える​こと​で​ある。

40 ​おお、わたし​の​こと​を​かい​できる​すべて​の​としいた​人々ひとびと​よ、わかい​人々ひとびと​よ、おさない​ども​たち​よ。わたし​は​あなたがた​が​かい​できる​よう​に、かり​やすく​かたって​きた。わたし​は​あなたがた​が​​を​まして、かみ​の​りっぽう​に​そむいた​もの​の​ける​おそろしい​じょうたい​を​おもこす​よう​に​いのって​いる。

41 ​そして​さらに​あなたがた​は、かみ​の​いましめ​を​まもる​もの​の​しゅくふく​された​こうふく​な​じょうたい​に​ついて​も​かんがえて​ほしい。よ、これら​の​もの​は​ぶっしつてき​に​も​霊的れいてき​に​も、すべて​の​こと​に​ついて​しゅくふく​を​ける。そして、もし​さい​まで​ちゅうじつ​で​あり​つづける​なら​ば、かれら​は​てん​に​むかえられ、けっして​わり​の​ない​こうふく​な​じょうたい​で​かみ​と​ともに​める​の​で​ある。おお、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​おく​に​とどめ、おぼえて​おき​なさい。しゅ​なる​かみ​が​これ​を​われた​から​で​ある。」