聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーサヤしょ

第​21​章

リムハイ​の​たみ、レーマンじん​に​たれ、ち​かされる。リムハイ​の​たみ、アンモン​に​い、改宗かいしゅう​する。アンモン​に​ヤレドじん​の​二十四​まい​の​はん​の​こと​を​げる。げんぜんやく​百二十二​ねん​から​百二十一​ねん​に​いたる。

1 ​さて、リムハイ​と​かれ​の​たみ​は​ニーファイ​の​まち​に​かえり、ふたたび​へい​に​その​​に​む​こと​に​なった。

2 ​そして​おおく​の​​の​のち、レーマンじん​は​また​ニーファイじん​に​たいして​いかり​を​かきてられ、しゅう​の​さかい​の​​に​侵入しんにゅう​して​る​よう​に​なった。

3 ​しかし、かれら​の​おう​が​リムハイ​に​てた​ちかい​が​ある​ので、かれら​は​あえて​ニーファイじん​を​ころし​は​しなかった。それでも​かれら​は、ニーファイじん​の​ほお​を​ち、けんりょく​を​るった。そして​かれら​の​​に​おも​を​わせ、かれら​を​もの​を​えない​ろば​の​よう​に​てる​よう​に​なった。

4 ​まことに、これ​は​すべて、しゅ​の​こと​が​じょうじゅ​する​ため​に​こった​こと​で​ある。

5 ​さて、ニーファイじん​の​なん​は​ひどかった​が、レーマンじん​に​あらゆる​方面ほうめん​から​かこまれて​いた​ので、かれら​が​レーマンじん​の​​から​のがれる​て​は​まったく​なかった。

6 ​そして​たみ​は、ぶん​たち​の​なん​の​こと​で​おう​に​つぶやく​よう​に​なり、また、レーマンじん​に​かって​て​って​たたかいたい​と​ねがう​よう​に​なった。この​よう​に、かれら​が​へい​を​って​ひどく​おう​を​なやました​ので、おう​は​かれら​に​のぞみ​どおり​に​する​こと​を​ゆるした。

7 ​そこで​かれら​は​ふたたび​あつまり、よろい​を​け、レーマンじん​を​ぶん​たち​の​くに​から​す​ため​に、かれら​に​かって​て​った。

8 ​そして、レーマンじん​が​って​リムハイ​の​たみ​を​かえし、おおく​の​もの​を​ころした。

9 ​その​ため、リムハイ​の​たみ​の​なか​に​おおきな​なげき​と​かなしみ​が​あった。やもめ​は​おっと​の​ため​に​なげき、むす​と​むすめ​は​ちち​の​ため​に​なげき、きょうだい​は​きょうだい​の​ため​に​なげいた。

10 ​さて、こくない​に​は​じょう​に​おおく​の​やもめ​が​おり、その​やもめ​たち​は​レーマンじん​に​たいする​ひどい​おそれ​が​つのって​いた​ので、毎日まいにち毎日まいにちはげしく​き​さけんだ。

11 ​そして、やもめ​たち​が​​なく​き​さけんだ​ため、リムハイ​の​たみ​の​のこり​の​もの​たち​は、レーマンじん​に​たいする​いかり​を​かきてられた。そして、かれら​は​ふたたび​たたかい​に​た​が、おおきな​損害そんがい​を​こうむり、またもや​かえされた。

12 ​まことに​かれら​は​もう​いち、すなわち​三​​の​たたかい​に​た​が、おなじ​よう​に​損害そんがい​を​こうむった。そして、ころされなかった​もの​たち​は、ニーファイ​の​まち​に​また​かえった。

13 ​また​かれら​は、​に​す​ほど​に​へりくだって、れい​の​くびき​を​け、てき​の​のぞむ​まま​に​たれ、あちら​こちら​に​てられ、​を​わされる​に​まかせた。

14 ​それで​かれら​は、心底しんそこ謙遜けんそん​に​​へりくだり、かみ​に​熱烈ねつれつ​に​さけび​もとめた。かれら​は、ぶん​たち​の​けて​いる​なん​から​すくい​して​くださる​よう​に、しゅうじつかみ​に​さけび​もとめた。

15 ​しかし、しゅ​は​かれら​の​ざいあく​の​ため​に、かれら​の​嘆願たんがん​を​とどける​の​を​おそく​された。それでも​しゅ​は、かれら​の​嘆願たんがん​を​とどけ、レーマンじん​の​こころ​を​やわらげて​くださった​ので、レーマンじん​は​リムハイ​の​たみ​の​おも​を​かるく​する​よう​に​なった。しかし​しゅ​は、かれら​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​す​の​を、ふさわしい​と​は​おもわれなかった。

16 ​さて​そののちかれら​は​その​​で​だい​に​さかえ​はじめた。ぜん​より​も​ゆたか​に​こくもつ​を​栽培さいばい​し、大小だいしょう​の​ちく​の​れ​を​う​よう​に​なった​ので、え​に​くるしむ​こと​は​なかった。

17 ​ところが、おんな​の​かず​が​じょう​に​おおくて​おとこ​の​かず​を​上回うわまわって​いた​ので、リムハイ​おう​は、​やもめ​と​その​ども​たち​が​えて​ぬ​こと​の​ない​よう​に、すべて​の​おとこ​に、生活せいかつ​の​かて​を​かれら​に​け​あたえる​よう​めいじた。ころされた​もの​が​おびただしい​かず​に​のぼって​いた​ので、かれら​は​そう​した​の​で​ある。

18 ​さて、リムハイ​の​たみ​は​できる​かぎり​一団いちだん​と​なって​生活せいかつ​し、ぶん​たち​の​こくもつ​と​ちく​の​れ​を​まもった。

19 ​また、おうしん​も​なんら​か​の​ほうほう​で​レーマンじん​の​​に​ちる​こと​を​おそれ、衛兵えいへい​を​れず​に​は、まち​の​じょうへき​の​そと​に​安心あんしん​して​よう​と​は​しなかった。

20 ​また​おう​は、ぶん​の​たみ​に​周辺しゅうへん​の​​を​らせた。そして、​の​なか​に​んで​レーマンじん​の​むすめ​たち​を​さらい、ぶん​の​たみ​に​この​よう​な​ひどい​かい​を​もたらした​あの​さい​たち​を、なんとか​して​らえ​させよう​と​した。

21 ​リムハイ​の​たみ​は、かれら​を​らえて​ばっしたい​と​おもって​いた。それ​は​かれら​が、よる​ニーファイ​の​​へ​やって​て、たみ​の​こくもつ​や​おおく​の​ちょう​な​品々しなじな​を​はこび​った​から​で​ある。それで​たみ​は​かれら​を​せ​した。

22 ​そして​そののち​アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​が​その​​に​る​まで、レーマンじん​と​リムハイ​の​たみ​の​あいだ​に​​と​あらそい​が​なかった。

23 ​そして、おう​が​衛兵えいへい​と​ともに​まち​の​もん​の​そと​に​いた​とき​に、アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​を​つけた​の​で​あった。その​とき、おう​は​かれら​の​こと​を​ノア​の​さい​たち​だ​と​おもった​ので、かれら​を​らえて​しばらせ、ろう​に​ませた​の​で​あった。もし​かれら​が​ノア​の​さい​たち​で​あったら、おう​は​ころ​させた​こと​で​あろう。

24 ​ところが​おう​は、かれら​が​そう​で​は​なく、ぶん​の​同胞はらから​で、ゼラヘムラ​の​​から​やって​た​こと​を​り、じょう​に​おおきな​よろこび​に​たされた。

25 ​さて、リムハイ​おう​は、アンモン​が​る​まえ​に​ゼラヘムラ​の​​を​さがす​ため​に​しょうすう​の​人々ひとびと​を​けん​した​こと​が​あった。しかし、かれら​は​その​​を​つける​こと​が​できなくて、​の​なか​で​まよって​しまった。

26 ​それでも​かれら​は、かつて​人々ひとびと​の​んで​いた​からびた​ほね​が​あたり​一帯いったい​に​散乱さんらん​して​いた​、まことに、かつて​人々ひとびと​が​み、ほろびて​しまった​​を​はっけん​した。そして​かれら​は、そこ​を​ゼラヘムラ​の​​で​ある​と​おもって、ニーファイ​の​​に​かえし、アンモン​が​る​すこし​まえ​に、さかい​の​​に​とうちゃく​した​の​で​あった。

27 ​その​とき​に、かれら​は​ろく​を​ち​かえった。すなわち、かれら​が​はっけん​した、ほね​を​のこした​たみ​の​ろく​を​ち​かえった。それ​は​金属きんぞく​の​はん​に​きざまれて​いた。

28 ​さて、リムハイ​は、モーサヤ​おう​が​かみ​から​の​賜物たまもの​を​って​おり、それ​に​よって​この​よう​な​きざまれた​ろく​を​解釈かいしゃく​できる​と​いう​こと​を​アンモン​の​くち​から​いて、またもや​よろこび​に​たされた。そして、アンモン​も​よろこんだ。

29 ​しかし、アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、ぶん​たち​の​同胞はらから​が​その​よう​に​おおぜいころされて​いた​ので、かなしみ​で​いっぱい​に​なった。

30 ​また​ノア​おう​と​かれ​の​さい​たち​が、その​よう​に​おおく​の​ひと​に​かみ​に​たいして​つみ​と​​を​おか​させた​こと​に​ついて​も、かれら​は​かなしんだ。また​かれら​は、アビナダイ​が​んだ​こと​も、アルマ​や​かれ​と​こうどう​を​とも​に​した​人々ひとびと​が​った​こと​に​ついて​も、かなしんだ。アルマ​と​その​人々ひとびと​は、かみ​の​ちから​と​けん​と、また​アビナダイ​が​かたった​こと​を​しんじる​しんこう​に​よって、かみ​の​きょうかい​を​せつりつ​して​いた。

31 ​まことに​アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、かれら​が​った​こと​を​かなしんだ。リムハイ​と​かれ​の​たみ​は、かれら​が​どこ​へ​げて​った​か​らなかった​から​で​ある。もし​って​いれ​ば、アルマ​や​かれ​と​ともに​いた​人々ひとびと​は、かみ​に​つかえ、かみ​の​いましめ​を​まもる​と​いう​せいやく​を​かみ​と​わして​いた​ので、リムハイ​と​かれ​の​たみ​は、よろこんで​かれら​と​こうどう​を​とも​に​した​こと​で​あろう。

32 ​さて、アンモン​が​やって​た​のち、リムハイ​おう​も​かれ​の​たみ​の​おおく​の​もの​も、かみ​に​つかえ、かみ​の​いましめ​を​まもる​と​いう​せいやく​を​かみ​と​わした。

33 ​そして、リムハイ​おう​と​かれ​の​たみ​の​おおく​の​もの​は、バプテスマ​を​けたい​と​ねがった。しかし​その​​に​は、かみ​から​権能けんのう​を​さずかって​いる​もの​は​ひと​も​いなかった。また​アンモン​は、ぶんしん​を​ふさわしくない​しもべ​で​ある​と​かんがえて、その​こと​を​おこなう​の​を​退たい​した。

34 ​そこで​かれら​は、その​とき​ぶん​たち​で​きょうかい​を​もうける​こと​を​せず​に、しゅ​の​たま​を​のぞむ​こと​に​した。かれら​は​​に​んだ​アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​の​よう​に​なりたい​と​ねがって​いた。

35 かれら​は​こころ​を​くして​よろこんで​かみ​に​つかえる​しょう​として、また​しょうめい​として​バプテスマ​を​けたい​と​ねがって​いた​に​も​かかわらず、その​​は​き​ばされた。かれら​の​バプテスマ​に​ついて​の​はなし​は、のち​に​せる​こと​に​する。

36 ​さて、アンモン​と​その​いっこう、および​リムハイ​おう​と​その​たみ​は、レーマンじん​の​​から、また​れい​の​じょうたい​から​け​す​こと​を​ひたすら​かんがえ​つづけた。