聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーサヤしょ

第​26​章

おおく​の​きょうかいいん​が​しんこう​な​もの​たち​に​よって​つみ​に​さそい​まれる。アルマ、永遠えいえん​の​いのち​を​やくそく​される。あらためて​バプテスマ​を​ける​もの​は​ゆるし​を​る。つみ​を​おかした​きょうかいいん​で、あらためて​アルマ​と​しゅ​に​こくはく​する​もの​は​ゆるされる。その​よう​に​しない​もの​は​きょうかい​の​たみ​の​なか​に​かぞえられない。げんぜんやく​百二十​ねん​から​百​ねん​に​いたる。

1 ​さて、とう​の​若者わかもの​の​なか​に​は、ベニヤミン​おう​が​たみ​に​かたった​とき​に​まだ​おさない​ども​で​あった​ため​に、かれ​の​こと​を​かい​できなかった​もの​が​おおぜい​いた。かれら​は、ぶん​たち​の​せん​の​つたえ​を​しんじなかった。

2 かれら​は、しゃ​の​ふっかつ​に​ついて​べられた​こと​も​しんじ​なければ、キリスト​の​らいりん​に​ついて​も​しんじなかった。

3 ​また、かれら​は​ぶん​の​しんこう​の​ため​に、かみ​の​こと​を​かい​できなかった。そして、かれら​の​こころ​は​かたくな​で​あった。

4 かれら​は、バプテスマ​を​けよう​と​も​しなければ、きょうかい​に​くわわろう​と​も​しなかった。かれら​は​しんこう​に​かんして​は​まったく​ちがった​たみ​に​なって​おり、いつまで​も​その​まま​で​にくよく​に​ふける​つみぶかい​じょうたい​に​とどまって​いた。かれら​は​しゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​に​ねがおう​と​しなかった​から​で​ある。

5 ​モーサヤ​おう​の​せい​に、この​よう​な​もの​の​かず​は​かみ​の​たみ​の​半分はんぶん​に​たなかった​が、きょうかい​の​きょうだい​たち​の​なか​に​​が​こった​ため​に、やがて​かみ​の​たみ​より​も​おおく​なった。

6 ​そして、これら​の​もの​は​きょうかい​に​ぞくして​いた​おおく​の​もの​を​だまし、かれら​に​おおく​の​つみ​を​おか​させた。その​ため、きょうかい​に​ぞくして​いながら​つみ​を​おかした​もの​を、きょうかい​は​せつ​しなければ​ならなかった。

7 ​そこで、きょう​たち​は​これら​の​もの​を​さい​たち​の​まえ​に​れてき、さい​たち​に​わたした。そして​さい​たち​は、かれら​を​だいさい​アルマ​の​まえ​に​れてった。

8 とう​モーサヤ​おう​は、きょうかい​を​かん​する​権能けんのう​を​アルマ​に​あたえて​いた。

9 ​さて、アルマ​は​かれら​の​こと​に​ついて​らなかった​が、かれら​を​うったえる​しょうにん​は​おおぜい​いた。まことに、人々ひとびと​は​って、かれら​の​ざいあく​に​ついて​たくさん​の​証言しょうげん​を​した。

10 ​ところで、この​よう​な​こと​は​これまで​きょうかい​の​なか​で​こった​こと​が​なかった​ので、アルマ​は​こころ​の​なか​で​おもい​なやみ、これら​の​もの​を​おう​の​まえ​に​れてかせた。

11 ​そして、アルマ​は​おう​に​った。「まことに​わたしたち​は、きょうかい​の​きょうだい​たち​から​うったえられた​これら​の​おおく​の​もの​を、おう​の​ぜん​に​れて​まいり​ました。かれら​は​いろいろ​な​ざいあく​を​おかして​れてられた​もの​たち​です​が、ぶん​たち​の​つみ​を​あらため​ません。ですから、ざい​に​おうじて​おう​に​さばいて​いただく​ため​に、おう​の​ぜん​に​これら​の​もの​を​れて​まいり​ました。」

12 ​ところが、モーサヤ​おう​は​アルマ​に​った。「まことに、わたし​は​この​人々ひとびと​を​さばき​ません。あなた​が​さばく​よう​に​あなた​の​​に​わたし​ます。」

13 ​そこで​アルマ​は、ふたたび​こころ​を​なやました。そして​かれ​は、この​問題もんだい​に​ついて​なに​を​おこなえ​ば​よい​か​しゅ​に​たずねた。かみ​の​​に​かなわない​こと​を​おこなう​の​を​おそれた​から​で​ある。

14 ​アルマ​が​ぶん​の​こころ​の​すべて​を​かみ​に​そそぎ​した​ところ、しゅ​の​こえ​が​こえて​われた。

15 「アルマ​よ、あなた​は​さいわい​で​ある。​モルモン​の​いずみ​で​バプテスマ​を​けた​もの​たち​も​さいわい​で​ある。あなた​は​わたし​の​しもべ​で​ある​アビナダイ​の​こと​だけ​を​ふかく​しんじた​ので、さいわい​で​ある。

16 ​また​かれら​は、あなた​が​かれら​に​かたった​こと​だけ​を​ふかく​しんじた​ので、さいわい​で​ある。

17 ​あなた​は​この​たみ​の​なか​に​きょうかい​を​せつりつ​した​ので、さいわい​で​ある。この​たみ​は​てられ、わたし​の​たみ​と​なる​で​あろう。

18 ​まことに、よろこんで​わたし​の​​を​ける​この​たみ​は​さいわい​で​ある。わたし​の​​に​よって​かれら​は​ばれる​から​で​ある。かれら​は​わたし​の​もの​で​ある。

19 ​あなた​は、いましめ​に​そむいた​もの​に​ついて​わたし​に​たずねた​ので、さいわい​で​ある。

20 ​あなた​は​わたし​の​しもべ​で​ある。わたし​は​あなた​に、あなた​が​永遠えいえん​の​いのち​を​ける​と​せいやく​する。あなた​は​わたし​に​つかえ、わたし​の​​に​よって​て​き、わたし​の​ひつじ​を​あつめ​なさい。

21 ​そして、わたし​の​こえ​を​く​もの​は​わたし​の​ひつじ​と​なる。あなた​は​その​もの​を​きょうかい​に​れ​なさい。その​もの​を​わたし​も​れよう。

22 よ、これ​は​わたし​の​きょうかい​で​ある。​バプテスマ​を​ける​もの​は​だれでも、あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​け​なければ​ならない。あなた​が​れる​もの​は​だれでも、わたし​の​​を​しんじ​なければ​ならない。そう​すれ​ば、その​もの​を​わたし​は​しみ​なく​ゆるそう。

23 ​の​つみ​を​う​の​は​わたし​で​ある。​の​人々ひとびと​を​つくった​の​は​わたし​で​あり、さい​まで​しんじる​もの​に​わたし​の​みぎ​の​しょ​を​あたえる​の​は、わたし​で​ある。

24 よ、これら​の​もの​は​わたし​の​​に​よって​ばれる。これら​の​もの​は​わたし​を​る​なら​ば、すすみ​て、永遠えいえん​に​わたし​の​みぎ​に​一つ​の​しょ​を​る​で​あろう。

25 ​そして、だい​の​ラッパ​が​る​と、その​とき、わたし​を​まったく​らなかった​もの​たち​が​て​て、わたし​の​まえ​に​つ​で​あろう。

26 ​その​とき、かれら​は​わたし​が​しゅ​なる​かれら​の​かみ​で​あり、かれら​の​あがなぬし​で​ある​こと​を​る​で​あろう。しかし、かれら​は​あがなわれない​で​あろう。

27 ​その​とき、わたし​は​かれら​に、かれら​を​まったく​らなかった​と​げよう。これら​の​もの​は、あく​と​その​使つかい​の​ため​に​よう​された​永遠えいえん​の​​の​なか​に​はいる​で​あろう。

28 ​わたし​は​あなた​に​う。わたし​の​こえ​に​みみ​を​かたむけない​もの​を、あなた​は​わたし​の​きょうかい​に​れて​は​ならない。その​よう​な​もの​を、わたし​は​わり​の​​に​れない​から​で​ある。

29 ​わたし​は​あなた​に​う。き​なさい。そして、だれ​で​あろう​と​わたし​に​そむく​もの​を、あなた​は​その​もの​の​おかした​つみ​に​おうじて​さばき​なさい。もし​その​もの​が​あなた​と​わたし​の​まえ​で​つみ​を​こくはく​し、ごころ​から​あらためる​なら​ば、その​もの​を​あなた​は​ゆるし​なさい。わたし​も​その​もの​を​ゆるそう。

30 ​そして​わたし​は、たみ​が​あらためる​たび​に、わたし​に​たいする​かれら​の​あやまち​を​ゆるそう。

31 ​あなたがた​も​たがいに​あやまち​を​ゆるし​わなければ​ならない。まことに、わたし​は​あなた​に​う。隣人りんじん​が​あらためる​と​う​とき​に​その​あやまち​を​ゆるさない​もの​は、ぶんしん​に​つみ​の​せんこく​を​まねく​こと​に​なる。

32 ​さて、わたし​は​あなた​に​う。き​なさい。つみ​を​あらためよう​と​しない​もの​は​だれ​で​あろう​と、わたし​の​たみ​の​なか​に​かぞえて​は​ならない。こん、この​こと​を​まもる​よう​に​しなければ​ならない。」

33 ​さて、アルマ​は​これら​の​こと​を​く​と、それ​を​ぞん​できる​よう​に、また​かみ​が​めいじられた​とおり​に​きょうかい​の​人々ひとびと​を​さばける​よう​に、それ​を​しるした。

34 ​そして、アルマ​は​って、ざいあく​を​おかして​れてられた​もの​たち​を​しゅ​の​こと​に​したがって​さばいた。

35 ​また、つみ​を​あらためて​それ​を​こくはく​した​もの​は​だれ​で​あろう​と、きょうかい​の​人々ひとびと​の​なか​に​かぞえた。

36 ​しかし、つみ​を​こくはく​しよう​と​せず、ざいあく​を​あらためよう​と​しない​もの​は、きょうかい​の​人々ひとびと​の​なか​に​かぞえられる​こと​なく、かれら​の​​は​された。

37 ​そして、アルマ​は​きょうかい​の​しょ​を​すべて​ととのえた。人々ひとびと​は​ふたたび​へい​を​て、きょうかい​の​しょ​に​おいて​じょう​に​さかえる​よう​に​なり、かみ​の​まえ​を​つつしみ​ぶかく​あゆみ、おおく​の​ひと​を​れ、おおく​の​ひと​に​バプテスマ​を​ほどこした。

38 ​さて、ともに​きょうかい​を​かん​した​アルマ​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、これら​の​こと​を​すべて​おこない、ちから​の​かぎり​あゆみ、すべて​の​こと​に​ついて​かみ​の​こと​を​おしえ、あらゆる​なん​に​え、また、かみ​の​きょうかい​に​ぞくして​いない​すべて​の​もの​から​はくがい​を​けた。

39 かれら​は​きょうかい​の​きょうだい​たち​を​いましめた。また、かれら​も​各々おのおのかみ​の​こと​に​より、ぶん​の​つみ、すなわち​​に​おかした​つみ​に​おうじて​いましめ​を​け、えず​いのる​よう​に、また​すべて​の​こと​に​ついて​感謝かんしゃ​を​ささげる​よう​に​かみ​から​めいじられた。